人気ブログランキング |

『うみべの森を育てる会』ホームページ

umimorihp.exblog.jp

<   2015年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

うみべの森の2回目の間伐

平成27年11月29日(日) くもり
うみべの森を育てる会定例活動日・・・せんなん里海公園内うみべの森
(8:30~14:30) 参加会員(10名)[小島直 小牟田 柴田 杉本 立石 長原 西台 原田 樋口 森]
朝は 薄日が射し 外気温が11度でも 風もなく あまり寒くは感じない
時間が経つほどに 少しずつ暖かくなって来た
作業途中に 上着を脱ぐ者さえ出て来た
*ミーティング
 森の作業は原則としてヘルメット着用のこと
 木を倒す時は当事者以外は木を見ていること
 片付けの時間も考慮して間伐すること
c0108460_17465563.jpg
*入口正面斜面の間伐・・・[チエンソー 長原][小牟田 立石 小島直 西台 原田]
c0108460_18045988.jpg
c0108460_17465187.jpg
  入口の桜巨木の周辺の雑木を17本間伐⇒同時に枝切り幹の寸法切り
c0108460_17545948.jpg
  幹は 花の広場に運び込み薪にする 枝は一カ所に集めて 軽トラで運び出す
c0108460_17465333.jpg
c0108460_17550137.jpg

*花の広場横斜面奥の間伐・・・[柴田 杉本 森]
c0108460_17464669.jpg
  急斜面の間伐であり 腰ノコギリで5㎝以内の細い雑木7本の間伐
  枝や 幹は全て花の広場へ運び入れた
  上の方の刈払機で刈れない笹は 鎌で刈り込んでいた
c0108460_17464901.jpg
  公園の森なので 刈った場所に積み上げておくことも出来ない
c0108460_17550812.jpg
*間伐された幹の薪作り・・・[樋口 小島直 西台 原田]
  5㎝以内の細い木をノコギリで寸法切り
  切った薪は ワラ縄で縛って薪置き場へ積み込み
c0108460_18002996.jpg
*間伐された幹の薪作り・・・[長原 杉本 立石 小島直 西台 原田]
  太い幹を中心にチエンソーで寸法切り
c0108460_18002753.jpg
  薪としては太すぎるのは 別の場所に積み上げた⇒これらは斧で割って薪にする
c0108460_17545774.jpg

*間伐枝の運び出し・・・[全員]
c0108460_17550463.jpg
  公園事務所より軽トラダンプを借りて
  チップヤードまで3回往復して 今日の作業分を全て片付けた
c0108460_17550616.jpg
c0108460_18025888.jpg
*丸太サンタの部材チェック・・・[小島直 西台 原田]
  殆どの部材・用具は準備完了
c0108460_17465802.jpg
*丸太サンタの小物パーツ作り・・・[立石]
  電動マルノコを駆動
  ヒノキの端材を使って サンタの帽子の飾りや  斜め切りして細いサンタの材料も作る
「やはり 森の維持管理作業は 樹木の伐採が主役である
 長年伐採はしていないので 伐採する楽しさと怖さを経験している
 それだけに わずかの時間の作業だが 満足感は大きい」
by umibenomori | 2015-11-29 18:09 | 2015年活動状況 | Trackback | Comments(0)

うみべの森も間伐を始めました

平成27年11月26日(木) 曇り・雨
うみべの森を育てる会定例活動日・・・せんなん里海公園内うみべの森
(8:30~14:10) 参加会員(10名)[生熊 小島俊 小牟田 柴田 杉本 田川 立石 中川 長原 原田]
昨日は夜中まで雨であった
今朝は曇っているが 空は少し明るいので 天候は大丈夫だと思ったが・・・
11時前にもちょこっと降り 14時前には本格的に降り出した 活動もそこまでとした
*ミーティング
c0108460_17413415.jpg
*うみ森内の枯れ木集め・・・[生熊 田川 原田]
 第2カブちゃんベッド周辺に 枯れ木や廃材が多い・・・曲った樹木なども伐採していた
c0108460_17480162.jpg
 集めた枯れ木を長いのは短く切ったりして 一輪車で花の広場まで運んだ
c0108460_17475893.jpg
*ビオトープ奥の伐採・・・[小牟田 杉本 立石 長原] [生熊 原田]
 今まで伐採は全くしていないので 折り重なった樹木が 曲って伸びたりしていて姿勢は良くない
c0108460_17412914.jpg
 通路の邪魔になっているのもある
c0108460_17413128.jpg
 これらを10本以上チエンソーで伐採し 運びやすい寸法に切り 枝切りをして 一輪車で通路まで運んだ
c0108460_17535317.jpg
 薪になる幹は 花の広場まで運んだ
c0108460_17475556.jpg
c0108460_17534289.jpg
c0108460_17534518.jpg
*ササユリの道周辺の笹刈り(刈払機2台駆動)・・・[小島俊 柴田 立石]
 花の広場横の小川から上の斜面を刈った
c0108460_17413891.jpg
c0108460_17414146.jpg
 斜面が急なので一部は鎌で刈っていた
 小川の縁は 小川の中に入って刈り 刈り取った笹は熊手で引き上げた
c0108460_17413623.jpg
*ウマの総点検と補修・・・[中川]
 丸太切りに使うウマを全て引き出し 総点検し ガタガタしているのや
 丸太置きの腕の短いのなどを 全て補修し 再度収納した⇒25台
c0108460_17474776.jpg
*伐採枝の搬出・・・[小牟田]
 公園事務所から軽トラダンプを借り うみべの森の各所に集められていた
 伐採枝を積み込み チップヤードへ運んだ・・・5往復はした
c0108460_17535148.jpg
*花の広場内の枯草 枯枝の搬出・・・[小島俊 小牟田 長原]
 軽トラダンプに全てのゴミを積み込み ゴミ溜めのようになっていた場所を きれいにした
c0108460_17475287.jpg
*薪作り・・・[生熊 杉本 田川 長原 原田]
 花の広場二集められた 廃材や伐採幹を チエンソーで寸法切りして
 それらをワラ縄で縛り 薪置き場に積み上げた
c0108460_17534781.jpg
*伐採樹木の枝切り・・・[立石]
 八木北小学生に伐採してもらった 木が倒したままになっていた それを枝切りし 薪用幹に分けた
*伐採木の根元の切断・・・[長原]
 里山体験で伐採してもらった木は 根元が30㎝から残っていたのを 全てチエンソー出地面すれすれに切断
*クヌギの枯枝切り・・・[立石]
 古いクヌギの大木の枝が枯れて今にも落ちそうであり 脚立に乗ってノコギリで切り落とした
c0108460_17474915.jpg

by umibenomori | 2015-11-26 18:01 | 2015年活動状況 | Trackback | Comments(0)

「丸太を切ってサンタを作ろう!」ヒノキ材切り出し    by   (ナベサダ)

平成27年11月22日(日)
うみべの森を育てる会が主催の「丸太を切ってサンタを作ろう!」イベントで、使用する丸太の切り出し作業に行く。
里海公園・うみべの森の活動場所に集合~乗用車3台と軽トラに分乗~淡輪の番川沿いに車で上流へと走る~昔は製材所が有った場所に到着。
f0053885_19334882.jpg

立石副代表より本日の作業と注意事項の挨拶があり、各人がノコギリ、鉈を身に付けてから、本日作業場所である南原ヒノキ林へと入って行く。
f0053885_19343383.jpg

南原さんの先導と指示で、間伐檜にロープを掛ける~チェンソーで倒れる方向を決めて切り倒す
f0053885_19353753.jpg

f0053885_19363750.jpg

~待機していたメンバーで枝落しと3mに採寸切り~切り落としたヒノキ材を順次下の道に落す
f0053885_19372046.jpg

f0053885_19374334.jpg

~軽トラに積載する~里海公園へと運搬・積み荷を降ろして終了。
f0053885_1938750.jpg

今日は例年と比べて、切り落としたヒノキ材を軽トラに積む道までが近かったので、
作業が非常にスムースに進行出来た事も有り、午前中に全ての作業予定が終了した。

・早やサンタ 迎える準備 する季節
by umibenomori | 2015-11-22 23:33 | 丸太を切ってサンタを作ろう | Trackback | Comments(0)

「丸太を切ってサンタを作ろう!」用ヒノキ伐採 in 岬町淡輪の山で

平成27年11月22日(日) 曇り

うみべの森を育てる会定例活動日・・・淡輪奥のヒノキ林&せんなん里海公園内うみべの森
(8:30~15:20)   (11名)+(3名)
[小島直 甲斐 小島俊 小牟田 杉本 立石 中川 長原 原田 森 渡邊] [南原氏] 公園事務所[古谷氏 ?氏]
うみべの森を育てる会定例活動日である 淡輪の奥山へヒノキ伐採に行く
雨で2回流れて 三度目の正直である 2週間延期されたが どうにか 今日は作業可能である
曇ってはいるが 雨の心配はない
雨が多かったが山は乾いている あまり滑る心配もないようだ
(8:30~9:20)
腰ノコギリ 鉈 太枝剪定鋏 ロープ 
2mの竹の棒に両端より 1.5mの位置にテープを張り付け定規作成
チエンソーと関連道具も揃えた
全員ヘルメット着用してもらう
4台の車に11人が分乗した
9:26 せんなん里海公園出発
c0108460_22385291.jpg
9:47 淡輪奥:青少年の森の少し奥の 元:製材所の前に到着
9:55 ミーティング・・・立石 中川
    直径7~10cm 長さ1.5m 20本以上・・・(丸太を切ってサンタを作ろう!の材料)
    直径10㎝位 長さ5m(中心柱) 1本・先端の葉付き 5m(飾り柱) 2本・払った枝も全て持ち帰る・・・(とんどの材料)
    伐採の作業は危険が多いから 
    総指揮者の南原さんの指示に従ってもらう
    チエンソー使用中は2m以上離れていること
    伐採担当 長原 小牟田・公園事務所組
    山から持ち出し その他男性軍
    山の下で受取 杉本 女性軍
c0108460_22385567.jpg
10:00 南原氏の案内で山へ入る
    伐採予定地まで昨年の伐採地より奥へ入った
    そのため南原さんは早朝から 山道を刈払機で草刈りをして軽トラが入れる準備もしてくれていた
c0108460_22385775.jpg
    伐採地は道から急斜面を登り 南原さんがそこも歩けるように 雑木伐採と斜面を踏み固めてくれていた
c0108460_22384465.jpg
    伐採地は急斜面ではあるが 道の真上であり 搬出は楽である
    チエンソーで伐採 枝落とし 寸法切り
c0108460_22415759.jpg
c0108460_22420473.jpg
c0108460_23023905.jpg
 
    それらを山の急斜面をリレー式で 滑り落としながら道路の崖から投げおろす感じ
c0108460_23024223.jpg
c0108460_22415924.jpg
    道路の引取側と山の上で お互いに大きな声で確認しながら作業
    10㎝位の細い木を8本位伐採したら 予定以上の材料は確保出来た
c0108460_22420184.jpg
11:07 全員で車に積み込み
    5mの長尺物も切り落とした枝も 全て公園の軽トラに積み込めた
c0108460_23024555.jpg
c0108460_23024723.jpg
11:23 休憩タイム・・・お茶とお菓子
     原田さんが得意の「開口笑」を80個ほど持参
     揚げ方・甘味程度・ゴマの使い方 全てが最高 何個でも食べたい おいしさである
c0108460_23023573.jpg
11:35 山を4台の車で出発
c0108460_23080784.jpg
11:55 せんなん里海公園花の広場に到着
      車からヒノキを下ろし片付け
c0108460_23081068.jpg
c0108460_23081371.jpg
12:10 昼食・・・原田さん持参「開口笑」&ミカン各4個付き
c0108460_23081688.jpg
12:40 作業開始
  *1.5mを半分にチエンソーで切断・・・2人
    棚に並べて番号を記入・・・54本あった
c0108460_23080145.jpg
c0108460_23080483.jpg
  *サツマイモを新聞紙で包みダンボール箱に入れて公園倉庫に保管・・・6人
    公園職員:中塩路さんから毎年150個ほど今日頂く
    渡邊さん・小島直美さん・立石からも頂いた・・・全てで270個ほどは確保出来た
c0108460_23081919.jpg
14:00 解散
14:00~15:00「ワカメをみんなで育てよう」サポート応援・・・4人

[せんなん里海公園潮騒ビバレー前でワカメの種付けイベント]
c0108460_23130014.jpg
[ロープがあれば綱引きだ!]
c0108460_23130238.jpg
[ワカメの種付け]
c0108460_23130535.jpg
[絵入りの名前のプラバンも可愛い]
c0108460_23130718.jpg
c0108460_23125815.jpg
c0108460_23125630.jpg
c0108460_23125390.jpg
     [種付けの終わったロープを集めて海に入れる]
c0108460_23191737.jpg
      [参加者の集合写真]
c0108460_23191566.jpg

by umibenomori | 2015-11-22 23:24 | 丸太を切ってサンタを作ろう | Trackback | Comments(0)

「2016新春里海まつり」第3回打ち合せ実行委員会

平成27年11月21日(土)晴れ
正式のボランティア休暇日である 9時20分起床
畑はやるべき作業が沢山残っているが なかなか早起き出来ない
c0108460_22382476.jpg
ボランティア活動なら5時に起きた時もあるのだが・・・
我が家のボランティア活動には あまり熱が入っていないようだ
c0108460_22383020.jpg
畑の豆類は苗を植え替えるのが少し遅かったようで 15㎝位伸びた苗は あまり元気がない
c0108460_22383203.jpg
至急 支柱を立てて つるを伸ばしてやる必要がある
c0108460_22383628.jpg
豆類は5種類植え付けてある 支柱の杭を 19本カケヤで打ち込んだが これは少し しんどい作業だった
c0108460_22382200.jpg
支柱に横桟の木をネジクギで止めた・・・今はインパクトドリルを使うのは この時だけかも知れない
これにネットを巻き付けたが ネットは目が細かすぎて 豆類には合わないかもしれないが
他にネットがないので これで今年は様子を見ることにした
c0108460_22405769.jpg
単純な作業の連続なのに 案外時間が掛かり 終わった時は周りは薄暗くなっていた
一段落して パソコンを見ていたら 19時から会議の予定が入っていた
全く忘れてしまって 畑作業に熱中していた
慌てて準備をして 自転車で せんなん里海公園まで走った
c0108460_22460929.jpg
(19:00~20:05)・・・せんなん里海公園潮騒ビバレー会議室
「2016新春里海まつり」第3回打ち合せ実行委員会・・・参加者20名
c0108460_22461242.jpg

(1815分より、模擬店会場のテントの場所決めの抽選会並びに
消防署、保健所からの伝達事項の説明を模擬店の参加者にしており 
それの継続で実行委員会が始まった)

c0108460_22461487.jpg

1.今年のテーマ(委員長に一任していた)
  「せんなんをつなぐ・ひと・まち・げんき」と決定
  ポスターの「1.9」⇒「1月9日」に変更指摘
  ・・・チラシに「焼きいも」が記載されていないことを指摘
c0108460_22460859.jpg
2.プログラムとスケジュール・・・全員でプログラム案をチェック
3.会場配置について
  ビンゴの景品・・・5万円の予算は念出できた
   地元の商店に協力を仰ぎ 購入費を安くしてもらう依頼したい
   より多くの景品を出したい
  宝さがし・・・低学年・高学年・保護者と3回行う⇒景品はお菓子
4.里海鍋について・・・3種類の整理券を発行する
5.次回 実行委員会⇒12月19日(土)19:00~
c0108460_22461716.jpg

 
by umibenomori | 2015-11-21 22:50 | 新春里海まつり | Trackback | Comments(0)

崖を崩して階段作り in うみべの森

平成27年11月19日(木) 曇り
うみべの森を育てる会定例活動日・・・せんなん里海公園内うみべの森
(8:30~13:00) 参加会員(8名)[甲斐 小島俊 小牟田 杉本 立石 傳 長原 原田]
夜中の1時過ぎまでは 雨は降っていただろうか・・・
朝は止んではいたが どんよりと曇っており 今にも雨が降りそうである
「さざんか梅雨」が終われば 本格的な冬がやって来るらしいが 今日は冬らしい寒さである

c0108460_17564279.jpg

11月の木曜定例活動日は水曜日と振替としていたが
竹切りが思ったより早く済んだので 再度木曜日は活動すると連絡したが
会員の中では混乱がおきていたようだ・・・今日は8名しか参加がなかった

*ミーティング
*うみべの森内の枯れ木整理・・・[傳 原田]
  枯れ木が倒れたり枯枝が散らばっている
  薪に出来る幹は花の広場に集め 細い枝は一カ所に集めて ストックヤードへ運ぶ予定
*ぼうけん山の炭窯跡横の階段作り・・・[甲斐 小島俊 小牟田 杉本 立石 長原]
 炭窯跡横は1mほどの崖であり 従来は木製の階段を取り付けていた

c0108460_17382636.jpg
c0108460_17382984.jpg
 これが腐ってきたりして 常に補修する必要があり 点検が遅れると踏み外す危険もある
c0108460_17383160.jpg
 この木製の階段を取り外して 崖を崩して小さな斜面を作り 改めて山道の階段を作った
 山を掘り起こしたら 石がゴロゴロ出てきたり
c0108460_17382191.jpg
 割合に太い根が出てきたりしたが
c0108460_17381990.jpg
c0108460_17435804.jpg
 交代で作業しながら 土掘り作業を続けた
c0108460_17440118.jpg
 最初は寒かったが徐々に暑くなり ジャンバーを脱ぎだす者まで出てきた
c0108460_17440428.jpg
 斜面に土留めをして階段作りは 出て来た石なども利用し
 幅の広い1m以上の階段を8段作った
c0108460_17440759.jpg
c0108460_17435611.jpg
c0108460_17435298.jpg
 入荷したばかりのステンレス鋼付き三角ホーは階段作りには非常に役立った・・・2㎝位の根でも切断できる
c0108460_17523374.jpg
 これで ここを通る時に心配する必要が無くなった
c0108460_17523827.jpg
c0108460_17522664.jpg
 花の広場から現場の岬料金所横までの距離は約300mあるので
 公園事務所から軽トラを借りて道具や資材の搬入や片付けを行った
c0108460_17382445.jpg
c0108460_17523570.jpg
c0108460_17522873.jpg
c0108460_17552383.jpg
 崖を切り崩しての大作業なので 2日間は掛かると思っていたが 午前中で終わってしまった
 その為今日の活動は 午前中で終了することにした
c0108460_17552166.jpg
 午後からは晴れの天気予報だったが 逆に今にも雨が降りそうな 雲に覆われてきたので
 これも午前中で終了の判断となった
 全員花の広場で弁当を食べてから 1時ごろには解散した
c0108460_17523163.jpg


by umibenomori | 2015-11-19 18:01 | 2015年活動状況 | Trackback | Comments(0)

岸和田市立八木北小学校3年生遠足「里山体験] in うみべの森

平成27年11月17日(火) 曇り・雨
八木北小学校3年生遠足「里山体験]
(8:30~12:30) 参加会員(10名)[生熊 小島直 小牟田 柴田 杉本 田川 立石 傳 中川 原田] 

c0108460_17582283.jpg
[3年生 75名・先生 4名:総合計 79名]
朝7時の外気温は15度で 割合に暖かいと感じる
しかし空は曇っており雨の予報である

9:00 会員集合であるが
30分前くらいから集まりだして それぞれの持ち分で準備をはじめている
*入口の坂道の落ち葉掃き

c0108460_17104669.jpg
*ビオトープの第2ホースの洗浄
*おにぎり広場のテーブルやベンチの掃除
*おにぎり広場のテーブルの上に
*お絵かき用の材料やマーカーを会場へ
*荷物置き場のブルーシート準備
*在庫のどんぐりから多数の虫が出て来た・・・虫入りや黴の出たのを選り分けて廃棄処分
c0108460_17104931.jpg
*問題のないドングリを全てクヌギ林に撒いた
*ぼうけん山にロープ登りのロープ設置
*ぼうけん山のルート一周点検
*木の伐採用用具の準備
9:40 [ミーティング:おにぎり広場]
 *本日の詳細なスケジュール説明と役割
 *A班担当 5名・B班担当 4名 指名
 *挨拶&写真班 立石
c0108460_17105217.jpg
10:20 ビーチハウス前で出迎え・案内
c0108460_17103875.jpg
淡輪駅から歩いて来てビーチハウス前に到着
     トイレ休憩後 うみべの森へ
c0108460_17104161.jpg
10:30 八木北小学校3年生2クラス 75名 先生4名
うみべの森入口前に到着
うみべの森を育てる会挨拶 立石副代表
   注意事項 中川副代表
c0108460_17104367.jpg
10:35 うみべの森おにぎり広場へ移動し リックなどを置き散策準備
c0108460_17175691.jpg
10:39 A班 ぼうけん山探検・・・担当[中川 杉本 生熊 小島直 田川]
      川岸→ぼうけん山→桜道→炭窯跡→ロープ登り→コクランの道→クヌギ林(木の伐採体験)→お絵かき(おにぎり広場)
c0108460_17175846.jpg
     B班 木の伐採&お絵描き・・・担当[柴田 小牟田 傳 原田]
      クヌギ林(木の伐採体験)
c0108460_17180191.jpg
c0108460_17180305.jpg
c0108460_17175396.jpg
→お絵かき(おにぎり広場)
c0108460_17180573.jpg
c0108460_17412191.jpg
c0108460_17412915.jpg
c0108460_17412729.jpg
c0108460_17412586.jpg
c0108460_17412357.jpg
c0108460_17413298.jpg
c0108460_17411849.jpg
c0108460_17451573.jpg
c0108460_17451282.jpg
どんぐり拾い(クヌギ林)
c0108460_17413432.jpg
→川岸→ぼうけん山→
c0108460_17451856.jpg
桜道(100m年桜)
c0108460_17452140.jpg
(一転八起のネズミモチ)
c0108460_17450786.jpg
(雨で中断大急ぎで引き返す)
c0108460_17450945.jpg
→炭窯跡→ロープ登り→コクランの道→
11:20 急に雨が激しくなり 先生の指示で里山体験を中断することになった
     おにぎり広場に集合して リックを持ち移動
     サポーターは急遽潮騒ビバレー東ピロティーに ブルーシートを何枚も敷き詰めて 昼食の場所をセッティング
c0108460_17503189.jpg
11:30 児童たちは潮騒ビバレー会議室東ピロティーへ移動
     ブルーシートに座りお弁当を食べる準備
c0108460_17503420.jpg
11:35 お礼の挨拶
c0108460_17503445.jpg
c0108460_17503633.jpg
c0108460_17502606.jpg
     会員…後片付け
c0108460_17502971.jpg
12:00  [ミーティング:花の広場] 本日の感想と反省
c0108460_17532077.jpg
「A班 *雨が降っているため ロープ登りは滑るのでフォローが大変であった
    *ロープ登りのサポーターは最低5人は必要・・・上下段とも中間に男性のサポーター必要
    *事前にロープを持っての登り方の指導が必要・・・手が先行してどうしても滑りやすい態勢になる
c0108460_17531547.jpg
 B班 *木を伐るのにロープを付けたが 引っ張るのにだんじりの掛け声で
大喜びで揃って引いていた
    *木が切り倒された時は お絵かきをしている子まで歓声を上げていた
    *木を伐るのは男子が大部分であったが  女子も数人は伐りたがっていた
    *お絵かきが苦手な子は木の伐採は良かったようだ」
c0108460_17531797.jpg

 


by umibenomori | 2015-11-17 18:05 | 小学校サポート | Trackback | Comments(0)

丸太サンタの準備をいろいろと・・・ in うみべの森

平成27年11月15日(日) くもり
うみべの森を育てる会定例活動日・・・せんなん里海公園内うみべの森
(8:30~14:10) 参加会員(8名)[小牟田 柴田 立石 中川 長原 西台 原田 森 ]
昨日の雨は 朝方に止んだようだ
本来なら ヒノキ伐採で淡輪の山へ行く予定であったが
昨日の雨で足元が悪いため 来週に延期した
曇り空なので定例活動日は通常通りするが 集まった会員は やや少ないようだ
花の広場のナンキンハゼが落葉して きれいな落ち葉の絨毯が出来ている
c0108460_22145237.jpg
・・・今日は掃除をしないことにした
c0108460_22145611.jpg
花の広場の皇帝ダリアが満開である
今年は強風が少なかったので すくすくと伸びて4m以上にもなり
高い場所で花が咲き 我々を見下ろしている
c0108460_22145435.jpg
久し振りに初期の背の高い皇帝ダリアの 姿を十分に観賞することが出来た
この皇帝ダリアは この界隈で最初に植えられたものであり
10年前に咲いている写真も残っている
ここから周囲へ子孫を増やしたものと思う
c0108460_22235440.jpg
*ミーティング
c0108460_22145033.jpg
*ヒノキ&杉の丸太の斜め切り・・・[長原]
 公園事務所職員の木戸さんから頂いた 2.5mの丸太が8本ある
c0108460_22145837.jpg
 これらを1本で斜め切りの材料を6個出来る
 チエンソーで角度の大きい斜め切りを心掛けた・・・最終的には50個ほど製作で来た
c0108460_22171212.jpg
*斜め切りした丸太の電気カンナ掛け・・・[中川・森]
 斜め切り丸太はチエンソーで切断したので 切断面はザラザラであり
 それを バイスで固定して 電気カンナで削り 滑らかな平面に加工 十分に絵が描ける状態にした
*斜め切り丸太の洗浄・・・[西台 原田]
 丸太の表面はコケが付いたりして汚れているので水洗いして 拭き取ってきれいにした
c0108460_22171559.jpg
*切断丸太の乾燥・・・[立石 原田]
  雨にも濡れており 洗浄もした  全体に湿っている斜め切り丸太を
  資材置き場の屋根の下に展開して乾燥する
c0108460_22235031.jpg
  
*丸太サンタのパーツ作り・・・[小牟田 柴田 森]
  サンタ用丸太に帽子やボタンとして取り付ける 細い枝の輪切りや
  角に使う枝分かれした小枝などの準備
  枝分かれした小枝は剪定して作ったりしていた
c0108460_22172241.jpg
*遠足サポート部材の準備・・・[西台 原田]
  リリアンを切り揃えたり その他の準備
c0108460_22172050.jpg
*原木スライス板の穴あけ・・・[立石]
  原木名札に穴が開いていないのが150個ほどあった
  それらに4mmの穴をインパクトドライバーで開けた
  数があるので 割合に時間が掛かった
*薪小屋の増設・・・[長原 小牟田 立石]
  今ある薪では 焼き芋用には数量が不足しているように思う
  もう少し薪を作る必要がありそうだ
  その為に波板2枚分の増設をした
  長原さんが波板の枠を作り固定して屋根部分を製作
c0108460_22235823.jpg
  1.8mの長尺の丸太杭を脚立に乗って 小牟田さんがカケヤで打ち込む
  その杭に横木を打ち付け フェンスにも横木を針金でくくり付け 波板を載せた簡単な構造である
c0108460_22234812.jpg
  要らなくなれば 直に取り除ける
  ここが満杯になるように 次回から薪作りも心掛ける
c0108460_22235277.jpg
c0108460_22235694.jpg

by umibenomori | 2015-11-15 22:31 | 丸太を切ってサンタを作ろう | Trackback | Comments(0)

多奈川財産区「竹の里」で4グループの協働作業

平成27年11月11日(水)晴れ
多奈川財産区「竹の里」で竹切り 2回目・・・うみ森・孝子の森の協働作業

c0108460_20401055.jpg
(9:30~16:30) ・・・21名の協働作業
うみべの森を育てる会 5名 [小牟田 杉本 立石 中川 長原]
みさき里山クラブ 7名 [岡田 徐 谷口州 羽間 久川兼 柚岡 渡邊] 
竹の里・・・7名 
せんなん里海公園事務所 2名[古谷氏 中塩路氏]
c0108460_20401396.jpg
快晴である 早朝は少し冷えて 外気温12度であった
多奈川の関空土取り跡の「いきいきパーク」内の「竹の里」の現地に うみ森と孝子の森の会員が10名集まった
・・・竹の里は7名のフルメンバーが揃って 朝8時から竹伐採の作業に入っている
c0108460_20401274.jpg
*多奈川財産区「竹の里」
「みさき里山クラブ」と「うみべの森を育てる会」と「竹の里」の協働作業である
c0108460_20512486.jpg
*合同ミーティング・・・岡田リーダー
3mと2.5mの切り分け作業は面倒なので 全て3mで切ることにした
2.5mは うみ森の現場で対応することにした
c0108460_20401532.jpg
*協働作業開始
竹の里のメンバーがチエンソーで 各所に竹を切り倒してある
c0108460_20470717.jpg
それを 我々は全てノコギリで寸法切りする
c0108460_20470418.jpg
3mに切る作業 それを道端へ積み上げていく 枝や先端は近くに積み上げる
c0108460_20470988.jpg
c0108460_20465870.jpg
うみ森と孝子の森が本当に協働作業をしている
c0108460_20511704.jpg
c0108460_20511921.jpg
久川さんの姿が見えないと思ったら 山の中腹の急斜面で竹を切っていた 一番の元気者である
c0108460_20470202.jpg
午前中で今日の予定の210本は切ってしまった
*昼食は じっとしているとやや寒いため 日向ぼっこの 弁当タイムとなった
c0108460_20512249.jpg
 場所は変わっても 久川長老は ちゃんと昼寝をしていた
c0108460_20511456.jpg
*午後の作業は 搬送組を除いて
  切り倒されていた竹を全て寸法切りして 後片付けも済ませた
  約10本の竹はあったと思うが 寸法切りで約30本 この分は プラスアルファー分である
*孝子の森へ竹搬送・・・[岡田 柚岡 谷口州]
 午後2回 軽トラで110本運んだ
 孝子の森では徐 渡邊が積み下ろし場所も作り待っている
c0108460_20470055.jpg
c0108460_20511447.jpg
*14:50作業終了
孝子の森への2回目の軽トラが出発と同時に 全員での作業は終了とした
*せんなん里海公園へ竹搬送
  公園事務所職員2人が 軽トラで応援に来てくれた
c0108460_20400627.jpg
午前中2往復 午後3往復 合計 350本を運んでくれた
c0108460_20400842.jpg
花の広場に降ろして 竹置き場にも積み上げてくれている
午後の2回目は3時であったが これからは4人だけの作業となった
もう一度運搬に来るとのことであったので 長原 立石の2人は再度残業した
5回目の軽トラが帰って行ったのは 16:20であり
c0108460_20545431.jpg
 
長原 立石組は 登りの道路に チエーンを張り鍵を掛けて帰った
*電話で竹の里の田中リーダーと広田さんに 鍵を掛けた報告とお礼を言い 帰路に就いた
c0108460_20545727.jpg


by umibenomori | 2015-11-11 21:01 | 新春里海まつり | Trackback | Comments(0)

淡輪長生会:『里山体験』 in うみべの森

平成27年11月10日(火) くもり
淡輪長生会:『里山体験』
(8:30~12:00) 参加会員(10名)
[小島直 甲斐 小島俊 小牟田 柴田 立石 傳 中川 西台 原田]
朝から雨は降っていないが 東の空は真っ黒な雲である
南の方は少し明るい 雨は降らないだろうと せんなん里海公園へ出かけた
*入口からの坂道の落ち葉掃除・・・[小島俊 小牟田 原田]
 コンクリート道を全て隠してしまうほど 落ち葉が敷き詰められている
 坂道の湿った落ち葉を踏みつけたら 滑るケースが多い
 危険防止のために 落ち葉を全て掃き清めた

c0108460_17413248.jpg
*ビオトープのホースの洗浄・・・[小島俊 小牟田]
 第2ホースは完全に水が止まっている
 第1ホースは わずかしか出ていない
 両方とも水道水逆流方式で洗浄し 正常に水が流入するようにした
c0108460_17413444.jpg
*ビオトープ第3池の水漏れ補修・・・[小島俊 立石]
 池全体の水位が低い 水漏れ箇所を探していたら 
 第3池の流入口の所で 直径10㎝位の穴を見付けた
 その場所を深く掘り下げて 土をバケツ何杯かを入れて 当面の水漏れを止めた
c0108460_17413784.jpg
*あふれ滝の樋掃除・・・[小牟田]
 樋に沢山ゴミが溜まり 小川に水が流れていない
 長い竹の治具でゴミを除去し 水を流れるようにした
c0108460_17412380.jpg
c0108460_17412678.jpg
*ぼうけん山ルートの総点検・・・[甲斐]
 昨日の雨で歩けるかどうかを 桜道・コクランの道を一周して点検
 枯枝が落ちている程度で 問題なしと判断
*ぼうけん山にロープ登りのロープを設置・・・[小島俊 小牟田 中川]
 中下段にロープを張り準備
*木の伐採用諸道具の準備・・・[小島俊 立石]
 ノコギリ・太枝鋏・ロープ等を準備
*アラカシの笠付き拾い・・・[小島直 傳 西台 原田]
 笠付きドングリで ブローチを作る企画がある
 その材料を探すが ドングリはたくさんあっても 笠は中々見付からない
c0108460_17412995.jpg
*ミーティング・・・[全員]
 挨拶・先導・里山体験リーダー等の選任
c0108460_17533768.jpg
10:00 淡輪長生会到着
 出発しようとした時に 少しきつい雨脚になり
 直ぐに止むと判断して30分遅らせたとのこと
c0108460_17442816.jpg

 挨拶:西台代表

c0108460_17443086.jpg

 案内役:柴田でスタート
 クヌギ林:植樹したクヌギの成長の説明

c0108460_17443336.jpg
c0108460_17442211.jpg
 小川を渡る時にカニ穴にカニの姿を見付けて説明
c0108460_17442464.jpg
 ぼうけん山桜道
・・・階段が少し急なので登るのに苦労していた
c0108460_17442671.jpg
  わずかの距離で先頭と後方との間隔が開く
  100年桜の太い幹は大人でも2人で手がつなげた
c0108460_17493447.jpg
c0108460_17493193.jpg
  18本家族のヤマモモ
c0108460_17493704.jpg
  倒れた枝から真っ直ぐ枝が育つ ネズミモチなどの元気な樹木の観察
c0108460_17494008.jpg
  根笹を刈ることで今まで見られなかった 植物が元気に育つ話を 
  ササユリを例にとって詳細に説明して理解してもらった
  ウラジロ飛行機の飛ばし方・・・孫たちに教えて欲しい
c0108460_17492830.jpg
c0108460_17532887.jpg
  炭窯跡の説明⇒昔のことを知っている人を紹介して欲しいと依頼
c0108460_17533055.jpg
c0108460_17533200.jpg
  ぼうけん山全体で木が密植し過ぎており 間伐の必要性も指摘された
  山道の腐葉土でふわふわした感覚は気持ちがいいが
  長期間山が管理されていなかった証拠だとのことも理解してもらった
c0108460_17532693.jpg
  ロープ登りは このシルバー軍団では 無理と判断されて誰もいなかったが・・・
c0108460_17591816.jpg
  時間がなくて木の伐採などの体験を してもらえなかったのは残念ではあったが・・・
c0108460_17533571.jpg
  
by umibenomori | 2015-11-10 18:03 | その他ボランティア活動 | Trackback | Comments(0)