人気ブログランキング |

『うみべの森を育てる会』ホームページ

umimorihp.exblog.jp

<   2012年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

平成24年「ササユリ便り」第3便 in うみべの森

平成24年5月31日(木) 曇り
(11:00~14:30) …せんなん里海公園内うみべの森
c0108460_22261763.jpg

ささゆり開花確認に うみべの森へ出掛けた
到着すると目的以外の作業が忙しくなった
1.「プレささゆりまつり」(11:00~12:30)
c0108460_233737.jpg

  到着と同時に来客が次々に来る
c0108460_231391.jpg

  ささゆりの観賞が目的のリピーターが多い
  6人組 3人組 2人組 1人と5組14人への応対におおわらわであった
c0108460_22265361.jpg

  しかし うみ森のささゆりを自慢し続けるのだから気分はいい
  ささゆりだけでなく真っ赤な野イチゴにも興味を示してくれた
c0108460_2334739.jpg

  和歌山から来たシルバーご夫妻は2人とも一眼レフカメラを持ち
  奥様が何かと指導しながらササユリやホルトの赤い葉など写していた
  定年後奥様の趣味に同調したのだと思うが なかなかいい姿である
c0108460_2323763.jpg
c0108460_22273190.jpg

  殆どの人たちがササユリの道を巡回して堪能してくれた
c0108460_2314643.jpg

  29輪咲く予定のささゆりマンションをミに来たいと云って帰って行かれた
  なんだかうれしくなるひと時であった
c0108460_2228299.jpg

…柴田さんは朝6時30分よりうみべの森へ来ており
  10数人のササユリ鑑賞者へ対応したとか
  途中で松本さんも参加して 9時ごろまで対応してくれた
2.「ササユリ開花確認」(12:30~13:00)
  [第10号 No.34 3輪咲きB ササユリの道中ほど]
c0108460_22294161.jpg

  [第11号 No.? 1輪咲き ササユリの道中ほど]
   …調査漏れで番号支柱がないが 清楚なササユリらしいささゆりである
c0108460_2230730.jpg

  [第12号・13号 No.92 2輪咲き 第1群落]
c0108460_22304475.jpg

  「第14号 No.77 3輪咲きC 第1カブちゃんベッド上]
c0108460_22312992.jpg

  「第15号 No.81 1輪咲き 第1カブちゃんベッド上]
c0108460_2232753.jpg

  [第8号・第9号・第18号・第19号 No.44 4輪咲きABCD ササユリの道奥]
   昨日柴田さんが助けてくれたササユリは今日はしおれていた
   抱き起こした時に折れ目の傷が大きくなりわずか皮だけでひっついていた
   やむを得ず事務所へ持ち込み花瓶に活けてもらった
c0108460_2233260.jpg

  「第17号 No.68 1輪咲き 第1カブちゃんベッド下]
   ツルを取り外し作業の時に折れ…事務所の花瓶で開花している
c0108460_22333542.jpg

3.ビオトープの水漏れ箇所補修(12:30~14:30)
 ①第4池の水が殆どない…昨日見付けた縦穴の先が大きく穴が空いて
   水がどんどん流れ出している
c0108460_2342633.jpg

   このままほって置けないので一人作業に入った
   漏水穴周辺を掘り起こして周りに土手を作り水を一旦止める
   掘り起こした穴に土を入れて踏み固め暫定漏水補修をした
c0108460_2345761.jpg
c0108460_2351858.jpg

 ②第3池の水位が低いので第4への流入口を嵩上げした
c0108460_2354221.jpg

 ③第1池が漏水して第2池に入っているので問題ないが
   そのまま地下水脈へ流れ込まれたら困るので一応漏水補修した
c0108460_236770.jpg

 ④ナガバオモダカの駆除
   前回の駆除作業で残った10株ほどをレーキで掘り起こして駆除した
 ⑤ヤンマが池で死んでいた…前回も死んでいたのを見た
    何故ヤンマが再々死んでいるのだろうか…?
c0108460_2383596.jpg
 
by umibenomori | 2012-05-31 23:30 | ササユリ | Trackback | Comments(0)

平成24年「ササユリ便り」第2便 in うみべの森

平成24年5月30日(水) 曇り
(11:30~12:40) …せんなん里海公園内うみべの森
ささゆりが咲き出すと多忙になる
毎日開花を確認している
今日も柴田植物リーダーとうみべの森で合流した
気になり出てくる時間帯が同じのようである
うみべの森のササユリは多子高齢化のようだ
昨年まで元気だった株が今年は出てこないか幼葉が出ているかである
その代わり1枚か2枚の幼葉の数がずーっと増えている
昨年は102株154輪だったが 今年は開花株は少ないかもしれない
しかし3~4年後は楽しみではある

 [第2号・6号 No.77 3輪咲き 第1カブちゃんベッド上]
c0108460_20272478.jpg
 
 [第7号 No.109 1輪咲き 通路海側の山]
c0108460_20311751.jpg
 
 [第8号・9号 No.44 3輪咲き ササユリの道奥]
 …私は気付かなかったが柴田さんがこの辺にも昨年は咲いていたと
  探したら倒れて地上で咲いていた
  茎が折れているが半分生きているので木にくくりつけた
c0108460_20344527.jpg
c0108460_20352236.jpg
c0108460_2035531.jpg

第5号 No.34 3輪咲き ササユリの道中
  昨日よりしっかりと開花した 蕾の赤色が特徴である
c0108460_2038459.jpg

 相棒の1輪は蕾が開花しだした
c0108460_20394248.jpg

この隣の No.37は折られている…虫ではなく人間が折ったように思う
 やや小ぶりの1輪咲きの蕾だったが…
c0108460_20444490.jpg

第1群落の2株も今にも咲きそうである
c0108460_20474364.jpg
c0108460_2048449.jpg

15株28輪の蕾が見られるささゆりマンション
c0108460_2135147.jpg
c0108460_2142311.jpg

by umibenomori | 2012-05-30 23:28 | ササユリ | Trackback | Comments(0)

平成24年「ささゆり便り」第1便  in うみべの森

平成24年5月29日(火)① 曇り
c0108460_21275750.jpg

(11:30~14:00) …せんなん里海公園内うみべの森
昨日は 「大人の林間学校」で孝子の森へ行っていて 
うみべの森へは来れなかった
朝から気になり うみべの森へ行き うみべの森全体を見て廻った
c0108460_2128375.jpg

開花は3輪で 蕾がたくさんある…明日が楽しみである
第1号開花の名誉を与える判定は困難であるが
今年はダークホースが出てきたようだ
c0108460_21294358.jpg

第2カブちゃんベッドの道路を挟んだ向かいの群落のNo.99番である
…開花して日にちが経っており花も傷んでいる
おそらく27日には開花したものと思う…場合には25日かも…?
案外今までよりも違った株が頑張っているようだ
c0108460_21303698.jpg

昨年素晴しい花を咲かせた株が今年は全く姿を見せないのも多々ある
盗られたのではなく寿命と判断した方がよさそうだ
 [第2号 No.77 3輪咲き 第1カブちゃんベッド上] 
c0108460_21332346.jpg
c0108460_21335082.jpg

 [第3号 No.46 1輪咲き ササユリの道奥山] 
c0108460_21375596.jpg

 [第4号 No.91 1輪咲き 通路海側]
c0108460_21395323.jpg

 [第5号 No.34 3輪咲き ササユリの道中間]
c0108460_21412869.jpg
c0108460_2142350.jpg

出てくれば何かと細かい作業はある
①「ささゆりまつり」の吊り下げ看板が一箇所に固まっていた
  …竹棹で元のようにもどした
c0108460_21423925.jpg

②半わりドラム缶を奥の場所へ移動
③ささゆり展望台が何箇所かガタガタする
  位置を移動して動かないように設置し直し
④あふれ滝の水が増えているが樋にゴミが詰まって
  小川には流れ込んでいない
c0108460_21431914.jpg

  藻がへびりついているので手で取る以外にない
  斜面に足を掛けてぶら下がるようにして作業したが
  足が滑って滝つぼに落ちてしまった
  深くはないので問題ないが長靴の中まで水浸し
  滝の飛沫は掛かるはで前身びしょぬれになってしまった
  それでも小川に水が流れ込むようになると満足感を感じる
c0108460_21435467.jpg

柴田さんも途中からやってきたが 花用毛虫殺虫剤を買って来ている
昨日1缶使い切ってササユリの毛虫退治をしてくれた
今日は残りの作業をするとのこと
うみべの森は個々に出てきての一人作業も結構してくれている
自宅での宿題作業もあるし…
作業日が少なくても こんなことでなんとかやっていけているのだと思う
c0108460_21585425.jpg

by umibenomori | 2012-05-29 23:27 | ササユリ | Trackback | Comments(0)

ホタル舞う in うみべの森ビオトープ  by (TATE-misaki)

span style="color:rgb(0,0,255);">平成24年5月27日(日)② 晴れ
c0108460_2211280.jpg

(20:10~20:50) …せんなん里海公園内うみべの森ビオトープ
昨日 中川さんからうみべの森のビオトープに
昨年と同じくヘイケホタルが現れたとメールを貰った
途端にそわそわしだして今日の暗くなるのが待ち遠しかった
昨年は6月7日・8日に確認したのだから 今年は10日早い
自転車で20時過ぎに家を出て せんなん里海公園へ向う
うみべの森は流石に真っ暗で わずかの燈でほのかに道が見える
ビオトープを見ると 「光ってる!!」
1匹がふんわりと第3池の上を飛び
枕木の通路に下りてきた
早速このホタルを捕まえて写真に写した
c0108460_221356.jpg

しかし飛んでいるのを見たのはこの1匹だけで
後は草むらや通路の枕木の上で光っている
c0108460_222184.jpg

通路に何匹もいるので うっかり歩けない
それでも注意深く一周してみたが
第1池近辺に10匹くらい
第2~4池周辺に各2~3匹光っていた
全部で15~6匹は確認できたようだ
c0108460_2234449.jpg

真っ暗な中でホタルの光のみで いい気持ちになっていても
時々南海電車が通る燈が邪魔になる
昨年に続いてホタルが現れたのはうれしいことである
c0108460_2241319.jpg

by umibenomori | 2012-05-27 00:20 | その他ボランティア活動 | Trackback | Comments(0)

ささゆりまつり準備

平成24年5月26日(土) 晴れ
c0108460_18461539.jpg

定例活動日(9:10~15:00) …せんなん里海公園内うみべの森
参加会員 9名
[飯島 川岡 柴田 鈴木 立石 傳 中川 中出 西台 森]
今日の活動内容
「ささゆりまつり準備」
1.花の広場奥の観覧踏み台の整備&その周辺の草刈り&掃除
  …観覧踏み台にしていたBOXが腐ってしまった
   取り外し分解して薪にした
c0108460_1847986.jpg

   新規に板とビール箱で設置
   従来の枕木製の踏み台も整備
   周囲の草も刈払機で刈り取り
c0108460_18474011.jpg

2.「ささゆりまつり」の吊り看板をうみ森アーチに取り付け
c0108460_18481555.jpg

3.ささゆり案内板の製作とポスター貼り付け&設置
   コンパネに枠を取り付け脚を付けてアーチ横に設置
   そこに各種案内ポスターを貼り付け
c0108460_18491896.jpg
c0108460_18495396.jpg
c0108460_18501646.jpg

4.ビオトープ排水路の大補修
   ササユリの道の入口の橋が土台の土を削り取られて落下寸前である
   枕木の橋を取り外し近辺の土を掘り起こし
c0108460_18505446.jpg
c0108460_18512230.jpg

   側面には敷石をならべ杭を打ち込んで固定
c0108460_18521027.jpg

   水路も掘り起こして石やゴミを除去
   小川に流れ込んでいた土砂を掘り上げて敷石の内側を埋め込む
   橋までの道も凸凹であったが土留めをして土を入れて平らにした
   河川改悛・橋設置・護岸工事・走路整備と我々にとっては大土木工事であったが
   何とか水が正常に流れるような工事が出来た
c0108460_18524940.jpg
c0108460_18532741.jpg

5.古木桜周辺の草刈り
c0108460_1854632.jpg

6.物置の整理
   何かイベントがあると持ち出して終了後はそのまま整理せずに放り込んである
   その都度ゴチャゴチャになる
   整理しながら収納する習慣を付けたいが
   今のところはイベント終了後は疲れて それだけの時間をかけるゆとりがない
   なんとか考えねばならない問題ではある
c0108460_18543644.jpg

7.ささゆりの保護
   倒れて横に伸びてひょろひょろになっていたのを支柱を立てて救出
c0108460_1855991.jpg

8.ささゆりの毛虫取り
   今年は花に沢山の毛虫が付いている
   花の殺虫剤の購入をする必要がある
   それまでの間割り箸で手動摘出作戦
c0108460_18553536.jpg

9.[ミーティング:花の広場]
   夏休み工作の内容検討
   [ネイチャークラフトバイキング]
   各種見本と材料を揃えて自由に選択してもらう
   見本を見れば発想が出てくるのでは…
by umibenomori | 2012-05-26 00:27 | 2012年活動状況 | Trackback | Comments(0)

箱作小学校4年学習サポート          「田山川の水生生物観察」

平成24年5月24日(木) 曇り
うみべの森を育てる会
箱作小学校4年学習サポート「田山川の水生生物観察」
c0108460_18135779.jpg

(12:10~15:40) …田山川流域
うみべの森を育てる会参加会員 14名
[飯島 飯塚 酒井 柴田 杉本 鈴木 立石 傳 中川 細井 前田 松本 三宅 盛]
箱作小学校4年生 47名 先生4名
中流(国道26号線山側:元つり師奥)と
河口(せんなん里海公園内あゆみ橋下)の2箇所に分かれて観察する
昨年までは下流(遊来の滝)でも観察したが
大きな岩石が落ちていたり 下りる道の整備が不完全だったり
生き物が極端に少なくなっていることもあって今年からは ここを中止した
うみべの森を育てる会会員も2箇所に手分けしてサポートする
2箇所になったのでサポートの人員が増えたことは
学校側もうみ森側も両方にとってプラスである
事前に中川さんが立ち入る場所のイバラや草刈りも済ませてくれていた
サポート前の準備に両方のリーダーが必要な用具を
花の広場の倉庫へ取りに集まって来ていた
c0108460_18152158.jpg

1.田山川中流(28号線より山側・元つり師奥)…(12:10~15:00) 
  …児童 24名 先生 2名
…うみ森 6名[飯島 中川 杉本 細井 傳 前田]
(水量が多く堰の近くは昨年と地形も変わり
岸になっていた土も流出してなくなっており その近辺は深くなっている
水深を少しでも浅くするため堰の水門をバールで少し広げて
水の排出を多くし10cmくらいは低くした)
c0108460_18161279.jpg

13:10 児童到着
c0108460_18164667.jpg

(水に入っても良い靴に履き替え)
  飯島リーダーの挨拶と注意事項
c0108460_18182819.jpg
c0108460_18185717.jpg

  今日の水温23.5度
堰の近くは水量が多くて少し深いので 
堰を越えて向かい側の護岸の上を通って奥へ行き
c0108460_1819561.jpg

やや浅瀬のある一部分だけで観察させることにした
水温は高いようだが実際の山すその水は冷たいらしく
「冷たい!」と云いながら最初の内はなかなか水に入れずにいた
c0108460_18204728.jpg

あとは生物捕獲に熱中して水の冷たさも忘れている
c0108460_18213573.jpg

c0108460_18221946.jpg

水温が低いだけに生き物の捕獲はやや困難のようであった
しかしアカハラヤモリを3匹捕獲できたのは初めてである
c0108460_21285060.jpg

魚はカワムツだけでスジエビ ヌマエビ カエル カワニナ 
カワゲラ イシマキガイ 他にはトンボのヤゴが多かった
カワトンボ オニヤンマ コオニヤンマ モンカゲロウ等を捕獲できた
c0108460_21291973.jpg
c0108460_212938100.jpg

c0108460_18233211.jpg
c0108460_18284076.jpg

2.田山川河口(せんなん里海公園内あゆみ橋下)…(12:10~14:50)
  …児童 23名 先生 2名
…うみ森 7名[柴田 三宅 酒井 盛 鈴木 松本 飯塚]
c0108460_2123232.jpg

水温 22℃
潮の引いた干潟で多種類のカニやエビ 小魚等を捕獲した
トンネルの近くまで水の中をジャブジャブと行っている
c0108460_213113.jpg

今年は海への出口のトンネル近辺に子ども達は多く集まっている
c0108460_2135526.jpg

特に元気な女の子が多く生き物よりも水にぬれることに
大きな喜びを感じているのでは…?
c0108460_2152388.jpg
c0108460_2155419.jpg

パンツからシャツまでぬらした児童もいた
大きな網で熱心に生き物採集に頑張っている児童も多い
c0108460_216319.jpg
c0108460_2184697.jpg

サポーターでガサが得意な会員も何人かいて
大きな魚や大きなモズクカニも捕獲していた
c0108460_2175850.jpg

カワアナゴ スズキの稚魚 ボラの稚魚 カワフグ
アベハゼ ミミズハゼ クロヨシノボリ 等々
小魚では特にチチブが多かったようである
イシマキガイ モクズガニ サワガニ 等々
今年は割合に熱心に話を聞いていたようだし
c0108460_2194020.jpg

質問も多く魚専門家がカニの質問を受けて
困っている姿もあった
採集した生物は説明後 全部川に逃がした
c0108460_21118100.jpg

最後に全員でゴミ拾いをして
自然を汚さない環境教育も実践していた
c0108460_211148100.jpg

急な石垣の登り下りには うみ森でロープを張って手助けしていた
c0108460_21135997.jpg
     
「今年は全員が牛乳パックや網を持参し
生き物を捕獲しても直ぐに容器に入れていた
川の汚れや 川底のヘドロ等には あまり厭わず
冷たい水の中でも水遊びを喜んでいた
小さなカニの子どもに愛着を持ち
何かと質問している姿もいいものである
c0108460_21102520.jpg

今年は特に回答者が困るような質問も多く
好奇心の強い子と遊び半分の子と
二極に分かれていたような気がする
しかし 生き物の種類や数が年々減少し
小型化しているのは 
やはり気になる現象ではある」
c0108460_21143716.jpg

by umibenomori | 2012-05-24 00:31 | 小学校サポート | Trackback | Comments(0)

箱作小学校1年学習サポート」

平成24年5月22日(火)① 曇り
箱作小学校1年学習サポート
「自然とのふれあい」

うみべの森を育てる会会員参加者
[飯島 飯塚 生熊 甲斐 杉本 柴田 立石 傳 
中川 中出 細井 松本 前田 盛]  (14名)  
児童 38名 先生 3名 保護者 4名
(8:10~12:10)
(8:10~9:25)
うみべの森花の広場に集合(ミーティング)
1.4班の担当者選任
2.本日の詳細な段取り打ち合わせ
  ①全員同一行動とし 1班から順に動く
  ②枯葉集めはふかふか小径中心
  ③カブちゃんベッド作りだけ班行動とする
c0108460_1784275.jpg

3.事前準備
  ①ホダギ40本を花の広場から第2カブちゃんベッドまで搬送⇒一輪車
    (ホダギは森さんが20日活動日終了後に
     古野しいたけ栽培所へ貰いに行き花の広場まで運んでくれた)
c0108460_179229.jpg

  ②カブトムシ幼虫4匹づつをバケツ4個に移動
c0108460_1794871.jpg
c0108460_17114981.jpg

  ③バケツ15個・プラセミ15個・スコップ等の準備
  ④昆虫ゼッケンを全員が装着
  ⑤おにぎり広場のテーブルやベンチの掃除
  ⑥お絵かき用材料の準備&3テーブルに配置
c0108460_17104266.jpg

  ⑦蚊取り線香12本を各所に配置
  ⑧第2カブちゃんベッド製作者看板作り
c0108460_17111199.jpg

(9:27~11:03)…総数 45名参加
9:27児童到着…うみ森おにぎり広場に集合
  リック等荷物を置き手袋を持ち  4班に分かれて並ぶ
c0108460_17123449.jpg
c0108460_17125769.jpg

9:35 中川(うみ森副代表)挨拶
c0108460_17133589.jpg
c0108460_17142054.jpg

    「サポーターの会員の自己紹介」
c0108460_17163152.jpg

    「カブト虫のお話」…細井リーダー
c0108460_1715520.jpg

9:47 全員1班から順番にうみ森散策&落葉拾い
  ビオトープ→くぬぎ林→川土手→
c0108460_17174861.jpg
c0108460_17182134.jpg
c0108460_17185398.jpg
c0108460_17194842.jpg

  ふかふか小径…全員落葉を買物ビニール袋へ入れる
c0108460_17201870.jpg

   大きな袋に目一杯詰め込んで運ぶ元気な子もいた
c0108460_17205383.jpg

  第2カブちゃんベッドへ移動
10:05 第2カブちゃんベッドで4班に分かれる
  …カブト虫幼虫観察
c0108460_17231926.jpg
c0108460_17241573.jpg
c0108460_17244369.jpg

10:10「カブちゃんベッドを作ろう!!」
   枯葉→チップ→ホダギ4本
   2回ほど繰り返して1番上にはホダギを沢山並べて覆う
c0108460_1726092.jpg

  …1m×1m×高さ70cmのベッドを
    瞬く間に完成させてしまった
    チップを競争で運んでる班やバケツリレーしている班や
c0108460_1727922.jpg

    まちまちだがそれぞれ頑張っている
    チップの中からカブトムシ幼虫が8匹も出てきて
    児童たちは大喜び→保護者からは悲鳴!
    ホダギを一人で2本も運んでいる児童もいた
c0108460_1732529.jpg
c0108460_17274887.jpg
c0108460_1733530.jpg
c0108460_17311998.jpg
   
10:30 木のプレートにお絵描き…花の広場
    最初は何を書こうかなと迷っていたが
    それぞれ得意の絵や模様を書き出していた
    描き終ると散らばっているマジックを集めて
    片付ける躾けのよい子ども達であった
c0108460_17351475.jpg
c0108460_17355383.jpg
c0108460_17363211.jpg

c0108460_1737540.jpg
c0108460_17373886.jpg
c0108460_1738870.jpg
c0108460_17385186.jpg

c0108460_17393275.jpg

11:01 お礼の挨拶
c0108460_1740958.jpg

11:03 子ども達小学校へ帰る
c0108460_1741153.jpg

11:03~後片付け作業&ミーティング
 1.ホウノキの開花を観察
c0108460_1742438.jpg
c0108460_17424121.jpg

 2.24日箱作小学校4年学習サポート出席者確認
 3.持っていく用具の確認
 4.現場での作業内容確認
by umibenomori | 2012-05-22 00:38 | 小学校サポート | Trackback | Comments(0)

草刈り&セミのミイラ?

平成24年5月20日(日) 曇り
c0108460_18343034.jpg

(9:20~15:00) …せんなん里海公園内うみべの森
参加者…(9名)[飯島 川岡 河原 杉本 立石 中川 前田 松本 森]
…午前中だけの会員 3名 午後だけの会員 1名→実質7.5名である
今日は阪南市の美化行動の日であり 岬町の町民体育祭の日でもある
そのために集合時間を何時もより30分遅らせたが 集まる人数は少なかった
しかし22日のサポートの準備が出来ていないので強行せざるを得ない
少人数ではあったが全員よく動いてくれて
22日のサポートの準備は整ったように思う
c0108460_18351166.jpg

今日の活動内容
1.草刈り…刈払機 4台駆動
  ①ビオトープ周辺
   …池の水が見えないくらい草に覆われ
     山野草も種々あったが少しは犠牲にした
c0108460_18354723.jpg

  ②おにぎり広場周辺
   …テーブル周りは問題ないが後方が高い草で覆われており
    ヘビなどが隠れる場所がないように広範囲に刈り込んだ
c0108460_18365880.jpg

  ③第2カブちゃんベッド周辺
   …子ども達にベッドを作ってもらうのに
    その周りが笹がはびこっている  これを全て刈り込んだ
c0108460_18375540.jpg

  ④通路
   …おにぎり広場から第2カブちゃんベッドへ
    行く通路の両側が草で覆いかぶさっている
    通路の端までは刈り込んだ
c0108460_18385714.jpg

  ⑤クヌギ林から川岸通路まで
   …子どもたちを散策に案内する道筋を 広範囲に刈り込んだ
c0108460_18393435.jpg

  ⑥おひさま畑
   …ヨモギやセイタカアワダチソウが目立つ
    カラス野エンドウはアリマキに取り付かれて 殆ど枯れている
「22日の箱作小学校1年学習サポートに
  間に合わせるよう 各所の草刈りを優先した
  プロ用刈払機を2台購入したので 威力を発揮してくれて少人数でも
  十分の作業が出来た」
2.ビオトープのカナダ藻の駆除
  …底に根を張っているので 取り除くのが大変で取り除いても
   根にヘドロが付いており ヘドロ上げと同じ状態であり
   河原さんなどは一輪車で運び出すため ズボンやシャツをどろんこにして大活躍
c0108460_18435141.jpg
c0108460_18441813.jpg
c0108460_1844534.jpg

3.山土の搬送
   箱作自然海岸の山手の集積場から 山土を軽トラダンプ1車分を
   アーチの側まで運び込んだ
   …石積み用と小川土留め用に使う
c0108460_18454323.jpg

4.毛虫駆除
   通路の上の樹木の毛虫を主体に ジェット殺虫剤を散布して
   子ども達の頭の上に落ちてこないよう対応
5.落葉かき集め
   子ども達に落葉を拾い集めて カブちゃんベッドを作らすため
   ふかふか小径の斜面とおにぎり広場などの落葉をかき集めた
c0108460_18465916.jpg
c0108460_18474716.jpg

6.薪割り
   先日来のコナラの倒木の薪化が残っている
   大斧を使っての作業は誰でも出来ない
   今は松本さんの専売特許になってしまった
c0108460_1848239.jpg

7.小川の水路整備
c0108460_18493143.jpg

8.うみべの森の自然観察
 ①ホウノキに3輪の蕾が見られた 高い木の上部に咲いているので
   下からは見えない→枝を引っ張って観察
c0108460_12404518.jpg
c0108460_12411585.jpg

 ②小川にギンヤンマが死んでいた…原因は?
c0108460_18515564.jpg

 ③アオノベンチ付近でセミのミイラを発見
   おそらく昨年の夏から木に止まったまま 死んだものらしいが 
   小鳥やアリなどの被害がなかったのが不思議である
c0108460_18525415.jpg
c0108460_18533549.jpg

by umibenomori | 2012-05-20 00:39 | 2012年活動状況 | Trackback | Comments(0)

「箱作自然海岸清掃」・・・主催「自然と本の会」

平成24年5月19日(土) 晴れ
1.「箱作自然海岸清掃」(9:10~11:00) …参加 総計34名
  …うみべの森を育てる会会員参加者 10名
   [飯島 飯塚 酒井 柴田 鈴木 立石 傳 前田 松本 三宅]
c0108460_21542270.jpg

自然と本の会 主催 
うみべの森を育てる会 協力
第五管区海上保安本部 協力
c0108460_21552816.jpg

箱作西浜海岸は泉南地区では数少ない自然海岸のひとつである
我々は毎年 箱作小学校2年学習サポートに使っている
今年は6月1日(金)の予定だ
そのために「自然と本の会」の清掃取組みは ありがたい
本来なら我々が主催しなければならい作業である
c0108460_21583050.jpg

…9:30集合であるが集合時間前に来た者から
次々と流れ清掃作業を始めている
今年も第五管区海上保安本部も参加している
親子ずれも参加しており幼児も2人も参加してくれた
c0108460_220125.jpg

人数が多いと作業も捗る
海岸はずいぶんきれいになったと感じる
ゴミも大きな物は少なく 掃除の必要性を感じなかったくらいである
c0108460_221323.jpg

しかし拾い始めると何かと出てくる…タイヤやホイルまである
松本さんなどは水の中のゴミまで拾い出している
c0108460_2222369.jpg

プラスチック関係のゴミが一番多い
漁業用のロープなどは砂に埋まっていて引っ張り出せない
それでも何本かは引き出していた
こんな時はやはり若者の力が必要になる
c0108460_223116.jpg

わずかの時間にゴミ袋30杯以上は集まった
c0108460_2234356.jpg

ハマヒルガオの花が最盛期であるが ハマダイコンが半分ぐらい領地を侵食している
c0108460_2242883.jpg

侵食しているハマダイコンの引き抜きと草取りも始っていた
c0108460_225079.jpg
c0108460_2252438.jpg

2.うみべの森の作業[立石]…(11:10~12:00)
c0108460_2255398.jpg

①ゴーヤの水やり
②ゴーヤのネット張りの工法検討…材料の材木と竹などの確認
③うみ森内のチェック…ビオトープ周辺とおにぎり広場周辺の草の伸びが大きい
   明日の作業の第一優先の必要あり
c0108460_229314.jpg

④ビオトープの2本のホースからの水の流入は問題ない
  しかし池全体の水の量が少ない→特に第4池は通常の半分以下である
  詳しく点検すると流れ出ている水音に気付き 調査すると1箇所から大量に
  池の下の水脈に流れ出ていた
  スコップで穴の付近を掘り起こし粘土で仮止めをした
  明日の作業で十分に補修予定
c0108460_2210171.jpg

⑤ツルニンジンの周辺の草引き
⑥うみべの森のアーチの点検
    正面から見て右側の柱の根元がシロアリにやられて大きな空洞になっている
    このままでは危険なので公園事務所と対策を検討したい
c0108460_22102395.jpg

c0108460_22105276.jpg

by umibenomori | 2012-05-19 00:41 | その他ボランティア活動 | Trackback | Comments(0)

ゴーヤでグリーンカーテン   by (TATE-misaki)

平成24年5月9日(水) 曇り
c0108460_21361772.jpg

朝食後は雨が止んでおり 明るい空になってきた
あわてて準備してオープン二輪車で出掛けた
せんなん里海公園事務所で 
お願いしていたゴーヤの苗を5株も買ってくれてある
「生ものだから冷蔵庫へいれときましょうか?」と云われると
イヤでも直に対応せざるを得ない
花の広場の我々のたまり場は夏は西日で居辛い
今年は西側の面全体にゴーヤのグリーンカーテンをしてはと
公園事務所へ相談したら 即日苗を購入してくれた
植え込みは花壇に直植えするつもりで
スコップで掘り出したが花壇の軟らかい土は5cmほどで
下は岩のように固く 砂利交じりの山土で
スコップの深さに掘るのに汗だくになった
これを5個も掘るのだから完全な重労働である
c0108460_21365992.jpg

今日は香の会の定例活動日であり
美人会員?の皆さんとおしゃべりしながら
必要な腐葉土とマグアンプKを入手した
これを土に混ぜながら5株のゴーヤを植え付け
たっぷりと水をやり一段落である
c0108460_21374188.jpg

後はネットを張る作業があるが ネットは公園事務所の在庫分をゲットしてある
これで今年の夏は出費なしで涼しく過ごせるはずである
c0108460_21382492.jpg

うみべの森のビオトープの水の流入は順調である
ヤンマもよく遊びに来てくれている
見慣れない水草が花を咲かせているが
このままほっておいてよいものかどうか分からず やや不安ではある
c0108460_21393771.jpg

森は「目に青葉」であるが 草もそれなりに青々と元気であり
次回の草刈り作業が大変である
c0108460_21401647.jpg

シロバナタンポポの種を沢山貰っている
原産は白浜であり 岬町で3年ほど育った花の種なので
うみべの森に移殖しても問題ないだろうと判断し
黄色タンポポの近辺に蒔いてやった
c0108460_214113100.jpg

孝子の森から移殖したツルニンジンが1本 花の広場で育っている
同じくオカトラノオもおひさま畑で10株くらい芽を出した
植物の移植は原則的にやりたくないが
在来種の数の少ない分は保護する意味もあってテストしている
自慢のノアザミの群落は今が見ごろである
刈払機を持った会員も ここだけは刈らずに残している
一人で作業して一人で散策するのもいいものである
c0108460_21414716.jpg

by umibenomori | 2012-05-09 00:44 | 2012年活動状況 | Trackback | Comments(0)