人気ブログランキング |

『うみべの森を育てる会』ホームページ

umimorihp.exblog.jp

<   2012年 06月 ( 27 )   > この月の画像一覧

うみべの森の今日の状況は…?

平成24年6月27日(水)① 曇り
c0108460_20524414.jpg

少し閑が出来ると うみべの森が気になる
自転車で7~8分なので 直に行ってしまう
あふれ滝の水量は少ないが 小川には順調に水は供給されている
ビオトープの第1・第2ホースとも水の流入は順調である
c0108460_2050138.jpg

c0108460_20521291.jpg

現在は水漏れもなく第4池の排出口から水は流れ出ている
しかし第1池の排出口付近に水漏れの兆候はありそうだ
2~3日中にもう一度確認に来る必要がありそうだ
c0108460_2058385.jpg

アーチからあふれ滝の間の道路側の斜面の草刈りの可能性を検討した
刈払機では困難だが手刈りではなんとかなりそうだ
甲斐・中出・森と強力メンバーが揃った時に相談したい
散策中の人たちが何時も見える場所だけに ツタや笹のない状態にはしたい
うみべの森の今年のササユリの写真集がA4 18枚にようやくまとめられた
c0108460_2155574.jpg

by umibenomori | 2012-06-27 22:42 | 2012年活動状況 | Trackback | Comments(0)

一人作業 in うみべの森  by (TATE-misaki)

平成24年6月22日(金)② 曇り・晴れ
c0108460_2233967.jpg

(15:00~18:00) …うみべの森 in せんなん里海公園
昨日の大雨で うみべの森がどうなっているか気になり
和歌山からのドライブから帰ってきてから見に行った
①あふれ滝はすごい水量で水があふれかえっている
c0108460_22315081.jpg

  しかし竹樋にゴミが溜まって十分に水が流れていない
c0108460_22322278.jpg

  樋のゴミ掃除をしたが 殆どが小石であり 中にはコブシ大の石まであった
  これを全て取り除いてやると気分よく水が小川に流れ込んできた
c0108460_22324489.jpg

②うみべの森のビオトープの第2ホースが完全に水が止まっている
c0108460_22334058.jpg

  第1ホースは半分くらいの水量である
c0108460_2234107.jpg

  水源のダムのところは流石に水量が多く流れも強い
c0108460_22345417.jpg

c0108460_22351821.jpg

  第2ホースの取り入れ口は完全に浮き上がってしまっている
c0108460_22355840.jpg

  その上にゴミ防御網が細かい藻で覆われて閉塞状態である
c0108460_2236417.jpg

  中川さんが作り置きしてくれていた ゴミ防御網に取り替えた
  第1ホースの流入口もゴミを除去してやった
c0108460_22371258.jpg

③第2ホースを水道水逆流方式で洗浄→正常に出るようになった
c0108460_22374348.jpg

c0108460_2238488.jpg

  第1ホースも正常に満杯の水が出るようになっている
④第4池の水位が低下している…調べたが水漏れ箇所はない
c0108460_22392582.jpg

  第3池からの水の流入がない
  第2と第3池を詳細に調べたら第2池から場外に水漏れしていた
c0108460_22402031.jpg

  水漏れ箇所を掘り起し バケツで8杯の山土を投入した
  十分に踏み固めたが水漏れの穴が大きいので
  踏み込んだ土がどんどん入り込んでいく
  バケツ8杯分の山土をツルハシで掘り起こし運んでいたら汗びっしょりである
  ついでに近所の水漏れ候補場所にも土を埋め込んだ
c0108460_22411670.jpg
c0108460_22415634.jpg

やはり一人作業は大変で急なことなので会員を呼び出すことも出来ない
作業が終ってビオトープに夕日が入っている状態を見れば疲れも吹き飛ぶ
c0108460_22423413.jpg

最後にに1輪だけ残ったササユリも癒してくれた
c0108460_22432843.jpg

花の広場で一服していたら カニまで挨拶に来てくれた
ベンチの脚の下に巣穴を作ったらしい…クロベンケイかな…?
c0108460_22493534.jpg

by umibenomori | 2012-06-22 22:45 | 2012年活動状況 | Trackback | Comments(0)

[アマモの田んぼづくり]…アマモを育てて海のこともっと知ろう!

平成24年6月20日(水)① 曇り
(12:40~15:00) …阪南市箱作西浜「自然海岸」
  [自然海岸は17日に見せた顔と京都では全く違う
   台風の荒波に底のアオサが全て浜辺に打ち上げられたらしい]
c0108460_2026524.jpg
c0108460_20264912.jpg

大阪府環境保全活動補助事業の助成で実施
活動協力…29名
*大阪府水産課 1名 
*水産技術センター [鍋島先生]
*CAN 2名
*うみべの森を育てる会 11名
*自然と本の会 2名
*大阪府立大学 3名
*大阪コミュニケーションアート専門学校 5名
*日本分析化学専門学校 2名
*日本ミクニヤ 1名
*せんなん里海公園事務所 1名
西鳥取小学校3年生 40名 先生 2名
合計 71名のイベント

12:00 準備班現地集合(CAN・OCA・府大・ミクニヤ)
     …花枝の状況確認・アオサの確認
       危険なゴミ除去・機材準備
13:00 サポート班集合(うみ森・自然の会)
c0108460_2028369.jpg

13:04 スタッフ顔合わせ&段取り説明…[岩井氏]
c0108460_2028727.jpg

13:26 児童到着
     イベント開始挨拶…浜辺
c0108460_2029349.jpg

13:31 アマモ・アオサ等の勉強…鍋島先生
c0108460_20302772.jpg
c0108460_203162.jpg

     児童 海に入る準備
13:47 アマモ花枝採取
c0108460_20313884.jpg
c0108460_20323065.jpg
c0108460_2033396.jpg
c0108460_20333115.jpg
c0108460_2034069.jpg
c0108460_2034333.jpg

     …OCAメンバーでアマモ選別
c0108460_20345743.jpg

14:04 挨拶と注意…[岩井氏]→隣の浜辺へ移動
14:10 海の生き物観察
c0108460_20355434.jpg

c0108460_20362840.jpg
c0108460_2037792.jpg
c0108460_20373344.jpg
c0108460_2038787.jpg

14:33 捕獲した生き物の解説…鍋島先生
      バカガイ・スナモグリ・ダイナンギンポ・アサヒアナハゼ・ニクハゼ・メバル
      スジエビモドキ・キタマクラ・ヨコエビ・ホトトギスカイ・ボタンアオサ 等々
c0108460_2038351.jpg

c0108460_20392515.jpg

14:43 終わりの挨拶&児童のお礼挨拶
c0108460_20395619.jpg

14:45 児童学校へ帰る
c0108460_20402677.jpg

     スタッフ機材等の後片付け
15:00 解散
c0108460_20415618.jpg

「サポーターが10団体29名も集まった
岩井さんの人脈と集客力である
前田先生が児童に「サポーター1人に2名付きなさい
離れてはダメですよ」と云えるはずである
しかし我々の長靴ではアマモのところまでは行けない
逆に水辺から子どもたちを見守っていた
腰まで水に入れる準備をしていたスタッフ15名ほどが
児童に密着して指導していた
c0108460_20423596.jpg

最初は冷たがっていた児童も一度水にぬれると
どんどん深みに入りアマモ採取に熱中していた
しかし実の付いた花枝を採取していた児童は
少なかったようで半分以上は無駄だったようだ
海の生き物観察でも女の子の方が活発だった
ぬれるのに胸一杯に海藻を抱いている子もいた
元気な活発な児童たちであった」
c0108460_2041389.jpg
 
by umibenomori | 2012-06-20 22:49 | その他ボランティア活動 | Trackback | Comments(0)

うみべの森の諸々

平成24年6月20日(水)② 曇り
箱作自然海岸に行くためには うみべの森の前を通る
行き帰りは必ず立ち寄ることになる
あふれ滝はしばらく水も流れていなかったが
今日は轟々と立派な滝になっている
c0108460_21444469.jpg

小川にも十分に水の補給は出来ている
c0108460_21452758.jpg

うみべの森のビオトープにもホースの水は100%出ており
一時水が減少したのも水源の水位が揚がって復元した
土管の流れも樋で受けてビオトープに誘水しているので
普段より多くの水が流れ込んでいる
c0108460_2146218.jpg

しかし第4池の水位が満水でないのは
何処かで漏水が始まっているようだ
うれしいことは6輪咲のササユリで1輪だけが咲いていなかったのが
今日は見事に咲いていた…うみべの森の今年の最後のササユリである
c0108460_21465264.jpg
c0108460_21471295.jpg

オカトラノオも5輪咲いているが花期は終わり
下半分はすでに散り落ちていた
しかし来年からはもっと数が増えることを期待している
c0108460_21474988.jpg

アマモサポートが終わってからも会員はうみべの森に集まり
お茶とお菓子で しばらく反省会とも云えぬオシャベリが続いた
c0108460_2148229.jpg

23日(土)の定例活動日は参加者が少ないので中止とし
7月15日以降に振替活動日を入れることにした
全員が最後のササユリを観賞して満足して帰っていった
c0108460_21525445.jpg
c0108460_21531585.jpg

せんなん里海公園には稀少な植物もある
ヒトモトススキは大阪府では石切神社の近くと
ここと2箇所しか成育していないらしい
今日はそのヒトモトススキの周辺を造園業者が草刈りしていた
阪南市教育委員会の指示のようである
生育場所は阪南市管理地だが 観察はせんなん里海公園側である
知らない者は せんなん里海公園の管理地と思う
c0108460_21493347.jpg

うれしいことに一時衰退が危ぶまれたのが株が増えて3株になっている
ススキの中に生えている藤や野イバラを手刈りでお願いしてきた
〃場所にアイアシも生息しているが 業者はこのことは知らなかった
阪南市教育委員会は細かいことを指示していないようだ
それでも大切に成育を見守りたい植物である
c0108460_214908.jpg

タコ遊園の登り口にクサスギカズラが1株だけ成育している
これは せんなん里海公園も認識していて
草刈りの時も注意してくれているようだ
しかし以前よりは株は小さくなっているように思うが…?
せんなん里海公園で1株だけの存在なので これも大切にしたい植物である
c0108460_2151655.jpg

by umibenomori | 2012-06-20 22:47 | 2012年活動状況 | Trackback | Comments(0)

泉佐野第4ボーイスカウト下部ビバー隊「生き物観察」サポート in 箱作西浜自然海岸

平成24年6月17日(日)① 曇り
c0108460_2325149.jpg

(9:00~11:50) 
参加会員 (12名)
[飯島 飯塚 柴田 立石 傳 中川 西台 原田 松本 三宅 森 森下] 
参加者 16名(子ども 9名 保護者 7名)
昨日の暴風雨は夜中過ぎまで続いていた
しかし天気予報は今日の午前中は曇り 午後は晴れとなっていたのを信じて
対応していたら ピッタリと的中した
子どもたちが楽しみにしているだけに イベントは実施されてよかった!
9:56 ビーバー隊一行到着(南海箱作駅から歩いて来た)
c0108460_23242185.jpg

 [アカクラゲは危険だから触らないようにと注意したら 逆に集まってきた]
c0108460_23295196.jpg
1
0:03     西台代表挨拶
c0108460_2326671.jpg

10:07 生き物探し開始
c0108460_23303466.jpg

     膝より深みに入らないようにと注意したが
     あまり海の中へ入る子どもはいない
     幼い子どももいないので その点 楽である
     うみ森会員も子ども達と一緒になって カニ探しに熱中している
c0108460_23313577.jpg
c0108460_23325246.jpg

     中にはモクズガニに手をはさまれて 痛がっていた会員もいた
c0108460_23334930.jpg

     唯一人海の中でガサに熱中している顧問もいるが…
     お陰で我々には珍しい生き物を捕獲してくれた
c0108460_23352621.jpg
c0108460_2335582.jpg

     今日の子ども達は非常に行儀がよく
     逆にサポーターはつまらないくらいであった
c0108460_23373149.jpg
c0108460_23385768.jpg

11:08 捕獲した生き物の説明…三宅顧問
     三宅顧問が捕獲した魚たちを観察BOXに入れ
     全員に見てもらいながら簡単な説明をする
     途中から傳さんがカニの説明をしていた
c0108460_23405626.jpg
c0108460_23401489.jpg
c0108460_23544730.jpg
c0108460_2355565.jpg

c0108460_23571933.jpg
c0108460_23414520.jpg

11:26 捕獲した生き物をこどもたちの手で海へ帰してやった
     しかし弱っている生き物も多かった…今後の対策が必要
c0108460_23423895.jpg

11:30 子ども達からのお礼の挨拶
c0108460_23433996.jpg

     その後ビーバー隊は少しだけ海で遊んでいた
c0108460_23444365.jpg

     …会員は準備した道具の片付け
「泳ぐには少し早いような天候であり 蒸し暑く感じても汗が流れ出るほどでもない
水につかったようになっていた子どもは一人だけで
c0108460_23452186.jpg

後は石をひっくり返してカニを探すだけで
最初はカニを掴めなかったこどもも 帰る時分にはちゃんと掴めるようになっていた
しかし おとなし過ぎて子どもと接している気分にはなれなかった
16名に12名のサポーターが付きマンツーマンに近い状態で 
あまり緊張感がなかった精かも知れない
たまには こんな楽なサポートがあってもいいのかも…
『うみべの森会員と子どもたちが海辺で遊ぶ』と云う イベントであった」
c0108460_23464899.jpg

by umibenomori | 2012-06-17 22:52 | その他ボランティア活動 | Trackback | Comments(0)

イベント準備

span style="color:rgb(0,0,255);">平成24年6月17日(日)② 曇り
c0108460_231946.jpg

定例活動日(9:00~14:30)
今日の活動内容
1.(9:00~11:30) …箱作西浜自然海岸
  「泉佐野ボーイスカウト:ビーバー隊」
  …『海辺の生き物観察』サポート…12名
2.(11:30~11:50) …箱作西浜自然海岸
  …夏休み工作:小石アート用小石拾い→バケツ 2杯分
3.(12:00~14:30) …うみべの森
参加者 9名[飯塚 柴田 立石 中川 西台 原田 松本 森 森下』
 ①昼食
c0108460_2331719.jpg

 ②「夏休み工作」材料の準備
  *直径10cmの桜の幹を20cmくらいに切断
c0108460_2321555.jpg

  *桜の小枝を30~50cmに切断
  *女竹を5本採集
  *中川さんサンプル製作の竹風鈴上部に
    風車を付けたものが面白そう
 ③里海まつりの焼き芋用薪作り
c0108460_2325494.jpg

 ④あふれ滝樋の掃除
   …昨日の雨で樋にゴミが滞留して 小川に水が流れていない
    ゴミを除去すると小川にどんどん水が流れ込み出した
 ⑤ビオトープ周辺の草刈り
c0108460_2522754.jpg

 ⑥ビオトープの竹樋の調整
   …雨の後はホースより 多くの水を流入してくれる
 ⑦ビバー隊サポートで使った用具の洗浄&乾燥&収納
c0108460_2531148.jpg

 ⑧陸カニ観察の2組に対する対応
   …1組は大阪府立大生で 今年もカニの調査研究をしたいとのこと
「今日新入会員が参加してくれた 阪南市箱作在住の原田さんである
歩くのが大好きで 男性の仕事も大好きと云う頼もしい会員である
今後の活躍に期待したい」
c0108460_2591474.jpg

「昨日の大雨でもビオトープのホースは 順調に水を流入してくれている
 流入口に少々ゴミが溜まっても 2重ガード方式にしてからは
 今までのように直に水が出なくなることはなくなった
 これは大いに助かる
 漏水も今のところは見られず どの池も満水状態である
 カニもベンケイガニが主体でアカテガニは少なくなり
c0108460_234187.jpg

 クロベンケイガニはもっと少ない
c0108460_2343688.jpg

 この辺の現象を府大生に研究してもらいたいものだ
 準会員のショウタ君が大きなカエルを見つけてきた
 あふれ滝竹樋の水受け石臼の近辺にいた
 手でもつかめるし側まで行っても逃げない
 弱っているのかもしれないが
 頭からお尻までで15cmは十分にある大物であった
 ウシガエルだと思うが…定かでない
 都会の子ショウタ君はワイルドである」
c0108460_235431.jpg

by umibenomori | 2012-06-17 22:51 | 2012年活動状況 | Trackback | Comments(0)

平成24年6月度「植物観察」 in うみべの森

平成24年6月14日(木)① 晴れ
c0108460_22115093.jpg

(9:10~12:30) …せんなん里海公園内うみべの森
参加者 「上久保顧問 飯島 柴田 立石 傳 中川 西台 松本」 (8名)
梅雨に入っているが今日は特に上天気である
グリーンカーテンのゴーヤは一部元気だが やや心配な苗もある
補助するために原種の朝顔の苗を10本植え付けた
早くグリーンカーテンが効果を現して欲しい
c0108460_22123768.jpg

ササユリは終わりに近付いている
34輪の大家族も 今日では見られるのは5輪ほどである
c0108460_2215486.jpg

奥の斜面でも15輪ほどしか残っていない
c0108460_221636100.jpg
c0108460_22165864.jpg
c0108460_22172283.jpg

1.[ミーティング:花の広場]
 ①6月20日(水) サポートが急遽入ってきた 西鳥取小学校「生き物観察」
    箱作自然海岸…13時現地集合
   …CAN・自然と本の会との協働サポート
 ②「ささゆりまつり」のエピソード
 ③「夏休み工作」の小石ペイントのサンプル…傳さん担当
c0108460_2221242.jpg

2.植物観察
 …ビオトープ周辺は草刈りをしたばかりで
   まだ草はあまり育っていないので
   ササユリの道から山へ入ることにした
c0108460_22215853.jpg

①オカトラノオ
  …2年前に第2カブちゃんベッド前に1株だけ成育していたが姿を消してしまった
   会員全員が残念がっていたが
   今年新規の場所で4株ほど見付かった かわいい花を咲かせ始めている
c0108460_22234878.jpg
c0108460_22242335.jpg

②ホオズキ
  …第2カブちゃんベッド周辺に数株見られた
   おひさま畑に植えられていたのが ここまで移動したのだろうか…?
   野生種ではないと思うが…
c0108460_22245690.jpg

③ネズミモチ…白い花の最盛期は終わったようである
c0108460_2226834.jpg
 
④カモジグサ・アオカモジグサ・ヤマカモジグサ
  …ヤマカモジグサの葉が途中でねじれて 裏面が表になるのが面白い
c0108460_22271158.jpg
c0108460_22274313.jpg

⑤ナギナタガヤ・イヌナギナタガヤ(外来種)
⑥ジュウヤク(十薬・ドクダミ)
⑦アレチギシギシ
⑧オオキンケイギク・ナルトサワギク(特定外来種)
 …移動&育成:5万円の罰金
  多くの家の花壇で育成されている⇒何とかしなければならない問題である
c0108460_22283938.jpg
 
⑨ヒナギキョウ
⑩キキョウソウ(別名:ダンダンギキョウ)
⑪ヒメシオン(外来種)…ハルジオンとの違い
⑫エビヅル
c0108460_2230779.jpg

⑬オトコブドウ
c0108460_22291664.jpg
 
⑭イチゴツナギ
  …子どもの頃摘んだイチゴをこの茎に刺してつないだ
    我々には経験はないが なるほどと思う
c0108460_2230521.jpg

「上久保顧問は花を見れば直に名前や特徴
花の名前の由来などが次々と出てくる
聞いていると楽しいが 聞くたびにメモっておかないと次々に忘れてしまう
平凡な草で普段見過ごしているものでも その特徴を聞けば なるほどと思うが
単独で見た場合分からなくなるのが困り者」
c0108460_22313834.jpg

c0108460_22321075.jpg
c0108460_2232351.jpg

by umibenomori | 2012-06-14 22:54 | 植物観察会 | Trackback | Comments(0)

「淡輪長生会:ささゆり観察会」  in  せんなん里海公園内うみべの森

平成24年6月12日(火) 曇り・雨
(9:00~11:00) …せんなん里海公園内うみべの森
淡輪長生会のウォーキングの会は毎月第2火曜日が例会らしい
6月は毎年 せんなん里海公園内のうみべの森へササユリ観察に来てくれる
昨年も6月14日に来てくれた
雨模様なので常時が実施するか淡輪福祉センターまで確認に行った
雨に関係なしに元気なシルバーたちがぞくぞく集まっていた
c0108460_1252966.jpg

小雨でも決行を確認して うみべの森へ先行した
花の広場の門扉を開放して受け入れ態勢を整える
ビオトープのホースの水は2本とも順調である
各池は水漏れもなく満水状態で問題もない…やれやれである
c0108460_1265060.jpg
c0108460_1272277.jpg

門扉を開放していると一般のささゆり見学者が 3組9人もやって来た
c0108460_1282088.jpg
c0108460_1284695.jpg
c0108460_1291952.jpg

雨脚がやや強くなり出したがウォーキングの人たちには何でもなさそうである
10時10分頃 淡輪長生会43名が甲斐さんに先導されてやってきた
c0108460_1295047.jpg

ササユリ観察には日にちとしてはやや遅く 7~9日が最適であったが
今では2/3が花の命が終わってしまって 花の広場の斜面に残りわずかの状態である
34輪の大家族も元気な花は14輪である
43名はザーと見終わって スーと帰って行かれた
c0108460_12103414.jpg
c0108460_12105852.jpg
c0108460_12113778.jpg
c0108460_12115753.jpg

ウォーキングには雨はそぐわないが 雨のササユリも またいいものである
c0108460_1274997.jpg
c0108460_12122744.jpg

せんなん里海公園のあじさいも雨にはマッチしている
c0108460_12133319.jpg
c0108460_12135632.jpg
c0108460_12142260.jpg
 
公園事務所ロビーに展示している柴田さんのササユリの写真も見応えがある
c0108460_12172243.jpg

by umibenomori | 2012-06-12 22:56 | ササユリ | Trackback | Comments(0)

平成24年「ササユリ便り第12便」最終便 in うみべの森

平成24年6月11日(月)① 曇り
「ササユリ開花確認」(8:30~9:20) …せんなん里海公園内うみべの森
本日開花 8輪  開花総数 89株 152輪  
本日現在開花中  64輪
開花は昨年の155輪より大幅に減少すると予測していただけに
ほぼ同数になったのは 一安心である
病気の1株3輪の花が咲きそうもない分をを加えれば全く同数の155輪となる
ササユリマンション(大家族)14株 34輪が全て咲いたが
暑さのためかわずかの日数でしおれだした
10輪はすでにしおれたので今日現在は14輪が咲いている
c0108460_22554636.jpg
c0108460_2314118.jpg
c0108460_2321022.jpg
c0108460_2323751.jpg
c0108460_233160.jpg

ささゆりまつりも昨日で終わったが
同時に花の方も終わったようで 見るべき花は少なくなった
  [第143号 No.? 1輪咲き ビオトープ横階段] 
c0108460_22444055.jpg

  「第144号 No.287 1輪咲き あおのべんち」
c0108460_22463393.jpg

  「第145号 No.239 1輪咲き あおのべんち] 
c0108460_2247198.jpg
  
  [第146号 No.48 1輪咲き ササユリの道奥] 
c0108460_22491798.jpg

  「第147号 No.? 1輪咲き ササユリの道中ほど]
c0108460_225141.jpg

  「第148号~150号 No.21 3輪咲きABC ササユリの道中ほど]
   (A・Bは病気のようである C→つぼみ)
c0108460_22544310.jpg

by umibenomori | 2012-06-11 23:42 | ササユリ | Trackback | Comments(0)

平成24年6月度運営委員会

平成24年6月11日(月)② 曇り
c0108460_15385494.jpg

(9:30~12:10) …せんなん里海公園潮騒ビバレー会議室
参加委員…柴田 立石 傳 中川 西台  (5名)
6~7月活動予定の検討
6月12日(火)…「淡輪長生会」ささゆり見学(10:00~10:30)
           立石対応
6月14日(木)…うみ森の植物観察(10:00~12:00)
6月17日(日)…定例活動日(9:30~15:00)
  午前中…「泉佐野台ボーイスカウト・ビバー隊」サポート
        (10:00~11:30)…幼稚園~小学2年10名 大人 10名
         [せんなん里海公園の生き物調査]…箱作西浜(自然海岸)
    9:33箱作駅着で来る予定…会員 9:30現地集合→準備
    (雨天中止の場合は8:30までに西台代表に連絡がある)
   (11:30~12:00)…自然海岸でお絵描き材料の小石拾い
  午後…定例活動日…アーチ・テーブル・ベンチへの防腐剤塗り
c0108460_15392479.jpg

6月20日(水)…「西鳥取小学校」(生き物観察)サポート
    自然海岸でアマモ植え付け・地引網後生き物観察
    (現在未確定)…17日定例活動日に連絡します
6月23日(土)…定例活動日(9:30~15:00)
   夏休み工作の材料集め&製作・準備・サンプル製作
7月3日(火)…定例活動日(9:30~15:00)
   ①孝子の森へ孟宗竹・真竹を貰いに行く
   ②夏休み工作の材料集め&製作・準備・サンプル製作
7月9日(月)…運営委員会(9:30~12:00)
c0108460_15401356.jpg

7月12日(木)…うみ森の植物観察(10:00~12:00)
7月15日(日)…定例活動日(9:30~15:00)
   ①おにぎり広場周辺の草刈り
   ②夏休み工作の材料集め&製作・準備・サンプル製作
7月28日(土)「夏休み工作」(10:00~12:00)
         (うみべの森で自然工作)…雨天決行
  …試作品を何点か製作し 好きなものを作ってもらう
   竹細工コーナー…竹風鈴・こっぽり・カタツムリ等 
   お絵描きコーナー…名札に絵を描きいろんなものを貼り付ける
                小枝ストラップ作り…木の枝の皮むきから
                石ころにお絵描き…箸置き等
                (アクリル絵の具で描きクリアーニスを塗る)
   木っ端クラフト…樹木や板や種々の木っ端を組み合わせる
  …会員には弁当を準備する予定
c0108460_15414843.jpg

8月7日(火)定例活動日・9日(木)植物観察・13日(月)運営委員会
  19日(日)定例活動日…は夏期休暇
8月25日(土)…定例活動日(9:30~15:00)
  カニカニウォッチングの準備
9月1日(土) イベント「カニカニウォッチング」
その他の事項の検討
1.「ささゆりまつり」の反省
 ①門扉を開けて当番制での対応は成功…継続
   1日~10日…400人以上の来訪があった
 ②(松本・柴田担当)6:00~9:00 …来訪者が一番多い
    特定の者に集中した当番制であった
 ③1日を分割し時間リレー当番制を検討
 ④ササユリの開花株数は減少 開花数は変わらない…多輪咲が増加
 ⑤「花の広場へ自由にお入り下さい」
   「ササユリの道はこちらです」のポスターを作る必要あり
 ⑥その他の詳細分析は後日
c0108460_15442136.jpg

2.ビオトープのホタル観察の報告
  …ヘイケホタルは今年は50匹以上確認
    会員や知人対象の鑑賞会を企画する必要がある
(11:40~13:10)…[花の広場](運営委員全員)
①ささゆりまつりの吊り看板&案内板の撤去
②案内板を分解し釘抜きなどして材料を納める
③物置の整理   
c0108460_1543161.jpg

by umibenomori | 2012-06-11 22:58 | 運営委員会 | Trackback | Comments(0)