人気ブログランキング |

『うみべの森を育てる会』ホームページ

umimorihp.exblog.jp

<   2008年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

うみべの森のメドウガーデン?   by (TATE-misaki)

平成20年7月31日(木) 晴れ
c0108460_1352394.jpg

うみべの森のビオトープの水漏れが気になりチェックに行く
今の所 補修効果が利いており 水漏れもなく
水も順調に流入している
c0108460_13541412.jpg

第1~3池のメダカも元気だ
第4池は水がなくなったのでメダカはいないようだ
大型のベンケンガニも我が物顔だ
池に水漏れの穴をあけない様に願いたい
このままの状態が続くことを祈りたい
c0108460_13543714.jpg

うみべの森の花畑はドングリの林にするため
ここ3年ほど全く手を加えていないが
それまでに植えていた花たちが
宿根草や自生で毎年花が咲く
ヒマワリやアオイの一種の花が
この暑さの中で水も貰わずに
元気に咲いている
その土地に合った植物は強いものだと再認識した
c0108460_13551231.jpg
c0108460_13554135.jpg
c0108460_1356235.jpg
c0108460_13562457.jpg
c0108460_13565042.jpg

by umibenomori | 2008-07-31 21:20 | 2008年活動状況 | Trackback | Comments(0)

うみべの森チェック   by (TATE-misaki)

平成20年7月28日(月) 晴れ
c0108460_1446853.jpg

(10:00~11:00)
うみべの森のビオトープ第4池の
水漏れ補修箇所が気になり見に行った
せんなん里海公園ときめきビーチは閑散としている
ウイークデーはここは穴場の海水浴場である
うみべの森に到着して点検
第4池は順調に水が溜まっていた ひと安心である
c0108460_1445281.jpg

水漏れ箇所を出島方式で補修したのは成功のようだ
もう少し高く土を盛る必要はある
「第4池はオレが監視してやる」と言うように
シオカラトンボがカメラを30cmくらいまで
近づけても動かない
c0108460_14453432.jpg

後はシオカラトンボにまかせて帰ってきた
c0108460_14463352.jpg

by umibenomori | 2008-07-28 21:22 | 2008年活動状況 | Trackback | Comments(0)

「夏休み工作:バンブーアート」

平成20年7月26日(土) 快晴
(9:00~12:50) …せんなん里海公園内うみべの森
参加会員 12名
イベント参加者 18名(内子ども9名)
会員は9時から準備にかかった
晴天過ぎて暑いが
野外の「おにぎり広場」で行う
急遽会場をブルーシートで覆う作業
詳細決定が遅かったので
広報が十分に出来ず
募集人員より参加者は少なかった
c0108460_17211472.jpg

開会挨拶  川岡副代表
作り方説明 細井リーダー
c0108460_1722441.jpg

素材の竹の輪切りと額縁のダンボールを提供し
ダンボールの裁断したのを貼り付けて額縁を作り
小さな竹をピンセットで貼り付けていき
バンブーアートを作ってもらった
細井さん製作の展示品もあり
例題をプリントしたものも渡した
c0108460_17225962.jpg
c0108460_17232556.jpg

しかし製作しているものは
個性ある独自製品で
見本品を真似をしているものは少なかった
お母さんお父さんさんもユニークな作品であった
c0108460_1724444.jpg

いずれも竹に色付けして立派な作品だ
  「細井さんの見本作品」
c0108460_17251964.jpg
c0108460_17254434.jpg

  「参加者の作品」
c0108460_17272524.jpg
c0108460_17275532.jpg

c0108460_17283674.jpg
c0108460_1729363.jpg

c0108460_17324142.jpg
c0108460_17331014.jpg

c0108460_1734476.jpg
c0108460_17343088.jpg

c0108460_17351888.jpg
c0108460_17354196.jpg

c0108460_17362484.jpg
c0108460_17364589.jpg

時間の余った子ども達は 河原さんに連れられて
ふかふか小径を散策していた
c0108460_17385071.jpg

最後に全員の作品を展示し
個々に自分の作品の趣旨を発表してもらった
c0108460_17391984.jpg
c0108460_17393629.jpg
c0108460_1740278.jpg

それぞれ楽しんでもらったようだ
参加人数以外は大成功である
次回からはもう少し早く
PRするように努力したい
c0108460_17402877.jpg
(12:00~12:30)
後片付け後 花の広場でミーティング
①8月16日(土)「ウミホタル観察会」打合せ
②「カニカニウオッチング」打合せ
③その他

ビオトープ第4池 
マンホールのような大きな穴があき 水が全くなし
急遽穴埋めをして水止め作業(立石 中出)
c0108460_17454366.jpg


「うみべの森を育てる会」活動記録作成
c0108460_17412019.jpg

by umibenomori | 2008-07-26 21:24 | 自然工作 | Trackback | Comments(0)

一人活動日:浮草取り   by (TATE-misaki)

平成20年7月24日(木) 快晴
(9:15~13:10) …うみべの森
せんなん里海公園へ自転車で出掛けた
ときめきビーチはウイクデーなので海水浴客も少ない
巨大遊具ヒッポも誰も滑っていない
うみべの森の花壇もここ2年は全く手を加えていないが
2m以上の高さになって勝手に花々は咲いている
c0108460_14531426.jpg
 
気になっていたビオトープの第4池の水漏れは止まったようだ
しかしアオ浮き草がビッシリでメダカモも窒息しそうだ
c0108460_1453535.jpg

c0108460_14561011.jpg

網や種々の道具を使って浮き草取りをした
バケツにてんこ盛りで7杯分もあった
網で掬うとメダカやヤゴを同時に救ってしまうので
それをいちいち元に戻しながらだから
なかなか時間がかかる
第2・3池も20日に駆除したばかりなのに
一面の浮き草である
ここはバケツ1杯程度であった
c0108460_1457158.jpg

汗だくになったが木陰で池を見ながらの
一服は至福の時間である
c0108460_14572851.jpg

浮き草処理後にEM団子を4つの池に65個投入した
ヘドロ対策には効果はある…まず臭いは消える
黒いヘドロ部分は見えなくなる
c0108460_14574785.jpg

by umibenomori | 2008-07-24 21:31 | 2008年活動状況 | Trackback | Comments(0)

イベント準備・・・定例活動日

平成20年7月20日(日) 快晴
c0108460_15431369.jpg

(9:30~12:40) …せんなん里海公園内うみべの森
参加会員…9名
定例活動
1.[ミーティング:花の広場]…本日の作業内容説明
2. イベント「夏休み工作」準備
  …細竹を8mmに輪切り→ペーパーで両端研磨
3.おにぎり広場周辺の草刈り
4.ビオトープの周辺&中ノ島の草刈り
5.ビオトープのアオ浮き草取り
6.ビオトープ第4池の水漏れ補修

「兎に角暑い 各人休憩を多く取りながら作業継続
イベント準備は細井リーダーの指示に従いながら
不足部品を補充していく…(樋口・生熊・飯塚)
c0108460_1543462.jpg
ビオトープもジャングルのような草であったが
中出さんがジャブジャブ池の中に入ってきれいにしてくれた
池をビッシリと覆い尽くしていた浮き草を前田さんが
丁寧に掬い取っていた
c0108460_154427100.jpg

c0108460_15461684.jpg
杉本さんは刈払機でおにぎり広場周辺の草刈り
c0108460_15444843.jpg

c0108460_15464441.jpg
川岡さんはドングリ林の草をカマでの草刈り
c0108460_15453269.jpg

立石はビオトープ第4池の水漏れ補修と
刈払機でアーチ通路とビオトープ周辺の草刈り
一応午前中で目途がついたので
暑さ厳しい折りから午後は中止にした」
c0108460_1547756.jpg


「今日のせんなん里海公園ときめきビーチは超満員である
夏休みに入り父母も3連休でもあり
家族連れと若者のグループであふれかえっている」
c0108460_15472924.jpg

「うみべの森を育てる会」活動記録作成
c0108460_1548787.jpg

by umibenomori | 2008-07-20 21:33 | 2008年活動状況 | Trackback | Comments(0)

大阪府立大学生「カニ放仔調査」サポート第3日

平成20年7月19日(土)② 快晴
(17:45~21:10) …せんなん里海公園内各所
大阪府立大生6名 サポーター4名
集合時間が何時もより20分遅くなっていた
その間うみべの森を見に行ったが
ビオトープ第4池は水漏れで完全に水はない
草は伸び放題である 浮き草は全面である
明日の活動日の作業はすることが多い
c0108460_223513100.jpg
「カニ放仔調査」
昨日と同じ田山川河口を受け持った
結果は昨日より悪く カニの姿は数匹しか見られなかった
暗くなれば 全く姿も見られず
当然カニ放仔の姿も見られなかった
8時過ぎから勝手に「あふれ滝」へ移動した
ここでは放仔は5匹見られたらしいが
私が行ってからは姿は見えるが放仔はなし
全くカニたちに嫌われている
c0108460_22355285.jpg

c0108460_2236197.jpg

c0108460_22364774.jpg

c0108460_22371457.jpg

c0108460_22373896.jpg

機嫌よく姿を見せてくれたのは夕陽だけであった
c0108460_22381218.jpg

c0108460_22383116.jpg
c0108460_22391095.jpg

「うみべの森を育てる会」活動記録作成
c0108460_17315970.jpg

by umibenomori | 2008-07-19 21:35 | 府立大学陸カニ調査 | Trackback | Comments(0)

大阪府立大学生「カニ放仔調査」サポート第2日

平成20年7月18日(金)② 快晴
(17:40~21:00) …せんなん里海公園内各所
府立大学生 11名 サポーター 4名
今日は定点観察を中心に実施
田山川河口を引き受けた…5人配置
c0108460_21504129.jpg

明るい内は林や草むらからゾクゾク出てきた
一度に10匹以上も確認できた
c0108460_21511298.jpg
c0108460_21513637.jpg
c0108460_21515334.jpg

カニ放仔を期待していたが8時前後から
全く姿を見せなくなった
昨日は相当数確認できたので
今日は人数を増やしたのに
全くの当て外れである
何故姿が見えなくなったのかは不明
今日は「あふれ滝」で10数匹の放仔が観察出来たらしい
ただ夕陽のきれいなのを充分に堪能できたのが
唯一の取り柄であった
c0108460_21525385.jpg
c0108460_21531064.jpg
c0108460_21534876.jpg

by umibenomori | 2008-07-18 21:36 | 府立大学陸カニ調査 | Trackback | Comments(0)

大阪府立大学生「カニ放仔調査」サポート第1日

平成20年7月17日(木)② 快晴
(17:30~21:10) …せんなん里海公園内
府立大学生 10名 上甫木教授 サポーター 4名
ミーティング
c0108460_2249234.jpg
 ①定点観測調査…4箇所→放仔の個体数カウント
 ②海岸線出現個体数調査
   …岩場の海岸線を3区分
     自然海岸
(18:30~20:30) …調査に分散
 
「海岸線Ⅱを担当 個体発見は期待していなかったが
 通路と岩場の境目にカクベンケイがたくさんいたのには驚いた
 300mの間に40匹くらいは確認した
 実際はもっといると思う
c0108460_22501298.jpg
 8時過ぎると通路横の草むらにベンケイガニを
 5匹確認できた…山から海に向うカニかどうかは不明
c0108460_22513127.jpg

 カブトムシもマツボックリに食らいついていた
c0108460_22514724.jpg

 KAWAさん担当の滝の近辺では
 放仔の個体を7匹確認できたとか…
 予想よりいい結果ではないかと思う
 調査中のプレゼントはきれいな夕焼けであった」
c0108460_22521720.jpg
c0108460_22523898.jpg

by umibenomori | 2008-07-17 21:38 | 府立大学陸カニ調査 | Trackback | Comments(0)

H20年7月度運営委員会

平成20年7月14日(月) 快晴
(9:30~12:50) …せんなん里海公園潮騒ビバレー2F会議室
  参加役員…7名
活動内容検討
①7月17日(木)…(18:00~21:00)…せんなん里海公園
   「大阪府立大学 カニ放仔調査」サポート第1日
②7月18日(金)…(18:00~21:00)…せんなん里海公園
   「大阪府立大学 カニ放仔調査」サポート第2日
③7月19日(土)…(18:00~21:00)…せんなん里海公園
   「大阪府立大学 カニ放仔調査」サポート第3日
   …定点調査 5箇所
    移動調査 4箇所(海岸エリアを4区分
                 歩きながら個体調査)
④7月20日(日)…(9:30~15:00)定例活動日
  …夏休み工作準備→材料加工…竹切り 他
     額縁材料・カエル材料…20セット準備済み
     それ以外の材料を準備する
⑤7月26日(土)…(9:30~12:00)…雨天決行
イベント「夏休み工作」…「バンブーアート」作り
場所…うみべの森おにぎり広場
募集人数…20名
材料費(含:保険費)…¥300(材料1セット提供)
…ボンド・ピンセット・サンドペーパー・塗料
ダンボール・のり・フイルム・カッターナイフ
ひも・カラーペン等準備
⑥8月5日(火)…定例活動日夏期休暇
⑦8月11日(月)…(9:30~12:00)…運営委員会
⑧8月16日(土)…(17:30~20:30) 
   「ウミホタル観察会」…せんなん里海公園内砂浜
   …自然史観察友の会・公園協会・大阪府水産課・
     うみべの森を育てる会との共催
     16:00 スタッフ集合
     17:45 受付開始
     18:00 ウミホタルの説明…多目的ホール
     仕掛け 観察 顕微鏡観察
⑨8月17日(日)…定例活動日夏期休暇
⑩8月17日(日)…(18:00~21:00)…せんなん里海公園
   「大阪府立大学 カニ放仔調査」サポート第5日
⑪8月18日(月)…(18:00~21:00)…せんなん里海公園
   「大阪府立大学 カニ放仔調査」サポート第6日
⑫8月30日(土)
…「うみべの観察指導者育成研修会」第1日 サポート
⑬8月31日(日)
…「うみべの観察指導者育成研修会」第2日 サポート
⑭ビオトープの水導入ホース増設
   …30Φホース90m×2 ジョイント×3
公園事務所から入荷済み…設置工事日検討
⑮尾崎漁業協同組合訪問(11:10~11:50)…(立石 中川)
  …(公園事務所)軽トラ(大橋運転)と中川車で訪問
    EM活性液 600リットルとEM団子5箱50kg
    無償供給を受け取る
  …帰る途中の箱の浦団地内の「あふれ滝」上流の川に
    450リットル投入→ビオトープの流入水改良の一助
    年間3~4回は継続して実施中…効果はある
c0108460_173177.jpg

c0108460_173256.jpg

   [あふれ滝上流にEM活性液の投入]
c0108460_174687.jpg

⑯7月12日(土)…森生物リーダーが花の広場内
  「カブちゃんベッド」整理→羽化したカブトムシは
  水槽に移して公園事務所に展示…大きなオスたちである
c0108460_1754857.jpg

多奈川小学校よりカブトムシ幼虫が羽化したお礼の頼りが来た
c0108460_1775948.jpg

  「うみべの森を育てる会」活動記録作成
c0108460_1784863.jpg

by umibenomori | 2008-07-14 21:39 | 運営委員会 | Trackback | Comments(0)

イベント準備&草刈り・・・定例活動日

平成20年7月1日(火) 晴れ
(9:30~15:00) …せんなん里海公園内うみべの森
[定例活動]参加会員…12名(男性7名 女性5名)
1.[ミーティング:花の広場] …本日の作業工程
c0108460_21205375.jpg

2.イベント「夏休み工作」の準備
  ①台紙&額縁用ダンボールの切断
  ②各種の太さの竹を8mmに切断
  ③切断した竹の両面をペーパーで磨く
c0108460_21212858.jpg
c0108460_2122772.jpg

3.草刈り
  ①刈払機2台稼動
    …おにぎり広場周辺・ビオトープ周辺・通路
c0108460_21225827.jpg
c0108460_21302717.jpg

  ②椿の森…植樹した小さな椿の周辺を手刈り
c0108460_21242053.jpg
4.ビオトープ第4池が水漏れで干上がってきた
  …大きな水漏れ箇所を掘起し土を詰めて補修
5.あふれ滝の樋の枯葉除去作業
6.花の広場内カブちゃんベッドのネット張りの完成
  …カブトムシの成虫を観察するため
    四隅を材木で固定する
c0108460_2124597.jpg

「今日は里海公園の海開きである
公園内の淡輪と箱作の間の道路が遮断されている
府民の便利さより漁協の自我が優先されていて
非常に不便であり 箱作から入ってくる会員は
Uターンして淡輪料金所へ回ったりしていたため
全員集合は定刻時間より遅れてしまった

公園事務所には七夕が飾られた
c0108460_21253642.jpg


イベントの下準備はおもっていたより手間ひまがかかり
女性群5人が非常に細かい作業を手がけてくれて大助かり
竹のボリュームは少ないが パーツが小さいので作業が
大変であった 特に小さいパーツをペーパーで磨くのは
根気の要る大変な作業であった
ダンボールを細く切断し 沢山のパーツを作るのも
頭がこんがらがる複雑な作業であった
午後からビオトープに流入する水が
乳白色に濁った水になり 水質が気になる
今のところメダカは泳いでいるが 
問題はないのだろうか?
水源地は望海坂の池であり工場もなく 住宅も少ない
田圃が原因の水だろうか
何時間も濁った水が流れてきている
あふれ滝の滝壺も乳白色で温泉のようだ

アカテガニ ベンケイガニはやや増加してきた
シオカラトンボの番も30cmくらいに近付いても逃げない
c0108460_21265572.jpg

ヘビまでうみべの森を散策している
c0108460_2127198.jpg

ネジリバナもここで見ると非常にかわいい」
c0108460_21274884.jpg

  「うみべの森を育てる会」活動記録作成
c0108460_2132370.jpg

by umibenomori | 2008-07-01 21:41 | 2008年活動状況 | Trackback | Comments(0)