人気ブログランキング |

『うみべの森を育てる会』ホームページ

umimorihp.exblog.jp

<   2013年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

テーブルもベンチも補修しました  in   うみべの森

平成25年6月27日(木) 曇り
c0108460_1875056.jpg

うみべの森を育てる会定例活動日
(9:10~14:40)・・・せんなん里海公園内うみべの森
参加者 (12名) [浅井 飯島 生熊 吉川 柴田 杉本 鈴木 
             立石 傳 中川 原田 春山] 
c0108460_1884132.jpg

昨日終日雨であったので天候の心配をしていたが
曇り空だが雨の心配はなさそうである
あふれ滝の水量は多いし 森や草も湿っている
草刈りをやめて設備の補修デーにした
参加者は割合に多いが故障者も多い
風邪ひき ぎっくり腰 脚の怪我 食欲不振 脊柱管狭窄症 肥満 等々健康体はいない
ミーティングでも「無理をせずゆっくりやろうや!」でしめくくって 作業に入った
c0108460_1893790.jpg

1.テーブルの補修継続(花の広場)・・・[杉本 立石 中川]
脚に横木を打ち付け 上板を2枚交換して ようやく完成
廃材利用のため脚の4本も材質は違う
11年目のため あちこち腐食していて補修と言っても大補修になった
使えたのは上板くらいであった
c0108460_18112869.jpg
c0108460_18114242.jpg
c0108460_181212.jpg
c0108460_18121965.jpg

2.ベンチの補修(おにぎり広場:6脚)・・・[浅井 柴田 鈴木 春山]
丸太輪切りの脚が殆どシロアリの餌食で 中には半分以上腐ってしまっている
シロアリ退治しながら脚を撤去し 上板だけ利用して新規に丸太輪切脚に付け替え
この太い丸太は流木なので少しは強いと思う
c0108460_18133863.jpg
c0108460_18162595.jpg
c0108460_1814910.jpg

3.「うみべの森で自然工作」の準備・・・[飯島 生熊 立石 原田]
①竹てっぽう用女竹採集&切断
女竹の太いのと細いのとを採集
2節くらいの長さに切断し皮むき&水洗いして乾燥
②径3cm位の竹を6cm長さに切断35個
c0108460_18165337.jpg
c0108460_18172594.jpg
c0108460_18174418.jpg

4.樹木の名前書き&焼き板製作・・・[吉川 傳]
同じ樹木でもいくつも名札を付けることになり
材料の焼き板も不足・・・一部他の焼き板を再利用
あるだけの焼き板にペンキで名前書き
c0108460_18183395.jpg

5.小川のカナダモ取り・・・[吉川]
・・・カナダモは完全に根付いている
表面の部分を取っても根が残っているのですぐに繁殖する⇒すごい繁殖力である
水面全体を覆ってしまうので生き物が育たない
当分は定期的に表面の葉を取る以外にない
c0108460_18192821.jpg

6.あふれ滝の樋掃除・・・[立石]
滝の水量は十分であるが樋はすぐに枯葉で詰まる
常に枯葉の除去作業をしないと小川への水は止まってしまう
c0108460_18202997.jpg

「故障者集団なので11時に大休憩を取った
お茶やお菓子が出るので肥満体にはよくないが・・・
しかし ダべリングでくつろいで活力の源泉になる
c0108460_1821093.jpg

午前中で4名があがったが 午後はベンチ補修に残った全員が掛かった
各々が違う材料なので加工も現物合わせになる
時には寸法が違う加工をしている場合もある
中川棟梁が試行錯誤しながら見栄えは良くなくても
どうにかがっちりとしたテーブルになった」
c0108460_18215088.jpg
c0108460_18223762.jpg
c0108460_18225496.jpg
c0108460_1823819.jpg

by umibenomori | 2013-06-27 21:54 | 2013年活動状況 | Trackback | Comments(0)

ビオトープの水漏れ補修(TATE-misaki一人作業)  in  うみべの森

平成25年6月23日(日) 曇り時々小雨
一昨日の大雨で うみべの森のビオトープが 
どうなっているか気になりチェックに出掛けた
あふれ滝の水量は増えており 樋は落ち葉で詰まって小川には水がな流れていない
樋の落ち葉を備え付けの長い竹で掃除し 水が流れるようにした
c0108460_2251815.jpg

うみべの森のビオトープには順調に水が流れ込んでいた・・・やれやれである
c0108460_2254523.jpg
c0108460_226698.jpg

しかし第2池の水位が低い・・・一周して詳しく調査開始
1カ所水漏れを発見・・・割合に大きな穴である
c0108460_2263714.jpg

早速水漏れ個所の前に土でダムを作り水を止めてから
c0108460_2271161.jpg

水漏れ箇所を掘り起し奥の方の穴まで土をバケツ3杯詰め込み
十分に踏み固めて補修した・・・これでしばらくは問題はないはずだ
c0108460_227373.jpg
c0108460_228228.jpg

グリーンカーテンのゴーヤや原種朝顔も順調に育っている
c0108460_2283834.jpg

準会員並のショウチャンも久しぶりに顔を見せてくれた
「生き物一斉調査」の時も来ていたらしいが
ビーチバレーの練習をしていて知らなかったらしい
これからは行事を連絡する方法を検討する必要がありそうだ
c0108460_229441.jpg
c0108460_2292456.jpg

by umibenomori | 2013-06-23 22:00 | 2013年活動状況 | Trackback | Comments(0)

ビオトープのカナダモと格闘  in  うみべの森

平成25年6月16日(日) 晴れ
c0108460_17554163.jpg

(9:20~14:30)・・・せんなん里海公園内うみべの森
うみべの森を育てる会定例活動日
参加会員 10名 
[浅井 飯島 飯塚 生熊 柴田 杉本 立石 中川 中出 原田]
c0108460_17561725.jpg

昨日は雨 今日の天気を心配していたが 快晴の真夏日になってしまった
せんなん里海公園はトライアスロンの競技中のため
車も入りにくいが会員は集まって来た
何時もより少し少ない10名であるが・・・作業項目を1項目減らして作業開始した
c0108460_17575076.jpg
 
*沖縄カラスウリの苗2株植付・・・[原田]
  ゴーヤと同じ花壇に植え付けた
 ・・・ピンポン玉くらいの西瓜模様の実がなる
 その実から種を採取し撒いておいたのが芽生えてきたので持参・・・立石農園製
c0108460_17585389.jpg
 
*花の広場のテーブル補修継続[中川 杉本]
  廃材やその他の材料のつなぎ合わせで何かと工夫がいる
c0108460_17565634.jpg

  道具も完全に揃っていないので溝切りには苦労しているようだ
c0108460_1803410.jpg

  午後からは女性部の監督と手伝いが入ったので 
  やりにくいのやらやりやすいのやら・・・?
c0108460_181795.jpg

*草刈り・・・刈払機 4台駆動
  ビオトープ周辺・・・[立石 中出]
   カナダモ取りに邪魔になる池の縁の草刈りを先行
c0108460_1814792.jpg

  おにぎり広場周辺・・・[浅井]
c0108460_1824337.jpg

  ササユリの道周辺・・・[柴田]
   ダム周辺の育ちの悪いササユリの幼苗を移植する場所の草刈り
   小川に降りて下からも刈っていた
c0108460_1831983.jpg

*カナダモ取り・・・[飯島 飯塚 生熊 原田]
  数年前に誰かが金魚のカナダモを ビオトープに放り込んだ
  これが環境に完全にマッチして 増殖に次ぐ増殖で池全面を覆ってしまった
  平家ホタルの出る間は触れなかったが
  今日は思い切って全面駆除作戦を開始した
  池に足場板を渡したりして応援もしていた
  掻き取ったカナダモはバケツで何十回も池の奥の捨て場まで運んだ
c0108460_1841610.jpg
c0108460_1843745.jpg
c0108460_1853143.jpg

*ビオトープ第2ホースの水が痩せてしまった
  ホースの洗浄開始・・・[立石]
*ダムのゴミ整備&ホース流入口の掃除・・・[立石]
  ダムに恐ろしいほどゴミが集積しており ダムの高さが側壁と同じになっている
c0108460_1863358.jpg

  あふれた水は川の外側を流れていたようだ
  全てのゴミを取り除くのは重労働過ぎるので
  両側のゴミを取り除き水の道を作ってやった
  ・・・これでダムの水位は少しは減ると思う
c0108460_1865940.jpg

*アライグマの罠チェック・・・変化なし・・・[立石]
「とにかく暑い 刈払機を使っていても汗だくである
カナダモ取りも重労働であり 今日は全員が汗だくになった
c0108460_1872680.jpg

定例活動は午前中で終了し 午後はフリータイムとした
それでもやりかけの作業を継続したり手伝ったりして
最終的には定刻終了となった
c0108460_18101088.jpg

真夏日には無理は出来ないが
作業する場所が割合に木陰であったのが大助かりである
作業の進行状況も気になるが
お互いの体調も気になる季節になってきたようだ」
c0108460_18103457.jpg

by umibenomori | 2013-06-16 22:12 | 2013年活動状況 | Trackback | Comments(0)

ふかふか小径は巨木の林か?  in  うみべの森

平成25年6月13日(木) 晴れ
c0108460_2375312.jpg

*ササユリ観察
  最後まで残った4輪の蕾は 2輪が病気で開花しない
  残った最後の2輪が今日は咲いていた
  これで74株 112輪全て開花したことになる
  しかし この暑さで殆ど花は萎れて落下
  花は今日咲いた分を含めて見られるのは5輪くらいである
  それでもササユリを見に来るお客さんは2組7名もあった
c0108460_2249266.jpg
c0108460_22495362.jpg
c0108460_22501169.jpg

平成25年6月度 うみべの森を育てる会「植物観察」
(9:30~12:20)・・・せんなん里海公園内うみべの森
参加者 13名 [上久保先生 畑中先生夫妻 飯島 飯塚 生熊 
           吉川 柴田 立石 傳 中川 西台 原田]
c0108460_22532777.jpg
  
雨なし梅雨である 台風接近で雨だけ期待したが これも逸れてしまった
うみべの森の植物たちも水不足で あまり元気がない
元気者の笹でさえ葉を閉じている
公園の斜面の雑草たちは枯れてきた・・・草が枯れるくらいの雨不足が続く
今日も真夏日であるが 会員は元気に集まって来た
どうやら植物観察は女性部の方が熱心なようである
吉川リーダーの方針に従い今日はふかふか小径を中心に
樹木観察を主体にした植物観察なった
c0108460_22551970.jpg

うみ森アーチ周辺⇒ビオトープ周辺⇒
c0108460_2256758.jpg
c0108460_22563851.jpg
c0108460_22573966.jpg

おにぎり広場周辺⇒川岸周辺⇒
c0108460_230224.jpg
c0108460_2305080.jpg

ふかふか小径周辺と2時間かけてゆったりと進行した
c0108460_2322347.jpg
c0108460_2333390.jpg
c0108460_2335172.jpg

普段作業をしている時には 全く気付かなかったようなものが見えて来る
ふかふか小径周辺には案外巨木が多い
c0108460_2351194.jpg
c0108460_2353332.jpg

①サンゴジュ ②キツネノボタン ③ヒエガエリ
④ジュズスゲ ⑤クサイ 
⑥ハマウド
c0108460_23155911.jpg
 
⑦ホウノキ
c0108460_22412085.jpg

⑧ニワゼキショウの種(茎も40㎝近くあり大きい)
⑨ムクノキ(葉はヤスリとして使った)(巨木に育ってほしいものである)
c0108460_2316482.jpg

⑩クチナシ(うみ森で唯一か?) ⑪シャシャンボ
⑫ヤマモモ ⑬アカメガシワ ⑭ハゼノキ(巨木)
⑮カスミザクラ(巨木) ⑯カクレミノ(巨木)
⑰巨木のコナラとクヌギの見分け方
[ハゼノキの根が坂を登りヤマモモの根をオーバハングして地中に潜る
ヤマモモの根がハゼノキの根を再度オーバーハングしている
根同士のせめぎ合いはすごいものである]
c0108460_23132218.jpg

上久保先生から教えて頂いたのはもっとたくさんある
女性部は熱心に聞いていたが
男性部は何かと作業につながったことに気が散る
小枝の剪定やダンチクの新芽刈りや
ビオトープ流入口のダムの状況や
(お蔭でダム監視員のシマヘビにも出会ったが・・・)
c0108460_231481.jpg

新緑の樹木の写真やカタツムリの写真や
ササユリの写真やと別枠活動がお好きなようである
それでも何とか纏まるのは うみ森のチームワークぶりである
c0108460_23182876.jpg
c0108460_23203313.jpg
c0108460_232050100.jpg

by umibenomori | 2013-06-13 22:13 | 植物観察会 | Trackback | Comments(0)

ササユリの大家族を観賞にたくさん来訪者がありました in うみべの森

平成25年6月11日(火) 曇り・一時晴れ
c0108460_18463554.jpg

(9:00~12:30)・・・せんなん里海公園内うみべの森
会員参加者 [立石 傳] (2名)
c0108460_18473990.jpg

朝方は雨が降っていた しかし畑は濡れていないので
わずかの冷やかし雨のようである・・・お蔭で少しは涼しくなったようには思うが・・・
毎年 淡輪長生会が6月の第2火曜日に うみべの森へササユリを見に来訪する
今年も来訪するとの情報を得たので うみべの森へ出迎えのため出かけた
c0108460_18483953.jpg

花の広場の門扉を開け ササユリのアルバムを展示して迎える準備は出来た
うみべの森のササユリは 昨日のNHK「テラス関西」のマイビデオで
紹介されたばかりなので 朝から「テレビを見た 大家族はどれ?」と
何組も来訪者があった
その意味では花の広場を開けておいたのは正解であった
c0108460_1850275.jpg

*ササユリ開花調査
本日開花なし 蕾4輪⇒うち1輪萎れて落下
今日までの開花総計 73株 110輪
萎れてしまった花 合計49株 73輪
現在開花中 37輪
大家族 29輪中 現在開花中は15輪である
c0108460_18592832.jpg

開花後平均1週間は咲いているが 早いものは4日で散る場合もある
これは天候に左右されるようだ
晴天が多いと短いし曇天だと1~2日長くなる
c0108460_1905871.jpg

c0108460_1851757.jpg

*来訪者
  淡輪長生会 39名
  ・・・甲斐さんに案内されて 淡輪福祉会館から歩いて来られた
   毎年のことであるが6月第2火曜日だとササユリの最盛期が過ぎ去っているので
   第1週に変更できないものかと会長さんにお願いしてみたが・・・
   やはり一番きれいな時のササユリを見てやって欲しいと思う
c0108460_18531862.jpg
c0108460_1853391.jpg
c0108460_1854258.jpg
c0108460_18542068.jpg
c0108460_18543763.jpg
c0108460_18545699.jpg

  その他 9組 19名
   NHKのテレビを見て来られた人が4組あった
c0108460_18554425.jpg
c0108460_18561252.jpg

   一度来て咲いた状況を見たいと再訪された人も3組ほどあった・・・少し遅かった
c0108460_18571268.jpg

   堺や岸和田からも来てくれていた
   鼻のいい人は入って来るなり 「いい匂い!!」と喜んでくれる
   山野草に興味のある方には オカトラノオも見ていただいた
c0108460_190281.jpg
c0108460_1903064.jpg

c0108460_1856434.jpg

*傳(9:30~11:30)
  「大阪湾生き物一斉調査」の使用器具の片付け
  来訪者応対
c0108460_18574693.jpg

*立石(9:00~12:30)
  ササユリ調査
  ビオトープ第1池排水路の補修
  アライグマ罠チェック・・・異常なし
  来訪者応対&案内
c0108460_18581487.jpg
c0108460_18583219.jpg
  
by umibenomori | 2013-06-11 22:18 | ササユリ | Trackback | Comments(0)

ササユリの大家族29輪 全て開花しました  in  うみべの森

平成25年6月10日(月) 曇り
今日のうみべの森でのササユリ開花は2輪だけであった
トータル110輪咲いたことになるが散ってしまったのも多いので
現在開花中は55輪前後だと思う
大家族の29輪の最後の1輪が今日咲いたので全部咲き揃った
一番早いのは6日前に咲いたので中には萎れかかっているのもある
「109号 2輪咲きB 大家族」
c0108460_17322779.jpg

c0108460_1731870.jpg

「110号 2輪咲きA ササユリの道中山」
c0108460_17303746.jpg
 
残った蕾は あと4輪だけである
最後に咲き終わるのは2日後の12日だと思う
c0108460_17364426.jpg
c0108460_1737113.jpg

by umibenomori | 2013-06-10 22:21 | ササユリ | Trackback | Comments(0)

平成25年6月度「うみべの森を育てる会」運営委員会

平成25年6月10日(月)① 曇り
c0108460_1657251.jpg

(9:30~12:00)・・・せんなん里海公園潮騒ビバレー会議室
参加会員 [吉川 柴田 立石 傳 中川 西台 樋口] (7名)
c0108460_16572820.jpg

6~7月活動予定の検討
6月11日(火)…「淡輪長生会」ささゆり見学(10:00~10:30)・・・立石対応
6月13日(木)…うみ森の植物観察(10:00~12:00)
   うみ森内観察 & 樹木名再チェック
6月16日(日)…定例活動日(9:30~15:00)
  *ダム・展望台のササユリ幼苗を移植
  *ビオトープ中心に周辺の草刈り
  *ビオトープのカナダモ取り
  *花の広場テーブル補修継続
  *コナラ・クヌギの自生苗の育成する分に支柱
c0108460_1658377.jpg

6月27日(木)…定例活動日(9:30~15:00)
  *16日の継続作業
  *おにぎり広場のベンチ補修 
7月2日(火)…定例活動日(9:30~15:00)
  *EM活性液の投入
  *自然工作の試作品作り・・・河田氏指導交渉
  *おにぎり広場のテーブル修理
7月8日(月)…運営委員会(9:30~12:00)
7月11日(木)…うみ森の植物観察(10:00~12:00)
7月21日(日)…定例活動日(9:30~15:00)
  *イベントの準備
c0108460_16584297.jpg

7月27日(土)「うみべの森で自然工作」(10:00~12:00)
         (ふくろう笛 竹てっぽう)…雨天決行
  *公報は全て完了済み・・・保険も手配する
  *ふくろう笛の試作品は鳴らない
  *河田さんに交渉して会員試作品実習日を企画
  *竹てっぽうはプラ棒を使った試作品も実施
  *道具はドリルは会員の個人用も持ち寄る
  *竹挽きノコ 在庫10本・・・面取りはペーパーで
  *会員には弁当を準備する予定
c0108460_16594398.jpg

8月6日(火)定例活動日・8日(木)植物観察・12日(月)運営委員会
  18日(日)定例活動日・22日(木)定例活動日は夏期休暇
9月8日(日) イベント「カニカニウォッチング」
9月14日(土) 「ウミホタル観察会」シュミイレイション
9月21日(土) イベント「ウミホタル観察会」
  *イベント内容の再検討⇒会員の負担が大きすぎる
  *重要でない項目は思い切ってカット方向で検討
c0108460_170157.jpg

その他事項の検討
*樹木の名札追加作成・・・同じ種類でも各所に取付
*今後の植樹はクヌギ中心とする・・・うみ森内の自生苗を育成して使う
*貰ったマユミの苗木4本は一カ所に集める・・・現在のマユミ3本の上の段に植樹する
*浜寺公園より竹炭が入荷⇒ネットに入れてビオトープや川へ投入する⇒ネット購入
  竹炭アートも研究する
*ササユリの今年の状況説明
  今後は減少傾向⇒発育不良の幼苗の移植も検討
  大阪府立大学に研究を依頼しては・・・
*アライグマの罠に猫が掛かっていた
c0108460_1711912.jpg
c0108460_1733589.jpg

*大阪府立大学からカニ調査への協力要請が来た
  7月22・23日 8月7・8・21・22日 9月5・6日
  以上8回・・・夜の活動なので参加会員は少ないと思う
  移動個体調査なので歩くことが主体となる
  カニへの個体識別マーキング作業はお断りした
*「せんなん里海さくらフェス」の概要説明
  共催:里海くらぶ連絡協議会・大阪海さくら
  9月8日(日)(10:00~19:00)
  冬「里海まつり」:夏「せんなん里海さくらフェス」
  毎年の行事を目指す
  ・・・うみべの森を育てる会は「カニカニウォッチング」
    その他各団体で催し内容検討
   第2部 プロのミュージシャンを呼んで有料コンサート
c0108460_1741595.jpg

*「ウミホタル観察会」打合せ[奥野・西台・立石](12:10~12:30)
  イベント内容は縮小しない
  うみ森の担当範囲をウミホタルを見てもらう場面に限定して作業範囲を縮小する
  その他の作業は公園協会関係者が前面に出て実施
c0108460_1744211.jpg

by umibenomori | 2013-06-10 21:23 | 運営委員会 | Trackback | Comments(0)

ささゆりに惹かれて うみべの森へ

平成25年6月9日(日) 曇り・雨
18日ぶりのボランティア休暇である
さすがに17日間連続ボランティアは疲れる
朝7時起きが続いたことになる・・・朝方熟睡タイプには応える
その意味では今朝は10時まで熟睡出来て元気回復
朝食後は習性で自然とうみべの森へ足が向く
ささゆりの蕾がまだ9輪残っているのが気になる

うみべの森(11:50~14:10)
c0108460_22442787.jpg

*ささゆり開花調査
  昨日と今日の2日間で11輪開花した
  しかし枯れてしまったのは20輪もあった
  現在開花中は88輪である
[98号~100号 4輪咲きBCD 大家族] 
c0108460_2222563.jpg

[101号 2輪咲きA 大家族]
c0108460_22255550.jpg

[102号 2輪咲きB 大家族] 
c0108460_2227346.jpg

[103号 4輪咲きD 大家族]
c0108460_2230772.jpg
c0108460_22304635.jpg

[104号 1輪咲き 大家族]
c0108460_223378.jpg

[105号 3輪咲きB ササユリの道中]
c0108460_22344615.jpg
c0108460_22354685.jpg

[106号 1輪咲き 2群落]
c0108460_2236497.jpg
c0108460_2237210.jpg

[107号 3輪咲きC ササユリの道中]
c0108460_22384387.jpg
c0108460_2239285.jpg

[108号 1輪咲き ササユリの道中]
c0108460_22414743.jpg

まだつぼみが6輪残っているので しばらく通う必要がありそうだ
*ささゆり観賞来訪者案内
  わずか2時間の間に7組18人もやって来た
  「海岸ばかり散歩していて 忘れていた
   ことしもササユリを見られた ありがとう!」
  と帰って行かれた老夫婦もおられた
c0108460_2321342.jpg

c0108460_2320492.jpg
c0108460_23202598.jpg
c0108460_23214132.jpg

*クラフト完成
  傳さんが木製の化粧箱に桜の小枝で「WELCOM うみべの森へ」と書いていた
  これをヒートンで接続し クリアーラッカーを吹き付け
  花の広場の集会所の柱に吊るしてみた・・・なかなか感じがいい
c0108460_23221330.jpg

*ハーブタベストリー香の会の牛窓代表が潮騒ビバレー玄関ロビーに
  セダムの寄せ植えを展示していた
c0108460_23252449.jpg

  玄関前のセダムの花壇も大幅にアレンジし直ししている
  手際のよい作業振りに おしゃべりしながら見学していた
c0108460_23263117.jpg

by umibenomori | 2013-06-09 22:26 | ササユリ | Trackback | Comments(0)

第6回「大阪湾生き物一斉調査」  in  せんなん里海公園人工磯浜

平成25年6月8日(土) 晴れ
第6回「大阪湾生き物一斉調査」 
c0108460_1485928.jpg

(8:50~17:10)・・・せんなん里海公園人工磯浜 他
参加会員 7名[上久保 柴田 立石 中川 中出 西台 森]
一般募集参加者 約45名
スタッフ    約40名
(うみべの森を育てる会 7名)(CAN 7名)(ハーブタベストリー香りの会 6名)
(大阪府立大学 6名)(海藻おしばくらぶ 3名)(自然と本の会 2名)
(釣り文化協会 1名)(公園協会 1名)(水産技術センター 1名)(大阪府 6名)
c0108460_1504980.jpg
 
9:30 スタッフ集合…せんなん里海公園潮騒ビバレー前
      一般参加者受付
c0108460_1571173.jpg

10:09 挨拶…河原事務局長 
        参加者を6班に班分け…担当スタッフが班長となる
        読売TVとJ・COMのビデオ撮影がある
        (読売テレビ「ほんわかテレビ」の放映は6/30 pm10:30) 
        (Jcomは「Hometownウイークリー」6/17~23 8:30.12:00.15:30です)
c0108460_1575036.jpg

     挨拶…鍋島氏(大阪府水産技術センター)
      生き物の調査の注意点&特に触っては危険な生き物の説明
      …石ガニ 海毛虫 ゴンズイ アイゴ アカクラゲ など等
       地引網には素手で突っ込まないこと…手袋・ピンセット使用
c0108460_1583171.jpg
c0108460_159810.jpg

     挨拶…岩井氏(CAN)
       アマモのお話・・・見本を見せながら説明
c0108460_1593898.jpg

10:22 人工磯浜砂浜海岸へ班ごとに移動
c0108460_201120.jpg

10:30 砂浜海岸(調査場所)へ到着
c0108460_21889.jpg

      岩井氏(CAN)の注意説明と号令で「生き物調査開始」
       最初は浅瀬で探していたが徐々に深みへ行きだし
c0108460_214912.jpg
c0108460_223737.jpg

       子どもたちはシャツやパンツまで濡れてしまった
       それでも親子とも嬉しそうである
c0108460_23195.jpg
c0108460_241589.jpg

10:46 CANのスタッフが第1回ミニ地引網の準備開始
c0108460_26208.jpg

10:54 地引網引き開始
     …「子どもたちは海の中に入ってまで引いていた
c0108460_271646.jpg

       わずかの時間で引けるのがミニ地引網の特徴
       捕獲網部分が陸地に近付くと重くなる
       大人も子供も懸命に引き上げていた
c0108460_2173341.jpg

  10:57 捕獲網部分が陸地に上がると全員が我れ勝ちにと集まる
c0108460_2195352.jpg

       引き上げたのはたくさんのアオサの塊であるが
       この中にたくさんの小さな生き物がいる宝の山である
c0108460_2203821.jpg

       注意事項など忘れて素手でアオサをかき回す子もいた
       5mm位の小さなエビでも逃がさない
       捕まえたら掌に乗せてしばらく観察している
c0108460_2214957.jpg
c0108460_222527.jpg

       早kぅ水の中に入れてやらないと死んでしまうのにと・・・
       わからない生き物は鍋島氏に見せて教えてもらっている
c0108460_2225492.jpg

  11:23 CANが第2回ミニ地引網の準備開始
c0108460_2232533.jpg

  11:29 地引網引き開始
       やはり子どもたちが主力であり  大人も必死で引いている
c0108460_2251074.jpg

  11:34 引き上げたらアオサと格闘が始まる
c0108460_2265546.jpg

       アオサを丁寧にかき分けながら探し回る
c0108460_226135.jpg

       女の子がアメフラシを素手で持っていて
       気持ち悪いと言いながら顔はうれしそうであった
c0108460_2272976.jpg
c0108460_228544.jpg

       ツメタカイの卵(砂茶碗)をゴミだと思って
       捨てようとしていた子供を止めたこともある
c0108460_2284072.jpg

11:45 生き物の同定と説明…鍋島氏
     …同定用の生物採集以外は海に返した
       ワカメ アナアオサ アカモク シロモク フクロノリ
       ハスノハカシパン イトマキヒトデ サンショウウニ
       フレディートゲアメフラシ クチバガイ
       アサヒアナハゼ メジナの稚魚 スズキの稚魚
       ダイナンギンポ チチブ メバルの稚魚
c0108460_2353286.jpg
 
       アカニシ イボニシ スガイ キハダヒザラガイ 
       ワレカラ スジエビモドキ ドロメ 等々
c0108460_233146.jpg

       子どもたちも熱心に聞いていた
c0108460_2344534.jpg
c0108460_229181.jpg
c0108460_230973.jpg

12:29 イベント終了 挨拶…河原
     …アンケート回収とプレゼント交換
12:30 参加者現地解散⇒スタッフ片付け
c0108460_230446.jpg

12:40 昼食(うみべの森を育てる会は花の広場で昼食)
13:10 ミーティング(香の会:延木副代表)
       「せんなん里海さくらフェス」への参加の仕方への助言
13:20 せんなん里海公園HP用潮騒ビバレー建物の写真撮影
13:40 「せんなん里海さくらフェス」打合せ会議・・・潮騒ビバレー会議室
      参加者「うみべの森を育てる会:西台・中川・立石・森」「CAN:岩井」
           「自然と本の会:井沢・高木」「海藻おしばくらぶ:河原」
      *イベント概要説明
      *会場の運営の仕方&作業に必要な人数
      *閣団体の催し物内容検討
c0108460_3125.jpg

15:00 「大阪府立大学のカニ調査」打合せ
      (府立大:岡野)(うみ森:河原・立石)
      *7~9月 8回夜の調査への支援
      *陸ガニへの個体認識マークつけ作業
        ・・・困難な作業であり カニがかわいそうだから本音はやりたくない
          消極敵な支援になりそうである
c0108460_312988.jpg

15:40 ささゆり調査[立石]・・・うみべの森
      *アライグマの罠2台にはまだかからない
        餌がカラスに食べられてしまっていたので
        センベイと入れ替えた
c0108460_332219.jpg
      
14:50 本日捕獲の生き物の同定と記録撮影
…潮騒ビバレー2階会議室
     同定者…鍋島氏  写真撮影…柴田氏
     記録係…府大生  雑用立会人…河原・府大生
16:00 同定終了
c0108460_2313213.jpg
c0108460_2314931.jpg

by umibenomori | 2013-06-08 22:29 | 大阪湾生き物一斉調査 | Trackback | Comments(0)

ササユリ大家族は22輪咲いています  in  うみべの森

平成25年6月7(金) 晴れ
c0108460_16333844.jpg

c0108460_16325482.jpg
 
「ささゆりまつり第14日目」 in せんなん里海公園内うみべの森
参加会員 3名[立石 傳 西台]
今日は7輪咲いた・・・枯れたのは9輪
合計現在開花中は79輪である
大家族のササユリ群は14株で29輪であるが 現在22輪咲いている
明日にでも全部開花すると思われます
c0108460_16354113.jpg

[91号~93号 4輪咲きABC 大家族]
c0108460_1639771.jpg
c0108460_16401077.jpg

[94号 1輪咲き ビオトープ階段]
c0108460_16425432.jpg

[95号 1輪咲き あおのベンチ展望台]
c0108460_16464347.jpg
c0108460_17363977.jpg

[96号 2輪咲きB ササユリの道中]
c0108460_1650264.jpg

[97号 3輪咲きA ササユリの道中]
c0108460_16512549.jpg
c0108460_1652844.jpg

来訪者 10組 15名
来訪者は数が少なかったが熱心な人が多かった
上久保先生の知人の岸和田から来られた人は2回目であり
我々が行く前の9時頃より 花の広場の開くのを待っていてくれた
うみ森全体を歩き回って写真を写されていた
c0108460_16582734.jpg
c0108460_16585816.jpg

大阪の公園ボランティアの方はササユリにも感動していたが
うみべの森の里山の雰囲気が大いに気に入り
全体を2回も散策し あおのベンチ展望台で
思い切りおいしい空気を吸ってきたとのこと
c0108460_17371345.jpg

静かで そばを電車が走っているとは思えない里山の雰囲気があり
最高のリフレッシュが出来たと大喜びしてくれた
花の広場のテーブルで弁当の持っていない我々におにぎりやパンを頂き
4人でおしゃべり満点の昼食までした
竹風鈴の音を聞きながらの昼食は贅沢だと大満足の様子
c0108460_1795483.jpg
c0108460_17101241.jpg
c0108460_17142995.jpg

大福山のボランティアの方は こんな近くでササユリが見られるとは驚き
ササユリの管理の仕方などを話し合い ササユリのアルバムを丁寧にみておられた
c0108460_1712753.jpg

by umibenomori | 2013-06-07 23:23 | ササユリ | Trackback | Comments(0)