人気ブログランキング |

『うみべの森を育てる会』ホームページ

umimorihp.exblog.jp

カテゴリ:ウミホタル観察会( 40 )

「ウミホタルウオッチング」 in せんなん里海公園潮騒ビバレー前砂浜

2019年9月14日(土) 晴れ
「ウミホタルウオッチング」・・・せんなん里海公園潮騒ビバレー前砂浜 
うみべの森を育てる会・せんなん里海公園共催
(16:40~19:45) 参加会員(12名)[岡田 小牟田 柴田 田川 立石 角井 中川 中出 長原 西台 細井 森]
公園事務所サポーター 5名
一般公募参加者 19家族 61名

秋晴 快晴 暑くなく寒くなくイベント日和である


c0108460_22333439.jpg



*準備(16401600

 *公園事務所のスタッフは 砂濱の投光器の準備等

現場での準備を 全て引き受けてくれた

 *捕獲器やワイングラス その他の小道具を 2台の四輪車に積み込んだ


c0108460_22323416.jpg



1700 潮騒ビバレー前の砂浜へ移動


c0108460_22323398.jpg



 *潮騒ビバレー海側入口前に 長テーブル4脚を 設置し準備


c0108460_22333403.jpg



 *各班担当者はテーブルに 必要用具を並べる

 *捕獲に入れる海水を 大きな容器に準備

 *各班のバケツに 海水を入れて準備


c0108460_22355597.jpg



17:45ミーティング・・・〔森〕


c0108460_22344169.jpg



  4班の担当確認

  ウミホタル観察会の流れを詳細に説明

  ワイングラスでの演出等も実演して説明


c0108460_22344136.jpg



1815軽食(浜木綿弁当)

  おにぎりを階段に座り 夕陽を見ながら食べる


c0108460_22355664.jpg



1820 夕焼け&帆船


c0108460_22371037.jpg


c0108460_22371019.jpg


c0108460_22381517.jpg







18301900 受付

  公園事務所ロビーで受付⇒海岸に移動

1833 挨拶&ミホタルのお話し&注意事項説明・・・森リーダー


c0108460_22381469.jpg


c0108460_22401794.jpg



1840 班ごとにエサを配布


c0108460_22443913.jpg


c0108460_22443939.jpg



カニかまぼこを  捕獲容器に入れ 浜辺へ移動


c0108460_22401613.jpg



1842 浜辺で各自捕獲器に水を入れ ばらばらに投入


c0108460_22453638.jpg


c0108460_22453587.jpg



 引き上げまでの15分ほどの時間に

子どもたちは 砂浜で砂遊びなどしている


c0108460_22463374.jpg



1900 各班捕獲器の引き上げ


c0108460_22463365.jpg


c0108460_22475692.jpg



1907 各班でウミホタルの観察開始


c0108460_22475545.jpg



  サポーターが見本を見せて


c0108460_22484711.jpg


c0108460_22484749.jpg



c0108460_22492089.jpg


c0108460_22491968.jpg

後は参加者が自由に ウミホタルを扱う

ウミホタルの観察の仕方は 各班長の自由裁量に 任せているので 少しドタバタしていたが

大人も子供も 手にウミホタルの光を付けて大喜び

1922 各班ウミホタルをバケツに入れて 波打ち際へ移動

 各班リーダーが バケツのウミホタルを 波打ち際へばらまいて 「天の川」作戦」


c0108460_22521077.jpg
c0108460_22520940.jpg
c0108460_22524961.jpg

c0108460_22524922.jpg



ばらまいた後へ海水をかけることで 何時までも輝いている

砂浜の星空を全員感動して しばらく動かず

1930自由解散


c0108460_22533328.jpg



スタッフは片付け⇒機材を全て花の広場へ運ぶ


c0108460_22533212.jpg



 洗浄その他片付けは 明日の定例活動日に実施


c0108460_22542572.jpg



1945サポーター解散

(公園事務所関係は残っている)

参加者全員がよろこんでくれたので 大成功である)


c0108460_22542690.jpg


by umibenomori | 2019-09-14 22:57 | ウミホタル観察会 | Trackback | Comments(0)

「ウミホタル観察会」リハーサル&読売TV取材協力・・・うみべの森

2019年8月9日(金)晴れ
うみべの森を育てる会:臨時活動日・・・せんなん里海公園内うみべの森
c0108460_00154099.jpg


(17:00~22:00) 参加会員 9名〔岡田 小牟田 柴田 田川 立石 中川 西台 森 安永〕
c0108460_00163184.jpg


臨時活動日

「ウミホタル観察会」リハーサル & 「読売TV(ほんわかテレビ)」取材

18:00集合であったが 17:00には既に4人集まっていた

気温は17時でも31度もある

c0108460_00154138.jpg



風もあまりないので 蒸し暑い

海辺でも 蚊の襲撃はすごかった

c0108460_00174072.jpg



*ビオトープ水漏れ補修・・・〔小牟田〕

c0108460_00163254.jpg



*小川ダム水漏れ補修・・・〔小牟田〕

*「ウミホタル観察会」リハーサル

 花の広場内物置きより ウミホタル捕獲容器6個

 バケツ スプーン 杭等を準備

 エサのカニ蒲鉾と カニ蒲鉾海水スープ氷は 森が準備

 海水氷は岡田が準備

c0108460_00173904.jpg



*潮騒ビバレー海側入口へ移動

c0108460_00184472.jpg


c0108460_00184517.jpg



 捕獲容器にエサを入れ準備

c0108460_00212071.jpg
c0108460_00212078.jpg



*夕やけの前に小さな虹も見られた

c0108460_00195522.jpg
c0108460_00195502.jpg

*暗くなるまで海辺の夕焼けを堪能

c0108460_00364257.jpg



 久し振りに きれいな夕焼けを楽しんだ

c0108460_00232464.jpg
c0108460_00232201.jpg
c0108460_00232352.jpg
c0108460_00242800.jpg
c0108460_00242823.jpg
c0108460_00242983.jpg



*19:20 ウミホタル捕獲容器を  潮騒ビバレー前砂浜より投入

c0108460_00222504.jpg
c0108460_00222546.jpg
c0108460_00222412.jpg



*19:40 捕獲容器引上げ⇒沢山捕獲出来た

c0108460_00253020.jpg



*突堤から投入した容器には あまり入っていない

*本番のウミホタル観察会は  潮騒ビバレー前砂浜で実施と決定

*捕獲容器よりウミホタルを 小形網に集積

c0108460_00253078.jpg


c0108460_00252924.jpg



*氷を割ったりして ウミホタル観察の準備

*よみうりTV 取材の待機(800940

*待機中に うみべの森でカブトムシ観察

 雄 1匹 雌10匹しか観察出来なかった

c0108460_00274124.jpg
c0108460_00274015.jpg
c0108460_00290102.jpg
c0108460_00301461.jpg
c0108460_00301449.jpg





TV撮影:ワイングラスにウミホタルを入れてきれいなブルーを観察

c0108460_00311015.jpg


c0108460_00310901.jpg
c0108460_00310878.jpg



TVに「うみべの森を育てる会」会員の紹介

*砂浜にウミホタルを逃がす

c0108460_00315314.jpg
c0108460_00325222.jpg
c0108460_00331304.jpg



*後片付けをして 950解散


by umibenomori | 2019-08-09 23:59 | ウミホタル観察会 | Trackback | Comments(0)

イベントの後始末・・・うみべの森

平成29年9月10日(日)晴れ
うみべの森を育てる会定例活動日・・・せんなん里海公園内うみべの森
(8:00~11:10) 参加会員 8名〔岡田 甲斐 小島俊 小牟田 柴田 立石 中川 西台〕

秋晴れであるが 湿度が髙いのでやや蒸し暑い

昨日の「ウミホタルウオッチング」は 終了が2000だったので

使った用具等は花の広場に 置いたままである

c0108460_18152728.jpg

海水に使った捕獲器30個をはじめ その他の用具を 全て洗浄する必要がある

*公園事務所より捕獲器20個引き取り 花の広場に運ぶ

c0108460_18152405.jpg

*取り付けてある名札を取りはずして 捕獲器を1個ずつ丁寧に水道水で洗浄

15mのロープが付いているので 案外手間である

*洗った捕獲器は パイプにロープを掛けて干す

c0108460_18155098.jpg
c0108460_18161474.jpg
c0108460_18161894.jpg

*餌のカニかまぼこをネットから 取り出して器に集める

*ワイングラス・スプーン・ペットボトル・掬い網 等 海水を使ったもの全てを洗浄

89時までに6人が集まっていたので 定刻の930には 作業は殆ど終了していた

*収穫器おロープが乾きにくいので テントの中に入れて数日かけて 乾燥することにした

c0108460_18175132.jpg
c0108460_18175425.jpg

*ビオトープの水&水漏れチェック 小さな穴を補修

c0108460_18164070.jpg
*溝掃除・・・溝が半分くらい土に埋まっているのを掘り出した
c0108460_18173287.jpg

*ウミホタルの餌のカニかまぼこが沢山集まった

カニカニウオッチングで活躍してくれたお礼に カニの餌にと各所へばらまいた

c0108460_18155329.jpg

直ぐに餌に飛びついて 食べるのに余念のないアカテガニもいた

c0108460_18164321.jpg

*柴田さんが川の方にカニかまぼこを撒きに行った時 マムシを見付けた

すぐさま殺蛇部隊が出動したが やや小さいのには 逃げられて行方不明(ぼうけん山の方向)

c0108460_18171079.jpg

捜していたら もう1匹 別のを 川底の土の上にどぐろを巻いているのを見付けたので

レイキで押さえつけて 剪定ばさみでギロチン処刑にした

c0108460_18170720.jpg

頭だけでなくお腹部分も 切断することにしている

お腹に子どもが居た場合 育ってしまう可能性があるからである

今年は7匹発見して 6匹は処刑した

*受電盤に落書きされた 最近性悪なのが出入りしているようだ

c0108460_18172908.jpg

*作業が早く終わったので 11時には終了とした 


by umibenomori | 2017-09-10 18:31 | ウミホタル観察会 | Trackback | Comments(0)

「ウミホタルウオッチング」・・・せんなん里海公園淡輪海水浴場

平成29年9月9日(土) くもり
『ウミホタルウオッチング』(15:00~20:20) 
参加会員(12名)[岡田 甲斐 小島俊 小牟田 柴田 田川 立石 中川 角井 中出 西台 森]
公園事務所サポーター 17名 一般公募参加者 9家族 60名

昼間は秋晴れであったが夕方は曇って来た

暑くなく寒くなくイベント日和である

*準備(15001600

 *公園事務所のスタッフは 昼から裏方作業をしてくれている

c0108460_01115040.jpg

海岸掃除・アオサ除去・照明設備・受付・車誘導 等々

本番には各班2名ずつサポートに付いてくれる

終われば車誘導・片付け等々 うみ森会員よりもハードなスケジュールである

うみ森単独では出来ないイベントである

*中突堤周辺の海底チェック・・・〔立石〕

  東側はアオサで海底は蔽われ使えない

  潮騒ビバレー前砂浜で予備の捕獲器を使う

c0108460_01115388.jpg

 *捕獲器にカニカマボコの餌をゴミネットに包んで入れる

c0108460_01122102.jpg

1600 浜辺の会場:あずまやへ移動 

必要用具を一輪車や四輪車で運んだ

c0108460_01121912.jpg

 *岬第2突堤前のあずまや屋前に長テーブル4脚を設置し準備

c0108460_01125015.jpg

 *各班担当者はテーブルに必要用具を並べる

 *捕獲に入れる海水を大きな容器に準備

c0108460_01124719.jpg

 *各班のバケツに海水を入れて準備

c0108460_01134066.jpg

1700ミーティング・・・〔西台〕

c0108460_01131388.jpg

1720軽食(浜木綿弁当) 浜木綿に注文した おにぎりと揚げ物等

c0108460_01131142.jpg

1807 夕焼け

c0108460_01170750.jpg
c0108460_01170475.jpg
c0108460_01173671.jpg

18301900 受付・・・公園事務所ロビーで受付⇒海岸に移動



c0108460_01133894.jpg

c0108460_01181249.jpg

1830 予備の捕獲器11個を投入・・・〔中川 岡田 田川〕

c0108460_01173820.jpg

1845 あずまや前階段に班別に全員集合

1855 西台代表挨拶&エサの入れ方等説明

c0108460_01180904.jpg
c0108460_01184537.jpg

 班ごとにエサを配布・カニかまぼこのスープを凍らせた氷も配布

c0108460_01184228.jpg

1902 中突堤で各自捕獲器に水を入れ ばらばらに投入

c0108460_01190867.jpg
c0108460_01190522.jpg

 引き上げまでの10分ほどの時間に 森さんのウミホタルのお話し

c0108460_01224150.jpg


1923 各班捕獲器の引き上げ

c0108460_01223910.jpg
c0108460_01231549.jpg

1930 各班でウミホタルの観察開始

c0108460_01234354.jpg
c0108460_01234562.jpg

  サポーターが見本を見せて後は参加者が自由にウミホタルを扱う

ウミホタルの観察の仕方は 各班長の自由裁量に任せているので 少しドタバタしていたが

c0108460_01231706.jpg

大人も子供も 手にウミホタルの光を付けて大喜び

c0108460_01240534.jpg
c0108460_01243276.jpg
c0108460_01240447.jpg

1942 各班ウミホタルを2つのバケツに入れて波打ち際へ移動

 各班リーダーがバケツのウミホタルを波打ち際へばらまいて「天の川」作戦

ばらまいた後へ海水をかけることで何時までも輝いている

砂浜の星空を全員感動してしばらく動かず

c0108460_01245496.jpg


c0108460_01243068.jpg
c0108460_01245274.jpg

1950自由解散スタッフは片付け⇒機材を全て花の広場へ運ぶ

 洗浄その他片付けは明日の定例活動日に実施

2010サポーター解散(公園事務所関係は残っている)

(生野高校の女生徒が2人参加していた

生物観察部でウミホタルを観察研究したいとの申し入れがあり 捕獲したウミホタルを提供した

有意義な使い方には積極的に協力したい

何の準備もなく持ち帰りたいとの申し入れはお断りしている

参加者全員がよろこんでくれたので大成功である)


by umibenomori | 2017-09-09 23:32 | ウミホタル観察会 | Trackback | Comments(0)

「ウミホタルウオッチング」の準備・・・うみべの森

平成29年9月7日(木)くもり
うみべの森を育てる会定例活動日・・・せんなん里海公園内うみべの森
c0108460_14535329.jpg
(8:00~11:10) 参加会員 4名〔岡田〕〔柴田 立石 中川〕

午後から雨の天気予報である

c0108460_14535028.jpg

8時過ぎに行ったが 早朝組2人が休みなのを忘れていた

9時過ぎまで1人作業

c0108460_14561670.jpg

*〔岡田〕・・・7時に出て来て流木花壇やグリーンカーテンに水やり

c0108460_14553802.jpg

*〔立石〕

 ⊛ブルーベリー保護フェンスの解体  ネットをかぶせるための杭や桟を解体し収納

⊛ビオトープ第1池の水漏れ補修

c0108460_14561486.jpg

⊛テント用土嚢袋の収納

⊛広場内の機材の片付け

c0108460_14555515.jpg

*〔柴田〕

 ⊛通路に生えているササユリの移植と水やり

 ササユリの道の整備

c0108460_14555342.jpg

*ウミホタル観察会現場のチェック・・・〔中川 立石〕

 潮騒ビバレー前浜辺のアオサはまんだら

 中突堤の西側はアオサ畑のようだ

c0108460_14541629.jpg

 東側はまんだらと思えるが さざ波があるので 底は観察できない

 ウミホタル観察会当日は 分散して各所に投げ入れ

  捕獲できない危険性を分散させる必要がある

c0108460_14541317.jpg

*捕獲容器に名札付け・・・〔柴田 中川〕

事務所が作製してくれた班ごとの名札を番号順に捕獲容器に結び付けた

c0108460_14543876.jpg

班ごとに土嚢袋に入れて準備 予備の捕獲容器は11個名札付け

合計30個の捕獲容器の準備は完了

c0108460_14543548.jpg

*公園事務所との打ち合わせ・・・〔立石〕

 ウミホタル観察会名簿に うみ森の班担当者の名前を記入依頼

 その資料等を当日15部頂けるよう依頼

 その他枯れ木伐採等の打ち合わせ

c0108460_14553554.jpg

*午後は雨予報なので11時に作業終了とした


by umibenomori | 2017-09-07 15:09 | ウミホタル観察会 | Trackback | Comments(0)

ウミホタル応募者抽選会・・・うみべの森

平成29年8月27日(日)晴れ
うみべの森を育てる会定例活動日・・・せんなん里海公園内うみべの森(
8:00~12:00) 参加会員 10名〔岡田 甲斐 吉川 小牟田 柴田 立石 角井 中川 中出 原田〕〔新谷所長〕

定例活動日は夏休みだったので 1カ月ぶりの参加である

その辺一帯が草ぼうぼうで 大変だろうと思いながら 行ってみたが

花の広場も 

c0108460_16203382.jpg
c0108460_16203608.jpg
おにぎり広場も
c0108460_16210737.jpg
 ビオトープも きれいに草は刈られていた
c0108460_16210498.jpg

夏期休暇中に 小牟田さんが一人作業で草を刈ってくれていた

ビオトープの水や 水漏れの管理も してくれており 池は水が満水である

ミーティングで全員が 小牟田さんにお礼を言った

*花の広場内の草刈り・・・早く出てきた会員は 刈払機で刈り残した隅の方の草を鎌で刈っている

これでイベントに 十分使える状態になった

c0108460_16214565.jpg

*ウミホタル応募者抽選会・・・〔花の広場〕参加会員10名  公園事務所〔新谷所長〕

 募集人数60名 応募者 282名

c0108460_16222837.jpg

 海から遠い人たちをどう扱うか ? 南小学校 25名をどう扱うか ? 種々の問題を会員間で大議論した結果

 往復はがきをの束をトランプのように 会員に1枚ずつ引いてもらい抽選した

c0108460_16222486.jpg

18家族 62名を当選とし 31日までに 応募者全員に 合格不合格の返信用はがきを郵送する

補欠は選出しない

c0108460_16230640.jpg

*ウミホタル観察会当日の詳細打ち合わせ

 当選者62名は 公園事務所で4班に分けてもらう

うみ森 班長〔小牟田 柴田 中川 中出〕 と決定

班長は船長と同じように その班の全責任を持つ・・・サブは当日決める

昨日の箱の浦自治区のウミホタル観察会では 潮騒ビバレー前の砂浜が一番沢山捕獲できたようなので

我々の予備の容器10個ほどは ここに投入する(各班に2個提供)

c0108460_16214326.jpg

*簡易テント張り練習・・・〔全員〕

 6mの新規購入のテントを 全員で試行錯誤しながら張った

c0108460_16235274.jpg
c0108460_16235559.jpg

 そのテントを花の広場まで運んで固定 しばらくそのままにして強度等をテストする

c0108460_16242134.jpg
c0108460_16241864.jpg

カニカニウオッチングの時は もう1張りのテントを入口前に設置

*気温も上昇してきたので午前中で終了

c0108460_16244017.jpg


by umibenomori | 2017-08-27 16:30 | ウミホタル観察会 | Trackback | Comments(0)

「ウミホタル観察会」の反省会・・・花の広場

平成28年9月11日(日) 晴れ
うみべの森を育てる会定例活動日・・・せんなん里海公園内うみべの森
(8:20~13:00)  参加会員(12名)[飯塚 小島直 甲斐 小牟田 柴田 杉本 立石 中川 西台 原田 福永 森] 
朝は曇っていたが 直ぐに晴れてきた
朝7時の気温も21度と 非常に過ごしやすい
昨晩は「ウミホタルの観察会」のイベントで 会員は20時30分前後に帰宅した
しかし 今朝は8時過ぎから 会員はどんどん集まって来る
定刻集合時間の9時30分には 殆どの洗浄は終わっていた
*用具の洗浄・・・〔全員〕
  昨晩ウミホタルの観察会で使った用具が 花の広場に山積みされている
c0108460_22052842.jpg
  潮水に浸かっているので 全て真水で洗浄する必要がある
c0108460_22052692.jpg
 ウミホタル捕獲容器が一番多い・・・洗った容器のロープが乾くまでには時間が掛かる
c0108460_22051947.jpg
c0108460_22052128.jpg
c0108460_22052366.jpg
c0108460_22052410.jpg
c0108460_22062846.jpg
c0108460_22063164.jpg
*「ウミホタルの観察会」の反省会・・・〔全員〕(花の広場)
c0108460_22063396.jpg
 総合的には成功であった 参加者の喜んで帰る顔は今までで一番良かったと思う
 個々の諸問題を検討した結果 来年度のスケジュールを立案
c0108460_22101533.jpg
18:00 受付⇒フリータイム
18:30 挨拶・ウミホタルの話し(観察のデモはやらない)
c0108460_22110250.jpg
18:50 捕獲容器の投入
 (全員が突堤から班ごとに投入
  ウミホタルは餌の臭いに 集まって来る
  臭いは10分ほどで消えるので 投入前に 餌を揉み 蓋をしっかり閉めるのは班担当の役目
  アオサのない 砂が見える場所に投入)
(突堤の照明はLED電灯を数個置くことを検討)
c0108460_22105715.jpg
 19:10 捕獲容器の引き上げ(全員)
 19:15 班ごとにウミホタルの観察開始
  (観察場所の後ろの街灯を消すか覆うかを検討)
  (森グループは予備の容器を持って各班を巡回⇒観察の演出もする
   ウミホタルの少ない班には 予備容器のウミホタルを補給する)
  (2ℓペットボトルに半分水を入れて真水で氷を作り 各班2本準備)
c0108460_22105928.jpg
 19:30~40 森リーダーの判断で波打ち際へ移動の指示
 19:30~40 天の川作戦
  参加者は波打ち際より 1m離れた場所に一列に並んでもらう
  各班リーダーが順番にバケツのウミホタルを撒く
 19:50 自由解散
c0108460_22062615.jpg
*反省会をしている間に容器も 乾いたようなので全て収納 
  一部半乾き分は材料物置で乾燥
c0108460_22101419.jpg
c0108460_22101296.jpg
*ZooCan  福永恭啓氏新入会・・・IT顧問として受け入れたい
*2日連続の活動なので午前中で終わりとなった
c0108460_22101173.jpg

by umibenomori | 2016-09-11 22:16 | ウミホタル観察会 | Trackback | Comments(0)

夏のおわりの神秘体験『ウミホタルウオッチング』・・・せんなん里海公園

平成28年9月10日(土) 晴れ
夏のおわりの神秘体験『ウミホタルウオッチング』
(15:00~20:20) 参加会員(12名)
[甲斐 小島俊 小牟田 柴田 田川 立石 中川 中出 西台 原田 森 三宅]
公園事務所サポーター 13名
一般公募参加者 20家族 63名
天候はやや雲が多いが問題はない
会員は準備があるので集合時間1時間前には集まってきている
*準備(15:00~16:40)
 *捕獲器にカニカマボコの餌を ゴミネットに包んで入れる
  西台代表があらかじめネットにカニカマボコを入れてくれていた
  それに田川さん持参のハムとタコを追加した
 *捕獲器の蓋の固定紐の総点検と蓋の閉まり具合の点検
c0108460_23483641.jpg
16:40 浜辺の会場:あずまやへ移動⇒必要用具を一輪車や四輪車で運んだ
c0108460_23483856.jpg
 *岬第2突堤前のあずまや屋前に長テーブル4脚を設置し直す
 *各班担当者はテーブルに必要用具を並べる
 *階段下に長テーブル1脚を設置 必要用具を並べる⇒(森さんのデモ用)
 *各班のバケツに海水を汲に行き準備
c0108460_23484046.jpg
*ミーティング
*軽食(浜木綿)(17:00~17:15)・・・浜木綿に注文した おにぎりと揚げ物等
c0108460_23483230.jpg
*受付(17:15~17:45) 公園事務所ロビーで受付⇒海岸に移動
*来られた家族から 捕獲器を海へ投入・・・予備の捕獲器8個も投入
c0108460_23483480.jpg
c0108460_23550454.jpg
c0108460_23550760.jpg
c0108460_23550684.jpg
c0108460_23550939.jpg
c0108460_23483529.jpg
*18:45までフリータイム
  軽食を食べ 夕陽を楽しみ 砂浜で遊ぶ
 (雲が多くて余りきれいな夕陽ではなかった
c0108460_00030442.jpg
  子どもたちは海に入って遊んでいる子もいる
c0108460_00025575.jpg
c0108460_00025775.jpg
  夕暮れの海を一番楽しんでいたのは 子どもたちであったように思えた
  大人たちも階段に座って夕暮れの海の景色を楽しんでいた)
c0108460_00030249.jpg
c0108460_00030065.jpg
*18:45 あずまや前階段に全員集合
c0108460_00060116.jpg
*18:52 西台代表挨拶
c0108460_00025214.jpg
 18:55 森リーダーのウミホタルのお話し
     ウミホタルの観察の仕方の実演
     (デモ用ウミホタルは あまり捕獲できていなかった)
c0108460_00060578.jpg
c0108460_00060397.jpg
     海底にアオサが蔓延して ウミホタルが入りにくくなっている
     投げ入れも早すぎたため ウミホタルが出てくる頃には臭いが消えてる
     以上 鍋島先生の指摘により 大部分の捕獲容器を一度引き上げて 
     餌をもみほぐして再度臭いを発生させて 砂の見える海底に投入し直した
*19:15 各班捕獲器の引き上げ
c0108460_00055901.jpg
c0108460_00122606.jpg
c0108460_00122309.jpg
c0108460_00122858.jpg
*19:25 各班でウミホタルの観察開始
c0108460_00123016.jpg
c0108460_00123241.jpg
  サポーターが見本を見せて 後は参加者が自由にウミホタルを扱う
c0108460_00134092.jpg
  ウミホタルの観察の仕方は 各班長の自由裁量に任せているので 少しドタバタしていたが
  大人も子供も手にウミホタルの光を付けて大喜び
c0108460_00134280.jpg
  ワイングラスに入れて自分で感動している人など 参加者もそれぞれ楽しんでいた
c0108460_00122142.jpg
c0108460_00174532.jpg
c0108460_00173878.jpg
c0108460_00134451.jpg
*19:40 各班ウミホタルを1つのバケツに入れて波打ち際へ移動
c0108460_00133788.jpg
 各班リーダーがバケツのウミホタルを順番に波打ち際へばらまいて「天の川」作戦
c0108460_00174330.jpg
 ばらまいた後へ海水をかけることで何時までも輝いている
 砂浜の星空を全員感動してしばらく動かず
c0108460_00174165.jpg
c0108460_00173955.jpg
*19:50自由解散
*片付け⇒機材を全て花の広場へ運ぶ
 捕獲容器など海水に使った機材を水に漬ける
 洗浄その他片づけは明日の定例活動日に実施
20:20サポーター解散
(奈良から来ていた人は「来た甲斐があった」と喜び
 大人も子供も「ありがとう!楽しかった」と 我々に声をかけながら帰っていかれたが
 この言葉を聞くだけで 我々も疲れが吹き飛んでしまった)
by umibenomori | 2016-09-10 23:29 | ウミホタル観察会 | Trackback | Comments(0)

ウミホタル観察会リハーサル・・・せんなん里海公園海岸

平成28年9月3日(土) くもり一時雨
「ウミホタル観察会」リハーサル
(17:00~19:50) 参加会員(10名)〔甲斐 小牟田 柴田 田川 立石 中川 中出 西台 原田 森〕 
・・・せんなん里海公園中央突堤 & その前の東屋
9月10日(土)のウミホタル観察会のリハーサルを実施
家族・知人友人関係は18名・・・公園事務所 6名
*花の広場で全ての準備
c0108460_22310932.jpg
*用具の準備 & 点検・必要用具の確認と現物チェック
*2種類のペットボトル加工捕獲器も加えた
*餌もカニカマボコ・タコ・ハム・シオカラと入れてみた
*餌を参加者に入れてもらう
*必要用具を全て中央突堤迄運ぶ
c0108460_22311155.jpg
18:11 参加者を含め全員が中央突堤へ移動
c0108460_22311343.jpg
 (この時分から雨が より激しくなり 全員がずぶぬれ状態である)
c0108460_22311612.jpg
18:25 招待参加者家族に 1個づつ捕獲容器を渡し 個々に投げ入れてもらった
c0108460_22310788.jpg
  2種類のペットボトルも投入
c0108460_22311880.jpg
  突堤のすぐ下が砂地なので 投げ入れるのは割合に楽であった
c0108460_22330173.jpg
18:30 雨が激しいため 全員すぐ前の東屋で休憩 兼 雨宿り
c0108460_22330767.jpg
  (ここの状況を確認した結果  本番でも ウミホタル鑑賞場所を 東屋ですることに変更
  雨天の場合のみビーチハウスを使う
  公園事務所とも打ち合わせ済み)
c0108460_22330984.jpg
18:55 捕獲容器引上げ
c0108460_22331259.jpg
  入っている容器と全く入っていない容器とに完全に分かれた
  入っていないのは再度投げ入れ
c0108460_22375183.jpg
  入っている容器だけを引き上げて 
  引き上げた容器は直ぐに 長いロープを容器に巻き付ける そのまま東屋へ運んだ 
c0108460_22374932.jpg
 
19:05 ウミホタル観察
c0108460_22375860.jpg
  (森リーダーが全てを取り仕切る)
c0108460_22374779.jpg
  *捕獲器から掬い網にウミホタルを移す・・・その時餌は別のバケツへ移す
   ・・・捕獲器の内部にもウミホタルは 沢山残っているから よく海水で洗うこと
c0108460_22375514.jpg
  *網のウミホタルをスプーンで掬い 氷をスプーンに入れ 海水氷の入ったワイングラスに落とす
c0108460_22375311.jpg
   水中で輝線を描きながらの姿が観察できる
c0108460_22404461.jpg
c0108460_22404247.jpg
  *子供には手に氷を乗せて その上に ウミホタルを乗せて演出する
  *大人まで手に乗せて鑑賞しながら喜んでいた
  *最後に砂浜の水際に逃がしてやる時は 波打ち際の波が来る線上に撒く
c0108460_22404647.jpg
   4つのバケツを順番に撒いた
c0108460_22455969.jpg
   波が打ち寄せる度にウミホタルは光る
c0108460_22460180.jpg
   長い時間星空のように輝いていて一番楽しめる
c0108460_22455708.jpg
   子どもたちはウミホタルを拾って 指に付けて光る指輪だと大喜び
c0108460_22403974.jpg
c0108460_22460370.jpg
19:30参加者:流れ解散
  会員は使った用具を集めて花の広場迄運んだ
  用具を片付けて 花の広場で解散
19:50全員解散
by umibenomori | 2016-09-03 22:55 | ウミホタル観察会 | Trackback | Comments(0)

『ウミホタルウオッチイング』・・・せんなん里海公園

平成27年9月19日(土) 晴れ
『ウミホタルウオッチイング』・・・せんなん里海公園
(15:00~20:00) 参加会員(12名)
[河原 小島俊 小牟田 柴田 杉本 立石 中川 中出 長原 西台 原田 森]
天候は秋晴れで問題はない 午後より 風が強くなったのが問題である
ウミホタル捕獲には風が困りものである
不安を持ちながら会員は 集合時間1時間前には集まってきている
今年は例年の構成を大幅に変更した
夕陽百選の時間帯での 室内での講義を一切なくした
小さな子供が多いのに 専門的な むつかしい話は逆効果だと判断した
「夕陽を十分に楽しんでもらい
夕暮れの海岸を楽しんでもらい
ウミホタルを楽しんでもらう」
この基本方針で ウミホタルを見てもらう演出も 極度に減らした
*準備(15:00~16:30)
 *捕獲器にカニカマボコの餌をゴミネットに包んで入れる
c0108460_22341316.jpg
 *捕獲器の蓋の固定紐の総点検 紐の取り替え&結び直し
 *必要用具を一輪車で休憩室前へ運ぶ
c0108460_22341582.jpg
 *休憩室前に丸テーブル4脚を設置
 *各テーブルに必要用具を並べる
c0108460_22340878.jpg
 *階段下に丸テーブル1脚を設置 必要用具を並べる・・・(森さんのデモ用)
 *波打ち際に竹杭を1班2本 合計8本を間隔を置いて打ち込み
c0108460_22340643.jpg
 *大きなプラバケツ3個に海水を入れて 各班の中間点に設置
 *海岸のゴミ拾い
c0108460_22341025.jpg
 *展示ボード5面と柱6本を休憩室に運び込み設置
  「カニカニウォッチング」のポスターや 写真をボードに張り付け
c0108460_22354044.jpg
*ミーティング&リハーサル(16:30~17:00) 
 *スケジュールの詳細説明・・・西台代表
c0108460_22354720.jpg
 *ウミホタルの見せ方の実演・・・森リーダー
c0108460_22560674.jpg
*予備の捕獲器8個を突堤から投入
*軽食(浜木綿)(17:00~17:15)
  浜木綿に注文した かやくごはんのおにぎりと から揚げ&浜木綿差し入れの草餅
c0108460_22353753.jpg
*受付(17:15~17:45)
  公園事務所ロビーで受付⇒海岸に移動
参加者 65名(子ども 34名 大人31名)
  公園事務所関係者 12名
*来られた家族から 捕獲器を海へ投入
c0108460_22354234.jpg
c0108460_22404311.jpg
c0108460_22404637.jpg
c0108460_22403633.jpg
 ・・・風が強く 打ち上げられる捕獲器が多く サポーターは再度投げ込みを実施
  急遽波打ち際での監視作業が入った
c0108460_22420687.jpg
*18:30までフリータイム
  軽食を食べ 夕陽を楽しみ 砂浜で遊ぶ


c0108460_22420182.jpg
c0108460_22421003.jpg
c0108460_22420899.jpg
c0108460_22420495.jpg
[彩雲(虹雲)まで見られた]
c0108460_22404178.jpg
c0108460_22403970.jpg

*18:30 西台代表挨拶
      森リーダーのウミホタルのお話し
c0108460_22560815.jpg
*18:40予備の捕獲器8個を引き上げ
c0108460_22561063.jpg
*18:50 各班捕獲器の引き上げ
c0108460_22560484.jpg
c0108460_22560227.jpg
*19:00 各班でウミホタルの観察開始
  サポーターが見本を見せて 後は参加者が自由にウミホタルを扱う
c0108460_23001135.jpg
c0108460_23000747.jpg
c0108460_22591169.jpg
c0108460_22590768.jpg
c0108460_22590909.jpg
  手に付けて喜ぶ子供や ワイングラスに入れて自分で感動している人や 参加者がそれぞれ楽しんでいた
c0108460_22591484.jpg
c0108460_22590517.jpg
c0108460_23000966.jpg
*19:20 各班ウミホタルを1つのバケツに入れて波打ち際へ移動
  森リーダーがバケツのウミホタルを波打ち際へばらまいて「天の川」作戦
 ばらまいた後へ海水をかけることで 何時までも輝いている
 砂浜の星空を全員感動してしばらく動かず
c0108460_23002994.jpg
*19:30自由解散
*片付け&反省会⇒20:00サポーター解散
by umibenomori | 2015-09-19 23:08 | ウミホタル観察会 | Trackback | Comments(0)