人気ブログランキング |

『うみべの森を育てる会』ホームページ

umimorihp.exblog.jp

<   2017年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

新山道の整備・・・うみべの森

平成29年1月29日(日)くもり
(8:00~14:50)参加会員 14名
〔飯塚 生熊 小島直 甲斐 小牟田 杉本 田川 立石 谷本 中出 長原 原田 森 山本〕

早朝は 気温5度 晴れていた

8時には雲ってきて 徐々に気温も11度まで上がった

作業のやりやすい天候だが 熱中したら汗ばむほどである

吉川さん紹介の山本さんが 入会したいと初参加・・・沖縄のワンちゃんも参加した

c0108460_18511486.jpg

人懐っこい犬で直ぐに全員に慣れ 作業している周りを走り回っていた

山本さんも直ぐに溶け込み 女性軍とワイワイ言いながら 作業をしていた

(山本さんの旦那さんは みさき里山クラブ:徐代表の昔からの知人である 

大阪の住まいを引払って淡輪に永住する気持ちのようである)

c0108460_18483363.jpg

*たき火準備・・・〔小牟田 立石〕

c0108460_18480221.jpg

*お茶の準備・・・〔原田〕

*物置の廃材片付け・・・〔立石 原田〕

c0108460_18474469.jpg

*わら縄の片付け・・・〔小牟田〕

*廃材の釘抜き・・・〔甲斐 杉本〕

*ミーティング

c0108460_18481949.jpg

*ハンノキ道・10本桜道の歩道整備・・・〔小牟田 中出 長原 女性軍〕

c0108460_18485227.jpg

 道の全体は完成しているが 階段のつなぎの通路を整備した

c0108460_18510086.jpg

 通路の両側に伐採木を並べて 道の存在感を出した

c0108460_18504210.jpg

 周辺の10㎝以下の細い樹木を伐採して 通路の両側に並べた

c0108460_18493448.jpg
c0108460_18494932.jpg
c0108460_18500544.jpg

 伐採木の枝切りや 一カ所への集積など 全て女性軍の作業であった

*シュンランの道:川沿いの道の整備・・・〔甲斐 谷本〕〔小牟田 長原〕

c0108460_18532907.jpg

 川のコンクリートの岸より通路の方が低い

 山側の斜面を削って高さを同じにした

 同時に通路の邪魔になる樹木も数本伐採した 伐採木は通路の片側に並べた

c0108460_18514389.jpg
c0108460_18520880.jpg
c0108460_18524512.jpg
c0108460_18525993.jpg

*ふかふか小径の階段補修・・・〔杉本 森〕

c0108460_18534733.jpg

 横木が腐食しているのもあり 大部分新規に作り直した

 通路も片側が高くなっていたので 土留めを作りながら 平らに均した

c0108460_18540327.jpg
c0108460_18554614.jpg

*スライド式電動丸ノコに治具取り付け・・・〔立石〕

 切断部分周辺には部材止めがない

 短い部材を切る時は 場合によって部材が飛んでしまう

 危険なので丈夫な板を取り付けて マルノコの刃の直近にまで板10㎝の止めを作った

これで丸太スライスのプレーとは 作りやすくなった

c0108460_18544182.jpg

*伐採木の薪加工&杭加工・・・〔立石〕

 枝切りした伐採木の細い分をスライド式電動丸ノコと据置き型電動丸ノコを使って

真っ直ぐなのは杭に加工し 曲がったのは 薪に加工した


*昼食時には 原田さんが長崎特産の「かんころ餅(サツマイモの入ったお餅)」を持ってきて たき火で焼いてくれた

c0108460_18551652.jpg

初めて食べたが なかなかおいしいものである

c0108460_18553100.jpg
c0108460_18550444.jpg




by umibenomori | 2017-01-29 19:09 | 2017年活動状況 | Trackback | Comments(0)

1月度運営委員会&植物観察

平成29年1月26日(木)晴れ
全員運営委員会&樹木観察(8:00~14:30) 
参加会員 14名〔生熊 小島直 吉川 小牟田 柴田 杉本 田川 立石 谷本 傳 中川 長原 西台 原田〕協力会員〔高木先生〕

1月度全員運営委員会(9301140)・・・(花の広場:たき火を囲んで)

c0108460_19413145.jpg

*スケジュール確認

 25日(日)定例活動日

 「ワカメ収穫まつり」・・・うみ森女子部はワカメ味噌汁炊き 男子部はワカメ収穫のサポート

 325日(土)「しおさい楽習館:オープンセレモニー」 全員参加依頼・・・それまでに原木名札を製作

 55日「子どもの日フェスティバル」 参加要請を受ける・・・(西台)220日打ち合わせ会

c0108460_19414574.jpg

*従来「顧問」としていた名称は実態とやや違うので 今後は「協力会員」に名称変更

*「とんど」の準備

 10月 ワラ各所へお願い 田圃より引き取り(延べ 9人)

 11月 中芯柱ヒノキ5m4伐採(延べ 17人)

 12月 孟宗竹伐採・軽トラ6台分搬送 (延べ 19人)

 1月  真竹笹付き5m*4他20本伐採・搬送・とんど場所穴掘り・とんど組み立て (延べ 29人)

    とんど焼(延べ 14人)

c0108460_19415630.jpg

*「焼き芋」準備

 5月サツマイモ畑準備・苗植付・ツル起こし・草引き・畝起こし等手入 (延べ 15人)

 10月 サツマイモ掘り(延べ 7人)

 1月 サツマイモ洗い・新聞紙・アルミホイル包み・保管(延べ 6人)

焼いも焼き・販売準備・販売(延べ 12人)

木炭・サツマイモ購入 ¥16000

c0108460_19420677.jpg

*「とんど」「焼き芋」見直し検討

 高齢化になり ハードな作業は困難 事故寸前の事態が4回もあった⇒大事故になる前に対応が必要

 この際 うみ森としてはやめることに決定

 公園事務所に申し入れ 両者で検討予定

c0108460_19421719.jpg

*[丸太を切ってサンタを作ろう!]の見直し

 ヒノキ林での伐採は危険なのでやめたい

 サンタの斜め切り材料は うみ森の間伐材を利用する⇒1011月に間伐する

 サンタのお絵描きを限定せずに その他のクラフトも選択できる方式にする

c0108460_19422640.jpg

*新しく作った回遊路の名称

  「ハンノキ道」「10本桜道「シュンランの道」とし 従来からあった広場の名前を使う

c0108460_19430242.jpg


植物観察(1300~1440)・・・高木喬:協力会員指導

*ハンノキの雄花と雌花と実の解説

  根粒菌があり昔から田圃の土壌改良目的で植えられてきた⇒現在では少なくなった

類似木にはヤシャブシがある⇒雄花は花粉症の原因にもなる

c0108460_19431514.jpg

*ハンノキ道

c0108460_19432887.jpg
c0108460_19435768.jpg
・10本桜道・シュンランの道・・・この周辺の樹木の観察と 間伐予定木の選定(枯れ木もある)
c0108460_19441244.jpg
c0108460_19443404.jpg

*ネズミモチとトウネズミモチの違い

c0108460_19445655.jpg

*2月の植物観察はやめ 木の枝を使ったネイチャークラフト作り実習とする・・・特殊な材料は高木さんが準備する

c0108460_19450728.jpg


by umibenomori | 2017-01-26 19:58 | 運営委員会 | Trackback | Comments(0)

新年会・・・お食事処「朋」

平成29年1月22日(日)くもり
うみべの森を育てる会新年会
c0108460_17533332.jpg
(11:00~14:00) 参加会員 20名
〔飯塚 小島直 甲斐 吉川 小牟田 柴田 杉本 田川 立石 谷本 傳 中川 中出 長原 西台 原田 森〕〔高木 谷口 渡邊〕
曇り空 気温8度 風も少しある しかし 寒さは あまり感じない
久し振りの うみべの森の親睦会「2017新年会」が企画された
会員24名 協力会員4名 総計28名中 20名が参加した
11:00 集合 うみべの森:花の広場・・・西台代表挨拶
c0108460_17534987.jpg
11:17 600mほど離れた会場へ全員が歩いて行く
c0108460_17542197.jpg
11:27 箱の浦住宅 ホーム御食事処「朋」到着
 入口の信楽焼の郵便ポスト風の郵便受けが なかなかいいものだ
c0108460_17544743.jpg
 入り口 玄関 室内等は 手づくりの小物でインテリアしているが 
 少々ごちゃごちゃしているが 和風の雰囲気は十分に出ていて いいものである
c0108460_17555300.jpg
c0108460_17553681.jpg
c0108460_17550761.jpg
c0108460_17562466.jpg
 6畳2間に20名が座るので ギューギュー詰めである
c0108460_17572946.jpg
11:42 西台代表 挨拶
c0108460_17574509.jpg
11:44 中川副代表 乾杯の音頭
c0108460_17581477.jpg
 料理が次から次へと出てくるが お酒を飲まない者が多いので
c0108460_17582772.jpg
c0108460_17585696.jpg
 出てくる料理は すぐに食べてしまう 写真を写している間もない
c0108460_18050638.jpg
c0108460_18052544.jpg
c0108460_18072281.jpg
 細長いテーブルであり あまり移動も出来ないので 話の輪は隣近所になる
c0108460_18043524.jpg
 
 そのため いくつもの輪が出来ているが よその話しはわからない
 料理の種類も多く 味も合格である 特に煮物や汁物の味がおいしかった
 ビール 日本酒 ノンアルコールと相当数は消化されていた
c0108460_18081958.jpg
12:29 ビデオ鑑賞
 森さんがTVとビデオを持参してきた 「とんど」のビデをを放映
c0108460_17592448.jpg
 女性部は焼き芋の処理に熱中していて とんど焼を殆ど見ていないので大好評


c0108460_18002546.jpg
c0108460_18011535.jpg
 その他の会員も違う角度からの映像に興奮
c0108460_18004330.jpg
 自分達のとんどの素晴らしさを 改めて確認していた
c0108460_17594408.jpg
 20分ほどビデオ鑑賞をしてから 親睦会再開
 お酒を持ってテーブルを回る者も出てきて 話の輪にも変化が出てきた
 久しぶりの親睦会で全員が和気藹々で 楽しい時間を過ごしていた
13:58 中締め挨拶 柴田リーダー
c0108460_18030760.jpg
c0108460_18034294.jpg
14:04 全員解散
c0108460_18035788.jpg
 2次会でコーヒーを飲みに行った 会員もいたが・・・
 場所が住宅地なので歩いて帰れる者も多く その点近くでの親睦会は帰りも楽である


by umibenomori | 2017-01-22 18:43 | 親睦会 | Trackback | Comments(0)

うみべの森を育てる会新年会から  by  (ナベサダ)

平成29年1月22日(日)
里海公園・うみべの森を育てる会の新年会が、箱の浦住宅内の食事処「朋」で開催された。
私は正会員ではないが、お世話になっている方々も多く、協力会員と言う事で声掛けを頂き参加する。
f0053885_19192874.jpg


昨年度も5月の子供フェスティバルではおもちゃ作り、11月度のサンタ用檜の切出し、12月度はとんど焼き用竹材の伐採、
今年に入っては里海祭のとんど焼き・焼き芋、等々が思い出として残る。
取組を通して対人関係も重なったからであろう。
f0053885_19201366.jpg


民家を改装した「朋」では、参加者20人?は・・如何かな・・気にされていた様だが、
良い雰囲気の中で、食べて飲んで会話して・・楽しい良い交流が出来ました。
f0053885_1921818.jpg


f0053885_1921417.jpg


西台代表の挨拶、中川さんの乾杯でスタートして、途中では森さんが・・上手に撮られた新春里海まつり2017・とんど焼のビデオを見る。
その感想の中から・・今年の「とんど焼」も「焼き芋」も冷たい強風の中で、実に理想的な出来ばえを確認、次年度への良い参考になった様である。
f0053885_19223689.jpg


・振り返り 今年へ繋ぐ 新年会

by umibenomori | 2017-01-22 17:02 | 親睦会 | Trackback | Comments(0)

寒風の中「とんど」は燃えた!・・・せんなん里海公園

平成29年1月14日(土)晴れ(強風)
『新春里海まつり2017』〔とんど焼き&焼きいも〕(8:00~14:30)
うみべの森を育てる会 参加会員 16名
〔飯塚 小島直 甲斐 河原 吉川 小島俊 小牟田 柴田 田川 立石 谷本 傳 中川 西台 三宅 森〕
みさき里山クラブ 5名〔徐 谷口州 久川兼 柚岡 渡邊〕

c0108460_21182303.jpg
寒波がやって来た 晴れてはいるが 強風である 13m以上の西風が吹き非常に寒い
c0108460_21211646.jpg
7:00 焼き芋班集合
 11台の半ドラに火を点ける 強風なので なかなか火が点かない 風防用コンパネの傍へ移動
c0108460_21184453.jpg
 炭を底に入れ 松葉 松ぼっくり 薪を入れて 炭を熾す
c0108460_21192440.jpg
 炭が熾ったら 焼き芋を入れる その上にワラで蓋をして じっくりと焼く
c0108460_21241281.jpg
 満潮時には 強風で波が 焼きいもの場所に流れ込んできた 慌てて半ドラを移動した
c0108460_21195372.jpg
c0108460_21232966.jpg
8:00 焼きいも投入
8:45 第1回焼きいも焼き上がり 一輪車で焼きいも処理場へ運び
 アルミホイル・新聞紙を剥し  ダンボール箱で保温する 販売直前に新聞袋に1個ずつ包む
c0108460_21242638.jpg
c0108460_21251460.jpg
c0108460_21244796.jpg
10:00 「新春里海まつり」開会・・・井澤実行委員長 他関係者挨拶
c0108460_21253976.jpg

10:16 とんど点火
 中川リーダーの合図で 灯油を浸み込ませた2本の松明を(飯塚 田川)(河原 傳)がたき火で点火
c0108460_21260551.jpg
 その松明で「とんど」の火口に差し込み点火した
 強風の中 煙をモクモク吐き出しながら とんどは燃えだした
c0108460_21263948.jpg
c0108460_21270688.jpg
c0108460_21273243.jpg
c0108460_21275020.jpg
c0108460_21280642.jpg

 6分ほどで上部のつるのくくりが焼け とんどは いい格好でねじれて燃え続けた
c0108460_21282936.jpg
c0108460_21284678.jpg
 13分ほど燃えてつぶれてしまった
c0108460_21291332.jpg

10:30 焼き芋販売開始
 長蛇の列である
c0108460_21303201.jpg
 しかし1人1個と制限しているため 販売はスムースに進み
c0108460_21294286.jpg
 わずかの間で完売した
c0108460_21295644.jpg
 販売修了後 焼けた焼き芋は 並べない露店の人たちに移動販売した
10:30~孟宗竹を全て焼き切ってしまうため 火掻き棒や長い青竹を使って 竹が火の中心に集まるように作業
c0108460_21321441.jpg
12:00 とんどが熾火になった
12:10 花の広場で昼食(強風のため)
 おにぎりと里海鍋 デザートは餡餅 半ドラのたき火を囲んでワイワイと・・・
c0108460_21323281.jpg
12:30 とんどの焼けた残りを 全て掘った穴に埋める
c0108460_21324864.jpg
 可愛いサポーターたちもスコップを持って 砂を埋めてくれた
c0108460_21330266.jpg
 スコップを持っての作業は 少々きついので作業は捗らない それでも30分ほどで元の砂浜に復元できた
13:00~13:40 反省会(花の広場)
 たき火を囲んでのワイガヤが多いが
 焼いも部門は 強風で火の管理が大変であったが 焼き加減も 販売も問題がなかった
 とんどは倒れるのが早かったが ねじれ方が良かったので 目標の15分に近い燃え方であった
 強風で寒い以外は全て順調だった
c0108460_21331867.jpg


by umibenomori | 2017-01-14 21:56 | 新春里海まつり | Trackback | Comments(0)

「新春里海まつり2017」・・・せんなん里海公園  by  (ナベサダ)

平成29年1月14日(土)
第15回里海祭の開催日である。
f0053885_2054578.jpg

朝7時に会場の里海公園に行くと、みさき里山クラブメンバーの4人(甲斐、谷口、久川、渡辺)が揃い、焼き芋用11台の半ドラの火おこしから始まる。
f0053885_2019253.jpg
間もなく・・うみべの森メンバーに里山メンバーも揃い、開会式までの準備は順調に進むが、吹き付ける寒風には苦しめられた1日となった。
f0053885_20192770.jpg

f0053885_20215477.jpg
冷たい強風が吹き付ける上に、8時半満潮の波も押し寄せる悪条件は、
途中で押し寄せる波に半ドラ移動をしながら、10時半の販売時間までに予定数を焼き上げる。
f0053885_20212183.jpg
半ドラに木炭、消し炭、松葉、松ぽっくりを入れて種火として点火~逐次他の半ドラへと点火して行く、
半ドラの火が熾った所へ~先日準備したサツマイモ(濡らした新聞紙で包み、更にそれをアルミホイルで包んで準備した芋)を並べて入れる~
他の半ドラの炭火を少し入れて藁で蓋をするように覆う~数本薪で押さえる~約1時間でじっくりと焼き上げて行った。
芋は大・中・小と分けられており、其々に焼き上げ時間を調整しての対応で有った。
f0053885_20235365.jpg

f0053885_2023053.jpg
一方で「とんど焼」の点火は開会式終了後に開始されるが、昨日~今日へと強風にも耐えてびくりともしていない!
みんなであれこれ言いながらの立上げが、功を奏したのかもしれない。
持参される注連縄に金具や針金はのチェックをしてトンドに取り付ける。
f0053885_20244628.jpg
9時
模擬店の準備も始まる。
f0053885_2026553.jpg
9時半:里海鍋の整理券配布に行列が出来る。
f0053885_2027437.jpg
寒風の悪条件下でも沢山の人影が見えるのは、今回で15回目となる実績であろうか?
阪南市、岬町のゆるキャラも出揃い、子供たちに愛嬌を振舞う。
f0053885_2028198.jpg
10時開会式
井沢委員長の挨拶の一言が良く聞こえた中に、寒空で有る事や綱引き等の新企画も有るので、来賓の挨拶は簡単にして欲しいとの要望は良かったと思う。
丸山、谷川国会議員や阪南市長、岬町長も新年の挨拶程度の祝辞で良かった。
f0053885_20292860.jpg
~御陣乗太鼓の音が鳴り響きだすと、うみべの森・女性2組でトンドに火が入る。
海側の点火は風が強く里山・谷口氏に交代~点火すると直ぐに勢いよく煙が上がる。
f0053885_203051.jpg

f0053885_20314446.jpg

f0053885_20325091.jpg

f0053885_20332090.jpg
~トンドの燃える時間が気になるところだが、約7分くらいで第1回目が崩れ落ちる~続いて次々と順調に焼き落ちで行った。
f0053885_20341017.jpg

f0053885_2034312.jpg

f0053885_2034582.jpg

f0053885_20352080.jpg
理想に近い状況で進めたのは、強風が幸いした事、孟宗竹を沢山使用しているが、昨年実績から本数調整した事、
組み立て時の餡子に藁や竹の葉材を沢山入れた事などが、言えるのではないかと思う。
f0053885_2036442.jpg
~風が依然として強いので、昼食はうみべの森広場に戻って~里海鍋とお握り弁当を頂く、
直ぐに甲斐氏と一緒にとんど見張り役の中川氏・森氏と交代に行って焼却整理に入る。
焼却処理用の穴が強風で砂が落ち、狭くなった状況をスコップで掬い上げて~焼却残灰を入れて行った。
f0053885_20372414.jpg

f0053885_20374897.jpg
今日は悪状況下だったので、殆ど担当場所を離れる事無く動いたので、他の取組はチョット覗く程度で、挨拶も写真も取れていないが、少しだけ添付する。
f0053885_20383688.jpg

f0053885_20394036.jpg
お客さんの出足を心配したが、模擬店もコート内の取組も、思った以上に盛況だったのではないかと思う。
砂浜に比べると、建物の壁で風の影響が心配する程の事もなく、進行された様である。
f0053885_20402480.jpg

f0053885_20404660.jpg
最後に、うみべの森の皆さんと一緒に今日の反省会では、焼き芋のクレームも殆どなく、とんど焼きも順調で目出度しで終了となった。

他の取組やビンゴゲームなども残っていたが、3日連続のスコップ作業が続いたので、早目に引き上げて終了とした。

・トンド焼 燃えて今年の 初仕事
by umibenomori | 2017-01-14 20:45 | 新春里海まつり | Trackback | Comments(0)

「とんど」詰め作業・・・うみべの森

平成29年1月13日(金)晴れ
うみべの森を育てる会臨時活動日・・・せんなん里海公園内うみべの森
(8:00~12:50) 参加会員9名〔甲斐 小島俊 小牟田 柴田 杉本 立石 谷本 中川 中出〕
晴れてはいるが 7~8mの強風である
花の広場は そう風は当たらないし たき火があるので過ごしやすいが

c0108460_16220720.jpg
とんどのある砂浜は 吹きっさらしで 長時間作業に 耐えられないくらい寒い
c0108460_16231035.jpg
9:30集合であるが 9時前には殆ど集まっていた
*半ドラの火付け用枯葉集め
 明日 強風の中で 半ドラ11台に火をつける必要がある
 火つけ用材料として 枯れ松葉 松ぼっくりを 掃除しながら沢山集めた
c0108460_16212735.jpg
*ミーティング(たき火を囲んで)
 ⊛とんど組み立て方の反省
  中心柱には十字の竹を長い目に上下に2カ所設置する
 ⊛孟宗竹が他の会員に当たった事例を説明し 来年からはヘルメット着用を原則とする


*とんど火付け用ワラ松明つくり
 青竹の先端にワラを加工して くくり付け2本準備
c0108460_16224465.jpg
c0108460_16251062.jpg
*とんどの結界の設定
 1辺15mの四角形の四隅に 葉付き竹を立てた
c0108460_16232532.jpg
 風がきついので鉄杭を打ちこみ その横に丸太杭を打ちこみ 二重の強度を持たせて 竹をくくり付けた
c0108460_16243353.jpg
 その竹にワラ縄を張り 四方の結界のしるしにした
 西側と北側の竹には ワラ縄で引っ張り 補強した
*看板取り付けの準備
 風がつよいので独立した杭を2本打ちこんだ⇒あすの朝 看板は取り付ける
*半ドラ11台を並べた
 西風が強いので とんどより距離を開けて場所を決めた
 西側には風防としてコンパネ4枚を 鉄杭を打ちこんで設置した
c0108460_16240224.jpg
*長机の設置
 焼き芋作業用として長机6脚を並べ その上に耐熱ボードを張ったコンパネ3枚を置いた
 2脚は焼き芋販売用として潮騒ビバレーレストラン前に設置予定
*とんど用火掻き棒作り
レイキ3本のパイプの柄に 青竹を叩き込んで3mの長さの 火掻き棒を作った
c0108460_16253403.jpg
c0108460_16252219.jpg
 
*廃材杭を薪に加工する
c0108460_16225846.jpg


by umibenomori | 2017-01-13 16:39 | 新春里海まつり | Trackback | Comments(0)

「新春里海まつり2017」とんど組み立て・・・せんなん里海公園内砂浜・他

平成29年1月12日(木)くもり
「新春里海まつり2017」とんど組み立て・・・せんなん里海公園内砂浜・他
(8:00~15:50) 参加会員14名
〔飯塚 生熊 小島直 吉川 小牟田 柴田 杉本 田川 立石 谷本 中川 長原 西台 樋口〕
みさき里山クラブ 参加会員7名〔徐 谷口州 羽間 久川兼 福永 柚岡 渡邊〕
寒波が近付いている 風もあり 特に海辺は寒い
毎年恒例となった みさき里山クラブとうみべの森を育てる会との協働作業で
「新春里海まつり2017」のとんど焼きの「とんど」を組み立てる
寒い中 2つのボランティアグループ会員が 21名も集まって来た
9時集合であるが 8時前から出てきて 作業準備している会員も居る
30分前には殆ど集まっており 運び出す機材を軽トラに積み込みだした

c0108460_20292936.jpg
*ミーティング
 西台代表挨拶
 立石副代表・・・班分け発表と各作業の注意点説明
c0108460_20294586.jpg
*軽トラ 2台・・・谷口自家用車  みさき里山クラブ所有車(長原運転)
*竹伐採・・・(谷口車 6名)
 近くの箱の浦の真竹林へ行く
c0108460_20303214.jpg
 とんどの中心に立てる葉付き竹が必要 結界用4本柱の葉付き竹など 20本近く伐採して 現場へ搬送
c0108460_20311437.jpg
*とんど用穴掘り・・・(8名)
 せんなん里海公園潮騒ビバレー前砂浜に とんどを組み立てる
 その場所に直径8mの円形の内側1mを 半円に50cmくらい掘り下げた・・・とんどの焼け残りを埋め込む予定
c0108460_20313015.jpg
*焼き芋の準備・・・(7名)
 5人から頂いたサツマイモ300個前後
 これを全て水洗いして 新聞紙に包み水に濡らして アルミホイルで包む
c0108460_20295923.jpg
 その過程で計量しながら大中小を仕分け 大きさの種類別に 箱詰めした
c0108460_20352126.jpg
 大きさにより 焼く時間差を検討できる
c0108460_20315183.jpg
*とんど組み立て用機材の搬送・・・(14名)
c0108460_20301697.jpg
 花の広場に集積されていた 孟宗竹3m 270本 中心柱桧5m 4本
c0108460_20320387.jpg
 
 コンパネ7枚 杭21本 薪30籠 木炭90kg ワラ200束 等々を
c0108460_20323460.jpg
 軽トラ2台で とんど組み立て現場の砂浜まで 何回も往復して運んだ
c0108460_20324888.jpg
c0108460_20353394.jpg
*昼食・・・(花の広場)
 女性部が炊いてくれたサツマイモご飯とトン汁を たき火を囲みながら ワイワイと頂いた 
 おいしいのでお代わりしている者もいた
c0108460_20344984.jpg
*とんど組み立て・・・(14名)
 10m近い風が吹いているので 中心柱を立てるのにも苦労し
c0108460_20330943.jpg
 竹を並べるのも 強風で斜めになったりして やり替えたりと 例年よりは組み立てに大苦戦
c0108460_20354739.jpg
 中にワラや竹の枝をふんだんに入れたので 少々メタボ気味⇒その分倒れにくいかも・・・
c0108460_20360769.jpg
c0108460_20364246.jpg
c0108460_20365525.jpg
c0108460_20370778.jpg
c0108460_20374581.jpg
c0108460_20371922.jpg
 重い孟宗竹を運ぶのに 強風に煽られてふらつき 人にぶつける場面もあり ヘルメット着用の必要性を感じた
 来年からは必ず着用することを鉄則にしたい

最初から最後までサポートしてくれる子もいた

c0108460_20373031.jpg

by umibenomori | 2017-01-12 20:54 | 新春里海まつり | Trackback | Comments(0)

「とんど焼き!」の立ち上げ  by  (ナベサダ)

平成29年1月12日(木)
新春・里海まつり“里海で結ぼう!阪南・岬 健康の輪”1月14日(土)開催の取組の内、
メインの「とんど焼き!」の立ち上げを、昨年に続いて「うみべの森を育てる会」と「みさき里山クラブ」共催で立ち上げた。
f0053885_207239.jpg
午前9時前に行くと殆どの方が見えていた。
f0053885_2090100.jpg
新年の挨拶を交わしながら予定人員の集合を待ち、9時~本日の役割分担が発表された。
穴掘り班、竹取班、焼き芋準備班に分かれての作業であった。
f0053885_2092725.jpg
私は穴掘り班の一員として、潮騒ビバレー海側砂場に、とんど立上げの場所を設定~中心に直径1mの穴堀~5m外側に約1m幅強の溝穴を半円で掘りあげた。
(とんど終了後の残灰処理用)~午前中には御柱の立ち上げまでを行った。
f0053885_2010101.jpg

f0053885_20105375.jpg

f0053885_20202850.jpg

f0053885_2011548.jpg

f0053885_20122540.jpg
その間に竹取班は、箱の浦竹林から竹取と運搬をして帰る~
引き続いて、先に多奈川竹林から引き取って来た孟宗竹の保管分やその他の資材も砂場まで運搬して、午前中の作業は終了とした。
f0053885_2013245.jpg
昼食は、サツマ芋御飯と豚汁が用意されたが、大変に美味しく頂いた。
昼食後はコーヒーとお菓子を頂いて、賑やかな相互交流でもあった。
f0053885_20132551.jpg

f0053885_20134573.jpg
昼からは、男性軍全員でとんど立上げを行ったが、途中から若干の歪みが出掛ったので、組み直し修正をしながら立ち上げて行った。
f0053885_20142680.jpg

f0053885_20144864.jpg
竹と竹の間には藁や竹笹を挟んで燃えやすくして、蔓で縛り込みながら竹材を順次バランスを見て立ち上げて行った。
凡そ立ち上がった所で、私は2時20分に帰宅して小学校・下校見守りに立ち~4時に里海まで行くと、全て終了して本番待ち状況となっていた。
f0053885_2015231.jpg
後は、本番でどれぐらいの時間で燃え尽きつかが心配な所である。
当日は、焼き芋係として午前7時集合、半ドラ11個分の火おこしから始まるが、予報では随分と寒い中での作業となりそうである。

・お祭の 主席に座る とんど焼き
by umibenomori | 2017-01-12 20:03 | 新春里海まつり | Trackback | Comments(0)