人気ブログランキング |

『うみべの森を育てる会』ホームページ

umimorihp.exblog.jp

<   2012年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

「2013新春里海まつり」第4回打合せ会

平成24年12月22日(土)② 曇り
c0108460_2248128.jpg

(19:00~20:50) …せんなん里海公園潮騒ビバレー会議室
各団体代表 11名 公園事務所 4名
うみべの森を育てる会(西台 立石)
奧野(公園事務所)事務局で進行
1.プログラムについて
 ①御陣乗太鼓…1人で砂浜で頑張る   
   よさこいソーラン(阪南ソーリャ)…参加不参加は27日に判明
 ②模擬店…10:30販売開始
 ③展示場…フォトコンテストの写真を展示
 ④雨天の時は 雨天用プログラムで進行
c0108460_22483729.jpg

2.配置図について
 ①受付→案内所に変更
 ②ストーブ7台の設置場所&電源の再確認
 ③東ピロティー側にも案内所設置
 ④雨天の場合は配置は大幅に変更→前日に連絡
3.宝探しについて
 ①周囲を2重柵にすることを検討
 ②京浜は後日委員長と打合せ
c0108460_22494482.jpg

4.ビンゴゲームについて
 ①景品費用は岬ライオンズクラブ協賛金5万円を充当
 ②東北の特産品を主体に選定…120個以上
5.里海鍋について
 ①一般先着500名 スタッフ用400 前日分100…合計1000食分準備
 ②整理券は9;30より開会式会場横で配布…担当者は至急決める
 ③里海鍋配布 一般11:00~ スタッフ11:30
 ④スタッフ用は各団体毎に事務所で整理券を渡す
 ⑤10日にガス関係の工事・配置等が必要
 ⑥同じ大鍋4個は来年度以降に検討
c0108460_22503162.jpg

6,役割分担
 ①案内所スタッフ 1名増加(阪南市子ども会) 
   …11日 14:00より配布プログラム・粗品等をセットする
 ②音響・電気班…演技各団体の音楽担当者と事前打合せする
7.その他
 ①前日準備集合 9:00  当日集合 8:00 
 ②予算関係…現在は予算内で進行中…13万弱の予算算あり
 ③非常食配布開始…12:00
 ④東ピロティー倉庫…岬高校軽音楽部専用場所
 ⑤テント借用は委員長と事務局で対応する 
c0108460_22505222.jpg

by umibenomori | 2012-12-22 23:38 | 新春里海まつり | Trackback | Comments(0)

わら松明つくり 他  in うみべの森

平成24年12月21日(金) 晴れ・曇り
c0108460_18211675.jpg

(9:10~12:30) …せんなん里海公園内うみべの森
明日 土曜日が定例活動日であるが天気予報は雨である
雨の影響のない今日に とんどの準備でどうしても必要なことを
中川さんと二人で対応することにした
途中から西台さんも来てくれた
香の会は今日は定例活動日であり花の広場内の清掃を始めた
西台さんも参加してくれている
c0108460_1821598.jpg

今日の活動内容
1.ワラの松明つくり…(中川)
   とんどの点火用に2個必要 しめ縄作りの残ったワラで製作
c0108460_1822242.jpg
c0108460_18224918.jpg
c0108460_18231689.jpg

2.焼き芋用網カゴチェック…(中川)
   さびてはいるが6個は使える
   運搬用網カゴも使える
c0108460_18234153.jpg

3.切断切れ端の竹の結束…(立石)
   3mの竹を2.5mに200本切った
   50cm前後が200個ある
4.石膏ボードをコンパネに貼りつけ…(立石)
   今年のとんどで片付ける時に落として 石膏ボードが2つに折れていた
   これをコンパネに貼り付けてネジ止め
   一人で持てない重さになったが 少々乱暴に扱っても石膏ボードは大丈夫
5.ワラの保管場所の移動…(中川)
   地面に直においているような状態なので ワラが湿ってきていた
   苗木台の上に移管して乾燥させる
c0108460_18252796.jpg

6.花の広場内の清掃…(西台)
7.火掻棒の点検…(立石 中川)
   何本か使えるのもあるが手直しが必要
   1月10日の午後にでも全員で対応
   中川さんがバーベキューの網を利用した 火掻棒を考案するとのこと
8.花の広場内の総点検…(立石 中川)
   剪定枯れ枝を結束
   物置前のゴミ箱の分別&処理
   古クギなどを一箇所へ集める
9.不足必需品
   1cmの太いワラ縄が70mくらい不足か…?
   中川が追加購入予定
   焼き芋保管用の発砲スチロール箱の調達も必要
c0108460_18262218.jpg

10.ミーティング…(立石 中川 西台)
   昨日・今日で懸案の準備は出来た
   明日の定例活動日は雨の予報なので 定例活動日中止とする
   各自電話連絡網で連絡する
11.公園事務所に申請(小川氏)…(立石)
  ①1月10日 午前中 軽トラ専用利用したいとの依頼
  ②同じ日に公園内の孟宗竹伐採の許可も得る
「2日間の臨時活動でなんとか準備の目途はついた
残りは火掻き棒だけである…これも10日の日の作業で対応可能と判断
一人作業の時は作業効率は良かったが
多くの人が出てくると オシャベリが長引いて 作業効率は非常に悪い
香の会さんとも 仲良くしておく必要があるので やむを得ないと…
昨日 花の広場で少しお話をした箱の浦の人が
皇帝ヒマワリが繁殖して困るとの話だったので 欲しい!と云っていたら
今日 わざわざ持ってきてくれた…親切な人もいるものである
帰ってから直に皇帝ダリアの横に10本以上挿し木した
来年うまく芽が出て育てば 周りの人に挿し木をあげられる
作業中に近くまで遊びに来たジョウビタキが可愛かった
多分子どもだと思うが 遊んでいる姿を見ていると ほほえましい
c0108460_18265024.jpg

枝に止まって こちらを観察していた小鳥は 何鳥だろうか…?」
c0108460_18271354.jpg
   
by umibenomori | 2012-12-21 23:41 | 新春里海まつり | Trackback | Comments(0)

一人作業(竹切り) in うみべの森

平成24年12月20日(木) 晴れ
c0108460_17435795.jpg

(9:00~15:40) …せんなん里海公園内うみべの森
何種類かの天気予報を見ても土曜日は雨とのこと
土曜日は うみべの森を育てる会の今年最後の定例活動日である
とんどの準備の作業が幾つか予定しており 
雨で流れたらとんど組み立てが難しくなる
何人かの役員に電話をしたら明日なら出られるとの返事
明日出たら 直に作業が出来るように段取りをするために うみ森へ出掛けた
c0108460_17444617.jpg

①公園事務所に 「2013新春里海まつり」の焼き芋用に半ドラ 6台準備依頼
②あふれ滝の竹樋が先日伐採してきた新しい竹に替えてくれていた
  …公園事務所で毎年年末に新調してくれている
c0108460_17451499.jpg

③ビオトープの第1ホースの水の出方は少ない
   第2ホースは完全に止まっていた
c0108460_17454153.jpg

   水道水逆流方式でヘドロ洗浄しながら ダムの流入口を確認
   ゴミ除去用防御網が細かい藻とヘドロで完全に詰まっていた
   網の掃除をすることで 何とか水は流入しだした
c0108460_1746720.jpg
c0108460_1746346.jpg

④義兄が使っていた三菱355mmマルノコをうみべの森を育てる会に寄贈した
   工具店でキャブタイヤーケーブルを取り替えて修理した(修理代 2000円)
   これに竹切り用ノコ刃を取り付けたが 逆に取り付けてやり直し
   試しに竹を切ると ちゃんと機能する
c0108460_17465626.jpg

⑤とんど用3mの竹330本のうち 内側にセットする竹 約200本を2.5mに切る
   最初はマルノコで試し切りのつもりで取り掛かったが
   途中から やる気が出てきて 200本全部切ってしまった
c0108460_1747327.jpg

   3本づつ結束されているヒモをほどきながらの作業で少々手間であった
   切り終わったら3本づつ結束しなおして積み上げる
   結構時間がかかり昼食抜きで頑張って 何とか全てを終了した
c0108460_17481328.jpg

「天候には恵まれ 作業をしていても寒さを感じない
本当は電動マルノコのような危険な道具を使う時の一人作業はダメなんだが…
今日は気分が充実して昼食も忘れて頑張ってしまった
ここ2~3日の惰状な生活への反動かも知れない
竹を200本切ったことで とんどの大きな準備作業は終った
土曜日は雨で定例活動日が中止になっても問題はなくなった…ヤレヤレである」
c0108460_17483567.jpg

by umibenomori | 2012-12-20 23:44 | 新春里海まつり | Trackback | Comments(0)

「井関川竹林」から竹搬送&つる採集

平成24年12月16日(日) 晴れ
うみべの森を育てる会定例活動日
c0108460_1801759.jpg

(8:40~15:00) …「井関川竹林」&うみべの森
参加会員 [15名] [浅井 飯塚 生熊 小島 酒井 柴田 杉本 立石 
              中川 中出 西台 原田 春山 細井 森]
今日の作業
1.うみべの森(花の広場)(8:40~9:10)…[立石]
  …竹置場作り→竹の荷崩れしないように両横に鉄杭6本を打ち込み
c0108460_1822566.jpg

2.「井関川竹林」(8:50~12:20)…現地集合(参加者 14名)
  ①公園事務所 軽トラ(運転手:小川氏)現地へ案内
  ②3m×330本 細井さん寸法切り済み&
    竹の小枝の大束を5束結束済み
  ③火掻き用4m×5本 あふれ滝樋掃除用5m×2本
    1.5m前後の竹 約30本も積み込む 
  ④女性部中心に竹の結束作業
c0108460_184029.jpg

  ⑤10時00分までに結束した竹や竹の小枝束を
    竹林前へ運び出し完了
  ⑥軽トラへ積み込み&せんなん里海公園へ搬送(3回往復)
c0108460_1844364.jpg
c0108460_185662.jpg

  「細井さんが事前に竹切り作業をしてくれていたので
   今日は結束と運び出すだけで済んだ
   9時過ぎには女性部が中心になって運び出し作業を始めていた
c0108460_1863310.jpg
c0108460_1871644.jpg

   今日は公園で岬ファミリーマラソンがあるので公園内道路が遮断される
   動ける間にと軽トラも早く出発したので 9時30分には竹林に到着した
   100本少し積むと車のタイヤも変形してくるので結局3往復することになった
   竹の運び出し終了後は積み込み人数3人だけ残して
   後の会員は うみべの森へ移動した」
c0108460_1881069.jpg
c0108460_1885449.jpg

3.うみべの森(花の広場)(10:30~14:30)
  ①搬送された 3m×330本の竹を所定位置へ積み上げ
c0108460_1895032.jpg

  ②うみべの森新山のつる採集
  ③つるを整理して所定場所へ積み上げ…一部は小川に漬け込んだ
  「つるは うみべの森の新山奥深く入り採集し
   なんとか必要な分は採集できたと思える
   5cmくらいの太いつるを何本も見つけて 引き降ろし運ぶのには苦労した
   太いつるとの綱引きで 男性部は疲れきっていた」
c0108460_18102519.jpg
c0108460_18111586.jpg
c0108460_18113433.jpg
c0108460_1811569.jpg

4.賛助会員用プレゼントのラッピング…(女性部)
   ①賛助会員22名分
   ②ガーデンプレート 3本 
     安全ピン付き名札 1個
     どんぐりのペンギン 1個
   ③会員が手分けして自宅へ持参する
c0108460_18122033.jpg
c0108460_18124013.jpg

5.あふれ滝の樋掃除…落ち葉が溜まり直に水が流れなくなる

「昨夜9時ごろから割合に強い雨が夜中まで降っていた
今日の天気が心配であったが 予報通り朝はやんでいた
年末であり 日程にゆとりがないので 予定通り作業が出来てホッとした
竹は外部からの持込だけに人数が多かったのも助かった
特に女性部が大活躍で竹の運び出しから
午前中は新山で高枝鋏を持って つる採りまでしてくれた
不足気味な男性部の力を十分に補充してくれている」
c0108460_1813314.jpg

by umibenomori | 2012-12-16 23:46 | 2012年活動状況 | Trackback | Comments(0)

西鳥取公民館&自然と本の会より講演依頼

平成24年12月13日(木) 晴れ
c0108460_1702225.jpg

午後から西鳥取公民館へ出掛けた
南海電車で淡輪駅から鳥取ノ荘駅まで2駅 7分である
昨日に引き続いて無風の小春日和が続いている
こんな暖かい日だと 寒がり虫はのこのこと這い出してくる
c0108460_1764540.jpg

場所 西鳥取公民館 事務所
時間 (14:00~14:30)
面談者 阪南市立西鳥取公民館 西村館長
      自然と本の会 井沢代表
*西鳥取公民館と自然と本の会共催で ここ3年ほど
 「自然を楽しむ」講座を開催してきた
 来年度は他の団体とのコラボレーションを考えている
 4月の開校一番に「うみべの森を育てる会」が講師を派遣して欲しい
*4月20日(土) (9:30~11:00) 場所 西鳥取公民館会議室
   うみべの森を育てる会の活動内容やPR等 内容は一任とのこと
  パワーポイントや映像での紹介は可能…森さんの協力が必要だが
  西台代表とも打ち合わせて後日回答とする
c0108460_1711877.jpg

*箱作自然海岸の清掃を協働でしているが大阪府のアドプト化の検討
*自然と本の会で2月に「竹の巣箱作り」を企画している
   うみべの森を育てる会の協力を得て うみべの森に設置させて欲しい
   …竹の巣箱は画期的なものと自負している

「上記の申し入れは個人的には全て賛同したいが
 うみべの森を育てる会代表や役員の意見を聞いてから結論を出したい
 他のグループとの交流は必要である
 自然と本の会は拠点がないので うみべの森の拠点を持つ 
  うみべの森を育てる会をうらやましく思うとのこと
  …一方 うみべの森を離れた活動に会員が違和感を持つ弊害はある…
  今後とも協働企画 協働作業なども検討する必要はある
 イベントが多すぎるきらいのある うみべの森を育てる会としては
 役員や会員の賛同が得られるかどうかが問題である
 積極的に説得はしてみるが…?」
c0108460_1714385.jpg

その後 自然と本の会 野鳥担当 中田亘氏や
 全日本ノルディック・ウォーク連盟公認指導員 山下常子氏にも紹介していただいた
c0108460_172084.jpg

by umibenomori | 2012-12-13 23:48 | その他ボランティア活動 | Trackback | Comments(0)

H24年12月度うみべの森を育てる会運営委員会

平成24年12月10日(月) 晴れ
c0108460_17473570.jpg

晴れてはいるが風がきつい
せんなん里海公園へ自転車で行くには
行きは西風を背に受けて押されるようにルンルンで行けたが
帰りは 逆風でまともに風が吹き付けてくる
あまり強すぎて場所によっては息がしにくいくらいであった
帰って来てからストーブに噛り付く具合であった
c0108460_1748266.jpg

(9:30~12:40) …せんなん里海公園潮騒ビバレー会議室
参加役員 4名 [柴田 立石 傳 中川]
12~1月活動予定の検討
12月10日(月)…運営委員会(9:30~12:00)
12月13日(木)…植物調査冬季休暇
c0108460_17483671.jpg

12月16日(日)…定例活動日(9:30~15:00)
午前中「井関川竹林」 9:30集合
   ①公園事務所 軽トラ(運転手:小川氏)現地へ案内…立石
   ②3m×330本 細井さん寸法切り済み分の結束と運び出し
   ③竹の小枝を結束(10束)⇒運び出し
   ④火掻用細い竹 4m×5本 &ミニ門松用竹 数本
   ⑤軽トラへ積み込み&せんなん里海公園へ搬送(3回往復)
c0108460_1749353.jpg

 午後「うみべの森」 軽トラ借用
   ①搬送された竹を所定場所へ積み上げ
   ②うみ森新山のつる採集
   ③うみ森内各所の伐採木&笹の回収&結束
   ④とんどに必要な用具のチェック
   ⑤半ドラでヤキイモのシュミレイション
c0108460_1750236.jpg

12月22日(土)…定例活動日(9:30~15:00)
   ①竹3m×200本⇒2.5mに切断…定置式マルノコ準備
   ②ヤキイモ用火掻棒作成4m×3本…番線を曲げて先端に取り付け
   ③点火用松明×2 作成…ワラは準備済み
   ④御幣×14本(細井準備用具で作成) 
   ⑤ヤキイモ販売用新聞紙袋×400(傳準備)
   ⑥ヤキイモ用網カゴ 3個のチェック&補修
   ⑦薪準備…丸太割り&枝裁断 からけしの袋詰め
   ⑧とんど結束用つるの整理
   ⑨火口用丸太 1mくらい×2本準備
c0108460_17511061.jpg

1月10日(木)…臨時活動日(9:30~15:00)
   とんど組立準備…(昼食:うみ森⇒サツマイモご飯・とん汁準備)
   1.公園内孟宗竹伐り…(男性全員)…(軽トラ準備)
    ①とんど中心柱用先端葉付き…5m×3本
    ②四隅柱用先端葉付き…3m×4本
    ③とんど支え用(太物) 5m×3本 
    ④とんど差込用(細物) 3m×4本
    ⑤うみ森横幕吊り用(細物) 6m×1本
    ⑥切り落とした竹の小枝…とんど上部化粧差込用
    …軽トラで浜辺まで搬送
   2.とんど用材料搬送…(男性4人)(軽トラ準備) 
    ①竹3m×130本 竹2.5m×200本 中心柱ヒノキ5m×1本 
      ヒノキ葉付き芯柱5m×1本 薪 からけし 笹結束分 杭×6本 わら縄200m
    ②穴掘り用具一式 
c0108460_17514580.jpg

3.砂浜穴掘り…(搬送員以外の男性全員)
 ①直径5m 内径4mの間 1m幅で30cm以上掘り下げる
 ②中心に経1m 深さ1mの中心柱用V字穴掘り
 ③中心にヒノキ芯柱に葉付ヒノキをくくりつけて立てる
    穴の上部に杭を十字に組んで固定する
4.ビーチハウスから半ドラ6個を運び出す
5.やきいも準備(サツマイモ300個)…(女性部全員…料理部除外)
  …花の広場で半ドラでたき火をしながら作業する
 ①水道水で泥を洗い落とす
 ②大きなイモは切って大きさを揃える
    小50個は事務所・香の会向けに準備
 ③濡れた新聞紙一重で包み その上にアルミホイルで包む
 ④発砲スチロール箱 3個…焼き芋保温用
 ⑤金バケツ×5個…剥がした新聞紙入れ(燃えるため)
c0108460_175220100.jpg

1月11日(金)…臨時活動日(9:30~15:00)
 とんど組立…(昼食:公園事務所準備⇒おにぎり・里海鍋準備)
  1.作業用具一式…一輪車で花の広場から砂浜へ運ぶ
  2.とんど組立…(総監督 中川 サブ 柴田)
   ①芯柱にヒノキと葉付の竹3本をくくり合わせて固定
   ②つる固定用竹の横木を芯柱上下2箇所に十字に取り付け
   ③火口用丸太2個を西側と正面に設置
   ④2.5m竹を2段くらい並べたらワラ縄で縛る
   ⑤枯れ笹や小枝を随時入れて大きく膨らませる
      西側に燃えやすい材料を入れ 東側は木などを詰める
   ⑥一番外側は3m青竹でめぐらす
   ⑦外側をつるで何段にも頑丈にぐるぐる巻きにする
     特に最上部は太いつるで頑丈に巻く
   ⑧最後に竹の枝を上部に差し込んで化粧する
   ⑨状況によりブルーシートで覆いを掛ける
c0108460_1753042.jpg

  3.とんど周辺の整備
   ①結界用四隅の杭打ちと笹竹のくくりつけ
   ②わら縄を結界柱に張り巡らす
   ③「うみべの森を育てる会」横幕取り付け用竹設置
   ④半ドラ6個を とんど西側に並べる…薪も準備
     半ドラ1個は焼き芋作業台近くに設置…剥ぎ取った新聞紙入れ 
   ⑤とんど火入れ口の道作り
   ⑥とんど周辺の清掃
   ⑦ヤキイモ販売用リヤカーの整備
c0108460_17533542.jpg

1月12日(土)…臨時活動日(8:00~15:00)
   イベント「2013新春里海まつり:海に吼えろ!」
   (昼食:うみ森⇒弁当/公園⇒里海鍋準備)
 1.とんど&ヤキイモ用道具などの浜辺への搬送
  ①ヤキイモ作業用長机4脚を設置
  ②合成板を置きその上に耐熱石膏ボードを敷く
  ③半ドラ6個に点火…どんどん焚き付ける
  ④「うみべの森を育てる会」横幕を張る
  ⑤結界用わら縄に御幣を吊るす
  ⑥松明用の500mm㍑の灯油を事務所から調達
  ⑦消火用ホースの準備(公園事務所に依頼)
c0108460_1754391.jpg

 2.[ミーティング:とんど横]…9:00集合
  ①各リーダーの指示に従う
    イベント受付 西台代表 イベント写真班 柴田カメラマン
    ヤキイモ 森リーダー
    半ドラヤキイモ 甲斐リーダー
    ヤキイモ販売 寺田リーダー
    とんど 中川リーダー 柴田副リダー
  ②とんど点火担当 女性部4人
  ③イベント総合スタッフ以外の会員はとんどとヤキイモに専念
 3.記念写真…うみ森横幕の後ろに並ぶ(ミーティング前に…)
 4.点火担当選任者の点火予行演習
 5.とんど点火準備…2本の松明にたき火より点火
    点火担当者は女性会員…リーダーが点火場所へ誘導
 6.中川リーダーの「点火!」の号令で
    2組同時に火口の外周付近で点火する
c0108460_17551391.jpg

 7.ヤキイモ準備
  ①半ドラ4個には開会前よりサツマイモを投入(80個×2回)
     イモの上には炭火をかぶせる…炭5箱準備
     出来るだけ早い時間に半ドラに火を焚く
  ②とんどにサツマイモを投入(100個)…リーダーは時間計測
    …スタッフ用50個は確保する
    →目だし帽(毛糸)3個…(耐熱対策) 購入 
  ③机の上でアルミホイル 新聞紙を剥がす⇒発砲スチロール箱に保管
    …革手袋&新聞紙入れの金属バケツ準備→半ドラへ
  ④準備した新聞紙の袋に入れカゴでリヤカーまで運ぶ
  ⑤販売は「1人1個」の看板も準備
  ⑥販売要員は「うみ森ベスト」を着用のこと
 8.とんどの後片付け
  ①残り火に十分に水をかけ 
    からけしは袋詰めして階段の上まで運ぶ 焼け砂は埋め込む
  ②砂を平に整地する
  ③道具類を花の広場まで運ぶ
c0108460_17554520.jpg

その他検討事項
1月15日(火)…運営委員会
1月20日(日)…活動日⇒新山整備…階段用杭作り
1月24日(木)…活動日⇒新山整備
 *1月より第4土曜日の定例活動日を第4木曜日に変更する
2月5日(火)…活動日⇒新山整備
c0108460_17562688.jpg

イベント「丸太を切ってサンタを作ろう」の反省点
…会員へのアンケート結果検討
*用具準備責任者を決める…その指示に従う
*用具や装飾部品置場の縁台式ベンチを製作する
*ノコギリ台の位置もグループで固める
*班分けのシンボル絵は うみ森らしいものにする(カブトムシ等)
*ヒノキ伐りなどの事前準備の様子を写真展示する
*ペンキの小分けは会員の担当者を置く
*殆どの参加者が自分で丸太を切っていた
 …参加者に代わって切ってしまったサポーターもいたが…?
  うみ森会員に切ることが主目的だと再認識してもらう
*進行がスムースだった
*木のプレートが喜ばれた
*丸太の太さが丁度よかった
c0108460_17564786.jpg

by umibenomori | 2012-12-10 23:50 | 運営委員会 | Trackback | Comments(0)

とんどの歴史…うみべの森を育てる会 in せんなん里海公園まつり 

平成24年12月9日(日) 風雨・曇り・晴れ
c0108460_224941100.jpg

終日パソコン作業になった
うみべの森を育てる会運営委員会の検討資料作成
12月は「2013新春里海まつり」のとんどと焼き芋で
検討する内容が山積である
A4で3枚の資料になってしまった
特に「とんど」は構造の再検討をする必要があるので
過去9年間の結果を写真で追求することにした
最初はピラミッド型だったのが 
だんだんと見栄えを追及して円錐型になって来ている
どうも この辺に問題点はありそうである
点火してから倒れるまでせめて15分以上…
出来れば20分以上立ち姿で燃えて欲しい
 [2004(H16).2.1.] 
c0108460_22504482.jpg

 [2005(H17).1.8.] 
c0108460_22515843.jpg

 [2006(H18).1.14.]
c0108460_22532552.jpg
 [2007(H19).1.13.]
c0108460_22541714.jpg
 [2008(H20).1.12.]
c0108460_22551743.jpg
 
 [2009(H21).1.10.]
c0108460_2256137.jpg
 
 [2010(H22).1.9.]
c0108460_2257464.jpg
 
 [2011(H23).1.8.]
c0108460_2258299.jpg
 
 [2012(H24).1.14.]
c0108460_2259011.jpg
 
by umibenomori | 2012-12-09 23:52 | 新春里海まつり | Trackback | Comments(0)

『みんなでワカメを育てませんか』 in せんなん里海公園人工磯浜

平成24年12月8日(土) 曇り
c0108460_20565695.jpg

 『みんなでワカメを育てませんか』  
『海の恵をもっと身近に!~』
『ワカメでできる地球に優しいこと!』
『地球温暖化にも役立つ海藻の秘密!』

主催: NPO法人環境教育技術振興会(CAN)
後援: 大阪府
     みなと総合研究財団
協力: 里海くらぶ連絡協議会
     大阪府公園協会
一般参加者 26名(内こども15名)
サポーター(14名) うみべの森を育てる会 4名[河原 酒井 立石 春山]
             CAN 5名 その他 5名 
(12:00~16:00) …せんなん里海公園潮騒ビバレー休憩室
c0108460_20575132.jpg

10:00 スタッフ集合&打合せ
     受付準備 プラ板加工
     種糸の準備&種糸取り付け用ロープ加工
     種糸ロープ設置の準備
      (ドライスーツを着て海にもぐる) 
   …以上の段階に うみ森は手違いで参加出来ず
     12:30ころ集合の指示を出していて申し訳ない
c0108460_20581784.jpg

12:30 受付…潮騒ビバレーロビー(河原 立石)
      参加者は全て休憩室へ案内
13:27 挨拶&スタッフ紹介&講師紹介&本日のスケジュール説明
     …岩井氏(CAN)
c0108460_2059135.jpg

c0108460_20592781.jpg

13:35 「海藻について」
     …鍋島先生:(大阪府水産技術センター)
c0108460_20594969.jpg

      海藻の種類…ワカメは暑さに弱い
      海藻を食べよう…いろんな効能が多い…抗癌作用まである
      温暖化と磯焼け
    …質疑応答で熱心な質問もあり先生は丁寧に答えていた
c0108460_2104730.jpg

c0108460_2111788.jpg

14:02 「プラ板作成」…(岩井氏・河原)
     …ワカメの種糸に自分の名前を取り付ける
      子どもも大人も遊びとして楽しんで書いている
      トースターで温めると瞬く間に縮む
c0108460_212898.jpg
c0108460_2123881.jpg
c0108460_213299.jpg

14:40 「種糸の取り付け方」説明…五島氏(CAN)
      準備されたワカメの種糸をロープに巻きつける
      ロープのねじれと逆の方向に巻くのがポイント
c0108460_2143382.jpg

c0108460_2152747.jpg

     実習「ワカメ種糸取り付け」
      2本のロープに各自別れて取り付け作業
      種糸を巻き付けインシュロックで固定
      同時に名前を書いたプラ板をインシュロックで固定
c0108460_2161318.jpg
c0108460_217517.jpg
c0108460_217545.jpg
c0108460_2183283.jpg

14:58 種糸を持って全員で記念写真
c0108460_2192481.jpg
c0108460_21101996.jpg

15:01 閉会の挨拶…岩井氏
      3月9日(土)「ワカメ収穫祭」に参加もお願い
c0108460_21105712.jpg

15:05 CANのダイバーが種糸ロープを設置に行く
      参加者有志が人工磯浜まで見学に行く
c0108460_21122683.jpg

      寒風が吹き荒れ外海は高波が打ち寄せている
      2人がゴムボートで種糸ロープを運び
      1人がドライスーツを着て泳ぎながら
      ロープを設置ロープのブイの部分で結ぶ作業
      ゴムボートが流されないか 泳いでいる人は凍えないかと 
      冷や冷やしながら寒風吹きすさぶ浜辺で見学
c0108460_2113219.jpg
c0108460_21135494.jpg

15:40 作業終了
16:00 スタッフ解散
「午前中は雨交じりの冬の嵐である
こんな天候でイベントをやるのかと参加者からの問合せもあったとか…
3組の参加者11名のキャンセルはあったが
追加の参加者9名もあり 予定通りの人数は揃った
外は寒む過ぎるので殆どの行事を暖房のある休憩室内で行ったのは成功であった
それでも寒風の中の人口磯浜の見学者は多かった」
c0108460_2115975.jpg

c0108460_21165482.jpg

by umibenomori | 2012-12-08 23:55 | その他ボランティア活動 | Trackback | Comments(0)

中孝子竹林で竹伐り…せんなん里海公園門松&竹樋用

平成24年12月7日(金) 晴れ
c0108460_143313.jpg

(9:10~11:30) …孝子の清水さんの竹林
雲ひとつない快晴といえる天気であるが空気は冷たい
手袋なしで自転車に乗っていると手が凍えそうに冷たくなる
c0108460_1433227.jpg

せんなん里海公園事務所へ行くまでにうみべの森を見回る
ビオトープの水の流入も順調だし 
4日に第4池の水漏れ箇所を補修したのも効果があるようだ
今のうみべの森は初冬の黄葉が見られて気分がいい
c0108460_1435232.jpg

9時20分に「せんなん里海公園」事務所へ行く
公園事務所の門松用竹と あふれ滝の竹樋の交換用の竹が必要なため
中孝子の清水さんの了解を得て孟宗竹を伐らして貰う手配をしてある
今日は公園事務所の職員を案内して孝子へ行く
公園事務所の職員さん2人と2台の軽自動車で出発
10時に竹林に到着し 作業の注意点をコマゴマと説明
不要な枝や竹の先端部分の捨てる場所まで指示した
後片付けを丁寧にやるかやらないかで
次回から切らしてくれるか どうかが決まるとも説明
c0108460_144277.jpg

作業の始まる前に清水宅へ挨拶に行ったが
逆に柿や野菜をお土産に貰ってしまった
c0108460_1451466.jpg

竹伐りは慣れていない人たちばかりなので
何時も指導ばかりされている私が指導している
チエンソーを使って伐る作業は任せて
c0108460_1454619.jpg

もっぱら先端の使わない部分の枝切りや竹を整理に回った
伐ると同時に整理に回るので完全に流れ作業で
昨年の4人体制より今年の3人の方が効率がよい
c0108460_146301.jpg

太い竹を6本ほど伐り 3mに切断して車に積み込んだときは
枝や竹の先端を きれいに整理し終わっていた
1時間ほどの作業で目標の竹の確保は出来た
c0108460_1465757.jpg
c0108460_1471743.jpg

by umibenomori | 2012-12-07 23:57 | その他ボランティア活動 | Trackback | Comments(0)

カブトムシ幼虫のためにチップを運ぶ  in  うみべの森

平成24年12月4日(火) 曇り時々晴れ
c0108460_17192375.jpg

(9:10~13:50) …せんなん里海公園内うみべの森
参加会員 (15名)
[飯島 生熊 小島 柴田 杉本 立石 傳 中川 
 中出 西台 原田 春山 細井 前田 松本]
c0108460_1720186.jpg

夜中から激しい雨が降りだした 天気予報では朝6時に止み晴れるとのこと
天気予報通りに朝7時には雨は止み 晴れ間が見える天候になったが
風がきつく一時は竜巻のような突風が吹き荒れ
ヒューヒューと大きな音まで聞えていた
このような天候では集まりが悪いのではと予測していたが15名も集まってくれた
c0108460_17204727.jpg

1.[ミーティング:花の広場]
 ①細井さん退会の挨拶
   自分の身体も弱ってきたし 奥様も足が悪くなり その手助けに集中したい
   [井関川竹林]の管理もやめたい…今年のとんどの竹は3m物を330本準備済み
   小型鋸盤と小型ボール盤を寄贈してくれて 手づくりのクラフトなども寄贈してくれた
c0108460_17285638.jpg

   長年うみ森のクラフトづくりを指導してくれて
   夏休み工作や丸太サンタのイベントの中心的存在だっただけに 
   うみ森としては痛手である
   家庭の事情ならやむを得ない
   うみ森発足依頼のメンバーで10年間もうみ森に尽くして頂き
   本当にありがとうございました
c0108460_1723203.jpg

 ②本日の作業内容説明
2.チップの搬送
 春に置いたチップの山にカブトムシの幼虫が沢山成育している
 あまり多すぎてチップを食べてしまい チップ不足で この寒いのに上の方に集まっている
 チップを補給してやるべく 事務所から借りた軽トラダンプで6杯運び込んだ
 チップ山(2杯+1杯) 第2カブちゃんベッド 2杯 花の広場カブちゃんベッド 1杯
c0108460_17244221.jpg
c0108460_17251255.jpg

3.うみ森内の剪定枝の搬出
c0108460_17253638.jpg

4.アオのベンチ周辺の根笹刈り…[柴田]
c0108460_1726033.jpg

5.ビオトープ奥の枯木伐採…[飯島 前田]
  15cmくらいの幹の木が枯れて あちこちに枯枝がぶら下がっており
  危険なので伐採して薪にした
c0108460_17272567.jpg

6.ビオトープ第4池の水漏れ補修…[立石]
c0108460_1728444.jpg

7.ヤキイモ用新聞紙の準備…[女性部]
c0108460_17282571.jpg

8.10本桜広場の枯れ笹とと伐採枝の搬出…[女性部]
  枯れ笹はとんどに使うので花の広場へ運び
  剪定枝は軽トラで枯れ木ヤードへ運んだ
c0108460_1729254.jpg
c0108460_17295841.jpg

9.ササユリの種を採集し その近辺へ蒔く
c0108460_17303032.jpg

10.中塩路さん(公園事務所職員)に
   サツマイモ200本育ててくれたお礼に 傳さんが描いた小型サンタを贈呈
「寒い中 多くの会員が集まってくれ それぞれの作業を分担して頑張った
何を云ってもカブトムシの幼虫を餓死させないだけのチップを
運び込めたのがうれしい限りだ
女性部なども山から大きな幹を運んだりして男性に負けない作業もこなしてくれ
予定していた作業が早く終ってしまった
天候もあやしく 寒くなってきたので定時より早めに作業を終了し解散した」
c0108460_17314932.jpg

c0108460_17321293.jpg

by umibenomori | 2012-12-04 23:58 | 2012年活動状況 | Trackback | Comments(0)