人気ブログランキング |

『うみべの森を育てる会』ホームページ

umimorihp.exblog.jp

<   2015年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

大型物置の設置完了 in うみべの森

平成27年4月30日(木) 晴れ・曇り
うみべの森を育てる会定例活動日・・・せんなん里海公園内うみべの森
(8:00~17:30)  参加会員(7名)[小島俊 小牟田 立石 傳 中川 長原 原田]

c0108460_22063927.jpg
2日続きで どんよりした曇り空であったが
今日は朝から気持ちよく晴れている
朝6時の外気温は13度で低い位くらいである
日中は気温が少し上がったが20度までだと思う
作業をしていても汗ばむほどでもない

今日は朝8時30分から 岸本建設による物置設置工事が始まった

c0108460_21591166.jpg
c0108460_21591436.jpg
27年度の助成金を見込んで注文している
TAKUBO「Mr.トールマン 3.2m×2.6m×2.6m」
午前中は基礎のブロックを セメントで固めるのに時間を費やしていた
ブロック25枚を測量器を使って水平を出している
c0108460_21591751.jpg
基礎の水平をしっかりと出しておけば 後の組立作業が楽になるとのこと
午後から組立が開始された
高さが2.6mもあり 組立にも相当手間が掛かっている
c0108460_21592363.jpg
c0108460_21590815.jpg
 
同時に従来使っていた1.8m×1.8mの物置を 新設物置の隣に移動してもらった
そのためにフォークリフトを持ち込んでいる
c0108460_22011312.jpg
リフトの爪で吊り上げて10m位の距離を移動した
移動はわずかの時間であったが 段取りには相当時間を掛けていた
c0108460_21592090.jpg
c0108460_22011511.jpg
17時30分まで掛かって ほぼ完了した
c0108460_22011092.jpg
c0108460_22011136.jpg
後は刈払機を掛けるように横棒を設置してもらう工事が 土曜日に実施される予定である

*ミーティング・・・本日の作業

c0108460_22064174.jpg
*従来使っていた物置の荷物を全て取り出す・・・同時に使われていない物品を処分
c0108460_22064499.jpg
*コクランの道作り・・・[全員]
 階段作りの部材の搬送
  階段作りが進むほどに搬送距離が遠くなる
  階段も40段ほど上がらないと現場に来られない
  何度も階段の上下をしながら女性部も頑張っていた
c0108460_22095935.jpg
 階段作り・・・今日は23段完成
  中間点の頂上には後5段ほどで完了
  [小牟田・長原]組が階段作りの専門家になっている
c0108460_22164402.jpg
  二人三脚でどんどん進む
  階段の横木や杭が追い付かないくらいのスピードである
c0108460_22095000.jpg
  65段の階段を4日ほどで仕上げたと思う
c0108460_22163895.jpg
c0108460_22164144.jpg
  次回活動日でコクランの道は完成しそうである
c0108460_22164755.jpg
 階段の土留め作り
  階段が出来たら土留め作業が追い駆けていく
  ほぼ同時に両方の作業が終ったようである
 階段用杭作り・・・電動丸鋸で垂木を切る
  階段作りのスピードが速いので 杭を何百本と作っても追い付かない
c0108460_22095654.jpg
  材料の廃材の垂木が無くなった  次回は材料調達の必要がある
  森さんが苦労して長尺物の廃材を 活動日以外の日に持ち込んで来てくれているが
  直ぐに加工して使ってしまっている
 コクランの道周辺の下草刈り&間伐
  道がどんどん伸びていくので その周辺の笹刈りや雑木の間伐は追い付かない
  笹を刈ればその周辺からコクランが 芽を出しそうな環境ばかりである
c0108460_22163456.jpg
*白花タンポポが初めてうみべの森で咲いた
  淡輪ヨットハーバーのロータリー周辺の 白花タンポポの種を蒔いたのは3年前であり
  それが今ごろ芽を出す訳でもないし蒔いた場所も違う
  どんな原因でも花が咲いてくれたことはうれしい
c0108460_22064636.jpg
*白花タツナミソウも初めて咲いた
  花の広場の枕木の間で根付いて きれいに咲いている
c0108460_22064701.jpg
c0108460_22063757.jpg
*巨大なオオスズメバチを2匹も退治した⇒要注意
c0108460_22095363.jpg

 


by umibenomori | 2015-04-30 22:23 | 2015年活動状況 | Trackback | Comments(0)

コクランの道作り & ササユリ・樹木調査

平成27年4月26日(日) 晴れ
うみべの森を育てる会定例活動日・・・せんなん里海公園内うみべの森
(9:00~15:20)  参加会員(9名)[小島直 小牟田 杉本 田川 立石 中出 長原 西台 樋口]
雲一つない快晴が続く
日曜日のことであり 淡輪潮干狩りは9時前でも お客さんが一杯入っている
8時30分の開門と同時に 車がどんどん入ってきたようだ
快晴の日曜日は 近場の行楽地は大人気のようである
そんな中で我々はボランティア活動である
しかし定刻には5人しか集まって来ず 少人数で活動を開始したが
c0108460_19335666.jpg
少し遅れて4人が加わり 最終的には9人で活動した
*コクランの道作り・・・[男性軍6名]
 ①山道作りの資材を奥へ運ぶ
c0108460_19335814.jpg
 
c0108460_19482484.jpg
②資材運びに邪魔な樹木を3本伐採
 ③山道作りの基本を指導
   横木と杭を打つだけで進んでいた 後から土を入れる作業は大変なので
   一段一段土で固めながらの作り方を指導
 ④段差が高い箇所は もう一段階段を作り 修正作業も数カ所あった
 ⑤階段作りの作業・・・32段(42段完成している)
   杭を打ち込む者 土を均す者 土留めをする者等
   分業作業がスムースにいき 作業はどんどん進んだ
c0108460_19353543.jpg
c0108460_19353883.jpg
c0108460_19353224.jpg
c0108460_19483175.jpg
c0108460_19483427.jpg
 ⑥山道作りの資材作り
   森さんが持ち込んで来てくれていた
   廃材を切断して階段の横木と杭を作る
   廃材なので釘やネジ釘を抜きながらの作業になり少々時間が掛かる
   マルノコでヒノキの廃材を切っている時などは非常にいい匂いである
c0108460_19482912.jpg
*ササユリ調査と支柱立て・・・[女性軍3名]
   あふれ滝の上部(6株)と ふかふか小径入口横の山(13株)の調査
   支柱を立て くくり付け 消毒もした
c0108460_19335064.jpg
c0108460_19335273.jpg
*ビオトープのカナダモ取り・・・[女性軍3名]
   第2・第3池はカナダモで覆われており
   メダカたち生き物が窒息しそうである
   ここの藻を底が見えるくらい取り除いた
c0108460_19354087.jpg
c0108460_19481808.jpg
*樹木調査・・・[小島直 西台]
   うみべの森の桜と ある程度太い幹の樹木を調査する
   幹の太さ調査とともに樹木に番号を付ける事にしている
   調査が終わった段階でMapを作りたい
*「子どもの日フェスティバル」の用具や部材の詳細なチェック・・・[小島直 西台]
   5日に運んでもらうように 部材をまとめた
   一部は持ち帰って5日に搬送する予定
c0108460_19482603.jpg
*昼食・・・日曜日の活動日は 会員は殆ど弁当を持ってこない
  カフェテリア「浜木綿(はまゆう)」で甲斐さんの手打ちそばが昼食になる
  
c0108460_19353079.jpg
c0108460_19482178.jpg
「スコップを持った親子3人が うみべの森に入って行った
 嫌な予感がしたので カブちゃんベッドへ行ってみたら
 スコップでチップの山を掘り カブトムシの幼虫を取ろうとしていた
 子どもたち何百人に見てもらうためのものであり
 それは我々が管理しているのだから困ると注意した
 チップの山に穴が開いているのは
 このような非常識な やからの仕業かも知れない」
 
by umibenomori | 2015-04-26 19:54 | 2015年活動状況 | Trackback | Comments(0)

コクランの道作り & ササユリ消毒 in うみべの森

平成27年4月23日(木) 晴れ
うみべの森を育てる会定例活動日・・・せんなん里海公園内うみべの森
(9:00~15:20)  参加会員(12名)
[飯塚 小島直 甲斐 小牟田 杉本 田川 立石 傳 中川 長原 西台 原田] 
朝から雲一つない快晴である
朝の外気温14度で風も少しあり 少し冷んやりとしていたが
陽が昇るほどに気温も上がり 夕方でも外気温は20度ある
作業をしていたら汗ばむ しかし日陰におれば 汗が引いて やや冷んやりとして来る
その意味では外の作業に ぴったりの いい気候になって来た
ビオトープはカナダモで覆いつくされている
特に第2・第3池がひどい 早急に取り除く必要がある
水路つなぎの橋の下は カナダモ藻も少なく 鳥にも狙われないためか
コブシ大のニホンオオタニシが 生きていてくれた
c0108460_19393866.jpg
c0108460_19393673.jpg

*ミーティング
  女性軍・・・樹木・山野草の管理 & ビオトープの管理
  男性軍・・・山道作り & 草刈り
c0108460_18043186.jpg
*[女性軍]の作業
 ⓵子どもの日フェスティバルの 部品作りと準備
   リリアンの寸法切りと整理
c0108460_18043380.jpg
   紙飛行機のコピーした紙の切断
c0108460_18181235.jpg
   紙飛行機の標的のデコレーション
c0108460_18180746.jpg
   ふわふわトンボの型を用紙に写し 切り離していく
 ②ササユリの消毒(約200株)
   葉や蕾に既に毛虫が付いている
   柴田さんが準備してくれた 毛虫消毒液を噴霧した
c0108460_18180969.jpg
c0108460_18053670.jpg
*[男性軍]の作業
 ⓵花の広場内の枯草の整理
   公園事務所より軽トラダンプを借り
   花の広場の枯草などを2回 チップヤードへ運び出した
c0108460_18043529.jpg
c0108460_18053452.jpg
c0108460_18053278.jpg
 ②山道作りの部材(廃材)を 軽トラで川岸まで4回運び上げた
c0108460_18070394.jpg
   それらを全て川を渡った 山道入口に集積
c0108460_18192055.jpg
 ③階段材料&杭作り
   電動丸鋸で長い角材は寸法に切断し  階段の横木用にする
   垂木ぐらいの材料は全て 杭にするため寸断し先端を尖らせた
c0108460_18191574.jpg
 ④コクランの道の階段作り
   樹木の太い根などが出てきたが 周りの土を掘り うまく覆い隠して
   階段の邪魔にならないようにしたり
c0108460_18065938.jpg
   階段の段差は10~15㎝位にするように こまめに階段を作って行った
   山を掘っても岩や石などは出てこず きれいな粘土質の土であり 作業はやりやすい
   杭を打ち込んでも 石に邪魔されることもなく 作業は順調に進んでいく
c0108460_18181088.jpg
c0108460_18191811.jpg
 ⑤熊手の柄が折れたため 柄の先を削って入れ直したが
   柄の材質が柔らかすぎて 直に割れてしまう
   別の余っていた柄と取り替えた
c0108460_18070145.jpg
 ⑥たき火用薪の片付け
   [ジョウビタキに代ってカワラヒバが遊びに来た]
c0108460_18180873.jpg

 
by umibenomori | 2015-04-23 19:46 | 2015年活動状況 | Trackback | Comments(0)

「ウミホタルウォッチング」打ち合わせ

平成27年4月19日(日) 雨・曇り
朝7時ごろは小雨が降ったりやんだり
天気予報を4種類確認しても午前中雨が多い
西台代表と打ち合せて 今日の定例活動日は中止に決め⇒電話連絡網で会員に連絡した
しかし9時以降は 雨も止んでしまったようである
岬町役場のHPの天気予報が当たっていた

c0108460_21282047.jpg
c0108460_21281847.jpg
午後から せんなん里海公園事務所で 打ち合せがあるので
昼食は カフェテリア「浜木綿(はまゆう)」と決めた
今日は 大蔵省同伴である
c0108460_21282489.jpg
2人ともオープンカーで行ったが 浜木綿には 先客として
みさき里山クラブの谷口夫妻が車で15分程かけて昼食に来ていた
何人かは遠方のリピーターが出来ているようで 口コミの宣伝も効果があるようだ
当然 私のランチ ざるそばと餃子である・・・ここでは糖質制限は無視
c0108460_21281532.jpg
まかかない食のピザも試食させてもらった これが又うまい!
生地はカリッと焼けているのに トッピングの野菜が しんなりせずに新鮮である
メニューに加えるべきだとアドバイスしてきたが・・・
c0108460_21281794.jpg
c0108460_21282236.jpg
c0108460_21313529.jpg
砂浜の海岸植物は 少し植生が変化しつつあるように思う
c0108460_21314039.jpg
コウボウムギが大部分砂浜を占領して ハマヒルガオは柵の外に追いやられているようだ
c0108460_21313715.jpg
人工磯浜の干潟は いい感じになってきているが 少し小さいようにも思う
c0108460_21313061.jpg
c0108460_21312835.jpg
c0108460_21313316.jpg
うみべの森も今は順調である・・・ビオトープのカナダモも非常にはびこっている
暖かくなってきたので 藻の除去も早急に必要なようだ
c0108460_21343753.jpg
c0108460_21344340.jpg
c0108460_21344392.jpg
c0108460_21343962.jpg
c0108460_21344183.jpg
「ウミホタルウォッチング」(「青白く光るウミホタルわくわく観察会」)打ち合わせ
(13:00~15:00)・・・公園事務所内
  参加会員(3名)[立石 中川 西台] 公園事務所[野々村氏 境氏] 
c0108460_21343523.jpg

大阪府の広報誌に9月のイベントを載せてもらうには 4月23日が締め切りらしい
急遽 午後関係者が集まり 打合せをすることになった

*イベント名の変更⇒『ウミホタルウォッチング』
*9月19日(土) (18:00~20:00)
 18:00 受付・・・潮騒ビバレー玄関
   (家族毎の記念写真撮影と 缶バッジにしてのお土産は止める)
   潮騒ビバレー前砂浜へ移動
 18:10 西台代表挨拶
      ウミホタルの簡単な説明・・・森リーダー
 18:20 各班各グループ毎に ウミホタル捕獲仕掛け作り
      終わったグループ毎に 仕掛けを海に投げ入れる
 18:30 夕日を見ながらお弁当タイム⇒(弁当持参⇒非常食提供は止める)
      子どもたちは夕暮れの砂浜で 思い切りのお遊び
      (顕微鏡観察は止める)
 19:30 仕掛けを引き上げ⇒海岸線にこぼれた ウミホタルとのお遊び
 19:40 ウミホタル観察・・・(潮騒ビバレー休憩室前)
      その後ウミホタルを海へかえす⇒(砂浜の天の川の演出)
 20:00 公園事務所所長挨拶
      光るウミホタルの缶バッジのお土産
      解散

c0108460_21371396.jpg
*9月12日(土)(18:30~20:00)
  「ウミホタルウォッチング」リハーサル⇒会員家族知人・準会員対象
*6月10日前後の夜 「平家ホタルウォッチング」企画⇒会員家族知人・準会員対象
c0108460_21371519.jpg


by umibenomori | 2015-04-19 21:41 | ウミホタル観察会 | Trackback | Comments(0)

うみべの森でのんびりと     by    (TATE-misaki)

平成27年4月18日(土)晴れ
昨夜から今朝にかけて ボランティア活動記録や会計処理
「菱機会ハノーバメッセ研修会」同窓会のアルバム編集 A4で3枚
これ等の作業をしていて眠ったのは朝の4時であった
10時半に のこのこ起き出して 今日は我が家のボランティアの日にしようと思っていたが
森君から電話があり ササユリのナンバーワンの先が折れているとの話や 
今日は1人作業している話を聞くと じっとして居れなくなる

1時間ほどかけて 同窓会のアルバム50枚弱をプリントアウトし
13枚の封筒に納めて宛書し 切手を貼り 郵便局へ投函に行った

その足で せんなん里海公園のカフェテリア「浜木綿(はまゆう)」へ行く
途中のヨットハーバー通りは新緑の道になっており
c0108460_18012834.jpg
今日から始まったらしい 淡輪潮干狩りも結構お客さんが入っている
c0108460_18013006.jpg
c0108460_18013251.jpg
カフェテリア「浜木綿(はまゆう)」の上空には鯉のぼりが泳いでいる
c0108460_18013410.jpg
薫風薫る最高の気候になって来た感じである
1時前であったので 森君はすでに昼食を終わり帰ったとのこと
朝昼兼用の食事は 手打ちざるそばは売り切れていたので
カツカレーと餃子と若者食にしたので お腹が一杯になってしまった
「浜木綿」のメニューも徐々に決まって来たようで 今後の日曜定例活動日には食事には困らないようだ
c0108460_18012393.jpg
お客さんは案外小さな子供連れも多いようで ざるそばはおいしいと好評のようだ
c0108460_18061771.jpg
店内での販売する物も日替わりのようで それも楽しみである
今日は 朝どりのタマネギと赤芋が売られていたし
c0108460_18012493.jpg
芋から手作りしている コンニャクも売られていた
・・・これを食べた人はおいしかったとのことであったので 私もお土産に4個購入した
c0108460_18012628.jpg
c0108460_18061961.jpg
うみべの森へ行くと 森君は まだ作業をしていた
ササユリの道の奥 小川の際の笹を刈り取る作業をしていた
c0108460_18062466.jpg
c0108460_18062186.jpg
その近くの毎年一番大きな花の広場咲くササユリが上部で折れていた
折れ口から見ると虫か病気のように思うが・・・残念である
c0108460_18062606.jpg
「海藻おしば」用海藻を採集に来ていた河原さんも一緒になり 花の広場でミーティング
c0108460_18062804.jpg
会員募集のPR用に少しお金をかけてもいいのではないかとの結論にもなる
「植物観察」の集大成で冊子を作ってもいい
「大阪湾生き物一斉調査」の打ち合せもした
c0108460_18120198.jpg
その間に3組ほどの親子連れ 夫婦連れがあり ビオトープなどを案内し少し説明もした
やはり気候がよくなれば土日祭日には うみべの森への散策者は多いようである
そのためには詳しい案内地図をうみべの森の何カ所かに置く必要がありそうだ
c0108460_18061516.jpg
夕方より割合に強い風が吹き出した 
モンシロチョウが草につかまって 風に飛ばされないように 必死でしがみついていた
・・・カメラを近づけても飛ぼうともしない
c0108460_18100984.jpg
c0108460_18101118.jpg

by umibenomori | 2015-04-18 18:17 | 2015年活動状況 | Trackback | Comments(0)

大型物置の受け入れ準備

平成27年4月16日(木) 晴れ
うみべの森を育てる会定例活動日・・・せんなん里海公園内うみべの森
(9:00~15:20)  参加会員(8名)
[小島俊 杉本 立石 傳 中川 中出 長原 原田]

c0108460_23561155.jpg
菜種梅雨の合間の晴れた日である
朝の気温は13度で少し冷やっとしたが
陽が昇るとともに気温は上がって来た
作業を始めたら汗だくになり シャツを着替えているメンバーもいた
せんなん里海公園に鯉のぼりが泳ぎ出した
c0108460_23560979.jpg
ビーチバレー世界選手権用に 参加国の国旗掲揚のためポールが沢山設置されている 
これを利用して一般より寄贈された鯉のぼりを泳がすようになった
これが今では せんなん里海公園の風物詩になった
c0108460_23560704.jpg
*ミーティング(花の広場)・・・本日の作業
① 男性軍は花の広場奥の片付け 大型物置設置場所を更地にする
② 女性軍の継続的な作業 
*植樹苗の手入れと
*うみ森内桜と太い樹木の調査
  場所の特定と幹の太さを調査する うみ森の地図に記入していく
*外来植物の徹底的駆除
  セイタカアワダチソウ・ナルトサワギク・オオキンケイギク
③ たき火用半ドラの片付け・・・消し炭は樹木の根元に散布する
④ 午後は公園事務所主催の人工磯浜の清掃に参加する
⑤ 5月16日(土)「大阪湾生き物一斉調査」の時間変更
(9:30~12:00)・・・公園事務所玄関前集合
参加予定者は連絡欲しい
*花の広場奥の片付け・・・[小島俊 杉本 立石 中川 長原]
c0108460_23560301.jpg
  石畳やフェンス柱等は重くて運ぶのに苦労した
  公園の不要になった不燃物の置き場になっている
c0108460_23560511.jpg
  ブロックに固定した看板などは 杭を切断して分離して移動
  わずかの距離でも一輪車も利用
c0108460_23561300.jpg
  わずかの時間で全体がきれいになった
c0108460_23574538.jpg
*薪を移動する置き場所の検討・・・苗養育台2台の上に並べる
*消し炭を樹木の根元に散布・・・[傳 原田]
  半ドラの中の消し炭も処分  広場に集積していたのも処分
c0108460_23573937.jpg
*植樹苗の手入れ・・・[傳 原田]
  植樹苗周辺の草が伸びて苗木が隠れてしまうのもある⇒苗木の周りの草刈り
c0108460_23574390.jpg
*カケヤの柄の取り換え・・・「中川」
  柄だけを購入し カケヤの穴に合すべく ジスクグラインダーで研磨
c0108460_23574175.jpg
*5月5日「子どもの日フェスティバル」に必要な物品のチェック&まとめ・・・[傳 原田]
*人工磯浜のゴミ掃除・・・[小島俊 杉本 中川]
  (13:30~15:00)公園事務所主催の一般参加者募集の 人工磯浜清掃活動に参加

c0108460_00065558.jpg
 
by umibenomori | 2015-04-16 23:52 | 2015年活動状況 | Trackback | Comments(0)

ササユリ発芽調査 & 支柱へのくくり作業 in うみべの森

平成27年4月12日(日) 晴れ・曇り
今日は大阪府会議員選挙日である
ボランティア活動に行く前に選挙に出掛けた
c0108460_18104636.jpg
投票所は歩いて4分の町民体育館であり 往復15分で終了した
その後 自転車に杭になるような我が家の廃材を積み込み出掛けた

うみべの森を育てる会定例活動日・・・せんなん里海公園内うみべの森
(9:00~15:20)  参加会員(9名)
[飯塚 小島直 小牟田 杉本 田川 立石 中川 西台 原田] 
春の陽気である 快晴とは言えないが暖かくて 屋外作業には問題ない気候だ
今日もいい日であって 箱の浦の田川さん(女性)が新入会員として参加してくれた
4月に3人入会してくれたことになり ありがたい うれしい事である
*ミーティング(花の広場)
c0108460_18104898.jpg
*ササユリ調査&支柱立て・・・[飯塚 小島直 田川 立石 西台 原田]
 箱の浦山調査
  うみべの森より少し離れているが
  ササユリ群生地として大切にしている場所である
  山に入るのに少し斜面の道なき道を通る必要があるが
c0108460_18105357.jpg
  毎年 柴田さんが根笹刈りをして整備してくれている
  現場に到着したら 刈られた笹が枯れた後に  
  あちこちにササユリが芽を出している
c0108460_18104139.jpg
  中には相当大きくなったのもある 1年生もまじえて23株はあった
c0108460_18104497.jpg
  うれしいことに春蘭の大株もあり 花が10輪も咲いている
c0108460_18115436.jpg
  その周りに花の咲いている株が5株ほどあった
  ここは ササユリと春蘭の隠れ里として大事にしたい
 うみ森の第2群落
  昨年位比べて数は増えているように思える
  群落も少しづつ周囲に広がって行くようだ
c0108460_18195327.jpg
 崖崩れ展望台・・・ここも小さいのを含めて増えている
c0108460_18204885.jpg
 ダム横の山
  ここは将来楽しみな場所で 毎年株の数は増加しているようだ
c0108460_18204607.jpg
 花の広場横斜面奥の山側
  昨年に比べて倍増しているようだ それも1年生の数が多い
  3年後が大いに楽しみに出来る場所である
  支柱を立て 紐で固定する作業が やりにくい急斜面なのが困りものである
*ササユリの支柱用竹の伐採・・・[女性軍]
  椿の森の近くの女竹を伐り 1m位の斜め切りにする  60本準備した
c0108460_18194682.jpg
*ビオトープ第2ホースのヘドロ洗浄とダムの掃除・・・[立石]
  第2ホースは水が完全に止まっていないが
  昨日に比べたら流入量は半減していた
  明日ぐらいは止まりそうなので洗浄し正常にした 
  ふかふか小径の途中には春蘭の群落があり その根元でどんぐりが芽を出していた
c0108460_18204331.jpg
c0108460_18115038.jpg
  ダムの流入口はあまりゴミも溜まっていなかった
c0108460_18115234.jpg
*青のベンチ展望台の整備・・・[小牟田 杉本 中川]
c0108460_18105074.jpg
  青のベンチの前の崖は崩れてから補修されていない
  このままでは ここで休憩してもらうと危険なので
  ベンチをビオトープの坂を上がった クヌギ林の見晴らしの良い場所に移動した
  杭を打ち込んでベンチも固定した
c0108460_18115697.jpg
 
  展望台には立ち入り禁止のトラロープを張り直した
c0108460_18194896.jpg
*ササユリの道の階段修理・・・[中川]
  階段が何カ所か腐って崩れている
  横木や杭を取り替えながら修理し整備する
c0108460_18195083.jpg
*コクランの道作り・・・[小牟田 杉本 立石 中川]
  山裾の道は殆ど出来上がりつつある
c0108460_18194429.jpg
  しかし整地しようとすると 太い木の根に邪魔される
  木の根と戦いながら 道を柔軟に曲げながら進んでいる
  今日から階段作りにも入った
c0108460_18194199.jpg
*日曜日のボランティアの日の昼食は「浜木綿(はまゆう)」である
 うみ森会員6人が 浜木綿に集まり ざるそばランチと豪華版である
c0108460_21270081.jpg
 私は ざるそば と 餃子である
 しばらくは 日曜日は弁当を持ってこなくてもよさそうである
 日曜日のボランティア活動が楽しみになって来た
c0108460_21265824.jpg
c0108460_18205027.jpg
c0108460_18234583.jpg

by umibenomori | 2015-04-12 18:26 | 2015年活動状況 | Trackback | Comments(0)

カフェ・レストラン「浜木綿・はまゆう」から    by   (ナベサダ)

平成27年4月11日(土)
土曜朝市にて立上げサポートを行う。
f0053885_20294985.jpg

地域の方々との交流の中で、同じ自治区の甲斐さん夫婦が中心となって、
4月から里海公園でカフェ・レストラン「浜木綿・はまゆう」が開店された。
f0053885_20301057.jpg
里海公園・事務所&ビーチバレー会場の海岸側に位置するが、
土曜市に来客として来られた傘寿組には、歩いて往復はチョットきついかな?
そんな話から、IさんとKさん夫婦同行でコーヒータイムとして行く事になった。
車の中では“お祝いの花が要るな~”“花は2人居るがな~
”“姥桜で辛抱してもらいましょう”そんな冗談を言いながら訪問する。
f0053885_20303582.jpg
甲斐さん夫婦をはじめスタッフ全員が良く知ったメンバーで、
朝食は皆食べているのでコーヒーを飲みながら、
海やウォーキング、ビーチバレーを眺め、地域の話を中心に会話は盛り上がった。
開店間なしではあるが中々の評判である。
地理的な条件は厳しいところは有るが、何事も一旦認められれば、
「浜木綿」へ行こうか!そうなるまで頑張って貰いたいものである。

・暖かい 心でお客 との絆
by umibenomori | 2015-04-11 21:23 | その他イベント | Trackback | Comments(0)

植物観察会 & 「子どもの日フェスティバル」の内容検討     by    (TATE-misaki)

平成27年4月9日(木) 曇り
うみべの森を育てる会定例活動日・・・せんなん里海公園内うみべの森

c0108460_18490228.jpg


(9:00~14:50)  参加会員(13名)
[飯塚 吉川 小島俊 小牟田 杉本 立石 傳 中川 中出 長原 西台 原田 渡邊]
朝は気温が低い・・・ここ2日ほどの気温からすると 少し暖かい感じである

c0108460_18490450.jpg


*岸本資材置き場
  短い垂木の杭の廃材が たくさんあった
  自転車の荷台に積みきれない位積み込み うみべの森の花の広場まで運んだ
*垂木の杭作り・・・[小牟田 立石 長原]
  50年前の丸鋸を引き出し 垂木の先端を尖らせて杭作り
  安全な使い方を指導しながら 3人で協同作業
  山道作りには 土留め用と階段用で 杭は 何本でも必要である

c0108460_18490635.jpg


*ミーティング(花の広場)・・・今日のスケジュール

c0108460_18490895.jpg


*植物観察・・・[全員]
  新入会員に 植物観察のやり方を知ってもらうため 今回は全員で行動した

c0108460_18490143.jpg


c0108460_18491005.jpg


c0108460_18503754.jpg


c0108460_18503971.jpg


c0108460_18503515.jpg


  アーチ近辺→ビオトープ→クヌギ林→ぼうけん山(桜道)→料金所から道路
  (シュンラン・シハイスミレ・ササユリ・コクラン)
  春蘭大株は17本も花を付けている 色も割合に濃くて 非常にきれいである

c0108460_19565546.jpg


c0108460_19565446.jpg


  通路際に芽を出している春蘭は移植の必要がある

c0108460_18503396.jpg


c0108460_19485855.jpg


  シハイスミレの咲いている状態を初めて観察出来て
  山野草愛好家軍団はやや興奮気味であった

c0108460_19565741.jpg


c0108460_19565660.jpg


  炭焼窯跡近辺にササユリの芽が10本以上見つかったのも うれしい発見である
  中に1株 通路の真ん中に芽を出しているのは
  移植するしか保護の方法はなさそうである

c0108460_19490023.jpg


「サルトリイバラの花」

c0108460_12335266.jpg


 *ぼうけん山には枯れ木を含め 伐採しなければ危険な樹木が沢山ある
  山道作りが終れば すぐにでも対応する

c0108460_19490229.jpg


 *シダも各所にはびこっているので
 これも刈り込み山野草の育成に 力を入れる必要がある

c0108460_19490539.jpg


c0108460_19485302.jpg


[ニガイチゴ]
c0108460_19584251.jpg

c0108460_19485505.jpg

「ニホンタンポポ」
c0108460_19583620.jpg
[せんなん里海公園にも白花たんぽぽが咲いていた]
c0108460_19583895.jpg
*ササユリの発芽調査と支柱立て・・・[飯塚 中出 原田]
  ぼうけん山の新規発見のササユリ全てに支柱を立てた
  ダムの横の山にも 多く新芽が見つかった
  200本用意した支柱が足りなくなった
  詳しく調査すれば 確実に250株はありそうである
  箱の浦山も残っている
「キランソウ(地獄の釜の蓋)」
c0108460_19584074.jpg

*運営委員会・・・(花の広場)[全員]
  *植物調査の今後の位置づけ
   定例活動日の一つの作業扱いとする  
   植物にあまり興味のない会員は その他の作業をする
  *「子どもの日フェスティバル」の出展内容の検討
   渡邊顧問が沢山持って来た
c0108460_19510808.jpg

   おもちゃ作りの見本をいろいろ体験して 半分遊びに夢中になりながらも
   子どもたちの喜びそうな種目を決めた
c0108460_19511470.jpg

  ① お散歩カニ・カメ
  ② ストロートンボ
  ③ 紙飛行
c0108460_19511288.jpg

  ④ ふわふわとんぼ
  ・・・全て材料の準備は渡邊さんが対応済み
   紙飛行機のコピーだけは うみ森で準備する
   当日は1種目2人の担当を決めて対応する
   おもちゃ作り担当8人 名札お絵かき担当6人
   当日は14人以上の会員参加者の確保が必要
  *イライラ神経棒と竹のおもちゃは出品はやめる
  *針金トンボは作り置きして賞品として提供
  *紙飛行機の標的は中川さんがもう一つ製作する・・・牛乳パック13箱が必要

c0108460_19511017.jpg



by umibenomori | 2015-04-09 20:09 | 植物観察会 | Trackback | Comments(0)

うみべの森を育てる会との打合せ    by   (ナベサダ)

平成27年4月9日(木)
午前は新1年生の下校見守りに立つと、学校の先生方に見守られながら集団で帰って来た。
自治区からの入学者は30名で、町内では一番多人数で有る。
今年の岬町内の入学者数は、淡輪小学校が86名?
多奈川小学校が9名、深日小学校7名だそうだ。
若い人が多い新興住宅地を除けば、厳しい少子高齢化の町である。

昼からは「うみべの森を育てる会」5月5日(子供の日)のイベント打ち合わせに行く。
f0053885_2002369.jpg
会場であまり手間の掛からずに遊べるものとして、10点ばかり見本を準備して行った中から、
「ふわふわトンボ」「お散歩カニ&カメ」「ストロートンボ」
「紙ヒコーキと通し台」の4点と決定、各50個以上準備する予定である。
試験的に「紙ヒコーキ」や「折紙・手裏剣」で穴通しに挑戦したが、
思い通りに行かない所がミソであろうか。
折紙によるフナシーや妖怪ウォッチも持参したが、人手と会場スペースで4点限定の選択であった。
f0053885_2005490.jpg
打合せ合間にうみべの森を一回りすると、大事にされているササユリが沢山芽を出し、
挑戦中の新道も大分進行されている中に、貴重なコクランが間もなく咲かんと蕾を膨らましていた。
今まで以上に広い「うみべの森」に成って来たようだ。
f0053885_2011956.jpg

f0053885_201484.jpg
・新1年 みんな可愛く 素直な子
by umibenomori | 2015-04-09 18:38 | 2015年活動状況 | Trackback | Comments(0)