人気ブログランキング |

『うみべの森を育てる会』ホームページ

umimorihp.exblog.jp

<   2019年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

草と格闘の連続・・・うみべの森

2019年9月29日(日)晴れ・くもり
うみべの森を育てる会定例活動日・・・せんなん里海公園内うみべの森
(8:20~14:40) 参加会員 8名〔飯塚 岡田 小牟田 立石 角井 中川 西台 細井〕

c0108460_17320546.jpg

晴れたり曇ったりで 気温も 髙くないが 蒸し暑い


c0108460_17294951.jpg



雨の予報が出ても 直ぐに消える


c0108460_17320409.jpg



しばらく 雨が 降ってないようだ


c0108460_17305550.jpg



今日も終日 草と格闘である


c0108460_17305603.jpg



*ビオトープ水漏れ補修・・・〔小牟田〕

 定例活動日以外にも 出て来て 水漏れ補修を してくれている


c0108460_17294867.jpg



*ミーティング


c0108460_17335059.jpg



*10本桜周辺草刈り ・・・〔小牟田 立石 角井〕

 刈払機 3台駆動

 昔の段々畑の跡らしいので 高低さや段差があり 刈りにくい


c0108460_17334945.jpg



 特に クズが全面を 這い回っているので

刈払機に絡んで 作業が中断する


c0108460_17374698.jpg



途中から クズのツルだけ 先に刈り取る作業に入った

これが 案外重労働であった


c0108460_17374538.jpg



ツルを除去してから 再度 刈払機で刈った

以前は 背の高い 笹野原であったが

年に何度か刈っているので 笹も徐々に減ってきた


c0108460_17383481.jpg



*刈り取った草の片付け・・・〔飯塚 岡田 西台〕

 刈払機で刈った草を 熊手なので 掻き集めて

 木の根元などに 積み上げた

量が多いので 山盛りになる


c0108460_17351859.jpg



電動マルノコ台作り・・・〔中川 細井〕


c0108460_17351934.jpg



 細井さんが 265mm電動スライドノコギリを 寄贈してくれた

厚板を加工した 台の素材を 細井さんの息子さんが 提供してくれた


c0108460_17361828.jpg



板を組み合わせて 台を作った

丸ノコの台には 勿体ない素材である


c0108460_17361792.jpg

c0108460_17383374.jpg


by umibenomori | 2019-09-29 17:41 | 2019年活動状況 | Trackback | Comments(0)

栗拾いとハンノキ林の草刈り・・・うみべの森

2019年9月26日(木)晴れ
うみべの森を育てる会定例活動日・・・せんなん里海公園内うみべの森

c0108460_15313173.jpg


(8:10~12:50) 参加会員 5名〔小牟田 立石 角井 西台 細井〕

快晴の秋晴れ 朝の気温も22度と 非常に爽やかであり


c0108460_15302033.jpg



ボランティア活動日和である  しかし会員の集まりは悪い


c0108460_15390338.jpg



*ビオトープの水漏れ補修 ・・・〔小牟田〕


c0108460_15313256.jpg



 昨日も独り作業で補修してくれた

 今日は そう大きな補修はなかった


c0108460_15301881.jpg



*黄色スズメバチの巣撤去

 花の広場の前の公園道路は ヤマモモ並木であるが

 海側のヤマモモの木に 大きな蜂の巣があった


c0108460_15322261.jpg



 公園職員の古谷さんが 蜂殺虫剤3本使い切って

 大きな巣を撤去したようである

 直径30㎝ 5層の 大きな巣だ

 被害もなく 昼間に よく 撤去出来たものと 感心している


c0108460_15322339.jpg



*ミーティング


c0108460_15332469.jpg


c0108460_15390251.jpg



*ハンノキ林の草刈り・・・〔小牟田 角井 立石〕


c0108460_15353661.jpg


 刈払機 3台駆動

 草の伸びている場所では 背丈が2mにも なっている


c0108460_15353532.jpg




 クズのツルや その他のツルも絡んで 非常に刈りにくかった


c0108460_15365112.jpg



草が繁茂して 刈っても どこを刈ったか 分からないくらいである


c0108460_15365164.jpg



*栗拾い・・・〔西台 細井〕

 本来なら 沢山 拾えるはずであるが

誰かに拾われたらしく 少ししか 収穫はなかった


c0108460_15332347.jpg



我々が管理していることを 知っていて 

早朝の散歩の時に 拾いに来るようである

拾った栗を使って 西台さんが来週の木曜日に 栗ご飯を炊いてきてくれる

来週の木曜日は弁当不要である


c0108460_15343581.jpg



*電動マルノコの台作り・・・〔細井〕

細井さんから寄贈された スライド式電動丸ノコの台を

廃材を利用して 製作中である


c0108460_15381086.jpg



*小物置の整理・・・〔西台〕

 飲食物関係の収納 プラ箱や ジャー等を 綺麗に洗浄して

 乾燥させ 再度収納した


c0108460_15380951.jpg


by umibenomori | 2019-09-26 15:42 | 2019年活動状況 | Trackback | Comments(0)

岬社協企画「里山体験」・・・うみべの森

2019年9月22日(木)くもり
岬社協企画「里山体験」&うみべの森定例活動日
(8:10~14:20) 参加会員 7名+7名〔岡田 甲斐 小牟田 立石 西台 樋口 細井〕
岬社協〔西田〕和歌山市より来訪者 6名

曇りのち雨の 天気予報である

気温は低いが 湿度が どんどん上がって 蒸し暑い


c0108460_17050313.jpg



*ミーティング


c0108460_17055291.jpg



岬社協企画「里山体験」

 岬社協引率者 西田氏

 和歌山市内より 2家族6名 (子ども4人 大人2人) ・・・対応〔立石 西台〕


c0108460_17055299.jpg



*挨拶&説明・・・〔立石〕

*カブトムシ幼虫観察


c0108460_17071158.jpg

c0108460_17071237.jpg

c0108460_17071176.jpg



*うみべの森の クヌギのヒコバエの剪定


c0108460_17084860.jpg

c0108460_17084703.jpg



*剪定枝を 花の広場へ搬送


c0108460_17080711.jpg

c0108460_17080666.jpg

c0108460_17093436.jpg

c0108460_17093590.jpg



*カラスに掘り返されないために 剪定枝でカブちゃんベッドを覆う


c0108460_17120950.jpg



*クラフト教室・・・〔花の広場〕

 小枝を利用したクラフト

 小枝鉛筆ペンダントが気に入り 全員で製作していた


c0108460_17120839.jpg


 その他 個性ある作品も出来ていた


c0108460_17195554.jpg

c0108460_17195536.jpg



小川で生き物捕り・・・網でメダカやエビを掬った


c0108460_17131458.jpg

c0108460_17131410.jpg


*鎌での草刈


c0108460_17145303.jpg



*お弁当タイム・・・〔花の広場〕

 会員も一緒になり おしゃべりしながら 楽しいランチタイム


c0108460_17154117.jpg

c0108460_17154190.jpg



*陸ガニ捕り・・・〔箱の浦よりの入口付近へ移動〕


c0108460_17163593.jpg



 沢山いたが 数匹の捕獲は出来た


c0108460_17163520.jpg

c0108460_17172685.jpg

c0108460_17172577.jpg



*「カニカニウオッチング」・・・〔花の広場〕

 バケツより取り出したカニを

 それぞれ何度も挑戦しながら 掴めるようになった


c0108460_17190426.jpg
c0108460_17190315.jpg

c0108460_17190312.jpg



*遊び終わったカニたちは うみべの森の水路に逃がした

c0108460_17204927.jpg




1340 小雨が降りだしたので 楽しかったの言葉を残して 帰って行った


c0108460_17204952.jpg


「うみべの森:定例活動」

*草刈り・・・刈払機2台駆動 ・・・〔甲斐 小牟田〕

 ビオトープの斜面・ おひさま畑・ ビオトープ上通路・ ハンノキ林


c0108460_17105123.jpg


c0108460_17145486.jpg


c0108460_17181509.jpg


c0108460_17223278.jpg



*ササユリの道周辺の釜での草刈 ・・・〔樋口〕


c0108460_17105136.jpg



*刈り取った草の後始末・・・〔岡田〕


c0108460_17181515.jpg



*細井さん寄贈「電動マルノコ」の台作り ・・・〔細井〕


c0108460_17223328.jpg



*工事跡斜面の補強・・・〔小牟田〕

 杭を打ち込み 土嚢を並べて 雨水の水流変更工事


c0108460_17050264.jpg

c0108460_17223111.jpg


by umibenomori | 2019-09-22 17:26 | その他ボランティア活動 | Trackback | Comments(0)

涼しくなれば 草刈りだ!!・・・うみべの森

2019年9月19日(木)晴れ
うみべの森を育てる会定例活動日・・・せんなん里海公園内うみべの森
(8:20~14:30) 参加会員 6名〔飯塚 小牟田 立石 中川 長原 細井〕

c0108460_16560472.jpg


秋晴 快晴 気温も低く 風も少しあり


c0108460_16560340.jpg



涼し過ぎる くらいである


c0108460_17051387.jpg



ボランティア作業日和でもある


c0108460_17051295.jpg


*ビオトープの水漏れ補修 ・・・〔小牟田〕


c0108460_17061551.jpg



 昨日も 小牟田さんが 独り作業で 水漏れ補修を してれくれたようだ


c0108460_17142379.jpg



今日も第3池の排出口の土手に 穴が空き 

第2池などは 水位が低下していた


c0108460_17142477.jpg



水漏れを補修し 池の底の泥も 少しは搔き上げた


c0108460_17161408.jpg



*ミーティング


c0108460_17061511.jpg



*水性植物「アンペライ(ネビキグサ)」 のビオトープへの移植・・・〔小牟田 立石〕

 ビオトープに遮蔽物がなく メダカの親は殆どアオサギ等の

エサになってしまったようだ


c0108460_17173295.jpg



オオカナダモや ホテイアオイなどの 外来種は使いたくない

小川に自生している アンペライを60株ほど 根から引き抜いて


c0108460_17173357.jpg



ビオトープの泥土の中へ移植した


c0108460_17161302.jpg



どんどん広がって メダカなどの隠れ場所に なることを期待している

*おにぎり広場周辺の草刈り・・・〔全員〕


c0108460_17183841.jpg



 刈払機4台を駆動して草刈り


c0108460_17202457.jpg



 刈り取った草は 熊手などで掻き集めて 樹木の根元などに積み上げた


c0108460_17202469.jpg



草には笹も つる植物も 混じっているので 刈るのに何かと手間が掛った


c0108460_17211240.jpg



*植樹の手入れ・・・〔飯塚〕

 クワ ウツギ 等の低木に ツルが巻き付いているので

 これを丁寧に取り外し  周りの草を刈って整備した


c0108460_17211206.jpg



*スズメバチ退治・・・〔中川 立石〕

 クヌギの樹木2本に 樹液が出ている

樹液を吸いにスズメバチが 何十匹もやって来ている


c0108460_17223553.jpg



殺虫剤を撒布したり 箒で叩いて殺したりして

20匹くらいは駆除したが 労多くして 効果は少ない



c0108460_17183777.jpg


c0108460_17223537.jpg


by umibenomori | 2019-09-19 17:25 | 2019年活動状況 | Trackback | Comments(0)

「ウミホタルウオッチング」 in せんなん里海公園潮騒ビバレー前砂浜

2019年9月14日(土) 晴れ
「ウミホタルウオッチング」・・・せんなん里海公園潮騒ビバレー前砂浜 
うみべの森を育てる会・せんなん里海公園共催
(16:40~19:45) 参加会員(12名)[岡田 小牟田 柴田 田川 立石 角井 中川 中出 長原 西台 細井 森]
公園事務所サポーター 5名
一般公募参加者 19家族 61名

秋晴 快晴 暑くなく寒くなくイベント日和である


c0108460_22333439.jpg



*準備(16401600

 *公園事務所のスタッフは 砂濱の投光器の準備等

現場での準備を 全て引き受けてくれた

 *捕獲器やワイングラス その他の小道具を 2台の四輪車に積み込んだ


c0108460_22323416.jpg



1700 潮騒ビバレー前の砂浜へ移動


c0108460_22323398.jpg



 *潮騒ビバレー海側入口前に 長テーブル4脚を 設置し準備


c0108460_22333403.jpg



 *各班担当者はテーブルに 必要用具を並べる

 *捕獲に入れる海水を 大きな容器に準備

 *各班のバケツに 海水を入れて準備


c0108460_22355597.jpg



17:45ミーティング・・・〔森〕


c0108460_22344169.jpg



  4班の担当確認

  ウミホタル観察会の流れを詳細に説明

  ワイングラスでの演出等も実演して説明


c0108460_22344136.jpg



1815軽食(浜木綿弁当)

  おにぎりを階段に座り 夕陽を見ながら食べる


c0108460_22355664.jpg



1820 夕焼け&帆船


c0108460_22371037.jpg


c0108460_22371019.jpg


c0108460_22381517.jpg







18301900 受付

  公園事務所ロビーで受付⇒海岸に移動

1833 挨拶&ミホタルのお話し&注意事項説明・・・森リーダー


c0108460_22381469.jpg


c0108460_22401794.jpg



1840 班ごとにエサを配布


c0108460_22443913.jpg


c0108460_22443939.jpg



カニかまぼこを  捕獲容器に入れ 浜辺へ移動


c0108460_22401613.jpg



1842 浜辺で各自捕獲器に水を入れ ばらばらに投入


c0108460_22453638.jpg


c0108460_22453587.jpg



 引き上げまでの15分ほどの時間に

子どもたちは 砂浜で砂遊びなどしている


c0108460_22463374.jpg



1900 各班捕獲器の引き上げ


c0108460_22463365.jpg


c0108460_22475692.jpg



1907 各班でウミホタルの観察開始


c0108460_22475545.jpg



  サポーターが見本を見せて


c0108460_22484711.jpg


c0108460_22484749.jpg



c0108460_22492089.jpg


c0108460_22491968.jpg

後は参加者が自由に ウミホタルを扱う

ウミホタルの観察の仕方は 各班長の自由裁量に 任せているので 少しドタバタしていたが

大人も子供も 手にウミホタルの光を付けて大喜び

1922 各班ウミホタルをバケツに入れて 波打ち際へ移動

 各班リーダーが バケツのウミホタルを 波打ち際へばらまいて 「天の川」作戦」


c0108460_22521077.jpg
c0108460_22520940.jpg
c0108460_22524961.jpg

c0108460_22524922.jpg



ばらまいた後へ海水をかけることで 何時までも輝いている

砂浜の星空を全員感動して しばらく動かず

1930自由解散


c0108460_22533328.jpg



スタッフは片付け⇒機材を全て花の広場へ運ぶ


c0108460_22533212.jpg



 洗浄その他片付けは 明日の定例活動日に実施


c0108460_22542572.jpg



1945サポーター解散

(公園事務所関係は残っている)

参加者全員がよろこんでくれたので 大成功である)


c0108460_22542690.jpg


by umibenomori | 2019-09-14 22:57 | ウミホタル観察会 | Trackback | Comments(0)

ビオトープのヘドロ揚げ・・・うみべの森

2019年9月12日(木)晴れ
うみべの森を育てる会定例活動日・・・せんなん里海公園内うみべの森

c0108460_14552644.jpg


(8:10~12:10) 参加会員 8名〔岡田 小牟田 田川 立石 傳 西台 細井 安永〕

秋晴れ 快晴 朝の内は 気温も28度前後で 風も少しあり 涼しく感じる


c0108460_14552509.jpg



しかし 午後からは 気温も30度を越えてきた

c0108460_14582150.jpg





*ミーティング


c0108460_14564937.jpg



*スズメバチ対応

 クヌギ林の1本のクヌギに オオスズメバチが30匹ほど 群がって樹液を吸っている


c0108460_14564865.jpg



周りに捕獲容器を設置したが 樹液の方ばかりに集って 捕獲容器には入らない

何とか対策を講じる必要がある


c0108460_15011866.jpg



*ビオトープのヘドロ揚げ ・・・〔男子部〕


c0108460_14582077.jpg



 ビオトープも最初に掘削した時は 深さも50㎝はあったが

 16年経つと ヘドロが溜って 深さも10㎝くらいになってしまった

 オオカナダモも除草剤が流れ込んで 完全に消えてしまい

 遮蔽物がないのと 池が浅いのとで 鳥たちの餌食になって

メダカの親たちの姿は なくなった


c0108460_15001276.jpg



ジョレンや鍬を使って 手の届く限りのヘドロを掻き寄せて 池の縁に積み上げた

c0108460_15033707.jpg



場所に寄っては 20㎝くらいの 深さには なった

小川に生えている 水生植物を抜き取り 池に植え付ける準備もした


c0108460_15001006.jpg



*ウミホタル観察会の準備 ・・・〔女子部〕


c0108460_15033788.jpg



 捕獲容器に名札を付けたり

 当日の必要な 小物用具なども揃えて 準備を万全にした


c0108460_15060001.jpg




by umibenomori | 2019-09-12 15:09 | 2019年活動状況 | Trackback | Comments(0)

花の広場内にチップ搬入・・・うみべの森

2019年9月8日(日)晴れ
うみべの森を育てる会定例活動日・・・せんなん里海公園内うみべの森
(8:10~12:20) 参加会員 9名〔飯塚 岡田 小牟田 田川 立石 角井 中川 西台 細井〕
c0108460_16504990.jpg


秋晴れ 快晴 暑い


c0108460_16511045.jpg



*土嚢搬入・・・〔岡田 小牟田〕

 公園事務所へ軽トラを借りに行き ついでに 砂の入った土嚢を たくさん貰ってきた


c0108460_16530779.jpg



*ビオトープ水漏れ補修 ・・・〔岡田 小牟田 立石 細井〕

 第1池に水漏れ個所があり 第2池は殆ど 水がなくなった


c0108460_16520221.jpg



 アオサギの 格好の 餌場になっている


c0108460_16520322.jpg



3か所の水漏れを補修して 第2池に水が溜るようにした


c0108460_16530807.jpg



*おおスズメ蜂の駆除 ・・・〔立石 中川〕

 クヌギ林の1本のクヌギに オオスズメバチが群がっている

 樹液を吸っているのだと思うが 殺虫剤を振りかけても 直に戻ってくる

 駆除方法を考える必要がある

*ミーティング


c0108460_16540269.jpg



*花の広場内オ枯れ草整理・・・〔飯塚 田川 中川 西台〕

 枯草の山を 木の根元に敷き詰めて チップの底敷きにする


c0108460_16540326.jpg



*花の広場内へチップ搬入・・・〔岡田 小牟田 細井〕

 公園事務所から 軽トラダンプを借りられたので


c0108460_16551033.jpg



チップヤードでチップを フォークやスコップ等で積み込み 4往復した


c0108460_16550928.jpg



真夏日の トラックへの積み込み作業は 非常にハードで 重労働であった

4本の木の根元にチップの山を作った

このチップには 既にカブトムシや コクワガタの幼虫が沢山入っていた


c0108460_16570736.jpg



*チップの山の整備・・・〔立石〕


c0108460_16581935.jpg



 ダンプで下ろしたチップを 木の根元に 平均に山積みして整備した


c0108460_16581797.jpg



 小学校の遠足サポートで カブトムシ幼虫を 見せることが可能になった


c0108460_16570834.jpg



*花の広場周辺の草引き・・・〔飯塚 田川〕

 小川の縁の草や 目立つ伸びすぎた草を引き抜いた

*ウミホタル容器チェック・・・〔中川 西台〕

 イベントで使う25個の容器の蓋や ロープの状態を細かくチェック

割れた蓋などは 予備品と交換した

容器にくくり付けている 15mのロープを 容器から簡単に取り外せる 方法も検討している


c0108460_16593359.jpg



*作業開始の時でも すでに気温は30度を越えていたが

昼には32度にもなったので 作業は午前中で終了とした


c0108460_16593234.jpg


by umibenomori | 2019-09-08 17:02 | 2019年活動状況 | Trackback | Comments(0)

小川ダムの手直し・・・うみべの森

2019年9月5日(木)晴れ
うみべの森を育てる会定例活動日・・・せんなん里海公園内うみべの森
(8:30~16:10) 参加会員 8名〔飯塚 岡田 小牟田 田川 立石 西台 細井 安永〕

c0108460_18381881.jpg


7時頃 少し雨が降ったが 明るい空なので気にしない

朝の内は 気温も少し低かったが 昼に掛けて どんどん上昇した


c0108460_18360353.jpg



12時には30度を 越えていた

*あふれ滝の樋掃除・・・〔小牟田〕


c0108460_18360250.jpg



*ミーティング

 小学校遠足3校のサポートの詳細

 ウミホタル観察会の詳細


c0108460_18403092.jpg



*小川ダムの手直し・・・〔男子部〕


c0108460_18402917.jpg



 小川のダムの下部から 水が流れ出ているので 

小川の水位が低くなっている


c0108460_18414704.jpg



ダムの盛り土を取り除き 土嚢を沢山入れて 安定させ

そのすき間を小川の底の土を 掘り起して導入し 盛り土にした


c0108460_18414854.jpg



土の上にレンガや 小石を置いて補強した

その周辺の 土手のくずれている所にも 土嚢を入れて補強した


c0108460_18414668.jpg

 ダム周辺に 早速カニや メダカが集まって来ていた


c0108460_18472361.jpg

c0108460_18472172.jpg

c0108460_18485805.jpg




*工事跡斜面の整備 ・・・〔飯塚 田川 西台〕

 工事跡に草が生えてきたが

 クズ・セイタカアワダチソウ・ナルトサワギク等の有害な植物を引き抜いた


c0108460_18425026.jpg



*原木名札つくり ・・・〔細見 立石 安永〕

 小学校遠足サポートに 原木スライス名札が 200個以上必要なので

原木を電動マルノコでスライスし


c0108460_18424928.jpg


 ドリルで穴あけをして


c0108460_18441940.jpg




 330個は準備出来た


c0108460_18432418.jpg



*クヌギ林の間伐枝の整理 ・・・〔岡田〕

 間伐枝を積み上げていたが 時間が経過していて

全て葉は枯れてしまっている

これ等を全て工事跡斜面の マルチ用に運んで整理した


c0108460_18441858.jpg



*ジャヤナギ枯れ枝の整理 ・・・〔小牟田 立石 細井〕

 径15cmの枝が 折れて垂れ下がっている


c0108460_18454147.jpg



ハシゴに登って先端に ロープを掛けて引落し


c0108460_18445966.jpg



手ノコギリで運べる長さに切断 その他の枝も細かく裁断した


c0108460_18454278.jpg



これを全て工事跡斜面の マルチ用に運んで整理した


c0108460_18454067.jpg



*昼には気温が30度を越えたので 女子部は午前中で作業修了した

*おにぎり広場の水たまりの見ず排水処理・・・〔岡田〕

c0108460_18381740.jpg



*鳴滝小学校遠足の下見来訪 〔粟先生〕・・・〔岡田 小牟田 立石〕

 サポート内容を説明し うみ森を案内した

公園の中に このような里山が あるとは 知らなかったと 驚いていた


c0108460_18472242.jpg


by umibenomori | 2019-09-05 18:51 | 2019年活動状況 | Trackback | Comments(0)

「カニカニウオッチング」 in 「第7回せんなん里海さくらフエス」

2019年9月1日(日)くもり
「カニカニウオッチング」in「第7回せんなん里海さくらフェス」
c0108460_18515315.jpg


(7:10~15:40) 参加会員 16名+4名
〔飯塚 岡田 甲斐 加藤 小牟田 柴田 田川 立石 土肥 中川 中出 長原 西台 細井 森 安永〕
うみべの森体験参加者〔足立夫妻娘〕 岬社協〔西田氏〕 来訪者 300人以上
c0108460_18515287.jpg


夜中まで雨であったが 朝には止んでいた

c0108460_18525273.jpg



6時頃少しぱらついたが 終日気温も低く 蒸し暑い 曇り空の1日であった

c0108460_18525195.jpg



*陸カニ捕獲(720830・・・〔岡田 小牟田 立石 森〕

  田山川近くのトンネルの周辺でも 少なく40匹ほど捕獲し

c0108460_18540881.jpg



  マムしまで見付けてしまった

c0108460_18551457.jpg



  箱の浦の歩道周辺で30匹ほど捕獲

c0108460_18540968.jpg



c0108460_18560379.jpg
c0108460_18560218.jpg
*陸ガニ整理(830900・・・〔岡田 小牟田 立石 細井 森〕

 全数水洗いして4個のプラボックスに分けた

 逃げないように網をかぶせ 草や枝を置いて日陰とする

c0108460_19442927.jpg



*ポスター展示用ボード4枚設置  裏側に倒れ防止の支柱を設置

*スタンプラリー用スタンプ台設置

*イベント各場所に休憩用椅子・ベンチ配置

c0108460_19442925.jpg



*ミーティング

 岬社協企画(西田氏):うみ森体験希望者

 足立母娘の紹介

 元会員の飯島様(81歳)の死去報告

c0108460_19454237.jpg


c0108460_19470578.jpeg



*(10001500


「カニカニウオッチング」

c0108460_19454173.jpg



 カニの4ケースは30分交代

c0108460_19480729.jpg


c0108460_19480666.jpg



 子どもたちに掴まれたりしていると

 カニも相当ストレスが溜まり弱ってくる

 30分働き90分休憩体制にした

c0108460_19485797.jpg


c0108460_19485594.jpg



 出足から親子の来訪者が 途絶えることはなかった

c0108460_19494196.jpg


c0108460_19494051.jpg



 カニの掴み方のポイントを教え 

 どうしても掴めない子には 持たしてあげる

c0108460_19501875.jpg


c0108460_19501775.jpg



 カニを自分の手で持った時の うれしそうな顔!

c0108460_19515665.jpg



 

c0108460_19532597.jpg


これを見たいために 我々もこのイベントを しているのかも知れない

c0108460_19543886.jpg


c0108460_19543749.jpg


c0108460_19570744.jpg


c0108460_19570666.jpg


c0108460_19575819.jpg


c0108460_19575761.jpg


c0108460_19584046.jpg


c0108460_19583964.jpg



カニを掴めた子は 花の広場で

「カニを大切に!」の ポスターを描いてもらう

c0108460_19515516.jpg



こどもの発想は すばらしく

個性のあるポスターが何枚もあった

c0108460_20050388.jpg


c0108460_20050257.jpg


c0108460_20055321.jpg


c0108460_20055497.jpg



ポスターはラミネートして 公園内各所に展示する

c0108460_20071900.jpg


c0108460_20071866.jpg



最初は怖がっていた子が 

自分だけで掴めるようになった時の

うれしそうな顔は素晴らしい

c0108460_19593478.jpg


c0108460_19593363.jpg


c0108460_20015855.jpg


c0108460_20001465.jpg



今年は例年と違って 午後からの来訪者が多く

特に1時~2時までは150人以上の 来訪者の混雑ぶりであった

c0108460_19532654.jpg



子どもたちと遊んでいる間に 5時間は直ぐに経ってしまった

c0108460_20001597.jpg


c0108460_20010395.jpg


c0108460_20010112.jpg


c0108460_20015794.jpg



*後片付け(14301500

 カニは全て うみ森の各場所へ 運んで逃がした

 テントは2張りを収納し 卓球台・ボード・脚は全て 事務所倉庫へ収納

c0108460_20033678.jpg


c0108460_20033755.jpg



*反省会(15001530

 里山体験者のリホちゃんは 朝からずーっとカニと

遊んでいたのには全員が驚き

 子どもたちが喜んでくれたことは最高である

c0108460_20042027.jpg


c0108460_20041857.jpg


by umibenomori | 2019-09-01 20:09 | カニカニウォッチング | Trackback | Comments(0)