人気ブログランキング |

『うみべの森を育てる会』ホームページ

umimorihp.exblog.jp

<   2012年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

「うみべの森で自然工作:風車付風鈴」

平成24年7月28日(土) 晴れ
c0108460_20473891.jpg

(8:30~14:20) …せんなん里海公園内うみべの森:おにぎり広場
参加会員 [飯島 飯塚 河原 柴田 立石 傳 中川 中出
        西台 原田 細井 前田 盛]  (13名)
うみべの森で自然工作「風車付き竹風鈴」 ~木の札お絵描き・小石アート~
一般参加者 5家族 14名(内子ども 9名)
c0108460_20492884.jpg

8:30 準備
①テーブル&ベンチの掃除 
②竹風鈴・小石アート・名札お絵描きの見本品を展示
③工作材料&道具を運び上げ
④殺虫剤・虫刺され防御剤・蚊取り線香の準備
⑤積み上げてあるレンガが危険なので段を低く摘み直し
c0108460_20501052.jpg

9:40 ミーティング(花の広場)
①3班の担当分け発表…1家族2人のサポート体制
②風車付風鈴を作るポイント説明…中川
c0108460_21302669.jpg
 
③細井さんが家族写真を撮影し 細井さん自製厚紙製写真立てに入れて
  帰りにお土産に渡す…協力依頼…細井さんはプリンターまで持参
④あらかじめ用意した風鈴本体は 使わなかった時はお土産に渡す
9:40 受付…前田 原田 傳
c0108460_20515339.jpg

10:00 挨拶 & ストレッチ体操…中川リーダー
     風車付風鈴の作り方説明…中川リーダー
c0108460_20523722.jpg

c0108460_20531569.jpg

c0108460_20534272.jpg

10:22 風車付風鈴工作開始
     …ノコギリの使い方はぎごちないが
c0108460_20553255.jpg

      あらかじめ印を付けた線に測って切っていく
c0108460_20562941.jpg

      切り落とさずに途中で止めるのが なかなか難しそうであった
c0108460_20572548.jpg

      サポーターが懸命に教えて なんとか形が出来てきた
c0108460_2111173.jpg

      細かく切り込んだ箇所を金槌で叩いて割るのは気持ちよさそうであった
c0108460_21202.jpg

      小学3~4年生にもなると殆ど自分で作業しノミの使い方も堂に入っていた
c0108460_213212.jpg

      時間が経過するほどに風車取り付けあたりからサポーターの作業が増え
c0108460_2153775.jpg

      12時近くには殆どが完成していた
c0108460_2192719.jpg

c0108460_21125836.jpg
c0108460_21141332.jpg
c0108460_21155495.jpg

11:50 風鈴工作の終わった子ども達は
     名札のお絵描きやスパンコール貼りに集まり
     忙しそうに種々の作品を作っていた
c0108460_21194276.jpg

c0108460_21231060.jpg

12:20 終了…自由解散
     余った竹の材料や未完成の工作物は
     欲しい人にお土産に持って帰ってもらった
     …会員は片付け開始
12:50 会員はおにぎり広場でお弁当&反省会
c0108460_21265878.jpg

14:20 解散
「事前の準備がよかったので あまり時間オーバーせず
無事終了できたのは成功であった」
by umibenomori | 2012-07-28 22:24 | 自然工作 | Trackback | Comments(0)

イベント準備

平成24年7月24日(火)① 晴れ
c0108460_1654314.jpg

定例活動日(9:00~14:20) …せんなん里海公園内うみべの森
参加会員 [飯島 柴田 杉本 立石 傳 中川 中出 
        西台 原田 細井 前田 松本 盛]  (13名)
c0108460_16551080.jpg

今日の活動内容
1.「夏休み工作」イベント準備
 ①竹に切り出し口の印付け
    竹の両側に15~20mm残して 竹を切り取るのに
    両側の芯出しが案外に困難である
    竹の定規を作って書き込んだり ビニールテープを貼ってみたりと
    それぞれ苦労している
c0108460_16563836.jpg
c0108460_1761596.jpg

 ②竹を切り取った半完成品を6個作成
    竹切り取りに失敗した家族に 工作のつなぎとして出せるよう準備
c0108460_16572382.jpg

 ③貝殻が当って音を出す竹の板作り
 ④大中小の風車作り
    折り紙の1/4の小さいのは 非常に風車が折りにくいので
    あらかじめ何個か製作しておく
c0108460_1658892.jpg

 ⑤ノコギリ・切り出しナイフ等は
   中川リーダーが自宅で研磨して 整備してくれたものを準備
 ⑥その他の必要部品&道具を取り揃える
c0108460_16585787.jpg

2.風車用竹の棒の製作
   不要になった竹を利用して 来年に必要な竹棒を製作
c0108460_16593492.jpg

3.第4池の水漏れ箇所の補修
c0108460_1705763.jpg

4.第4池のアオウキクサの除去
   第4池だけがアオウキクサで覆われて メダカなどの顔を出す場所がない
c0108460_1702032.jpg

5.第3池排水路の嵩上げ
   第2池と第3池の水位が低いため 水位を上げたい
6.セイタカアワダチソウの駆除
   椿の森・花の広場周辺・小川の周辺の セイタカアワダチソウを全て抜きさる
   根気よく この作業を継続することで 根絶やしできると信じている
c0108460_1722893.jpg

7.女竹の今年の竹は柔らかいため
   強風でなぎ倒され通路を妨害している 20本ほど切り取り整理した
「今日は あまり風もなく 蒸し暑い じっとしていても汗ばむくらいである
集会所の屋根の下より 天然の木陰の方が何杯も涼しいので
作業場はどうしても木陰になる
c0108460_1752892.jpg

竹細工をしていると 何か作りたくなり 竹トンボ作りや 筆立て作りも始まっていた
c0108460_174113.jpg

夏の作業は のんびりと 楽しみながらやるものである
夏休み工作も ほぼ目途が付き
当日は1時間延長のサポートの覚悟も会員には伝えてある」
c0108460_1745128.jpg

by umibenomori | 2012-07-24 22:26 | 2012年活動状況 | Trackback | Comments(0)

大阪府立大学のカニ放仔調査サポート in せんなん里海公園

平成24年7月20日(金)② 雨・曇り
大阪府立大学研究調査「カニ放仔調査」サポート
c0108460_053740.jpg

(17:40~21:40)
参加者…飯島 柴田 立石 中川 松本 三宅 森 (7名)
せんなん里海公園内
府立大学生・近畿大学生 上甫木教授 他20名以上
学生ミーティング後 サポーターミーティング…潮騒ビバレーロビー
c0108460_05424100.jpg

定点観測調査…8箇所
 ①放水路(岬料金所横)…立石
 ②あふれ滝…森
 ③うみべの森入口…松本
 ④雨水排水路…柴田
 ⑤田山川河口…中川
 ⑥自然海岸手前…飯島
 ⑦自然海岸真ん中…三宅
 ⑧茶屋川河口
c0108460_0565212.jpg

15分毎にカニの個体の点カウント
15分の巾単位で放仔の個体数カウント
アカテガニ・ベンケイガニ・クロベンケイガニ
稚ガニ・不明の5種類に分ける
…学生達は場所もカニもあまり知らない
 うみ森会員が調査地域のカニの居る場所を教え
 カニの種類を判断する
c0108460_0573711.jpg
 
「大阪府立大学研究調査「カニ放仔調査」サポートは
2008年以来4年振りのサポート依頼である
急な申し入れであったが会員は7名も集まってくれた
陸ガニ大好きの会員が多いのはありがたい
c0108460_0581879.jpg

各調査場所に学生2人とサポーターが付く
放水路を担当したが全く素人の女学生2名担当
奥の水の落ち口と堰の所を集中して観察することを教え
結局カニの個体数のカウントまですることになった
カニ達の習性や放仔の時の前兆やを教えながら 自分自身も楽しむ
観察は高所から3mくらい下の川を見ることになり
下ばかり見て歩いていると桜の枝で頭を打ったり
突然うしろの草むらからカニが現れたりと…
c0108460_0584955.jpg

19時30分ころの薄暗くなり始めてから カニの放仔が始った
山から出てきて直に放仔する固体や
水辺をウロウロしていてなかなか放仔しないのや
じっとしていて急に動き出して放仔するのや
いろいろのパターンがあるので油断できない
8~9の放仔を観察できた
しかし水に入って身体を揺さぶって放仔する姿は感動もので
女子学生たちも感動していた
放仔しそうな固体は大体分かるのでライトで照らして
学生達に教えながら 自分も感動していた
結果的には この場所が一番放仔の観察出来た場所らしい
毎年あふれ滝が最高なのだが 今日は滝の水量が多くてカニの集まりが悪かったらしい
しかしウナギを見たと感動していた
その他の場所も放仔の観察は田山川が1例と聞く」
c0108460_0592579.jpg

by umibenomori | 2012-07-20 22:28 | 府立大学陸カニ調査 | Trackback | Comments(0)

振替活動日「竹風鈴の試作会」

平成24年7月17日(火) 晴れ
c0108460_17291369.jpg

(9:00~14:20) …せんなん里海公園内うみべの森
参加者[飯島 飯塚 酒井 柴田 杉本 立石 傳 中川 
     中出 西台 原田 細井 前田 松本 ](14名)
c0108460_17294389.jpg

2回連続して定例活動日が中止になった
今日は振替活動日である
梅雨明けが近く快晴であり暑い
たまに吹く風がたまらなく気持ちが良い
c0108460_17321973.jpg

ビオトープの水も順調であり
イベント会場周辺の草刈りも済み
後はイベント待ちの状態である
c0108460_17324367.jpg

「風車付き竹風鈴」の試作会
c0108460_173514.jpg

イベントで的確なサポートが出来るように
全員が竹風鈴作りを体験し
いろんなポイントを知ってもらうことにした
c0108460_1733931.jpg

1.[ミーティング:花の広場]
  中川クラフトリーダーから作り方のポイント説明
c0108460_17333996.jpg

2.上部の竹の切り取り部分を先行
   形がほぼ出来てから寸法切りする
3.風車の軸は竹ヒゴを使って
   ストローで止める
4.振り子は竹の節や牡蠣殻などを使う
c0108460_17372533.jpg

5.女性軍もノコギリで竹切りから始め
   切取り部分に1cm間隔で切り込みを入れ 金槌で割っていく
   丁寧にやっている人はスムースにいくが
   アバウトにやった人は竹を割ってしまったり
   残す部分まで切ってしまったりと失敗している
c0108460_1740034.jpg

c0108460_1757575.jpg

6.竹の加工が終わると折り紙で風車作りだが
   折り紙の大きさより一回り小さいのを折るので
   割合に折りにくく苦労していた
   なんとか2時間で大体の恰好は付けた
c0108460_17441687.jpg

c0108460_17463222.jpg

7.反省会
  ①竹の残す部分にマスキングテープを貼ると
    失敗は少ない…この方法を採用
  ②竹の切り取りは割合に難しいので
    6家族6個だけ あらかじめ工作しておく
    失敗した家族に提供して工作を継続してもらう
  ③風車にストローを通すのでなくストローは止めに使う
  ④原則として1本の竹から自力で工作してもらう
c0108460_1749438.jpg

「真夏日で とにかく暑い
木陰にベンチを持ち出して緑陰クラフト教室になった
暑くても湿気が少なく木陰では汗ばむことはない
お互いに自分でやりやすいポイントを見つけると
他の者に教えたりしながら
協力し合いながらの工作になり
会員のチームワーク作りには恰好の教室になった
c0108460_17521610.jpg

失敗した部分を どのように修復加工して
活かして使うかなど 姦しいこと…
それでも自分なりの作品が出来て
全員が満足して うれしそうな顔であった
今後は雨天のクラフト教室の実現を急ぐ必要がある」
c0108460_17541711.jpg

by umibenomori | 2012-07-17 22:29 | 2012年活動状況 | Trackback | Comments(0)

1ケ月振りの「うみべの森を育てる会」の定例活動日だ!!

平成24年7月15日(日) 曇り・晴れ
c0108460_21361095.jpg

定例活動日(9:00~14:20)
[飯島 飯塚 生熊 柴田 杉本 立石 中川 
 西台 原田 樋口 細井 前田 松本 森] (14名)
c0108460_21461118.jpg

真面目な梅雨に祟られて1ケ月ぶりの定例活動日である
会員も待ちかねていたように多くの会員が集まってきた
7月28日の「夏休み工作」に向けての作業内容が各種あるので
グループ別に分けて作業可能になった
c0108460_21464260.jpg

1.竹風鈴用の竹採取…「井関川竹林」…[飯島 中川 樋口 細井]
   枯れた竹が少なく青竹になった…青竹だと音がよくないと思うが…
c0108460_21474787.jpg

2.ビオトープのカナダモ除去…[松本 飯塚 生熊 西台 原田 前田]
   4つの池全てがカナダモがびっしりと覆ってしまって
   メダカの顔を出す場所も無い
   心ない人が自宅のメダカの藻を不要になって
   善意で池に投入れたのだと思うが
   池の底に根付き我が物顔に繁殖しだした
   今はウキクサよりカナダモ駆除に苦労している
c0108460_21492063.jpg

   松本さんがレイキで引き抜き女性軍が一輪車やバケツで捨てに行く
   一番重労働部隊となってしまった
c0108460_2149516.jpg

3.草刈り…刈払機 4台駆動…[柴田 杉本 立石 森]
c0108460_21513923.jpg

   おにぎり広場周辺を中心に通路まで
   アーチ周辺から通路両側
c0108460_21524376.jpg

   相当の範囲であったが 刈払機4台が稼動すると
   午前中に予定場所が完了できた
c0108460_21544794.jpg

4.午後の草刈り…刈払機 3台駆動…[柴田 杉本 中川]
   午前中はビオトープで藻取りをしていたので
   午後はこの周辺の草刈りに集中
c0108460_21561530.jpg

5.間伐…[森]
   形の悪い樹木や不要な樹木の整理
c0108460_21565199.jpg

6.セイタカアワダチソウ駆除…[立石]
   椿の森は手付かずだったので挑戦
   2mから延びているのもあり 全て抜き取るのに1時間はかかった
7.竹材保管場所作成…[中川]
   オープン倉庫に吊り棚を作り 風鈴用竹材を全て保管
8.物置の整理…[女性軍]
9.小川のカナダモやクワイの除去…[松本]
c0108460_2254721.jpg

c0108460_21574672.jpg

「森君が花の広場のカブちゃんベッドを
掘り起こしていたらニホンコクワガタが出てきた
身体は小さいが角ではさまれると結構痛い
c0108460_21592297.jpg

アカテガニも顔を出した
c0108460_2159444.jpg

カニたちは小川や川に何匹かいるが いずれも中型で数も少ない
大型のカニ達の住処がどこかに移動しているようだ
c0108460_2215160.jpg
c0108460_222689.jpg
c0108460_2222578.jpg

原田さんがハッタイコ飴を作ってきてくれた
懐かしい味だなあーと全員の喜ぶこと…
グリーンカーテンにゴーヤの苗を買って植えつけたが
育ったのは1本だけで もう1本はカボチャのようだ
今日は丸い小さな実を確認した
ゴーヤと云ってカボチャを売る園芸店も困ったものだ」
c0108460_2241481.jpg

by umibenomori | 2012-07-15 22:31 | 2012年活動状況 | Trackback | Comments(0)

イベント準備自宅作業  by (TATE-misaki)

平成24年7月10日(火) 晴れ

本日は工房作業である リョーブや櫻や椿の在庫してある原木を
5mm厚さにスライスして 子ども達にお絵描きしてもらうプレート作りである
マルノコの刃の厚さは2mmなので5mmのプレートを切るのに
2mmのオガクズを作っているようなもので
出てくるオガクズノの量は相当なものである
口から喉に少しは入ってくるようだし…
c0108460_22402669.jpg

秋の遠足サポートで4校の小学校が来れば300枚は必要である
「夏休み工作」でも使われる可能性はある
作れる時に作っておこうとの作戦である
同時に裏に安全ピンを付けて名札も50個は作った
これも各グループからの要望も多い
c0108460_22353351.jpg

by umibenomori | 2012-07-10 22:32 | 2012年活動状況 | Trackback | Comments(0)

平成24年7月度運営委員会

平成24年7月9日(月)① 晴れ
c0108460_14353247.jpg

(9:00~12:00) …せんなん里海公園内潮騒ビバレー会議室
参加役員…柴田 立石 傳 西台 中川 (5名)
7~8月活動予定の検討
7月12日(木)…うみ森の植物観察(10:00~12:00)
7月15日(日)…定例活動日(9:30~15:00)
  ①「夏休み工作」の竹取り準備…「井関川竹林」
  ②草刈り…おにぎり広場周辺&通路   
  ③風車の折り紙の印付け
c0108460_14382378.jpg

7月17日(火)…臨時活動日(9:30~15:00)
  「夏休み工作」の試作&準備
  …風車付き竹風鈴と小石ペイントの作成体験
   (会員が実際に体験していないとアドバイスできない)
7月24日(火)…臨時活動日(9:30~15:00)
  ①「夏休み工作」の体験を通じて必要性を感じた材料や治工具の準備
  ②牡蠣貝殻を小さくしたり研磨したりの加工
  ③うみ森全体の草刈り…8月1ケ月休暇のため
c0108460_14411069.jpg

c0108460_14421159.jpg
7月28日(土)「夏休み工作」(10:00~12:00)
         (うみ森で何かを作ろう)…雨天決行
  …本日現在申込者 5家族(子ども 9名 保護者 5名)
   リーダー 中川(会員全員は中川さんの指示に従う) 
  ①基本工作…風車付き竹風鈴
  ②選択工作…小石アート・小枝ストラップ・名札お絵描き
           磁石付き名札も準備
  ③準備道具&部品
   …竹切りノコ・カッターナイフ・キリ・ハサミ・メジャー
     牡蠣貝殻 竹の根 タコ糸 竹串 ストロー 栞
     動眼・ヒートン・リリアン・サンドペーパー・木工ボンド等
  ④うみ森の会として弁当を準備
     午後は反省会だけで終了する  
8月7日(火)…定例活動日…(夏期休暇)
8月9日(木)…植物観察…(夏期休暇)
c0108460_14444411.jpg

8月13日(月)…運営委員会…(夏期休暇)
8月19日(日)…定例活動日…(夏期休暇)
8月25日(土)…定例活動日(9:30~12:00)
  ①「カニカニウォチング」打合せ
  ②おにぎり広場周辺の草刈り
  ③レキ海岸の清掃
c0108460_14452795.jpg

9月1日(土)…「カニカニウォチング」(9:30~16:40)
  ①うみ森のカニ生息地の詳細調査
  ②観察用カニ捕獲…30匹以上
  ③イベント用道具準備
   11時30分昼食→12:30受付
  「カニカニウォチング」(13:00~16:00)
c0108460_14455877.jpg

9月4日(火)…定例活動日(9:30~15:00)
  ①ウミホタル捕獲容器のフタの加工
  ②イベント準備
9月8日(土)…「ウミホタル観察会」シュミレイション
(18:30~20:30)
  ①森リーダーの指導で本番の諸々を体験する
  ②会員家族 賛助会員 知人の参加はOKとする
  ③今年の餌はアジはやめて清潔なカニカマボコとする
    …昨年のアジの餌は手が臭くなって
     ウミホタルを手に乗せても臭うため止める
c0108460_14464835.jpg

9月10日(月)…運営委員会(9:30~12:00) 
9月13日(木)…うみ森の植物観察(10:00~12:00)  
9月15日(土)…「ウミホタル観察会」(16:00~20:40)
  ①スケジュールの詳細打合せ
  ②潮騒ビバレー休憩室の準備→17:00受付
  ③夕食は会で準備します
  ④(18:00~20:00)…ウミホタルイベント
  ⑤(20:00~20:40)後片付け
9月16日(日)…定例活動日(9:30~12:00)
  午前中のみ…イベントの後片付け
   使った容器や道具の水洗いと乾燥&収納
(9月以降の詳細活動内容は9月度運営委員会で決定する)
c0108460_14475590.jpg

その他諸問題の検討
1.「みどりの愛護功労者賞」の国土交通大臣の賞状は
   大型で適当な額縁がなく 中川さんが障子の桟を利用して
   廃材で立派な手づくりの額縁を作ってくれた
   公園事務所ないに展示してもらう
   副賞の蒔絵の写真立ては代表の自宅に展示
2.今年度ササユリの概略
3.テーブルなどの防腐剤塗布は1~2月になりそう
4.賛助会員のプレゼントは「うみべの森の植物」の冊子を検討
c0108460_1449552.jpg

by umibenomori | 2012-07-09 22:37 | 運営委員会 | Trackback | Comments(0)

セイタカアワダチソウ駆除作戦開始 in うみべの森  by (TATE-misaki)

平成24年7月4日(水) 晴れ・曇り
c0108460_15364964.jpg

昨日は雨でうみべの森を育てる会の定例活動日を中止したので
うみべの森がやや気になり様子を見に行った
ビオトープの水は2本のホースとも順調である
c0108460_15372258.jpg
c0108460_15374136.jpg

ただ第1池から第2池への水の流れが
正常な流入口を使わずに一旦地下へ潜って第2池へ再度流れ込んでいる
このままでもいいとは思うが 地下水脈が場外へ流れ出す危険もあるので
近日中に補修修正する必要がありそうだ
にくそいカナダモも白い花を咲かせ出した 花だけを見ているとかわいいが…
c0108460_15391510.jpg

問題がなければ 直に帰ればいいのだが 問題を無理に探し出してしまう
セイタカアワダチソウが目に付いて仕方がない
孝子の森では広い場所をほぼ駆逐したと思うので
今度はうみべの森で再度挑戦することにした
おひさま畑とその周辺 おにぎり広場周辺 川岸周辺に集中していた
c0108460_15404381.jpg
c0108460_15413540.jpg

目に付く背の高いのを全て根を付けて引き抜いた
草刈りして根が残っている部分からも芽が出て大きくなっている
根を抜くことが駆除の第一条件なので せっせと根を引き抜いた
c0108460_15395412.jpg

次回からは目に付くものを引き抜くだけで大部分駆除できる
問題は椿の森である ここには大量に芽生えているので
ここを第二目標にする
やや疲れた目に川や小川のカニさんが挨拶してくれ
c0108460_15421140.jpg
c0108460_15422662.jpg

ネジバナがきれいに咲き誇って癒してくれた
c0108460_15424929.jpg

by umibenomori | 2012-07-04 22:38 | 2012年活動状況 | Trackback | Comments(0)