人気ブログランキング |

『うみべの森を育てる会』ホームページ

umimorihp.exblog.jp

<   2014年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

多奈川小学校1・2年生遠足サポート in  うみべの森     by    (TATE-misaki)

平成26年4月25日(金) 晴れ
多奈川小学校1・2年生遠足サポート
c0108460_16330926.jpg

(8:10~12:10) 参加会員(12名)
[飯島 生熊 吉川 小島俊 柴田 杉本 立石 傳 中川 中出 原田 渡邊」
[児童:1年生 17名・2年生 14名・先生 4名:総合計 35名]
夏に近い陽気で上天気である さわやかに吹いている風も気持ちがよい 最高の遠足日和である
8:30 会員集合であるが20分前くらいから集まりだしている
 それぞれの持ち分で準備をはじめている
 *おにぎり広場のテーブルやベンチの掃除・・・落葉がテーブルに溜まるので箒で掃き雑巾がけ
 *カブトムシ幼虫調査・・・第2カブちゃんベッドを試掘したら 5匹ほどの姿を確認⇒ひと安心
c0108460_16331067.jpg
c0108460_16331006.jpg
 *荷物置場のブルーシート設置
 *お絵かき用の材料やマーカーを会場へ
 *ビオトープで生き物捕獲⇒昆虫容器にタニシ・カワニナ・メダカ・ヤゴなどを
   種類分けして 容器に名前のプレートを付け観察できるよう準備
c0108460_16511210.jpg
9:00 [ミーティング:花の広場]
 *本日の詳細なスケジュール説明と役割
 *初めての新山散策なので役割分担を細かくした
c0108460_16331125.jpg
9:21 うみべの森に到着⇒おにぎり広場へ移動・・・バスで海風館まで来て20分程歩いてやってきた
c0108460_16331138.jpg
9:25 挨拶 立石副代表・・・「新山を散策して名前を付けて欲しいとお願い」
     (岬町の西の端から東の端に来ただけに せんなん里海公園が初めての子どもが多かった)
    うみ森での行動の注意事項  中川副代表
c0108460_16331248.jpg
9:36 1年生・2年生の順で うみべの森散策
 クヌギ林→川岸→新山→
c0108460_16331373.jpg
c0108460_16331389.jpg
c0108460_16331424.jpg
 「新山散策は初めて採用したが 川を渡り多くの階段を登り本当の里山の雰囲気を楽しめる
  山道の下が崖のようになっていたりしてスリルも十分に楽しめる
  昭和の初めの炭焼き窯の跡も見学した・・・往復で30~35分はかかるコースである」
c0108460_16330810.jpg
c0108460_16391968.jpg
c0108460_16391940.jpg
c0108460_16392080.jpg
c0108460_16392047.jpg
c0108460_16392101.jpg
c0108460_16392174.jpg

サユリの道→
 「このルートも初めて採用したが 新山ルートに次いで里山を楽しめるコースである」
c0108460_16392258.jpg
c0108460_16391783.jpg
c0108460_16391889.jpg
 第2カブちゃんベッド(カブトムシ幼虫観察)→
 「カブトムシ幼虫のチップ山は試掘の時は簡単に見つかったのに
  子どもたちに掘ってもらうとなかなか見つからない
  少々あわてて山の中心の深くまで掘ることで何とか観察できる数は確保できた
  各学年に6匹づつ持ち帰ってもらうことにした」
c0108460_16391932.jpg
c0108460_16511479.jpg
c0108460_16511498.jpg
 ビオトープ(水辺の生き物観察)→
c0108460_16511526.jpg
c0108460_16511584.jpg
10:45 おにぎり広場(自然クラフト)・・・(原木プレートにお絵描き)
 「お絵かきは慣れたもので15分程で全員が終了していた
  リックに付けると喜んでくれたのはうれしいことだ」
c0108460_16511689.jpg
c0108460_16511675.jpg
c0108460_16511631.jpg
c0108460_16511305.jpg
c0108460_16511358.jpg
c0108460_16554408.jpg
c0108460_16554322.jpg
c0108460_16554239.jpg
c0108460_16554129.jpg
c0108460_16554157.jpg
c0108460_16554080.jpg
c0108460_16554005.jpg
11:00 フリータイム(おにぎり広場周辺)
 「あちこちの木で木登りが始まった 木に一人ずつサポーターが付くのが足りないくらい
  女の子も元気に登っていた 木登りして隣の真っ直ぐの木に移って滑り下りて楽しんでる子もいた」
c0108460_16553938.jpg
c0108460_16553857.jpg
c0108460_16553935.jpg
c0108460_16574882.jpg
c0108460_16574788.jpg
11:16 挨拶&山の名前発表してもらった
 ・・・「落ち葉山」が一番だが他は平凡(冒険山 自然山 草山 虫山 お花一杯山 落ちる山 等々)
  「今回で正式の名前決定は出来ないようだ」
c0108460_16574540.jpg
11:23 せんなん里海公園イルカ遊技場へ移動
  ハイタッチしながら「楽しかった!また来るわ」と何人もの子どもに言われて これだけが会員の喜びである
c0108460_16574673.jpg
c0108460_16574676.jpg
     会員…後片付け
  [ミーティング:花の広場] 本日の感想と反省
c0108460_16574795.jpg

by umibenomori | 2014-04-25 17:02 | 小学校サポート | Trackback | Comments(0)

多奈川小学校1・2年の遠足    by   (ナベサダ)

平成26年4月25日(金)
岬町は里海公園・うみべの森へ、多奈川小学校1・2年生が遠足に来てくれました。コミュニティバス路線の関係で、先生や子供たちは海風館から行儀よく歩いて見えました。
多奈川小学校とはサマーフェスタや2年生の工作教室でおもちゃづくり、餅つき大会、運動会にも招待されて、先生方とも顔馴染みも多く連携が有るので、本日は孝子の森・活動日だったが遠足サポートを優先する。
f0053885_20142.jpg

うみべの森広場に到着して、立石副代表の挨拶と中川さんから行程と注意事項の説明~中川さんの先導で新山(初めての遠足コース)を炭焼き窯まで往復で歩く。
f0053885_2015911.jpg

f0053885_2041520.jpg

途中では小川を渡り木々の間からは海も見える。
f0053885_2024288.jpg

春蘭や大きな桜の木や落葉を踏みながら上り下りのコースを歩くと、うみべの森も里山の散策気分になってくる。
f0053885_2033833.jpg

引き続いて、ササユリの小路からカブトムシの幼虫が育っている場所に移動する。
f0053885_2045556.jpg

早速腐葉土の山を探すが直ぐには姿が見えない!しばらくすると“でっかいな~”大きな幼虫が次々と出て来た。
f0053885_2053272.jpg

それぞれのクラスに6匹ずつ腐葉土に包むように入れて配布、大切に育てて見守って貰いたく願う。
f0053885_206153.jpg

ビオトープ池(メダカやタニシやミズスマシの観察)~広場へ(メダカ、タニシ、カワニナ、カダヤシ、ヤゴを展示)
f0053885_2063852.jpg

f0053885_2071173.jpg
~立石氏準備のプレートお絵描き(みんな上手に描けていました)~フリータイムは木登りが始まった。
f0053885_2084950.jpg

手頃な木が有るものだから多くの子供たちがチャレンジ・・サポートが忙しいぐらい次々登り鈴なりの木もあった。
f0053885_2092851.jpg

最後は楽しかったよ!の感想と頑張ったのでしょう“腹減った~”の声も聞いてお別れする。
f0053885_209527.jpg

里海公園内の遊技場へと並んで行く姿はかわいいお客様であった。良いお天気と海風を受けて、弁当を広げて美味しそうに食べる姿が浮かんできそうである。

・カブトムシ 育つ姿よ 見守られ
by umibenomori | 2014-04-25 16:48 | 小学校サポート | Trackback | Comments(0)

新山整備とササユリ保護作業の継続  in  うみべの森     by    (TATE-misaki)

平成26年4月24日(木) 晴れ
うみべの森を育てる会定例活動日・・・せんなん里海公園内うみべの森
(9:10~14:40) 参加会員(12名)
[飯島 飯塚 生熊 小島直 小島俊 柴田 杉本 立石 傳 中川  西台 原田]
夏の陽気が感じられる気候である このような天気の時は 気持ちよく作業が捗る
c0108460_18100345.jpg
*新山整備・・・[飯島 小島俊 杉本 立石 中川]
  通路の草刈り&整備&階段の補修
  炭窯跡の前の通路の笹刈り跡を 再度刈払機できれいに刈り取る
  炭窯跡近辺にクヌギ5本植樹・・・水やり
  ササユリ発芽7本確認
  周辺の大物ゴミの掃除
c0108460_18100683.jpg
c0108460_18100392.jpg
c0108460_18112187.jpg
*ビオトープのホース洗浄・・・[小島俊]
  第2ホースが完全に止まっており 水道水でヘドロ洗浄
  ダムの取水口のゴミを取り除く
c0108460_18100485.jpg
c0108460_18100596.jpg
*ササユリの支柱立て&くくり・・・[飯塚 生熊 小島直 柴田 原田]
  ダムの横の山中心に 昨年より発芽株は増えている 中には蕾を持っているのもある
  30㎝位に伸びたものは支柱にくくりつけた
c0108460_18100677.jpg
c0108460_18100592.jpg
*ササユリの毛虫駆除薬剤散布・・・[柴田]
  毛虫に花が食べられないように予防対策
*多奈川小学校遠足サポートの用具準備 &「こどもの日フェスティバル」の用具準備・・・[傳 西台]
*伐採枝を薪にする・・・[飯塚 生熊 小島直]
  花の広場奥に積み上げていた伐採枝を 細かく折ったりノコギリで切ったりして
  薪にすると同時に周辺をきれいにした
c0108460_18100221.jpg
c0108460_18100767.jpg
*樹木の名前描きと樹木への取付・・・[傳 原田]
  新山の各種の樹木の名前を中川さんが調査し それらを中川さんが準備した焼き板に名前を描く
  描き終わったら新山へ行き全ての樹木にくくり付けた
c0108460_18100748.jpg
c0108460_18112026.jpg
c0108460_18112101.jpg
*ビオトープのカナダモを取り除く・・・[飯塚 生熊 小島直]
 冬越ししたカナダモは黒くなって汚らしい メダカたちの冬眠用寝床の役目は終わった
 取っても取っても根が残り完全な駆除は出来ない イヤな物を投げ込まれたものである
 投げいれた人は善意で池には藻が いるだろうと思ってのことだと思うが
 外来種は繁殖力が強くて池の全面を覆ってしまって逆にメダカたちの日当たりを悪くして
困り果てている
 自然には外部から持ち込んで欲しくない
c0108460_18112468.jpg
*公園事務所 東部所長と打ち合せ・・・[立石 中川]
 うみ森のアーチの西側の柱の根元が白蟻にやられて中はぼこぼこになっている
 何時倒れるか心配している・・・倒れて怪我をさせる前に処置をしたい
 予算がないので新規には製作できない
 まずは現状のアーチを壊してしまうことは意見が一致
c0108460_18124337.jpg
c0108460_18124385.jpg
 その後はアーチを直角に位置を変更し 高さを半分以下の低さにして 橋の欄干のような状態にする
 そうすることで上部のアーチ部分も活かせる⇒うみ森のモニュメントとしても残せる
 参加会員に意見を聞いたが 全員がこの変更ならと賛同してくれた
c0108460_18124286.jpg
*お弁当タイム
 原田さんが朝早く起きて中国チマキをたくさん作って来てくれた・・・昼飯前に非常にうまかった
c0108460_18112358.jpg
c0108460_18112357.jpg
*ナワシログミのミーティングは小さめだが 割合においしかった
c0108460_18112351.jpg
*公園のキイチゴの花は非常に大きい・・・大きな実がなるのかな
c0108460_18112252.jpg
*新山にも藤の花と主シュンランがきれいに咲いていた
c0108460_18112288.jpg
c0108460_18112489.jpg

by umibenomori | 2014-04-24 18:25 | 2014年活動状況 | Trackback | Comments(0)

第2回「里香海」多奈川竹林筍狩り     by    (TATE-misaki)

平成26年4月23日(水) 晴れ 
第2回「里香海」多奈川竹林筍狩り

c0108460_20290382.jpg
(12:30~14:20)・・・多奈川財産区の「竹の里」            
みさき里山クラブ 15名[雨宮 岡田 大島 佐々木 徐 立石 中野 西山 長原 久川兼 藤岡 的羽千 丸山禮  柚岡 横山] 
うみべの森を育てる会 5名 [中川 中出 樋口 松本]
香の会 15名[池田恭 池田美 井本 牛窓 榎本 大橋 笠崎 木村 末原和 末原久 関 立石 延木 樋口 横田]
自然と本の会 1名[高木]
c0108460_20290419.jpg
雲一つなく晴れ渡り吹き渡る風も気持ちよい
最高の季節と天候の元で第2回里香海を開催した
昨年の第1回は5月1日 孝子の森でのキンラン観察会である
今回は趣向を変えて多奈川財産区の「竹の里」の協力で「筍狩り」を企画した
・・・会費は@300⇒竹の里へのお礼としてビールを持参・・・残金は里香海会計で保管
c0108460_20290476.jpg
12:30 岬町役場に集合
  みさき里山クラブ 15名  ハーブタベストリー香の会 15名  
  うみべの森を育てる会 4名  自然と本の会 1名  合計 35名 
  ここから車に相乗りして多奈川竹林へ出発
12:47 多奈川財産区竹林「竹の里」に到着
 岬町多奈川多目的公園 「いきいきパーク」に入り最奥まで行き そこから竹林まで30mは急坂を登る
 登りは急な坂道で「いろは坂」である
 大きな車で曲がりきらずに苦労している車も多々あった
 到着した時は多奈川小学校の全校児童100名弱で一杯であった
c0108460_20290552.jpg
 12:30に帰校予定が遅れているようだ
 竹林でロープ登りなどして楽しんでいた
 12:55頃に「サヨウナラ!」と言いながら帰って行った
13:00
 竹の里のスタッフより注意事項を聞いてから筍狩り開始
c0108460_20290552.jpg
c0108460_20290144.jpg
c0108460_20290125.jpg
 今年は筍の育ち具合が悪いらしい
 20日に岬町のイベントで150人も筍狩りをしているので その後あまり伸びていないようだ
c0108460_20290290.jpg
c0108460_20290281.jpg
c0108460_20290345.jpg
 最悪の竹林の状況下で「ナイ! ナイ!」と言いながらも竹林の山の上の方まで登っていた
 中には 黙々と筍の先を見付けて掘っている者もいる
c0108460_20304989.jpg
c0108460_20304842.jpg
 地上に多く出ている筍を 山へ登るときは「こんなのはダメ!」と掘らなかったのに 
 下りて来た時は「これは ええやん!」に変わっていた
 探しても あまり見つからなかったようだ
c0108460_20305146.jpg
c0108460_20305010.jpg
 後半は指定場所以外も開放してもらったが 少ない事には変わりがない
 それでも あまり動き回らずに じっくりと同じ場所でたくさん掘っている人もいた
c0108460_20305314.jpg
c0108460_20305239.jpg
 1時間くらいで終了にしたが 最終的には坊主の者はいなかったようだ
 初めての経験者は 筍掘りは見付けるのが大変だと思っているので「楽しかった!」と喜んでいた
14:17 挨拶・自由解散・下山開始
c0108460_20305416.jpg
c0108460_20305414.jpg
c0108460_20305529.jpg


by umibenomori | 2014-04-23 20:41 | その他イベント | Trackback | Comments(0)

多奈川小学校1・2年生遠足受け入れ準備中 in うみべの森     by    (TATE-misaki)

平成26年4月20日(日) 曇り・雨
うみべの森を育てる会定例活動日
(9:10~14:00) 参加者(10名)[飯島 生熊 小島直 柴田 杉本 立石 中川 西台 原田 樋口]

c0108460_17090340.jpg
朝から うっとしい天気である ミーティング中にも雨がぱらついたりしていた
しかし 25日に多奈川小学校の遠足サポートがあるので 出来得る限りの整備や準備が必要である
しかし事前に単独でいろいろと準備してくれている会員もいる
*4月16日~17日・・・[立石]  リョーブ原木スライス:名札530枚作成
*4月17日(木)・・・[中川]  新山の樹木調査&名前貼り付け & 自宅で名前書き用焼き板準備
*4月19日(土)・・・柴田  うみ森の女竹を伐採し支柱を200本以上作成
  ササユリ調査&支柱立て (ダム周辺から川の横の山は調査完了)
*4月20日(日) ミーティング
  多奈川小学校のスケジュール説明
  本日の作業内容説明
*新山整備&草刈り・・・[中川]
c0108460_17090341.jpg
  通路周辺の草刈り & ヤマザクラ100年古木周辺の草刈り
c0108460_17114055.jpg


  (通路途中のシュンランの大株が花盛りである・・・花は13本咲いている)
c0108460_17090270.jpg
c0108460_17113959.jpg
*新山入口の川の周辺の整備・・・[飯島 杉本 立石 樋口]
  川に石を並べて渡りやすい道にする
  降り口と登り口の道幅を広げたり平坦にする
c0108460_17090406.jpg
c0108460_17090560.jpg
c0108460_17090637.jpg
c0108460_17090828.jpg
c0108460_17090683.jpg
    (水中の石を起こすしているとモクズガニの小さいのが怒っている)
c0108460_17090592.jpg
*新山の階段足場の整地・・・[樋口]
c0108460_17114105.jpg
c0108460_17114098.jpg
*ササユリの道通路の草刈り・・・[中川]
c0108460_17113617.jpg
*ササユリの道の階段補修・・・[飯島 杉本 立石 樋口]
  階段の横木が4カ所腐ってしまっているのを 新規に作り直し土を運んで整備
c0108460_17113716.jpg
*ササユリ発芽調査&支柱立て・・・[生熊 小島直 柴田 西台 原田]
  おにぎり広場から椿林までの通路の周辺
  ササユリの道周辺とあふれ滝上部
  (今年初めて発芽を確認したのも多かった 具体的にカウントはしていないが昨年よりは多いように思われる)
c0108460_17113953.jpg
c0108460_17113871.jpg
c0108460_17113891.jpg
*バークを新山ヤマザクラ100年古木まで運び上げ・・・[飯島 柴田 杉本 立石 中川] [公園事務所職員 3名の応援あり]
   おにぎり広場に集積してあるバーク16袋 
   1袋20kgある・・・一輪車で新山の入口まで運ぶ そこからは肩に担いで運ぶ
c0108460_17113752.jpg
   我々は肩に担ぎ上げるのもやっとであり 階段を登るのも一苦労で直ぐに息切れがする
   公園職員の人たちは若いだけに軽々と担いで登ってくれた
c0108460_17123788.jpg
c0108460_17123688.jpg
   1人で2袋40kgを担いで行く力強い人もいた
   よくぞ応援に来てくれたと感謝感激である
c0108460_17123743.jpg
*ヤマザクラ100年古木根元にバークを散布・・・[飯島 柴田 杉本 立石 中川]
   古木は少し弱ってきているようで 根元にバークを散布することで 少しは延命出来ないかとの試行錯誤である
c0108460_17123521.jpg
c0108460_17123579.jpg
c0108460_17123494.jpg
*クヌギの苗の植樹・・・[樋口]
   クヌギの実生3年物を3株貰っていた これを小川斜面と10本桜周辺に植樹
*花の広場グリーンカーテン用畑の土壌改良・・・[生熊 小島直 西台 原田]
  巾50㎝ほどを掘り起し もみ殻とバーク・肥料などを混ぜて整備
  これでゴーヤを植え付ける準備は完了した
c0108460_17123660.jpg
「作業を始めた10時過ぎから小雨が降り出した 「雨が降ってきたなアー」とは言うが
 誰も作業を中止しようとは言わず 黙々と作業していた
 お蔭で少人数ではあるが 今日やるべき予定の作業は全て完了できた
 2時頃には継続的な小雨が降り出したので 早い目に作業を終了して解散にした」

c0108460_17284673.jpg

by umibenomori | 2014-04-20 17:37 | 2014年活動状況 | Trackback | Comments(0)

原木プレート(名札)の穴あけ&面取り     by    (TATE-misaki)

平成26年4月17日(木) 晴れ
c0108460_20435824.jpg
夏日のように晴れ渡って暑い しかし 淡路島は汚い黄色のカーテンに覆われている・・・中国スモッグが居座っている感じ
c0108460_20435934.jpg
昨日の継続で リョーブの原木をスライスしたものを お絵かき出来る名札に仕上げる作業に入った
プレートに電動ドライバーで3.5mmの穴開けをし 1枚1枚チェックしながら面取りをして仕上げていく
あまりに 上天気なので縁台を作業台にして炎天下で作業をしたが 昼頃は暑くて汗が流れ落ちたくらいである
c0108460_20435523.jpg
電動丸鋸の鋸刃も長年使っているので 最近はやや切れ味が悪く きれいに切断していない
その分 プレートのバリ取りや残ったヒゲの駆除で 面取りする必要なのが多くなった
c0108460_20435635.jpg
しかし ハンドペーパーの治具を買っているので その分作業はやりやすかった
c0108460_20435701.jpg
6時に作業が終わって532枚の名札を完成したが
計算してみたら1分で2枚の作業量である こんな簡単なものはもっと効率が上がらねばいかんのだが・・・
春の陽光の元で のんびりとやり過ぎた感じである
c0108460_20435569.jpg
穴あけの土台に使かっている台は 長年痛めつけられて ドリル穴でぼろぼろになってきた
c0108460_20435733.jpg
これだけ準備したら 秋の小学校の遠足のサポート分まであると思うのだが・・・
c0108460_20440091.jpg


c0108460_20435400.jpg

by umibenomori | 2014-04-17 20:53 | 小学校サポート | Trackback | Comments(0)

リョーブ原木のスライス     by    (TATE-misaki)

平成26年4月16日(水)晴れ(スモッグ曇り)
c0108460_20371240.jpg

晴れのはずだが曇天である 中国製スモッグのためか 太陽は霞んでいる
淡路島などは黄色い厚いスモッグカーテンに さえぎられて全く見えない
中国も反日ばかり言っておらずに この恐ろしいスモッグを何とかしてほしいものだ
c0108460_20371029.jpg
うみべの森に25日には多奈川小学校1・2年生が遠足に来る
5月5日には阪南市文化センター・サラダホールで「こどもの日フェスティバル」がある
何れも木の名札にお絵描きをしてもらうので 木の名札を準備しなければならない
先日 孝子の森で貰って来たリョーブをスライスすることにした
c0108460_20371101.jpg
リョーブは間伐してから何年も置いてあるので からからで硬い
私の据え置き型電動マルノコは255mmの120Pのチップソーが装着してある
このマルノコで切れば 切断面が磨いたようにツルツルになる
c0108460_20371210.jpg
今は255mmの120Pのノコ刃はないようだ・・・100Pはネットでも検索できたが・・・
1日掛でリョーブ2m物を3本スライスしたが 使える名札は560枚ほどである
節があったりノコ刃焼けがひどかったりした2級品もたくさん出た
c0108460_20370523.jpg
一番困るのはオガクズである 45㍑ゴミ袋に半分は溜まる
周りはオガクズの粉で真っ白になるし 目にも入るしで散々であるが 子どもたちのためなら止むを得ない
オガクズの掃除も終わったら6時を回っていた
明日は一部面取りをしながら 穴あけ作業の予定である
c0108460_20370730.jpg
c0108460_20370924.jpg
c0108460_20370653.jpg

by umibenomori | 2014-04-16 20:44 | 小学校サポート | Trackback | Comments(0)

平成26年4月度運営委員会     by    (TATE-misaki)

平成26年4月14日(月) 晴れ
平成26年4月度運営委員会(9:30~11:50)・・・せんなん里海公園潮騒ビバレー会議室
参加者 [吉川 立石 傳 中川 西台]

c0108460_16214783.jpg
春らしい最高の天気である それでも朝は自転車で走っていると風は冷やりする
昼ぐらいは無風状態で暖かく 完全にうららかな春である
c0108460_16214789.jpg

4月~5月活動予定の検討
4月20日(日)…定例活動日(9:30~15:00)
 *ササユリ発芽調査&支柱立て
 *新山整備:小川に渡り石置き・通路整備
 *新山の老桜大木までバーク16袋運び上げ(公園事務所職員も手伝ってくれる)
4月23日(水)・・・第2回「里香海」(筍狩り)
 *多奈川「竹の里」・・・12:30岬町役場集合
    筍堀りの道具を持参⇒参加者は20日までに申し出ること

c0108460_16214246.jpg
4月24日(木)…定例活動日(9:30~15:00)
 *新山整備 *ササユリ支柱
4月25日(金)・・・多奈川小学校1年・2年遠足サポート
 *予備日 5月1日(木)雨天中止は8時までに連絡する 
 *9:30~11:30 児童35名 先生5名予定
 *新山(冒険ルート)→ササユリの道→第2カブちゃんベッド(カブトムシ幼虫観察)→ビオトープ→おにぎり広場(木の札にお絵かき)
  自由時間(おにぎり広場周辺) 
 *当日リーダー 中川
 *当日リーダーは事前にルートを一周して安全確認
 *終了後 5日のイベント準備
c0108460_16214298.jpg
5月2日(金)・・・臨時:孝子の森植物観察(9:50~14:00)
  *「キンラン観賞会」・・・弁当持参は自由
5月5日(月)・・・「子どもの日フェスティバル」(9:00~15:30)
  *阪南市文化センター(サラダホール)
  *開会は10:00であるが 荷物搬入と展示が必要
  *例年と同じ内容で実施
  *展示は「私の水辺」の写真展示ボードを利用
  *おもちゃ作りは渡邊顧問に一任
c0108460_16214658.jpg
5月6日(火)・・・定例活動日は中止(5日に繰り上げ実施)
5月8日(木)…うみ森の植物観察は中止・・・5月2日に繰り上げ実施
  *女子部有志で京都花脊へ小旅行
5月12日(月)…運営委員会(9:30~12:00)    
5月18日(日)…定例活動日(9:30~15:00)
5月22日(木)…定例活動日(9:30~15:00)
5月31日(土)・・・「第7回大阪湾生き物一斉調査」(10:30~14:00)
6月3日(火)…定例活動日(9:30~15:00)
c0108460_16214360.jpg
  
その他事項の検討
*ビオトープ第4池の改造計画
  底に大きな穴が開いている 水が無くなる可能性がある
  殆ど埋め立てて 第3池沿いは小川にする
  この池の下には大きな地下水脈があるので池の維持は非常に困難である
  埋め立て用土は公園内の土盛り分を利用
c0108460_16214589.jpg
*公園事務所への提案事項の回答あり
 ◍ 青のベンチの崖崩れ補修は当分無理
 ◍ 入口アーチの腐食は鉄柱入れる等の方向で検討中
 ◍ 花の広場休憩所の屋根用波板は公園側が購入する・・・枚数その他 中川が打ち合せ
 ◍ 花の広場内の物置は協同で検討する
 ◍ 花の広場内のフェンスの修理は完了済み
 ◍ アーチ横水路の崩れは補修済み
c0108460_16214492.jpg
 ◍ 刈払機・チェーンソー講習会は検討中
   ・・・うみ森も講習を受けた者でないと 刈払機作業は出来ないことにする
 ◍ 小川沿いのつる伐りなどの作業は 公園職員と協働作業とする
 ◍ 里海まつりの「とんど」は動画撮影し公園協会HPに流す
c0108460_16214937.jpg

by umibenomori | 2014-04-14 16:26 | 運営委員会 | Trackback | Comments(0)

西林寺の手作り市 in 岬町淡輪     by    (TATE-misaki)

平成26年4月12日(土)晴れ(スモッグ曇り)
今朝3時半に寝たのに 9時には起きた・・・私としては早起きだ
外気温11度だが室内は やや冷やりする

*JA淡輪へ精米(10kg)に行く
c0108460_21245441.jpg
 我が家は数年前から近江米の玄米を買っている
 30kgの重たいのを家の中まで宅急便が届くのだから楽である
 しかし我が家では1日1合だから半年以上ある・・・パン・麺が多い
c0108460_21245460.jpg
 娘宅にも送っているようだが 5人で1日7合は食べるらしく
 米派であり若さであり 30kgが1ケ月で食べるとか・・・我が家とは比較できない
 炊きたてのご飯がおいしいのは当たり前だが 今の近江米は冷やご飯でもおいしい
c0108460_21245595.jpg
*西林寺の手作り市
c0108460_21245277.jpg
 我が家から歩いて5分程の所にある お寺である・・・腹話術の住職として認識していた
 普段は静かな寺の界隈は車が多く駐車していて少々賑わっている
c0108460_21245183.jpg
 小さな子供連れの 若いお母さんの姿が多かった・・・木魚体験が魅力だったのかも
c0108460_21245399.jpg
 京都の智恩寺の小形版と言える・・・?
 しかし私には興味の有るものは あまりなかった
c0108460_21245279.jpg
 パンにニスを塗ってペンダント等 装飾品を作っているのは目新しかった
 廃材を使った作品も やや面白かったが
c0108460_21245392.jpg
 食べ物に一番興味があったが たこ焼きはタコが品切れ・・・
 パンとドーナツで辛抱した
c0108460_21245270.jpg
*雨が近い予報ではあるが 植木鉢の一部は萎れかかっていたので40分水やり
*我が家の畑作業
 1畝を耕し深い中溝を掘り 先日引いてしまった コマツナなどの菜の花を細かく切断して埋め込んだ
c0108460_21291969.jpg
c0108460_21291858.jpg
 この作業は割合に時間が掛かり 終わった6時前であった
c0108460_21245598.jpg
c0108460_21291956.jpg

by umibenomori | 2014-04-12 21:33 | 立石副代表のつぶやき | Trackback | Comments(0)

うみべの森を育てる会「平成26年4月度植物観察」     by    (TATE-misaki)

平成26年4月10日(木) 晴れ
c0108460_20155968.jpg

うみべの森を育てる会「平成26年4月度植物観察」
  9:30~12:40
c0108460_20155833.jpg
c0108460_20155786.jpg
(参加者 10名)[飯島 飯塚 生熊 小島直 吉川 小島俊 柴田 立石 傳 原田]
暖かい4月のよき天候である
ジャンバーも要らないと思うくらい暖かく うみ森を歩いているだけで汗ばむ
c0108460_20175037.jpg
暖かさにつられて 小さい花があちこちで咲いている
普段は目に付かないし刈り取られる対象の草花たちが今日は十分に自己主張している
c0108460_20175106.jpg
上久保先生が体調不良でしばらく参加できないが吉川リーダーを中心に自習も順調である
男性軍は やや他のことが気になり時々脱線はしているが 久し振りにうみべの森の中を散策した
c0108460_20175178.jpg
c0108460_20175031.jpg
*ビオトープの水の流入は順調すぎるくらいであるが 第4池に大きな漏水個所がある
c0108460_20160021.jpg
公園事務所が暫定漏水止めをしてくれているが まだ少しは漏れている
c0108460_20155543.jpg
水漏れ箇所を金棒でつついていたら水漏れは止まった
c0108460_20155680.jpg
*第4池の改造の検討・・・ほとんど埋め戻して湿地にする
  第3池の横だけを巾50cmほどの小川で残す・・・埋め戻す土は公園内の盛り土を利用
*植物観察
① ヒナグサ
c0108460_20204385.jpg
流木に苔を埋め込んでいるので いろんな花が咲いている
ここだけでも園芸種を含め沢山学習していた
c0108460_20155761.jpg
 
② オランダミミナグサ
c0108460_20204340.jpg
 
③ ハルジオン(茎は中空) 
④ オオジシバリ
c0108460_20175354.jpg
 
⑤ノジスミレ
c0108460_20204221.jpg
 
⑥ ノミノフスマ 
c0108460_20175421.jpg
⑦ツボスミレ(ニョイスミレ)
c0108460_20194444.jpg
⑧ コナスビ
ビオトープの周辺も山野草の宝庫になりつつある
ここを一周するだけでも10種類以上の花たちに出会える
刈払機を持つと全て雑草に見えてしまうが・・・?
c0108460_20194539.jpg
c0108460_20155929.jpg
c0108460_20155884.jpg
 
⑨ スズメノヤリ
c0108460_20194344.jpg
⑩ オカトラノオ
孝子の森から2年前に持ち込んだ株が年々増えて10株以上になっている
これは おひさま畑だけに限定して育成し様子を観察したい
ササユリの道には「うみ森」独自のオカトラノオも自生している
c0108460_20175598.jpg
⑪ ヘビイチゴ 
c0108460_20204212.jpg
⑫キランソウ
c0108460_20194550.jpg
⑬タチツボスミレ
  年々咲いている場所の増加と花の数が増えている 植物好きには朗報である
c0108460_20194351.jpg
⑭シュンラン
  ふかふか小径のあちこちで シュンランが増えてきた
  大株にまで育っていないが 花が2~3輪咲いているのが あちこちで見られた
c0108460_20194124.jpg
⑮タンポポ
c0108460_20194486.jpg
⑯キヌガサダケ?
  しぼんだ姿は似ているが 茎が太いように思うが・・・?
c0108460_20175206.jpg
*インコ発見・・・うみ森の通路で餌をついばんでいた
  近くへ行くまで逃げない・・・飼われていたのが逃げ出したのでは・・・?
c0108460_20175398.jpg
*帰る途中で毎年みられるシロバナタンポポを見付けた
 今年は株が増えて10株ほどになっていた
c0108460_20194236.jpg
c0108460_20194241.jpg
*家に帰ってから少々昼寝をして 目覚めた時はおかしな現象が見られた
 満月と間違えられる太陽である
 じっと見ていても全くまぶしくない・・・スモッグのためと思うが おかしな気分である
c0108460_20211710.jpg
c0108460_20211759.jpg
c0108460_20211646.jpg

by umibenomori | 2014-04-10 20:46 | 植物観察会 | Trackback | Comments(0)