人気ブログランキング |

『うみべの森を育てる会』ホームページ

umimorihp.exblog.jp

<   2013年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

小雨降の中で作業続行・・・うみべの森を育てる会今年最後の定例活動日

平成25年12月26日(木) 雨

c0108460_17433759.jpg
うみべの森を育てる会定例活動日・・・せんなん里海公園内うみべの森
(9:10~12:40)
参加会員 12名[」浅井 飯島 甲斐 小島俊 酒井 柴田 杉本 立石 傳 中川 西台 春山 ]

c0108460_17433710.jpg
うみ森今年最後の定例活動日である
しかし朝から小雨が降り出した
活動を中止すべきか迷ったが うみべの森へ行ってから判断しようと
せんなん里海公園へ行き 花の広場へ行くと既に2人も来ている
しばらくすると続々集まって来た
雨だから中止しようかと相談したら やめようと言う者は一人もいない
小雨だからやるべきことはやろうよ!との結論になった
ありがたい やる気満々の会員たちである
c0108460_17454301.jpg

1. とんど用竹の結束と積み出し準備・・・[浅井 飯島 小島俊 酒井 立石 中川]
 結束せずバラ積みの竹が半分ほどある
 バラだと車に積み込んだり運ぶのに不便である
 これらを結束し9日に積み出しやすいように積み直した

c0108460_17433909.jpg
c0108460_17454682.jpg
c0108460_17454604.jpg
2. 薪のプラ箱へ積み直し・・・[甲斐 杉本 春山]
・・・薪もバラで積み上げてある 運搬と搬送の関係で箱に詰め運びやすくした
c0108460_17433859.jpg
3. 焼き芋関係の諸用具のチェック・・・[傳 西台]
・・・購入した25kgのサツマイモを公園の保管倉庫へ持ち込み
   これで約300個は確保できた
c0108460_17454530.jpg
4. 紙垂(しで)を15枚作り柴田さんが持参
・・・ぎっくり腰で1ケ月休んでいた柴田さんが どうにか歩けるようになったようである
   それでもわざわざ持って来てくれるとは恐縮である
c0108460_17433938.jpg
5. 焼き芋(半ドラ)用炭の調達・・・[立石]
*公園のバーベキューのお客が置いていった炭を 事務所がストックしていたのを20kgほど頂いた
*公園の竹炭のストック45㍑袋4袋を頂く
 これで炭は買う必要がなくなった
6. ミーティング(潮騒ビバレー会議室)・・・[全員]
・・・とんど関係の諸問題を全員で共有する必要がある
   これが出来ておれば8割は成功であると 酒井さん(とんど関係リーダー)の提案で開始
c0108460_17454461.jpg
① 酒井さんから資料配布され
作業の準備段階組立段階の諸問題の詳細な説明があった
一部反対意見もあったがリーダーに一任することになった
② 焼き芋関係の説明・・・甲斐リーダー
・・・焼き芋販売開始11時から逆算すると 当日は8時に半ドラに点火する必要がある
 200個を2回に分けて焼く予定
c0108460_17533478.jpg
公園事務所もお正月の装いに余念がない
孝子の竹林から伐採してきた孟宗竹で門松が作られ
玄関ロビーには 香の会の牛窓さんと樋口さんが正月飾りをしていた
c0108460_17454487.jpg
あふれ滝の竹樋も新調されていた
c0108460_17433618.jpg

 


by umibenomori | 2013-12-26 17:58 | 2013年活動状況 | Trackback | Comments(0)

「とんど」用のつる採集

平成25年12月15日(日)晴れ
c0108460_23113792.jpg
うみべの森を育てる会定例活動日・・・せんなん里海公園内
(9:00~16:20)・・・参加会員 12名
[浅井 飯塚 小島直 甲斐 河原 杉本 立石 中川 西台 原田 樋口 森]
c0108460_23113664.jpg

昨日に比べると寒さは少し和らいだ それでも 焚き火は欲しい
1.「とんど」用つる取り・・・[男性部]
せんなん里海公園内で中川さんが下見してくれていた
c0108460_23244134.jpg

田山川の岬寄り手前の椿林で割合太いのを たくさん採取できた
登り坂の直ぐ横でこれだけ つるが繁殖しているとは考えられないことである
五人で引っ張らないと抜けないのもあり重労働であった
c0108460_23113895.jpg
甲斐さん森さんなどは木登りまでしていた
c0108460_23113793.jpg
お蔭で午前中で予定の量は採集できた
1月までよい状態で保管したいため 全てのツルをアーチそばの小川に漬けた
c0108460_23113977.jpg
c0108460_23113512.jpg
2.プレゼント用サンタのラッピング・・・[女性部]
賛助会員やお世話になった方にプレゼントする
自作のサンタをラッピングし 手分けして配布するように手配
c0108460_23114066.jpg
3.焼き芋関連用具の準備・・・[女性部]
4.「ワカメを育てよう」イベントの受付手伝い・・・[女性部]
5.「とんど」用竹の整理・・・[全員]
  青竹 3mと 枯れ竹 2.5mに選別
  枯れ竹の長い分は全て2.5mに丸鋸で切断
c0108460_23114055.jpg
6.残ったヒノキ原木を斜め切り・・・[立石]
  傳さんにサンタ以外の絵を描いてもらう準備
7.ビオトープのホース2本のヘドロ洗浄・・・[立石]
  全員が帰った後でビオトープをチェックしたら
  ホース2本とも水が出ておらず 池の水位が大幅に下がっている
  ホースに水道水を接続し ダムの取水口のゴミを除去し
  約40分で2本とも水が出るようにした
c0108460_23125567.jpg
c0108460_23125558.jpg
c0108460_23125667.jpg
8.「ワカメを育てよう」(種付け)イベント・・・潮騒ビバレー休憩室
  閉会挨拶より参加
  岩井氏に うみ森が お手伝いできなかったことをお詫びした
  ・・・ミーティング[田中正視先生 鍋島先生]
c0108460_23125309.jpg
9.CAN 岩井氏より助成金を受け取り
   うみべの森を育てる会分 ¥72,400
「うみべの森の黄葉も終わりに近い
しかしコナラは葉が黄ばんでいるが なかなか散らないで頑張っている
c0108460_23125385.jpg
ハゼの真っ赤な葉が落ち葉に混じっている風情もいいものである
c0108460_23125430.jpg

女性部の原田さんは3~4時に起きてウオーキングするのが日課のようだが
今日は早朝から餅つきをして 餡いりの餅をたくさん持参してくれた
あまりにもおいしいので2個も食べている会員も何人かいたようだ
作業前のエネルギー補給のお蔭で つる採集に力が出せたのかも知れない」

c0108460_23113766.jpg

by umibenomori | 2013-12-15 23:36 | 新春里海まつり | Trackback | Comments(0)

孝子の竹林で竹伐り   by    (TATE-misaki)

平成25年12月12日(木) 晴れ
c0108460_15442113.jpg
晴れてはいるが 外気温は7度と非常に冷え込む
せんなん里海公園事務所から門松用の竹を伐らせてほしいと要望があった
中孝子の清水さんの許可を得て 孝子の竹林で切る予定である
火曜日が雨で今日に延期されていた
事務所の軽トラには2名しか乗れないので 和歌山市に用事のある かあーさんに孝子駅まで送ってもらった
孝子の竹林での待ち合わせの10分前 9時20分に到着したが すでに公園事務所の軽トラは来ていた
c0108460_15442165.jpg
孝子の森への進入路の入口に竹林はあるので 駅からは非常に近い
竹林の真ん中から奥が清水さんの竹林らしいので そちらでの伐採になる
c0108460_15442242.jpg
ここは ちょこちょこ竹を伐採して間伐されているので割合にいい竹がある
公園は門松用と 「あふれ滝」の樋用なので太い青竹がいる
c0108460_15441896.jpg
その先端の細い部分も3mに切り うみべの森を育てる会の「とんど」用に流用する
竹の枝も全て集めて束ね これも「とんど」に使う
伐採した竹は 余すところなく全て持ち帰ることになる
c0108460_15441879.jpg
公園のお手伝いだと言いながら実質は 公園に「うみべの森を育てる会」の作業を手伝ってもらったようなものである
おまけに 軽トラで公園まで運び「花の広場」に降ろしてもらうようにまで頼んだ
c0108460_15441736.jpg
今年準備した真竹は枯れ竹が半分以上あるので 例年のような音は期待できない
孟宗竹を少し加えることで音のカバーはしたい
c0108460_15441961.jpg
うみ森の竹20本以上と笹を満載して公園の軽トラは11時15分には帰って行った
帰りは南海電車で帰って来たが 昼前には帰宅できた
c0108460_15442006.jpg
c0108460_15441903.jpg

by umibenomori | 2013-12-12 15:51 | 新春里海まつり | Trackback | Comments(0)

第12回「丸太を切ってサンタを作ろう」  in うみべの森

平成25年12月7日(土) 晴れ
「ホッとな手作り教室 in せんなん里海公園
『丸太を切ってサンタを作ろう』 

c0108460_2101577.jpg
(8:30~15:00) ・・・参加会員 17名 
  [浅井 飯塚 小島直 川岡 河原 吉川 小島俊 酒井 杉本 立石 傳 中川 中出 原田 前田 三宅 森」
応募参加者 28家族 69名(内 子ども35名)
8:30 会員集合…イベント準備
「おにぎり広場」に材料&道具用具搬送
丸太やペンキ・ノコギリ台等重量物が多いので 軽トラで2回搬送した
c0108460_2115585.jpg
テーブルの上の落葉掃除やペンキ入れ卵パックを並べ うみ森会員製作の見本品やクラフトを展示
c0108460_21111744.jpg
c0108460_21112788.jpg
天候も上々で おにぎり広場は風も当たらず 寒くも感じない
カンナ掛けのメンバーは汗だくになっていた
昨年は寒くて震えている子もいたが 今年はジャンバーを脱ぎだす子がいるほどであった
 9:15 [ミーティング:花の広場]
      *サポートのポイントを細かく説明
      *丸太は来た順番に自分で選択してもらう
      *テーブル&ノコギリ台を5班に分け担当者を固定
      *班担当の発表・・・(カニ カブトムシ カエル カマキリ カタツムリ)
      *受付のポイント…1家族@200 丸太1本・・・丸太の追加は1本@200(好きな丸太を選んでもらう)
 9:30 受付…(飯塚 小島直 原田 傳)
     …ミーティング途中からお客さんが来た
c0108460_21144594.jpg
     (子どもだけに安全ピン付名札をお土産に贈呈)
      10時に遅れている家族もいたが定刻より少し遅れて始めることにした
10:05 イベント開始挨拶…立石副代表
      丸太の斜め切りの注意点…中川リーダー
       丸太切りの手本実演・・・酒井
c0108460_21122633.jpg
      ペイントの注意点…傳リーダー
      ストレッチ体操…指導 中川リーダー
c0108460_21132752.jpg
c0108460_21133721.jpg
10:25 丸太切り開始
     会員は丸太切りのサポート
     カンナ掛け(中川 酒井 中出担当)
     極力自分で切ってもらうように指導した
c0108460_21202860.jpg
c0108460_21192736.jpg
c0108460_21191787.jpg
c0108460_21190303.jpg
     そのために子守をしているサポーターもいた
c0108460_21175218.jpg
     切り終ったグループからペイント開始
     人数が多かったがテーブルには十分に座れた
c0108460_21381654.jpg
c0108460_21393792.jpg
c0108460_21400350.jpg
c0108460_21403949.jpg
c0108460_21404519.jpg

     ノコギリ台が不足して急遽ベンチ利用も製作した
     ノコギリも33cmの長いものを30丁準備したが中には切れが悪いのもあった
     今後は事前チェックの徹底が必要
c0108460_21425567.jpg
12:00 参加者は流れ解散・・・12:15 最後のお客さん
c0108460_21455614.jpg
12:25 昼食弁当…おにぎり広場…(昼食用弁当は会から支給)
c0108460_21465149.jpg
13:00 賛助会員&お世話頂いた方へのプレゼント用サンタ製作
     花の広場では 丸太の斜め切りを30個ほど追加作成
c0108460_21470073.jpg
     全員で流れ作業でやりだしたので効率は良い・・・約80個
c0108460_21475729.jpg
c0108460_21480483.jpg
14:40 片付け開始
c0108460_21483620.jpg
15:00 会員解散
「会員の集合は準備もあるので 9時にしていたが 8時30分くらいから続々集まりだし
例年は一輪車を何台も使って花の広場から坂道を押し上げて
おにぎり広場へ丸太やノコギリ台の重量物を運び上げていたが
今年は事務所の軽トラを借りたので運搬は楽であった
しかしミーティングの途中でお客様が集まり出し
試作品の陳列もテーブルの新聞紙貼りも終わっていない
例年のやり方を熟知しているメンバーが欠席なのが応えた
このイベントは集合時間を30分早める必要があるようだ
スタートはバタバタして少しトラぶったが 始まれば例年の通りに進行しだした
参加者もリピーターが割合に混じっていて 目的を持ち創意工夫も事前に考えてきている人もいた
部品の丸太の木っ端も大人気で たくさん準備したが 殆ど使い切ってしまったようである
c0108460_21522055.jpg
c0108460_21524368.jpg
それだけユニークなサンタさんがたくさんできた
スパンコールのキラキラグッズも大人や子供にも人気で サンタや名札に一杯貼り付けていた
c0108460_21593382.jpg
c0108460_21594433.jpg
c0108460_22001128.jpg
c0108460_22004742.jpg
c0108460_22010094.jpg
c0108460_22010945.jpg
c0108460_22011888.jpg
c0108460_22012689.jpg
帰りは自分の作品を大事に抱きかかえニコニコ顔で帰って行かれた
c0108460_22030921.jpg
初めて参加した人も満足して来年も来ると言ってくれた
サンタを自分の乗って来たベビーカーに乗せて うれしそうに押して帰る可愛い子もいた
c0108460_22030199.jpg
今日のトラブルは3家族を1グループなどと受付していたので
我々は1家族の予定のノコギリ台しか予定していなくて
合計19家族分の準備が急遽28家族分に変更したためで
来年は家族単位での受付に限定したい
受付の名前も間違いが多く漢字での受付を依頼する予定」
c0108460_22045258.jpg

 


by umibenomori | 2013-12-07 22:10 | 丸太を切ってサンタを作ろう | Trackback | Comments(0)

カブトムシ幼虫のチップ山をリニューアル  in  うみべの森

平成25年12月3日(火) 晴れ
c0108460_21404891.jpg

うみべの森を育てる会定例活動日・・・せんなん里海公園内うみべの森
(9:20~14:50)・・・参加会員
   [浅井 飯塚 小島直 小島俊 酒井 杉本 立石 傳 中川 原田 前田 松本]
c0108460_21412824.jpg

春うららと言いたいくらいの陽気である
たき火はいらないとは思うが 整理整頓をするには廃却木の焼却には便利だ
たき火をしながらミーティングを始めた
*ミーティング(花の広場)・・・本日の作業の詳細
c0108460_2142962.jpg

*サツマイモの包装&保管・・・[飯塚 小島直 傳 原田]
 前回の活動日に頂いたサツマイモを 潮騒ビバレーの2階で乾燥させていた
 それを新聞紙で包みダンボールに入れて 倉庫で保管する一連の作業
*カブちゃんベッドのチップの山の整備・・・[浅井 酒井 杉本 立石 中川]
 おにぎり広場に集積されていた落ち葉を 一輪車で2ヵ所のカブちゃんベッドへ運ぶ
 坂道を押し上げるので ややきつい作業だ 一輪車で15回くらいは運んだ
 第1カブちゃんベッドはチップ山が3山ある これを一つにまとめた
c0108460_21431092.jpg
c0108460_21435936.jpg

 各山のチップを移動する時に カブトムシ幼虫が次々に出て来る
c0108460_2144276.jpg

 第2カブちゃんベッドは 2山を一つにした 大きな山には枯葉を入れホダギを入れて
 出てきたカブトムシの幼虫約70匹も それぞれの山に収容した
 大きな山にしたので厚みが出来たので 寒い冬も幼虫は暖かく過ごすことが出来ると思う
 カブトムシ幼虫は 今日の暖かさでいずれもチップの山裾でたくさん見付けた
c0108460_21451246.jpg
c0108460_21452987.jpg

*薪作り・・・[松本]
  新春里海まつりでの半ドラでの焼き芋用に 薪がたくさんいる
  斧で丸太を割っての薪作りは松本さんの専売特許である
  うみ森内の各所を一輪車で歩いて折れた枝や廃木を集めては割っていく
c0108460_21455634.jpg

*イベント「丸太を切ってサンタを作ろう」の準備・・・[飯塚 小島直 傳 原田]
  多くの種類のある 丸太の木っ端を 容器を考え見やすい方法で並べていく
  おにぎり広場の部材の置く現場も確認
c0108460_2147677.jpg

*ミーティング・・・[全員]
  イベント「丸太を切ってサンタを作ろう」の作業手順や班分けや役割担当確認
  詳細な作業サポートのやり方の説明
  雨天の時は会場はビーチハウスに変更する
  いずれも朝の1時間は運搬用に軽トラは使用OK
c0108460_21473326.jpg
c0108460_21474795.jpg

*会場:おにぎり広場の現場確認・・・[男性部]
  丸太切りは班ごとにまとめる
  現場を確認してノコギリ台20台を すべて配置した
  ・・・荷物置き場も確定
c0108460_21483523.jpg
c0108460_21485822.jpg

*刈払機のチェック&整備・・・[中川]
c0108460_2149275.jpg

*根笹刈り・・・[浅井 小島俊 杉本]
  十本桜周辺の根笹が伸び出した  セイタカアワダチソウも相当混じっている
  これらを刈り取る作業を開始したが 2時間ほどで三分の一程度終了した
c0108460_21501875.jpg

*グリーンカーテンの枯れたツルの撤去・・・[飯塚 小島直 傳 原田 前田]
  下部の方は除去済みであったが上の方は残っていた
  これを脚立に乗って除去した  きれいになりすっきりとした
  我が社の女性部は男性部顔負けの危険な作業にも挑戦する
  脚立が動かないように男性部は下で押さえている
c0108460_21514638.jpg
c0108460_2152349.jpg
c0108460_21522345.jpg

*水洗い・・・[飯塚 小島直 傳 原田 前田]
  香の会から借りたテミや 汚れた刈払機使用時に使うゴーグルなど
*丸鋸用治具作り&おにぎり広場のベンチ補修&ヒノキ丸太の斜め切りなど・・・[立石] 
c0108460_21525440.jpg
c0108460_21531136.jpg

by umibenomori | 2013-12-03 21:58 | 2013年活動状況 | Trackback | Comments(0)

うみべの森へ資材を運ぶ  by   (TATE-misaki)

平成25年12月2日(月) 晴れ
c0108460_20252478.jpg
遅い朝食後 うみべの森へ行くことにした
昨日作った丸太の端切れたちが相当の量になる
明日の定例活動日に一度で運びきれないので事前運搬である
オープン二輪車ではあまり荷物は運べない
こんな時は車を運転できないことは悔やまれる
c0108460_20252656.jpg
うみべの森の物置の中は「丸太を切ってサンタを作ろう」の必要な用具が山のように準備されている
傳さんなども一人作業で必要なものを持ち込んでいるようである
運びだせばいいだけの準備万端ぶりである
うみべの森を育てる会の女性軍の作業振りは素晴らしいものである
その山の一角に私のガラクタを同じように積み上げた
c0108460_20255115.jpg
うみべの森をチェックしたが 今のところは一応順調である
ビオトープの第3池から第4池へ水漏れがしているようであるが 探したが水漏れ場所はわからない
外部へ流失していないので大目に見ることにした
c0108460_20252529.jpg

ササユリの周辺の根笹が刈り取られていた
休日出勤して森さんが作業してくれたようである
わが社は自発的に仕事をしてくれる社員が多くいて 素晴らしいと思う
c0108460_20252618.jpg
新緑のうみべの森もいいが 冬の枯葉のうみべの森もいい
しばらく景色を楽しみながら一服である
c0108460_20252543.jpg
c0108460_20252654.jpg
c0108460_20260200.jpg
午後は買い物ツアーをお願いして 快く車を出してもらった
*パン・・・「グラングルトン」:食パンは個々の極み食パンが一番うまい
c0108460_20231880.jpg
*コメリ阪南石田店・・・うみべの森を育てる会で最近電動丸鋸を使うがコードリールが1台しかないので不便であり追加で1台購入
花の広場からおにぎり広場までのつなぎにも必要だし・・・
c0108460_20231724.jpg
*イオン:「ジョーシン」
・・・SDメモリ 4GB×2:里山で私が欠席の時の写真班の代替え用 
   配線器具)(いちころ):うみ森の電動丸鋸の起動スイッチ
c0108460_21023153.jpg

by umibenomori | 2013-12-02 21:13 | 丸太を切ってサンタを作ろう | Trackback | Comments(0)

丸太のスライス自宅作業   by    (TATE-misaki)

平成25年12月1日(日) 晴れ
サンタの帽子用やボタン用 小さな斜め切りのサンタ用
沢山の部材を据置型丸鋸で切っていったが
最近丸鋸が調子が悪く刃焼けの黒い部分が多く
半分は使えないかも知れない
c0108460_18400307.jpg

オガクズが目に入ったり鼻に入ったりと悪戦苦闘で
2時間以上大好きな一服もせずに継続していた
今の参加者は非常にアイディアーマンが多く
どんな部品でもうまく使いこなしているので
これで何とかなるだろうとは思うが・・・
まずはこれで一段落である
c0108460_18403525.jpg

by umibenomori | 2013-12-01 20:28 | 丸太を切ってサンタを作ろう | Trackback | Comments(0)