人気ブログランキング |

『うみべの森を育てる会』ホームページ

umimorihp.exblog.jp

<   2010年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

定例活動日:テーブルのリニューアル

平成22年2月27日(土) 曇り
c0108460_1882899.jpg

(9:30~15:00) …せんなん里海公園内うみべの森
参加会員…7名
本日の活動内容
1.ビオトープ流入ホースのヘドロ洗浄…水道水逆流
   昨日の雨で川は増水し あふれ滝の勢いも凄いものである
   しかし ホースの半分しか水が出ていない
   洗浄後はたっぷりと出だした
   4面の池が現在は満水状態である
c0108460_189074.jpg
c0108460_1892029.jpg

2.しいたけ栽培棚作り
   カブトムシ幼虫の餌に「古野しいたけ栽培場」から
   たくさんの廃棄ホダギを森君が貰ってきていた
   軽トラで3回も運び込んでいた
   その中から立派なしいたけが生えてきている
c0108460_189551.jpg

   早速 しいたけ棚を木陰に作り全てのホダギを並べて
   大量の「うみべの森しいたけ畑」が出来た
   今後の収穫が楽しみである
c0108460_18102890.jpg

c0108460_18105414.jpg
c0108460_18112836.jpg

   ホダギを片付けていると何匹かのコクワガタが出てきた
   カブトムシだけでなくクワガタまで居るのはうれしい
c0108460_18115889.jpg

c0108460_18122813.jpg

3.おにぎり広場のテブール補修用の天板搬送
   岸和田土木より 加工した板
   (巾31cm・長さ180cm・厚み2cm)×30枚を
   調達してくれた
   早速軽トラを借りて おにぎり広場へ運び揚げた
c0108460_18135587.jpg

4.おにぎり広場横の枯木集積場の掃除
   山のように積み上げていた枯木は見苦しいので
   軽トラに積み込み5回ほど公園内のチップ材料置場へ
   搬送した…今後はこの場所をゴミ捨て場にはしない
c0108460_18142212.jpg

5.4本桜周辺の根笹刈り
   刈払機1台を駆使し 剪定ばさみも使って
   根笹を全て刈り取った
   根笹がなくなると 広い広場が現れた
   今後はクヌギやサクラの植樹を考えたい
c0108460_18144987.jpg
c0108460_1815993.jpg

6.おにぎり広場のテーブルの天板張り
   古い天板は8年目になり やや腐りかかってきた
   岸和田土木から入荷した板 22枚を早速張り付けた
   コメリへ100mmのネジクギを買いに行き
   古い板の上から張り付けていった
   160本買ったネジクギを殆ど使ってしまった
   作業も案外捗り 午後からの作業で終了できた
c0108460_18153411.jpg

c0108460_18155299.jpg
c0108460_18161528.jpg

「参加者は最近では最低の人数だったが 
それぞれ特技を発揮し 予定以上の作業が出来たと思う
しいたけ棚作りは予定外の衝動作業であったが うまくいった
c0108460_18165649.jpg

驚いたことに 山でフナを発見したことである
ふかふか小径に大きなフナが横たわっており 
見付けた時は まだ生きているようであったらしい
おそらく アオサギか大型の鳥が運んでいる途中で
落としたものか ここで食べようとしていたものか…?
今度は我々が食事中にフナの姿はなくなっていた
どこから運んできたフナだろうか?
この辺では こんな大きなフナは
宇渡墓御陵の堀にしか居ないと思うのだが」

      「うみべの森を育てる会」活動記録作成
c0108460_18172943.jpg

by umibenomori | 2010-02-27 02:15 | 2010年活動状況 | Trackback | Comments(0)

H22年2月度植物調査

平成22年2月25日(木) 晴れ
c0108460_16341855.jpg

(9:50~12:50) …せんなん里海公園内うみべの森
参加会員…6名 その他…3名
平成22年2月度
植物調査 in うみべの森
春の息吹きを間じかに感じる暖かい日である 日陰でも寒くはない
今日は公園事務所からと香の会からの参加もあった
花の少ない時であるので 久し振りに新山の観察をすることにした
c0108460_16345288.jpg

1.「落葉樹の冬芽のあれこれ」(10:00~10:30)…花の広場
  上久保先生が冬芽のサンプルを沢山見せていただき
  20種類からの冬芽の拡大写真も配布していただいた
  冬芽の拡大写真の写し方の講習から始まり
  冬芽の用語解説も詳しくしてもらった
 「落葉樹は、冬場葉を落としてしまうために無表情に見えますが、
春に向かって準備を怠ってはいません。
興味深い形の冬芽や葉痕(秋に葉っぱがとれた部分)等の説明用語説明
頂芽(ちょうが)・・・・・・枝の先端につける芽
側芽(そくが)・・・・・・・枝の横から出る芽
葉芽(ようが)・・・・・・・葉や枝になる芽
花芽(はなめ)・・・・・・花の咲く芽
芽鱗(がりん)・・・・・・・魚の鱗(うろこ)のようなもの。
芽鱗痕(がりんこん)・・芽鱗の痕跡で、枝の年齢を知ることができる。
芽鱗痕でどこから1年生枝か2年生枝か判る。
鱗芽(りんが)・・・・・・・芽鱗に包まれた芽
葉痕(ようこん)・・・・・・・・葉の落ちた跡
托葉痕(たくようこん)・托葉の落ちた跡
托葉(たくよう)・・・・・・葉の基部に付属しているもの。
互生(ごせい)・・・・・・芽や葉が枝の1節から互い違いに出ている。
対生(たいせい)・・・・・芽や葉が枝の同じ節から出ている。
輪生(りんせい)・・・・・芽や葉が枝の同じ節から輪になって出ている。
髄(ずい)・・・・・・・・・・枝の中心部にあるもの」…(インターネットで補足)
2.うみべの森の根笹刈り取りの検討
  先生…笹があまりはびこり過ぎると 
従来からあった海浜植物は被害を受ける
笹を刈り取ることは植物への悪影響はないと思う
c0108460_16355221.jpg

3.新山の植物調査(10:50~12:20)
  …長い間 新山は手を付けていなかったが 
    植物たちは順調に繁殖している
    シュンランの群生地やコクランの群生地を発見できたのは大収穫である
c0108460_16362484.jpg
c0108460_16364616.jpg

   隣り合った山であるのに新山とうみべの森との植生の違いも知った
   ヤマザクラの大木3本も元気である…周辺の整備はしたい
c0108460_16372842.jpg

   ネジキはうみべの森には数本しかないのに新山では沢山見られ
    それも直径10cm以上の古木まである
c0108460_16391317.jpg

   クロガネモチの大木もうみべの森よりは多い
   ヤブツバキの花の色は濃いようにも思える
c0108460_16375858.jpg

   横倒しになった樹木が枯れずに枝が直立して大きくなっているのもある
   50年も前の炭焼窯の跡が2個もしっかりとした姿で残っている
    煙突の穴もそのままである
c0108460_16382971.jpg

  新山は手を加えないが山道や炭焼窯などの維持管理などはする必要がある
c0108460_16394453.jpg

     「うみべの森を育てる会」活動記録作成
c0108460_16402291.jpg

by umibenomori | 2010-02-25 02:17 | 植物観察会 | Trackback | Comments(0)

定例活動日:うみ森アーチ整備

平成22年2月21日(日) 晴れ
c0108460_17222989.jpg

(9:30~14:30) …せんなん里海公園内うみべの森
参加会員…10名
本日の活動内容
1.「うみべの森」の看板確認…BooZhoo訪問(西台.立石)
  …字体は良いが6mmでは細字すぎるので
   15mmの字体に修正依頼
2.自転車置場の波板張り&周辺通路変更整備
c0108460_17231114.jpg

3.小川の木製橋の腐食板の取替え
c0108460_17234547.jpg

4.花の広場内の自生木の伐採&整理
c0108460_17241760.jpg

5.うみべの森アーチの防腐剤塗り
  …古い「うみべの森」の字の看板を取り壊し
    防腐剤を塗っていったが
    最初はクリアーとブラウンの2色があるとは分からずに
    2色塗りとなってしまったが
    塗り直してブラウン一色にし やや手間がかかった
    結果的にはブラウンが最適であった
c0108460_1724521.jpg

6.うみべの森アーチに中川さん製作の「うみべの森」看板取付
  …高所作業になり 足場も悪く注意しながらの作業となる
    アーチ本体の丸太も所々腐食していて
    ボルトが効かない場所もあり 
    凹凸のある場所に凹凸のあるものを取り付けるのだから
    看板取付には苦労する
    場合によってはもう少し長いボルトに
    交換する必要があるかもしれない
    しかし自作の看板は
    取付後も見栄えして全員満足していた
    「ええやんか!」「かっこええなあー!」
c0108460_17252939.jpg
c0108460_17255122.jpg
c0108460_17261670.jpg

7.4本桜周辺の根笹刈り
  …継続作業であるが 
    整備されたら非常に広々していて明るくなった
c0108460_17265648.jpg
  
「午前中は10人だが 午後は6人になり 
あまり他の作業が出来なかった
それでも予定の作業はほぼ完了できたと思う
4本桜周辺の整備をもう少しやりたかったのと
川岸のダンチクの新芽刈りが次回に回ったくらいである
快晴で暖かいと言っても日陰では少し寒く感じるので
昼食は芝生で日向ぼっこをしながらピクニック気分である
c0108460_17272582.jpg

小鳥の鳴き声を聞きながら 
近くまで遊びに来る小鳥を見ながら
暖かさに飛び出してきたテントウムシを見ながら
c0108460_17274828.jpg

ビオトープに来訪してきたコサギ2羽を見ながら
食事とおしゃべりに余念がなかった」
c0108460_17283115.jpg

   「うみべの森を育てる会」活動記録作成
c0108460_17314386.jpg

by umibenomori | 2010-02-21 02:19 | 2010年活動状況 | Trackback | Comments(0)

久し振りのうみべの森の散策  by (TATE-misaki)

平成22年2月17日(水) 曇り
c0108460_15205229.jpg

10日振りで うみべの森を散策した
ビオトープの水も順調だし 浮草も少ない
c0108460_15213875.jpg

冬は水も澄んでいる
浮草がないことは メダカの隠れ場所が少なくなり
アオサギに狙われる心配はある
c0108460_1522349.jpg

落葉樹の葉っぱが全て落ちてしまって
うみ森全体は明るくなった感じで
各所から海も見えるようになっている
c0108460_1523439.jpg

椿林の伐採泥棒はその後は来ていないようだ
c0108460_15281221.jpg

花の少ない今頃はヤブツバキの花だけが目立つ
いたる所で咲いている
根笹刈りをしないと目立って違和感がある
c0108460_15283630.jpg
c0108460_15322637.jpg

c0108460_1530112.jpg
c0108460_15303072.jpg

by umibenomori | 2010-02-17 02:20 | 2010年活動状況 | Trackback | Comments(0)

平成22年2月度運営委員会

平成22年2月8日(月) 曇り
c0108460_15491490.jpg

(9:30~12:00) …せんなん里海公園潮騒ビバレー会議室
参加役員…6名
2~3月活動予定の検討
2月21日(日)…定例活動日(9:00~15:00)
  ①自転車置場の波板張り&周囲の通路変更
  ②小川の木製橋の補修…ヒノキ丸太を設置し踏み板打ち付け
  ③アーチに自作の「うみべの森」看板取り付け
  ④アーチに防腐剤塗布
  ⑤4本桜周辺の根笹刈りと間伐材搬出
  ⑥川岸のダンチクの新芽刈り
2月25日(木)…(10:00~12:00)…公園事務所:奥野氏参加
  …うみべの森の植物定期調査…新山の植物達
c0108460_15494311.jpg

2月27日(土)…定例活動日(9:30~15:00) 
  ①ハンノキ林の枯木整理&搬出 
  ②ササユリの道作り
  ③新山のヤマザクラ周辺の間伐と草刈り 
  ④おにぎり広場周辺の枯木枯れ草の整理と軽トラで搬出
  ⑤うみ森内樹木の剪定…下枝切り
3月2日(火)…定例活動日(9:30~15:00)
  ①尾崎漁協へEM活性液を貰いに行→川上流に投入
  ②ササユリの道作り
  ③椿の森のダンチク刈り&周辺の草刈り
c0108460_15515529.jpg
  
3月28日(日)…平成21年度総会(10:00~14:00)
   22年度役員人事…全員留任
    (傳書記の会報作成補佐の補佐を削除)
   総会終了後 とんど焼きのビデオ鑑賞
   新山散策&サクラの周辺で弁当(弁当はうみ森の会で準備する)
3月以降の詳細活動内容は3月度運営委員会で決定する
c0108460_15502130.jpg

その他の検討
1.泉佐野丘陵緑地評議会の報告…西台代表
   年6回参加…ボランティアの立場で箱物等への希望も発言
   …ボランティアに過保護過ぎる→自分たちで作らすべきだ
    竹の利用道をもっと研究すべきだ…竹細工・種々のテストプラント等
2.総会資料チェック…活動記録&予定
3.うみべの森を育てる会専用携帯電話の買い替え了承(7年目)
4.2月18日(木)…うみべの森を育てる会婦人部会9名
   南部梅林&天神崎見学会…マイクロバス利用
5.会計の概算説明…残高増加傾向…使い方の検討
  …2月21日決算締め切り
c0108460_15505298.jpg

6.ヤマザクラの楽しめるポイントを表記したい
7.椿の森の樹木が勝手に伐採されている
  …前回はヤブツバキ等で今回はサクラの太い枝
    我々も公園事務所も知らない間に誰が何の目的で伐採しているのか?
8.刈り取った笹は1mくらいの長さに切り結束すること
9.うみ森内の通路側の樹木に全て名札を取り付ける
  …「これはなんの木?」→裏側に樹木の名前を書いておく
10.おにぎり広場の横には枯木や枯れ草は原則としては積み上げない
    仮置きしても必ず他へ移動させること
11.公園事務所:大橋さん3月で定年退職
   …会でアルバムを作成して贈呈する
12.2月6日(土)の吉川・傳の植物調査を1月分の延期活動と承認
c0108460_15512817.jpg

      「うみべの森を育てる会」活動記録作成
c0108460_15572221.jpg

by umibenomori | 2010-02-08 02:23 | 運営委員会 | Trackback | Comments(0)

定例活動日「桜古木のツタ切り」

平成22年2月2日(火) 曇り
(9:30~15:10) …せんなん里海公園内うみべの森
参加会員…10名
c0108460_18162983.jpg

本日の活動内容
1.[ミーティング:花の広場]
  ①本日の作業内容説明&分担
  ②「大人の林間学校だより」配布
  ③5月5日「阪南市子どもフェスティバル」
    …今年も昨年と同様に参加すると決定
2.自転車置場小屋造り
c0108460_18165278.jpg

3.4本桜古木のツル切り
c0108460_18174833.jpg
c0108460_1818558.jpg

4.ツル&間伐材の搬出と裁断整理
c0108460_18184994.jpg
c0108460_18191675.jpg

5.4本桜周辺の根笹刈り
6.おにぎり広場周辺の草刈り
7.「うみべの森」看板の塗装
  …うみべの森のハンノキが2本枯れて切り倒した
    その30cmくらいの幹を輪切りにして
    中川さんが「うみべの森」の字を彫った
    その看板にペンキで色づけ作業
c0108460_1819483.jpg
c0108460_18201359.jpg

「2日間 雨が降り続いた 今日は晴れの予報だったが
朝の内だけで昼にはポツリと雨が落ちてくる状況であった
一応雨にはならずに作業中は維持してくれたが
おかしな天候である
c0108460_18203760.jpg

桜の枝に絡まったツルを引きずり降ろしていたが
綱引きのようなもので作業中は汗だくになるが
休憩すると寒くなる
…休憩なしで作業を続けるしかない状態だ
ツルも長年手を付けていないので 
クズなどは5cmくらいに太いのもある
アケビやフジは細くても なかなか切れない
高枝ハサミなども利用して悪戦苦闘である
50本以上引きずり降ろしたように思う
お陰で何とか桜の枝の間から空が見えるようになった
参加会員も男性6名 女性4名とやや少なく
予定外の作業ばかりに対応しているので
予定の作業が後送りになっているので
作業遅れがやや心配である…しかしなんとかなるものである」
c0108460_18205978.jpg

      「うみべの森を育てる会」活動記録作成
c0108460_18212675.jpg

by umibenomori | 2010-02-02 02:25 | 2010年活動状況 | Trackback | Comments(0)