人気ブログランキング |

『うみべの森を育てる会』ホームページ

umimorihp.exblog.jp

カテゴリ:新春里海まつり( 88 )

「第17回新春里海まつり2019」・・・せんなん里海公園

平成31年1月12日(土)小雨
「第17回新春里海まつり2019」・・・せんなん里海公園
(8:30~14:00) 参加会員 19名〔飯塚 岡田 甲斐 吉川 小牟田 柴田 
田川 立石 谷口 角井 傳 土肥 中川 中出 長原 西台 森 安永 渡邊〕

うみべの森を育てる会として 男子部は「大たき火」

女子部は「ぜんざい販売」で参加

この祭りは今まで11年間雨がなかったが

今日は 始まるころから小雨が降り出した

気温が低いが 風が無いので寒くは感じない

c0108460_17363791.jpg



*「大たき火」・・・せんなん里海公園潮騒ビバレー前砂浜

c0108460_17363729.jpg



 7m四方に結界の笹竹を設置

 ワラなわを張り巡らしてシレを吊るした

 持ち込まれたしめ縄を井桁正面に括り付け

 半ドラを裏返して土台にして

 その上に枯れ松葉・杉葉(ゴミ袋12個分)を

敷き詰め 枯れた枝を並べた

c0108460_17401348.jpg



 950 点火 火が大きくなった時に どんどん伐採枝を投入

c0108460_17401454.jpg


c0108460_17401201.jpg



 同時に「ハートフラワーひだまり」の 和太鼓演奏開始

c0108460_17414995.jpg



 1005 開会あいさつ

c0108460_17431678.jpg


c0108460_17431544.jpg



 1025 綱引き開始(6回)

 挨拶の行事が終了後 どんどん薪を放り込む

c0108460_17415079.jpg



 10時25分時頃には 準備した薪をすべて投げ込んだ

c0108460_17454600.jpg


c0108460_17454687.jpg


c0108460_17462881.jpg


c0108460_17462764.jpg



井桁の3m原木を引き出して ノコギリで寸断し たき火の中へ投入した

c0108460_17471941.jpg



なかなか燃え切らないので 途中であきらめて水をかけて消化した

c0108460_17472077.jpg



1130 たき火の消化

c0108460_17482413.jpg



消化した炭は土嚢袋30袋に詰めて 軽トラデ 花の広場へ運び込んだ 

c0108460_17482369.jpg



樹木の肥料として後日散布する予定

1220 汚れた砂を埋め込んだり 焼けた砂を均したりして 後処理完了

c0108460_17482599.jpg



*「ぜんざい販売」・・・エントランス(模擬店テント)

c0108460_17493603.jpg



 830ごろからテント張りも手伝い

 花の広場に半ドラ2台準備し 

c0108460_17382435.jpg



1台は熾火だけを入れ お餅を焼き 焼き上がったお餅を テント迄運んだ

c0108460_17382333.jpg


 

模擬店テントニ ぜんざい入り鍋や カセットコンロを運び込む

カセットコンロでぜんざいを温めて 販売する

1050 綱引き終了後販売開始

c0108460_17493774.jpg



お金を貰う 餅焼き ぜんざい入れ等分業

c0108460_17493823.jpg


c0108460_17505078.jpg



出足は悪かったが 12時前にはどんどん売れだして

150杯の予定が追加が出て 最終191杯(@100)販売出来た

c0108460_17505129.jpg



*昼食タイム・・・(花の広場:たき火を囲んで)

 「おにぎり」は「セブンイレブン」で買ってきた

c0108460_17515064.jpg



 「里海なべ」はスタッフも無料で頂けた

c0108460_17515150.jpg



 デザートに「ぜんざい」も残してくれていた

 今年は1250頃に全員が揃って昼食になった

c0108460_17523074.jpg


 

*昼食後の時間は ワイワイと反省会やら

 諸問題やら いろんな話が飛び交って 賑やかなことであった

c0108460_17523148.jpg

 

 


by umibenomori | 2019-01-12 17:55 | 新春里海まつり | Trackback | Comments(0)

『2018年新春第16回里海まつり』(大たき火・ぜんざい販売)・・・うみべの森

平成30年1月13」日(土)晴れ
『2018年新春第16回里海まつり』
・・・うみべの森を育てる会臨時活動日・・・せんなん里海公園内各所(7:40~14:00) 
参加会員 18名〔飯塚 岡田 小島直 甲斐 吉川 小島俊 小牟田 柴田 田川 立石 谷口 角井 傳 中川 西台 原田 森 渡邊〕
応援4名〔傳浩聡 羽間 久川兼 山田〕

「うみべの森を育てる会」として 今まで12年間 「とんど焼」と「焼いも販売」で参加してきた

今年から「とんど焼」をやめて 男子部は「大たき火」に挑戦する

女子部は「焼いも販売」をやめて 「ぜんざい販売」に挑戦

c0108460_18241722.jpg


この祭りは今まで10年間雨がない 今日も好天に恵まれ 早朝に吹いていた風も弱まった

天候が大いに味方してくれる祭りである

c0108460_18241826.jpg


*「大たき火」・・・砂浜

 7m四方に結界の笹竹を設置 ワラなわを張り巡らしてシレを吊るした

c0108460_18245986.jpg


 持ち込まれたしめ縄を井桁正面に括り付け

c0108460_18252312.jpg


 太い丸太を土台にして その上に枯れ松葉(ゴミ袋6個分)を敷き詰め 枯れた枝を並べた

c0108460_18252483.jpg


 9:30 集合写真

c0108460_18254574.jpg


 9:35 点火 火が大きくなった時に 緑の葉付き枝などを加えて煙を演出

c0108460_18254405.jpg


 

c0108460_18293971.jpg

c0108460_18294098.jpg

c0108460_18303349.jpg

955 「ハートフラワーひだまり」の和太鼓演奏開始

c0108460_18303294.jpg

c0108460_18311894.jpg

c0108460_18320041.jpg



 1005 開会あいさつ

c0108460_18320234.jpg


 1025 綱引き開始(6回)

c0108460_18321813.jpg


 挨拶の行事が終了後 どんどん薪を放り込む

c0108460_18315957.jpg

c0108460_18321918.jpg


 子どもたちは波打ち際の流木を 集めて投げ込んでいた

c0108460_18380838.jpg


11時頃には 準備した薪をすべて投げ込んだ

しかし土台にした太い生木が なかなか燃え切らないので 全てが燃えてしまうのには時間が掛かった

c0108460_18414032.jpg

c0108460_18413928.jpg


放射熱がすごいので 丸太を動かすのも至難の業

土台の丸太を長い竹で掘り起こしながら焼いた

1300 たき火の消化

消化した炭は土嚢袋30袋に詰めてゴミとして捨てる

c0108460_18421455.jpg


しめ縄などの針金も混じっているので他に使えない

1340 汚れた砂を埋め込んだりして後処理完了

c0108460_18421575.jpg


*「ぜんざい販売」・・・エントランス(模擬店テント)

c0108460_18243640.jpg


 830ごろからテント張りも手伝い

 灯油ストーブ2台(その上でお餅を焼く&暖) 

ぜんざい入り鍋6個 カセットコンロ6個を運び込む

c0108460_18243790.jpg


6台のカセットコンロでぜんざいを温める

c0108460_18250033.jpg


1050 綱引き終了後販売開始

c0108460_18410265.jpg

c0108460_18380938.jpg


お金を貰う 餅焼き ぜんざい入れ等分業

c0108460_18410310.jpg


販売開始後30分で124杯(@100)売れた

準備が大変な割には販売は短時間で 材料費を差し引くと利益などは殆どない

*昼食タイム・・・(花の広場:たき火を囲んで)

 「とり飯」は「浜木綿」に頼んだ

 「里海なべ」はスタッフも無料で頂けた

c0108460_18415813.jpg


 デザートに「ぜんざい」も残してくれていた

c0108460_18415775.jpg


 大たき火の男子部は交代制で頂いた

1350 終礼式(西台代表)

 「本日の成功を祝し 種々の問題を来年度への参考にする 今日はご苦労様でした」

c0108460_18422855.jpg

 


by umibenomori | 2018-01-13 18:50 | 新春里海まつり | Trackback | Comments(0)

「新春里海まつり2018」(大たき火)準備・・・うみべの森

平成30年1月12日(金)晴れ
うみべの森を育てる会臨時活動日・・・せんなん里海公園内うみべの森(7:40~12:40) 
参加会員 19名〔岡田 小島直 甲斐 吉川 小島俊 小牟田 柴田 田川 立石 谷口 角井 傳 中川 中出 西台 福永 渡邊〕{原田}〔山田〕
c0108460_15581439.jpg

うみ森の初出の日である

c0108460_15581502.jpg


昨晩降った雪が少し積もって 朝の低温で氷付いてしまっている

c0108460_15584683.jpg


寒くはないが非常に手足が冷たい

c0108460_16005693.jpg


うみべの森もうっすらと積もった 雪が非常にきれいである

c0108460_16005470.jpg


孝子の森から寄贈してもらった 半ドラも初焚きである

小牟田さんは8時前から たき火をして待機してくれていた

今朝ほど たき火がありがたいと 思った時はない

c0108460_15584516.jpg


*女子部は雪のため足元が悪いので 集合時間を10時前にずらした

*大たき火の必要機材準備

 うみ森横断幕の上下支柱の竹の準備や細かい点もチェック

*ミーティング

 谷口軽トラ中心に搬送する 公園事務所からも軽トラを借りた

 2台の軽トラで浜辺の大たき火 現場周辺へ搬送する

  搬送が終った時分に近所の竹林へ笹付き竹を採集に行く

c0108460_16011342.jpg


*花の広場内の機材&薪搬送

c0108460_16011433.jpg


*うみべの森クヌギ林に集積していた 薪&3m長尺間伐材30本の搬送

c0108460_16012918.jpg


思ったより薪が沢山あり 軽トラ2台で総計10往復はした

c0108460_16012867.jpg


 初めての催しの大たき火なので どれだけの薪が必要なのか 分からないだけに準備は大変である

c0108460_16043349.jpg

c0108460_16045405.jpg

c0108460_16045354.jpg


*浜辺のバレーコート周辺に 大たき火の場所決め・・・(公園事務所:野々村氏立ち合い)

 2.7m平方の四隅に杭を打ちこんだ

c0108460_16053309.jpg


 その中にガルバリューム波板6枚を敷き詰め 土台の大きな間伐材を並べた

c0108460_16043446.jpg

c0108460_16053288.jpg


四隅には3mの間伐材を井桁に6段組んだ

あまり真直ぐな間伐材がないので 組むのに苦労したが 見栄えもあまりよくないようだ

c0108460_16055363.jpg

c0108460_16100601.jpg


*近所の竹林へ4mの笹付き竹を採集に行く

 大たき火中心に7m平方の四隅に杭を打ち 結界用の竹を立てる予定であったが

 余りに風が強いので明日の朝の作業にする

c0108460_16055139.jpg

*女子部:ぜんざいの味合わせ

 各自が自宅で準備してきた ぜんざいを持ち寄り 味の調整

c0108460_16051296.jpg


150食くらい準備するので 鍋やカセットボンベも相当数準備している

c0108460_16051197.jpg


砂糖を加減したりして苦労していたが 何とか思惑通りの味になったようだ

c0108460_16095722.jpg


*原田さんは自宅で 餅作り作業に専念している

うみ森に出てくるだけが作業ではない

c0108460_16095677.jpg

c0108460_16093988.jpg

c0108460_16093930.jpg


by umibenomori | 2018-01-12 16:16 | 新春里海まつり | Trackback | Comments(0)

「2018新春里海まつり」第2回打ち合わせ会

平成29年10月28日(土)雨
雨が降り止まないので せんなん里海公園まで 同居人の送迎付き会議になった
c0108460_23081465.jpg
「2018新春里海まつり」第2回打ち合わせ会
 せんなん里海公園潮騒ビバレー会議室・・・(19:00~20:30)・・・参加実行委員 21名
c0108460_23101188.jpg
実行委員会新規参加 「さつき園」自己紹介
1.ポスターについて
  5種類の候補案を多数決の結果 1枚に決定
  今年度テーマー 8候補⇒参加者の多数決で決定
  「はんなん・みさき みんな 元気!!」
c0108460_23084368.jpg
 
2.役割分担について
  従来の留任に数人プラスした
c0108460_23101366.jpg
3.予算について
  (協賛金)
  岬ライオンズクラブ ¥50,000
  環境設計(株)   ¥50,000
  大阪府公園協会  ¥350,000・・・合計 ¥450,000の収入で運営する
c0108460_23084529.jpg
4.演舞、模擬店について
   岬高校軽音楽部と吹奏楽部は 正式回答は きていない
5.次回打ち合わせ会 11月25日(土)19:00~
c0108460_23084176.jpg
 
個別部門検討会
 「プログラム進行班」(井沢委員長 新谷副委員長 立石 他2人)
   開会式の詳細スケジュール検討
   うみべの森を育てる会の「大たき火」・・・しめ縄・門松焼き&参加者の暖
     (3mくらいの原木を井桁に組む)
     開会式前から焚く⇒(9:30~11:00)
   和太鼓⇒「NPO法人ハートワーク日だまり」12人前後
   挨拶⇒1人2分くらい
   綱引き⇒男子2回 女子 子ども⇒合計4回試技
 「模擬店具体的検討}・・・模擬店班


by umibenomori | 2017-10-28 23:14 | 新春里海まつり | Trackback | Comments(0)

寒風の中「とんど」は燃えた!・・・せんなん里海公園

平成29年1月14日(土)晴れ(強風)
『新春里海まつり2017』〔とんど焼き&焼きいも〕(8:00~14:30)
うみべの森を育てる会 参加会員 16名
〔飯塚 小島直 甲斐 河原 吉川 小島俊 小牟田 柴田 田川 立石 谷本 傳 中川 西台 三宅 森〕
みさき里山クラブ 5名〔徐 谷口州 久川兼 柚岡 渡邊〕

c0108460_21182303.jpg
寒波がやって来た 晴れてはいるが 強風である 13m以上の西風が吹き非常に寒い
c0108460_21211646.jpg
7:00 焼き芋班集合
 11台の半ドラに火を点ける 強風なので なかなか火が点かない 風防用コンパネの傍へ移動
c0108460_21184453.jpg
 炭を底に入れ 松葉 松ぼっくり 薪を入れて 炭を熾す
c0108460_21192440.jpg
 炭が熾ったら 焼き芋を入れる その上にワラで蓋をして じっくりと焼く
c0108460_21241281.jpg
 満潮時には 強風で波が 焼きいもの場所に流れ込んできた 慌てて半ドラを移動した
c0108460_21195372.jpg
c0108460_21232966.jpg
8:00 焼きいも投入
8:45 第1回焼きいも焼き上がり 一輪車で焼きいも処理場へ運び
 アルミホイル・新聞紙を剥し  ダンボール箱で保温する 販売直前に新聞袋に1個ずつ包む
c0108460_21242638.jpg
c0108460_21251460.jpg
c0108460_21244796.jpg
10:00 「新春里海まつり」開会・・・井澤実行委員長 他関係者挨拶
c0108460_21253976.jpg

10:16 とんど点火
 中川リーダーの合図で 灯油を浸み込ませた2本の松明を(飯塚 田川)(河原 傳)がたき火で点火
c0108460_21260551.jpg
 その松明で「とんど」の火口に差し込み点火した
 強風の中 煙をモクモク吐き出しながら とんどは燃えだした
c0108460_21263948.jpg
c0108460_21270688.jpg
c0108460_21273243.jpg
c0108460_21275020.jpg
c0108460_21280642.jpg

 6分ほどで上部のつるのくくりが焼け とんどは いい格好でねじれて燃え続けた
c0108460_21282936.jpg
c0108460_21284678.jpg
 13分ほど燃えてつぶれてしまった
c0108460_21291332.jpg

10:30 焼き芋販売開始
 長蛇の列である
c0108460_21303201.jpg
 しかし1人1個と制限しているため 販売はスムースに進み
c0108460_21294286.jpg
 わずかの間で完売した
c0108460_21295644.jpg
 販売修了後 焼けた焼き芋は 並べない露店の人たちに移動販売した
10:30~孟宗竹を全て焼き切ってしまうため 火掻き棒や長い青竹を使って 竹が火の中心に集まるように作業
c0108460_21321441.jpg
12:00 とんどが熾火になった
12:10 花の広場で昼食(強風のため)
 おにぎりと里海鍋 デザートは餡餅 半ドラのたき火を囲んでワイワイと・・・
c0108460_21323281.jpg
12:30 とんどの焼けた残りを 全て掘った穴に埋める
c0108460_21324864.jpg
 可愛いサポーターたちもスコップを持って 砂を埋めてくれた
c0108460_21330266.jpg
 スコップを持っての作業は 少々きついので作業は捗らない それでも30分ほどで元の砂浜に復元できた
13:00~13:40 反省会(花の広場)
 たき火を囲んでのワイガヤが多いが
 焼いも部門は 強風で火の管理が大変であったが 焼き加減も 販売も問題がなかった
 とんどは倒れるのが早かったが ねじれ方が良かったので 目標の15分に近い燃え方であった
 強風で寒い以外は全て順調だった
c0108460_21331867.jpg


by umibenomori | 2017-01-14 21:56 | 新春里海まつり | Trackback | Comments(0)

「新春里海まつり2017」・・・せんなん里海公園  by  (ナベサダ)

平成29年1月14日(土)
第15回里海祭の開催日である。
f0053885_2054578.jpg

朝7時に会場の里海公園に行くと、みさき里山クラブメンバーの4人(甲斐、谷口、久川、渡辺)が揃い、焼き芋用11台の半ドラの火おこしから始まる。
f0053885_2019253.jpg
間もなく・・うみべの森メンバーに里山メンバーも揃い、開会式までの準備は順調に進むが、吹き付ける寒風には苦しめられた1日となった。
f0053885_20192770.jpg

f0053885_20215477.jpg
冷たい強風が吹き付ける上に、8時半満潮の波も押し寄せる悪条件は、
途中で押し寄せる波に半ドラ移動をしながら、10時半の販売時間までに予定数を焼き上げる。
f0053885_20212183.jpg
半ドラに木炭、消し炭、松葉、松ぽっくりを入れて種火として点火~逐次他の半ドラへと点火して行く、
半ドラの火が熾った所へ~先日準備したサツマイモ(濡らした新聞紙で包み、更にそれをアルミホイルで包んで準備した芋)を並べて入れる~
他の半ドラの炭火を少し入れて藁で蓋をするように覆う~数本薪で押さえる~約1時間でじっくりと焼き上げて行った。
芋は大・中・小と分けられており、其々に焼き上げ時間を調整しての対応で有った。
f0053885_20235365.jpg

f0053885_2023053.jpg
一方で「とんど焼」の点火は開会式終了後に開始されるが、昨日~今日へと強風にも耐えてびくりともしていない!
みんなであれこれ言いながらの立上げが、功を奏したのかもしれない。
持参される注連縄に金具や針金はのチェックをしてトンドに取り付ける。
f0053885_20244628.jpg
9時
模擬店の準備も始まる。
f0053885_2026553.jpg
9時半:里海鍋の整理券配布に行列が出来る。
f0053885_2027437.jpg
寒風の悪条件下でも沢山の人影が見えるのは、今回で15回目となる実績であろうか?
阪南市、岬町のゆるキャラも出揃い、子供たちに愛嬌を振舞う。
f0053885_2028198.jpg
10時開会式
井沢委員長の挨拶の一言が良く聞こえた中に、寒空で有る事や綱引き等の新企画も有るので、来賓の挨拶は簡単にして欲しいとの要望は良かったと思う。
丸山、谷川国会議員や阪南市長、岬町長も新年の挨拶程度の祝辞で良かった。
f0053885_20292860.jpg
~御陣乗太鼓の音が鳴り響きだすと、うみべの森・女性2組でトンドに火が入る。
海側の点火は風が強く里山・谷口氏に交代~点火すると直ぐに勢いよく煙が上がる。
f0053885_203051.jpg

f0053885_20314446.jpg

f0053885_20325091.jpg

f0053885_20332090.jpg
~トンドの燃える時間が気になるところだが、約7分くらいで第1回目が崩れ落ちる~続いて次々と順調に焼き落ちで行った。
f0053885_20341017.jpg

f0053885_2034312.jpg

f0053885_2034582.jpg

f0053885_20352080.jpg
理想に近い状況で進めたのは、強風が幸いした事、孟宗竹を沢山使用しているが、昨年実績から本数調整した事、
組み立て時の餡子に藁や竹の葉材を沢山入れた事などが、言えるのではないかと思う。
f0053885_2036442.jpg
~風が依然として強いので、昼食はうみべの森広場に戻って~里海鍋とお握り弁当を頂く、
直ぐに甲斐氏と一緒にとんど見張り役の中川氏・森氏と交代に行って焼却整理に入る。
焼却処理用の穴が強風で砂が落ち、狭くなった状況をスコップで掬い上げて~焼却残灰を入れて行った。
f0053885_20372414.jpg

f0053885_20374897.jpg
今日は悪状況下だったので、殆ど担当場所を離れる事無く動いたので、他の取組はチョット覗く程度で、挨拶も写真も取れていないが、少しだけ添付する。
f0053885_20383688.jpg

f0053885_20394036.jpg
お客さんの出足を心配したが、模擬店もコート内の取組も、思った以上に盛況だったのではないかと思う。
砂浜に比べると、建物の壁で風の影響が心配する程の事もなく、進行された様である。
f0053885_20402480.jpg

f0053885_20404660.jpg
最後に、うみべの森の皆さんと一緒に今日の反省会では、焼き芋のクレームも殆どなく、とんど焼きも順調で目出度しで終了となった。

他の取組やビンゴゲームなども残っていたが、3日連続のスコップ作業が続いたので、早目に引き上げて終了とした。

・トンド焼 燃えて今年の 初仕事
by umibenomori | 2017-01-14 20:45 | 新春里海まつり | Trackback | Comments(0)

「とんど」詰め作業・・・うみべの森

平成29年1月13日(金)晴れ
うみべの森を育てる会臨時活動日・・・せんなん里海公園内うみべの森
(8:00~12:50) 参加会員9名〔甲斐 小島俊 小牟田 柴田 杉本 立石 谷本 中川 中出〕
晴れてはいるが 7~8mの強風である
花の広場は そう風は当たらないし たき火があるので過ごしやすいが

c0108460_16220720.jpg
とんどのある砂浜は 吹きっさらしで 長時間作業に 耐えられないくらい寒い
c0108460_16231035.jpg
9:30集合であるが 9時前には殆ど集まっていた
*半ドラの火付け用枯葉集め
 明日 強風の中で 半ドラ11台に火をつける必要がある
 火つけ用材料として 枯れ松葉 松ぼっくりを 掃除しながら沢山集めた
c0108460_16212735.jpg
*ミーティング(たき火を囲んで)
 ⊛とんど組み立て方の反省
  中心柱には十字の竹を長い目に上下に2カ所設置する
 ⊛孟宗竹が他の会員に当たった事例を説明し 来年からはヘルメット着用を原則とする


*とんど火付け用ワラ松明つくり
 青竹の先端にワラを加工して くくり付け2本準備
c0108460_16224465.jpg
c0108460_16251062.jpg
*とんどの結界の設定
 1辺15mの四角形の四隅に 葉付き竹を立てた
c0108460_16232532.jpg
 風がきついので鉄杭を打ちこみ その横に丸太杭を打ちこみ 二重の強度を持たせて 竹をくくり付けた
c0108460_16243353.jpg
 その竹にワラ縄を張り 四方の結界のしるしにした
 西側と北側の竹には ワラ縄で引っ張り 補強した
*看板取り付けの準備
 風がつよいので独立した杭を2本打ちこんだ⇒あすの朝 看板は取り付ける
*半ドラ11台を並べた
 西風が強いので とんどより距離を開けて場所を決めた
 西側には風防としてコンパネ4枚を 鉄杭を打ちこんで設置した
c0108460_16240224.jpg
*長机の設置
 焼き芋作業用として長机6脚を並べ その上に耐熱ボードを張ったコンパネ3枚を置いた
 2脚は焼き芋販売用として潮騒ビバレーレストラン前に設置予定
*とんど用火掻き棒作り
レイキ3本のパイプの柄に 青竹を叩き込んで3mの長さの 火掻き棒を作った
c0108460_16253403.jpg
c0108460_16252219.jpg
 
*廃材杭を薪に加工する
c0108460_16225846.jpg


by umibenomori | 2017-01-13 16:39 | 新春里海まつり | Trackback | Comments(0)

「新春里海まつり2017」とんど組み立て・・・せんなん里海公園内砂浜・他

平成29年1月12日(木)くもり
「新春里海まつり2017」とんど組み立て・・・せんなん里海公園内砂浜・他
(8:00~15:50) 参加会員14名
〔飯塚 生熊 小島直 吉川 小牟田 柴田 杉本 田川 立石 谷本 中川 長原 西台 樋口〕
みさき里山クラブ 参加会員7名〔徐 谷口州 羽間 久川兼 福永 柚岡 渡邊〕
寒波が近付いている 風もあり 特に海辺は寒い
毎年恒例となった みさき里山クラブとうみべの森を育てる会との協働作業で
「新春里海まつり2017」のとんど焼きの「とんど」を組み立てる
寒い中 2つのボランティアグループ会員が 21名も集まって来た
9時集合であるが 8時前から出てきて 作業準備している会員も居る
30分前には殆ど集まっており 運び出す機材を軽トラに積み込みだした

c0108460_20292936.jpg
*ミーティング
 西台代表挨拶
 立石副代表・・・班分け発表と各作業の注意点説明
c0108460_20294586.jpg
*軽トラ 2台・・・谷口自家用車  みさき里山クラブ所有車(長原運転)
*竹伐採・・・(谷口車 6名)
 近くの箱の浦の真竹林へ行く
c0108460_20303214.jpg
 とんどの中心に立てる葉付き竹が必要 結界用4本柱の葉付き竹など 20本近く伐採して 現場へ搬送
c0108460_20311437.jpg
*とんど用穴掘り・・・(8名)
 せんなん里海公園潮騒ビバレー前砂浜に とんどを組み立てる
 その場所に直径8mの円形の内側1mを 半円に50cmくらい掘り下げた・・・とんどの焼け残りを埋め込む予定
c0108460_20313015.jpg
*焼き芋の準備・・・(7名)
 5人から頂いたサツマイモ300個前後
 これを全て水洗いして 新聞紙に包み水に濡らして アルミホイルで包む
c0108460_20295923.jpg
 その過程で計量しながら大中小を仕分け 大きさの種類別に 箱詰めした
c0108460_20352126.jpg
 大きさにより 焼く時間差を検討できる
c0108460_20315183.jpg
*とんど組み立て用機材の搬送・・・(14名)
c0108460_20301697.jpg
 花の広場に集積されていた 孟宗竹3m 270本 中心柱桧5m 4本
c0108460_20320387.jpg
 
 コンパネ7枚 杭21本 薪30籠 木炭90kg ワラ200束 等々を
c0108460_20323460.jpg
 軽トラ2台で とんど組み立て現場の砂浜まで 何回も往復して運んだ
c0108460_20324888.jpg
c0108460_20353394.jpg
*昼食・・・(花の広場)
 女性部が炊いてくれたサツマイモご飯とトン汁を たき火を囲みながら ワイワイと頂いた 
 おいしいのでお代わりしている者もいた
c0108460_20344984.jpg
*とんど組み立て・・・(14名)
 10m近い風が吹いているので 中心柱を立てるのにも苦労し
c0108460_20330943.jpg
 竹を並べるのも 強風で斜めになったりして やり替えたりと 例年よりは組み立てに大苦戦
c0108460_20354739.jpg
 中にワラや竹の枝をふんだんに入れたので 少々メタボ気味⇒その分倒れにくいかも・・・
c0108460_20360769.jpg
c0108460_20364246.jpg
c0108460_20365525.jpg
c0108460_20370778.jpg
c0108460_20374581.jpg
c0108460_20371922.jpg
 重い孟宗竹を運ぶのに 強風に煽られてふらつき 人にぶつける場面もあり ヘルメット着用の必要性を感じた
 来年からは必ず着用することを鉄則にしたい

最初から最後までサポートしてくれる子もいた

c0108460_20373031.jpg

by umibenomori | 2017-01-12 20:54 | 新春里海まつり | Trackback | Comments(0)

「とんど焼き!」の立ち上げ  by  (ナベサダ)

平成29年1月12日(木)
新春・里海まつり“里海で結ぼう!阪南・岬 健康の輪”1月14日(土)開催の取組の内、
メインの「とんど焼き!」の立ち上げを、昨年に続いて「うみべの森を育てる会」と「みさき里山クラブ」共催で立ち上げた。
f0053885_207239.jpg
午前9時前に行くと殆どの方が見えていた。
f0053885_2090100.jpg
新年の挨拶を交わしながら予定人員の集合を待ち、9時~本日の役割分担が発表された。
穴掘り班、竹取班、焼き芋準備班に分かれての作業であった。
f0053885_2092725.jpg
私は穴掘り班の一員として、潮騒ビバレー海側砂場に、とんど立上げの場所を設定~中心に直径1mの穴堀~5m外側に約1m幅強の溝穴を半円で掘りあげた。
(とんど終了後の残灰処理用)~午前中には御柱の立ち上げまでを行った。
f0053885_2010101.jpg

f0053885_20105375.jpg

f0053885_20202850.jpg

f0053885_2011548.jpg

f0053885_20122540.jpg
その間に竹取班は、箱の浦竹林から竹取と運搬をして帰る~
引き続いて、先に多奈川竹林から引き取って来た孟宗竹の保管分やその他の資材も砂場まで運搬して、午前中の作業は終了とした。
f0053885_2013245.jpg
昼食は、サツマ芋御飯と豚汁が用意されたが、大変に美味しく頂いた。
昼食後はコーヒーとお菓子を頂いて、賑やかな相互交流でもあった。
f0053885_20132551.jpg

f0053885_20134573.jpg
昼からは、男性軍全員でとんど立上げを行ったが、途中から若干の歪みが出掛ったので、組み直し修正をしながら立ち上げて行った。
f0053885_20142680.jpg

f0053885_20144864.jpg
竹と竹の間には藁や竹笹を挟んで燃えやすくして、蔓で縛り込みながら竹材を順次バランスを見て立ち上げて行った。
凡そ立ち上がった所で、私は2時20分に帰宅して小学校・下校見守りに立ち~4時に里海まで行くと、全て終了して本番待ち状況となっていた。
f0053885_2015231.jpg
後は、本番でどれぐらいの時間で燃え尽きつかが心配な所である。
当日は、焼き芋係として午前7時集合、半ドラ11個分の火おこしから始まるが、予報では随分と寒い中での作業となりそうである。

・お祭の 主席に座る とんど焼き
by umibenomori | 2017-01-12 20:03 | 新春里海まつり | Trackback | Comments(0)

『新春里海まつり2017打ち合わせ』(とんど焼き&やきいも)

平成28年12月22日(木)くもり・雨
うみべの森を育てる会・みさき里山クラブ合同「新春里海まつり2017」「とんど焼き&やきいも」の打ち合わせ会
c0108460_16380723.jpg
(8:00~11:30) 参加会員 13名+2名
うみべの森を育てる会〔甲斐 吉川 小島俊 小牟田 柴田 杉本 立石 谷本 傳 中川 長原 西台 原田〕
みさき里山クラブ〔徐 谷口州〕
曇ってはいるが 気持ちが悪いくらい暖かい 気温は20度を超えているので ぴゅーぴゅー吹く風も 温風である
11時くらいに30分ほど 激しい雨が降ったが 後は温風が吹き荒れている
うみべの森を育てる会の今年最後の定例活動日である
全員運営委員会であり みさき里山クラブ(徐代表 谷口州副代表)との
「新春里海まつり2017」「とんど焼き&やきいも」の打ち合わせ会である
c0108460_16382095.jpg
9:30会議が始まる前には うみ森会員は何かと作業をしている
*ビオトープの水漏れチェック
*ビオトープの第2ホースのヘドロ洗浄
*薪を苗木トレーに移し替え 車で運び出しやすい処理をした
c0108460_16383662.jpg
『新春里海まつり2017打ち合わせ』・・・(9:30~11:00:花の広場)
 うみ森 13名 孝子の森 2名
 傳さん作成の資料A412枚を配布⇒これを中心に順番に説明&検討
1月12日(木)9:00集合
 竹伐り班 近くの竹林で伐採
 穴掘り班 潮騒美バレー正面の砂浜に 直径7mの内側1m巾で深さ50cmを海側に半円に掘る
c0108460_16385443.jpg
 機材運搬班 花の広場に集積してある必要部材を浜辺へ軽トラ3台で運ぶ(運転:岡田 長原 谷口州)
 午後:とんど組み立て(中川リーダー)
  竹と竹の間は隙間を空けて立てる 間にはワラ・笹などを多く詰め込む 形の目的は円錐状
 昼食は女性部がサツマイモご飯とトン汁を準備
 女性部はサツマイモ洗い 計量 新聞紙で包み濡らしてアルミホイルで包む ダンボールに収納する
c0108460_16390977.jpg
1月13日(金)9:30集合
 うみ森会員のみ⇒とんどの詰め作業
 火掻き棒作り⇒レーキに3mの竹を取り付け×3
 松明作り⇒藁で松明を作る×2
 結界四隅に竹を立て 縄を張り巡らす
 3グループの看板を設置
c0108460_16392424.jpg
1月14日(土)焼き芋班4人は7:00集合
 その他 8:00集合
 焼き芋班は10:30販売に間に合うように 10時には焼き上がる段取りで作業
 とんどは10時点火10:30迄綱引きがあるので それまで燃やし続けるよう風と対抗
11時過ぎには雨が降り出したので会議終了後解散とした
c0108460_16393861.jpg

 


by umibenomori | 2016-12-22 16:53 | 新春里海まつり | Trackback | Comments(0)