人気ブログランキング |

『うみべの森を育てる会』ホームページ

umimorihp.exblog.jp

カテゴリ:2014年活動状況( 30 )

「とんど」用つる採集  in  せんなん里海公園内     by    (TATE-misaki)

平成26年12月21日(日)① 晴れ・曇り

c0108460_18254989.jpg
うみべの森を育てる会定例活動日・・・せんなん里海公園内
(9:00~15:20) 参加会員(9名)
[飯塚 甲斐 柴田 杉本 立石 中川 西台 樋口 森] 
c0108460_18254812.jpg
午前中は割合に暖かかった
作業をしておれば 少し汗ばむくらいである
集まった会員は少し少ないが 定例活動を開始する
*たき火準備
*ミーティング(たき火を囲んで)
 1.とんど関係は みさき里山クラブと竹の里との共同制作となる詳細説明
 2.助成金の現状と来期見込み
 3.大阪さともりシンポジュウムの内容の概略を説明
  「ボランティアは自分の価値を 低く見過ぎていないか・・・?」
 4.今日の作業
  午後は みさき里山クラブと とんどの打ち合せ・・・参加依頼
c0108460_18254428.jpg
*ビオトープの第2ホースの洗浄・・・[立石]
  全く水が出ていないので ホース洗浄とダムの掃除
c0108460_18254685.jpg
c0108460_18254890.jpg
*薪の積み替え・・・[飯塚 西台]
  砂浜まで運びやすいように 整理しながらトレーに詰め替え
c0108460_18254543.jpg
*ヤキイモ包みの準備・・・[飯塚 西台]
*つる採り・・・[甲斐 柴田 杉本 中川 樋口 森 立石]
c0108460_18255293.jpg
公園内のヤブツバキ林・・・ここは昨年も採集したが 今年も十分に採れた
ヤブツバキのためにもなるし 「とんど」のためにもなる 一挙両得である
c0108460_18255158.jpg
太いつるを主体に採集するので 1人では抜けず何人もで取り掛かっている
枝の細い部分は切り取り太い部分のみ集める
約1時間で十分に集められた
c0108460_18255381.jpg
軽トラで花の広場まで運び 小川に古いブルーシートを敷き詰めて
採集した つるを水漬けにした
これで8日までは よい状態を保てると思う
c0108460_18254341.jpg

c0108460_18294753.jpg
*「とんど」関係詳細打ち合せ(13:15~14:45)・・・潮騒ビバレー2F会議室
みさき里山クラブ[岡田 佐々木]
うみべの森を育てる会 9人全員
c0108460_18294930.jpg
1.顔合わせのため参加者を全員紹介
2.とんどレシピを基準に 詳細を説明
3.互いの質疑応答
4.集まったメンバーから予測すれば 準備組立は1日で出来そうであるが
 混成部隊の実力が不明なので 従来通り2日態勢で対応する
 しかし 8日の日は作業が早く終われば 9日の作業もどんどんこなす
 その時点で1日で完成すれば 9日は休みとする
5.8日の集合時間は 9:00に変更
6.10日の当日は8:00集合だが 焼き芋担当の一部は 7:30とする
7.四輪駆動軽トラで砂浜を走れるかは
 一度テストした上で決定する
c0108460_18294693.jpg
8.やきいも準備関係は
 うみべの森を育てる会女性部に 詳細は一任する
9.とんどの点火を従来通り中心にするか 外側にするかを検討
 今回は一応中間に点火するようにする
10.孟宗竹を使うのは初めてなので
 結界のとんどからの距離を 出来るだけ遠くにする
c0108460_18294884.jpg

by umibenomori | 2014-12-21 23:40 | 2014年活動状況 | Trackback | Comments(0)

紅葉黄葉に大満足  in  うみべの森     by    (TATE-misaki)

平成26年11月27日(木) 晴れ

c0108460_18101713.jpg
うみべの森を育てる会定例活動日・・・せんなん里海公園内うみべの森
(9:00~13:00)参加会員(9名)
[飯塚 生熊 小島俊 柴田 杉本 立石 傳 西台 原田」
c0108460_18101877.jpg
秋晴れ 寒暖なし
うみべの森も紅葉黄葉が 真っ盛りであり 他所へ紅葉狩りに行く必要がない
会員はしばらくきれいな紅葉に見とれている
c0108460_18101937.jpg
c0108460_18102526.jpg
しかし 男性軍参加者が少ない
公園事務所の軽トラを借りて カブトムシ幼虫のために
チップを運び整備する予定であったが 人数不足のため中止した
c0108460_18102498.jpg
c0108460_18102340.jpg
c0108460_18102221.jpg
c0108460_18102175.jpg
c0108460_18101625.jpg
*ビオトープのホース洗浄
  第2ホースが完全に水が出ていない
  水道ホースをつないでヘドロ洗浄し ダムの取水口の掃除をする
*ビオトープの水漏れ箇所チェック
  非常に水位が低い 第4池等は ほとんど水がない状態である
  しかし水漏れ箇所は発見できなかった
*「丸太を切ってサンタを作ろう!」イベントの準備
 ⋆おにぎり広場現場で ウマや丸太その他の置き場を 具体的に検討し決定していく
c0108460_18101507.jpg
 ⋆5班に分けるための 旗や名札用紙の準備
*支柱用女竹を伐採し 1m寸法に切断し 先を尖らせた
c0108460_18224495.jpg
*植樹苗 30本に支柱設置
  草刈りをする時に はっきりと目印になるよう 1mの高さの竹3本で囲った
c0108460_18224326.jpg
c0108460_18223362.jpg
c0108460_18223433.jpg
*購入電動工具のチェック
 ⋆電動カンナ マキタ1804NSP
   重量7.8kgもあり 我々では作業困難と判明・・・機種選定間違いであった
 ⋆リョービ 卓上ベルトサンダー BPS-1000・・・これは十分使えると高評価
 ⋆電動ドライバー用L型アダプター・・・狭い場所でも作業可能なアダプター
   あまりの小型に驚いたが 十分に使える物である
c0108460_18224286.jpg
*背付ベンチの補強作業
  森さんから寄贈して頂いたベンチは女性軍が座りやすいと好評
  脚の横木が取れていて 少し安定が悪いので 横木を補強に取付
  早速L型アダプターを使用
  うまく取り付けられたが まだ少し動くので
  次回は筋交いを入れる作業をする予定
c0108460_18224088.jpg
*ミーティング
 11月30日(土)「みんなでワカメを育てよう!(種付け)」
 うみべの森を育てる会からは所要が重なり参加者は少ない
 受付サポート(原田) プラバンサポート(柴田)は確認
c0108460_18273437.jpg
c0108460_18223973.jpg
「男性軍の人数が少なく 予定の作業も出来ず やや気合抜けがしたのと
サンタ:イベントの準備がほぼ完了したのと
午前中だけの会員もいたのとで 作業は昼までとした」
c0108460_18223871.jpg
c0108460_18223718.jpg
c0108460_18223524.jpg


by umibenomori | 2014-11-27 18:30 | 2014年活動状況 | Trackback | Comments(0)

ツル整理 & 会員のツル籠編み研修 in  孝子の森     by    (TATE-misaki)

平成26年11月21日(金)晴れ
みさき里山クラブ定例活動日・・・孝子の森
(9:20~15:40) 参加会員 [16名]
[雨宮 岩橋 岡田 甲斐 佐々木 立石 谷口州 谷口眞 羽間 久川恵 久川兼 的羽 丸山禮 宮崎 柚岡 渡邊]
空は澄み渡り 気持ちの良い秋晴れ

c0108460_21133723.jpg
孝子小学校の銀杏も枯葉が落ちてしまい 黄色の絨毯になっている
c0108460_21133611.jpg
宮崎さんはこの銀杏の落ち葉を利用して 簡単にバラの花を作っている
c0108460_21230020.jpg
c0108460_21225983.jpg
暑くなく寒くなく外での作業には 最高の天候である
*ラジオ体操
*ミーティング・・・今日の作業
c0108460_21133852.jpg
*新山道の伐採した大木の運び上げ・・・[岩橋 岡田 佐々木 谷口州 羽間 柚岡]
  既に伐採した枯れ木を斜面に寝かせてある  これを10m以上 上部に引き上げる
c0108460_21230676.jpg
  ロープを張り チエンブロックを使って
  ほとんど人力で新山道の土留め箇所まで 運び上げた
  急斜面で土がサラサラなので 非常に作業は困難であった
c0108460_21134050.jpg
*新山道作り・・・[久川兼 的羽]
  いろは坂の「は」(3折れ)部分の 土留め用 枯れ木の芯を固定して山道の基礎作り
c0108460_21230574.jpg
  邪魔な樹木を切ったり根を掘り起こしたりと
  重い土留め材を担いで運んだりと ハードな作業の連続である
c0108460_21230209.jpg
  昨日 傘寿6歳の誕生日を迎えた長老は 若者顔負けの元気さと活躍振りである
c0108460_21230347.jpg
c0108460_21225628.jpg
*八王子峠道の尾根道の草刈り・・・[甲斐 渡邊 立石]
  30日に「きのくに子どもNPO」の  子どもたちが この道を通りハイキングの予定
  垂れ下がっているシダや サルトリイバラ その他のイバラ等を 刈り込んだり刈払機で刈ったりする
c0108460_21134464.jpg
  道にも木の根が現れ 足がひっかかりそうなのは全て切断する
  シダの枯れた葉脈はトゲのようになり 危険なので極力目の高さの分は刈り取った
c0108460_21134330.jpg
*ツルの整理・・・[谷口眞 久川恵 宮崎]
  「手づくり広場」用に採集したツルを 丸めたものをほどきながら
   根などを切り取りながら 太さを大中小に分ける
c0108460_21134236.jpg
   午後からは男性軍も応援に入った
c0108460_21230166.jpg
*つる籠編みの研修・・・(全員)
  「手づくり広場」でサポートできるように
  全員が 久川恵さんや 丸山禮さんに 指導を受けながら実際に編んでいく
c0108460_21225839.jpg
c0108460_21225733.jpg
c0108460_21264544.jpg
*竹串作り・・・[柚岡 佐々木] 
  「手づくり広場」でマシュマロをオヤツに出し
  たき火であぶって食べるため 笹を切って来て 竹串作り
*料理部・・・[雨宮 丸山禮]
  具だくさんの味噌汁炊き
c0108460_21134154.jpg
  コーヒータイムの準備
  デザート:干し柿・あんころ餅・酒粕菓子・・・いずれも会員から提供されたものである
  白馬土産の酒粕菓子は変わった味でおいしい  コーヒーにはぴったりのお菓子である
c0108460_21133570.jpg
*ミーティング(昼食後たき火の周りで)
 ➀「手づくり広場」の詳細検討 & 役割分担決定
 ② 30日に「きのくに子どもNPO」のちびっ子組と小学生組の2組がやって来る
   スケジュールの詳細説明 & 当日の参加者確認
 ③「新春里海まつり2015」のとんど関係への参加要請
  1月8日(木)5人以上 1月9日(金)4人以上 1月10日(土)6人以上
  岡田代表代行より 12月末に参加者確認する⇒予定しておくことを依頼

c0108460_21133490.jpg

by umibenomori | 2014-11-21 21:30 | 2014年活動状況 | Trackback | Comments(0)

ふかふか小径の階段補修   in  うみべの森     by    (TATE-misaki)

平成26年10月19日(日) 晴れ
うみべの森を育てる会定例活動日・・・せんなん里海公園内うみべの森
(9:00~15:10) 参加会員(12名)
[生熊 小島直 甲斐 河原 杉本 立石 中川 中出 西台 原田 樋口 森]
雲一つない秋晴れ朝晩は冷え込んでも昼間は暖かい
それでも汗をかけば 日陰におればひんやりとしてきて 日向が恋しくなる

*ミーティング(花の広場)
  明日の幼稚園里山体験は 久しぶりに「ふかふか小径」を使うので
  ここを中心に階段補修などを優先する

c0108460_18113240.jpg
*グリーンカーテンの整理・・・[女子部]
  ゴーヤや朝顔の枯れたツルを 上部の方まできれいに取り払った
c0108460_18113035.jpg

*皇帝ダリアの整備・・・[女子部 甲斐 立石 森]
  風で倒れたのを引き起こし
  折れた分や曲った分は添え木をして 治療しながらの立て直しになった
c0108460_18113172.jpg
*サツマイモを整理して干す・・・[女子部]
  「新春里海まつり2015」に焼き芋用で 300個は必要である
  今日 公園事務所職員の中塩路さんに
  掘りたての300個近いサツマイモを寄贈して頂いた
  それを整理し1週間くらい干す
  ・・・その後新聞紙にくるんでダンボール箱で保管する
*台風19号の倒木のチェック・・・[男子部]
  コナラの大木であったが  中にカミキリムシの幼虫に穴を開けられ
  その周辺が腐って わずかの風で倒れたようである
  大部分腐っているので利用価値はない⇒チップに加工することにする
c0108460_18113455.jpg
*ふかふか小径の階段補修・・・[男子部]
  階段用杭を60本ほど製作
  丸太を50㎝位に切り先端をマルノコで尖らせる
c0108460_18113596.jpg
  2組に分かれて入口と出口とから取り掛かった
  廃材の杭を使っているので腐っているのが多い
  それらを全て取り替え階段の踊り場を整地し
  幼稚園児に危険のないように対応した
c0108460_18180863.jpg
c0108460_18181007.jpg
c0108460_18181147.jpg
c0108460_18180365.jpg
c0108460_18180477.jpg
*花の広場内の廃材置き場の整理・・・[女子部・立石]
  薪なども乱雑に置いていたのを
  マルノコで切断して寸法を揃え一カ所にまとめた
  廃材は角材や板等種類別寸法別にまとめて
  積み直し ブルーシートを掛けてきれいにできた
c0108460_18112879.jpg
c0108460_18114181.jpg
c0108460_18180673.jpg
*花の広場内の草刈り・・・[女子部]
*ササユリの道・クヌギ林・第2カブちゃんベッド周辺の草刈り・・・[杉本 森]
  根笹中心に刈り込んだ 
  ササユリの道などは見通しがよくなり 危険度も少なくなった
c0108460_18181211.jpg
c0108460_18180255.jpg
c0108460_18180745.jpg

「男子部と女子部と全く違う作業になったが 
 それぞれの部門で創意工夫も加わり 予定以上の作業をこなせた
 女子部が男子部同等の作業が出来る実力があるのが
 うみべの森を育てる会の強みかも知れない
 休憩の時間等には 食べきれないくらいのオヤツが出て来る

c0108460_18113836.jpg
 中でも原田さん手作りの サツマイモ入り蒸しパンが
 懐かしい味で大好評であった」
c0108460_18113771.jpg
c0108460_18113974.jpg


by umibenomori | 2014-10-19 18:27 | 2014年活動状況 | Trackback | Comments(0)

ボランティア(うみべの森を育てる会)否定は否定された・・・?

平成26年10月7日(金) 晴れ
うみべの森を育てる会定例活動日・・・せんなん里海公園内うみべの森
(9:00~15:30) 参加会員(11名)
[飯塚 生熊 吉川 小島俊 杉本 立石 傳 中川 西台 原田 樋口]  
台風一過 少し肌寒い日になった
朝7時で外気温18度であり 最近では20度を下回るのは 初めてだと思う
女性軍はどんどん集まって来たが 男性軍の集まりは やや悪い
体調不良者が増えてきているようだ

*ビオトープの第2ホースのヘドロ洗浄とダムの取水口の掃除・・・[小島俊]
  (ミーティング前に ひと作業終了していた)
  第2ホースの水が殆ど止まっており 水道水で洗浄に掛かった
  ダムの取水口のゴミも取り除いた

c0108460_21482689.jpg
  

1.ミーティング(花の広場)

c0108460_21482744.jpg
*『19日の定例活動日に 公園事務所主催の
 第6回 親子しぜん体験会
• 開催日 : 2014/10/19
• 時間 : 13:00~15:00※小雨決行

• 開催場所 : せんなん里海公園「潮騒ビバレー」
• 住所 : 泉南郡岬町淡輪地先
うみべの森でワクワク・ドキドキ「自然たいけん・自然はっけん」
詳細情報
1. 開催日時:2014年10月19日(日)13:00~15:00※小雨決行
2. 集合場所:せんなん里海公園「潮騒ビバレー」前
3. 参加費:無料(お車の方は別途駐車場代)
4. 対 象:幼稚園~小学生(親子同伴)
5. 定 員:30名(先着順)
6. 申込み:電話にて受付。
7. 受付開始:10月1日(水)より先着順
8. 問合せ:せんなん里海公園管理事務所
TEL:072-494-2626(9:00~17:00)

「NPO体験学習ネットワーク」に委託している
c0108460_21482358.jpg

我々に今まで何も連絡もない 
あまりにもボランティアを馬鹿にし うみ森をないがしろにしている
13年間汗をながして うみべの森を無償で維持管理してきた
その 我々にとっては神聖なフィールドを うみべの森の維持管理には何も関与していない
他のボランティアグループに お金を払ってまで 「里山体験」のイベントをやられたら
うみべの森を育てる会の存在価値を完全否定されたようなものである
それも 定例活動日にぶつけられ
活動を手控えて欲しいなんてことを ぬけぬけと言って来た

c0108460_21482295.jpg
うみべの森を育てる会としても 今まではうすうす知っていたが
バッティングもなかったので 今までは何とか我慢してきたが
この週は小学校遠足サポートが3校もあり準備その他で大多忙の活動日でもある
定例活動日にぶつけられて 活動をイベントの邪魔をしないように ほどほどになんて言われたら
我慢の限界にきて とうとう爆発し 所長に抗議した
結果 我々の言い分を理解してくれて イベント会場を別の場所ですることにしたようだ
定例活動日は通常通りになった・・・当たり前だと思う』
以上の内容を会員に説明
*遠足サポートの詳細検討&説明
2.うみべの森全体の台風被害点検・・・全員
c0108460_21482893.jpg
c0108460_21483069.jpg
  通路の落下小枝などを整理しながら進んだ
  カブちゃんベッドで試し掘りしてみたら カブトムシの幼虫は何匹か観察できた
  これで子供たちに間違いなく見せられそうである
c0108460_21482568.jpg
c0108460_21482468.jpg
3.ぼうけん山の整備
  ①幼稚園児でも渡れるように渡河石を調整・・・[小島俊 立石 樋口]
c0108460_21483158.jpg
c0108460_21483226.jpg
 
  ②炭竃跡近辺の笹刈り・・・[小島俊 杉本 樋口]
  ③炭竃横の階段の補修・・・[小島俊 杉本 立石 中川 樋口]
    木製の階段は白蟻の食害で一部腐食  踏み板や留め材木などを交換
    階段手すりも作り変えた
c0108460_21563332.jpg
c0108460_21563237.jpg
4.セイタカアワダチソウ駆除・・・[女性部6人]
   10本桜近辺は以前全面的に抜いたが 根が残った分が再度芽が出てきていた
   これらを絨毯作戦で殆ど抜き去った
c0108460_21563631.jpg
5.ササユリの道の草刈り・・・[小島俊 杉本 立石]
   ササユリの道に笹が覆いかぶさっており 道の左右2m位を全て刈り取った
   道に散乱した笹も整理
c0108460_21563574.jpg
6.第2カブちゃんベッド周辺の笹刈り・・・[小島俊 杉本]
7.ツバキ林の下草刈り・・・[小島俊 杉本]
c0108460_21563068.jpg
8.遠足サポート用クヌギ拾い・・・[女性部6人]
  うみべの森&公園と広範囲に拾い集めた
  あまり見慣れないスダジイも拾って来た
  円錐状卵形の殻斗(実)が3分裂して ドングリが現れるらしい
c0108460_21563109.jpg
  
「今日は人数が少ない割によく働いた 12時になっても昼食に帰ってこない組もいた
午後も休憩なしで作業に没頭し 3時前になっても花の広場は誰も帰っていない
各作業場所に 終わりにしようかと催促に行く始末
ボランティアの存在価値を 公園事務所が否定していないのだと言うことが分かり
気分よく作業していたのだと思う

昼食時などはパーティーのようなもので 各自がお土産や手づくりのデザートを持ち寄って
ご飯の入る余地が無くなるくらいであった
栗の渋皮煮30個 イチジクの甘煮 金沢やその他の旅行先のお土産各種
あまりにたくさんあり 誰にお礼を言っていいのか分からない間に お腹一杯 おいしくいただいた
食べきれないのは我が家のお土産である」

c0108460_21563416.jpg

by umibenomori | 2014-10-07 22:03 | 2014年活動状況 | Trackback | Comments(0)

[とんど]の竹整理  in  うみべの森     by    (TATE-misaki)

平成26年9月25日(木) 曇り・晴れ
うみべの森を育てる会定例活動日

c0108460_18542501.jpg
参加会員 (5名)[吉川 小島俊 柴田 立石 原田]
昨日夕方から降り出した雨は 今朝方はすごい雨になっていた・・・台風16号の影響である
そのため 当然今日の定例活動日は 中止だろうと予測していたが
起きてみたら天候は回復しており 作業可能の状況である
喜び勇んで せんなん里海公園花の広場へ行ったが
待てど暮らせど定刻までに 集まったのは5人だけである
何人かは電話で確認したが それぞれ所要があるようだ
何だか気勢を削がれたような感じである
c0108460_18585194.jpg
*ミーティング
 10月の植物観察は 9日は上久保先生の所要で中止
 16日午後13時からとなった・・・(上久保先生参加はOK)
 (午前中は鳴滝小学校の遠足サポート⇒弁当持参となる)
*ビオトープの第2ホース水止まり補修・・・[小島俊]
c0108460_18543053.jpg
  ホース洗浄
c0108460_18542842.jpg
  
  ダムのホース取水口をブロックを付けて沈めているが
  引き揚げやすいように ブロックにトラロープを取付作業
c0108460_18542775.jpg
*「とんど」用竹備蓄置き場作り・・・[吉川 柴田 立石 原田]
  杭を5本打ち込み ゲタに廃材を並べた
  杭は1.5mある長い物なので カケヤで打ち込むには 台の上に乗る必要があり 簡単な作業だが大変であった
*孟宗竹を置き場へ並べ替え・・・全員
 昨日 竹の里より持ち込んだ 2種類の長さの竹を 2.5mと3mとに分けて移動した
c0108460_18543162.jpg
c0108460_18543264.jpg
 同時に本数も確認した
 2.5m 81本・・・あと70本必要
 3m  62本・・・あと90本必要
*短時間の作業ではあったが 孟宗竹だけに1本は重く 2人で運ぶケースもあった
 今まで使っていた真竹とは 重量感は全く違う
c0108460_18543373.jpg
*竹に穴を開けるかどうかの検討 
 大きな音を立てて割れた時は 竹全体にひびが入り 後は音がでない
 節の真ん中の部分が飛び出すことがあるが 竹を立てて焼くので 大きな問題ではないのでは・・・
 観客も10m以上離れておれば 全く問題はない
「竹の里」の助言を採用して 竹に穴を開けないように決めた
c0108460_18543498.jpg
*作業中に女学生のような3人が 里山体験にやって来た
  何度も来ているのか ササユリの道などもよく知っていた
  あちこち歩き回って楽しんでいた
c0108460_18543607.jpg
*おじいちゃんが網を持ってやってきた
 小川に居るのは殆ど「カダヤシ」であり 移動禁止の生き物だと説明して
 理解してもらったように思うが・・・
c0108460_18542624.jpg
*全員やる気でやってきたが 集まった参加者が少なすぎるため
 やる気をそがれ 11時30分位には作業中止にした

c0108460_18585272.jpg
 


by umibenomori | 2014-09-25 19:01 | 2014年活動状況 | Trackback | Comments(0)

[竹の里]より竹運び     by    (TATE-misaki)

平成26年9月24日(水) 曇り
うみべの森を育てる会臨時活動:とんど用竹運び

c0108460_15243341.jpg
(8:50~12:20)(2名) [立石 中出] 公園事務所[軽トラ:三澤さん] 
        みさき里山クラブ[軽トラ:岡田代表代行] 多奈川財産区:竹の里 6名
c0108460_15243590.jpg
台風16号が接近中である・・・今日と明日は雨の予報である
ありがたいことに午前中は降らなかった

今日は「新春里海まつり2015」の 「とんど」用の竹を「竹の里」へ引き取りに行く
昨年は 「とんど」用の竹は孝子の森の竹林で「みさき里山クラブ」のメンバーの応援も得て
2日間竹切りをして準備してきた・・・今年もその予定であった 
「竹の里」のボランティアのメンバーが 竹を間伐した時に 
寸法切りまでしておいてやるとの 非常にありがたい交渉が成立した
危険な竹切りの過程がなくなり うみ森としては2活動日が 他のことをやれる
力仕事の出来る会員が 減っているだけに 大助かりである
大きなイベントをする時は 他のボランティアグループに支援してもらうケースが 徐々に増えて来た
今後はボランティア各団体の 協働作業がテーマになると思う

c0108460_15243601.jpg

9時までに せんなん里海公園事務所へ行き
事務所の三沢さん運転の 軽トラダンプに同乗して
岬町「いきいきパーク」奥にある「竹の里」へ9時45分に到着した

c0108460_15242784.jpg
みさき里山クラブ岡田代表代行と中出さんが既に先着していた
c0108460_15243731.jpg
竹の里のメンバー6人が あらかじめ2.5mと3mに竹を伐り分けてくれていたのが積み上げてある
それらを みさき里山クラブの軽トラにも積み込み 2台で150本運ぶよう積み込んだ
c0108460_15242922.jpg
c0108460_15243246.jpg

竹の里のメンバーはチエンソーで竹を伐り倒し 約18mある竹の枝切りをし 寸法切りする
それを斜面のアップダウンを道の側まで運んで積み上げる
それを6~7人でやってくれている
我々なら1時間もすればダウンである
作業状況を見ていて ありがたいことだと頭が下がる

c0108460_15243127.jpg

とんどで孟宗竹を使うのは初めてであり 焼けるときの音と竹の動きが 心配になっていたが
たき火の状態を観察していたら 音は大きいが 時々中から竹の節のかけらが飛び出す
しかし 竹を上に向けておれば問題はないとの助言で安心した

c0108460_15243042.jpg

岡田さんの軽トラに同乗して花の広場に竹を降ろしたら 丁度12時であった
竹も残り200本を車で3回運ぶ必要がある
まだまだ各所へ支援を お願いする必要がありそうである

『助けられ とんどの準備 進みおり』

c0108460_15243433.jpg

by umibenomori | 2014-09-24 15:41 | 2014年活動状況 | Trackback | Comments(0)

「ぼうけん山の整備」 in  うみべの森     by    (TATE-misaki)

平成26年9月21日(日) 晴れ
うみべの森を育てる会定例活動日・・・せんなん里海公園内うみべの森
(9:00~15:00) 参加会員(9名)[飯塚 柴田 杉本 立石 中川 原田 春山 樋口 森]
気持ちよく晴れ渡り 暑くなく寒くなく 屋外作業には絶好の日和である
しかし 温暖過ぎて蚊たちも最高の活動気候となり 何処へ行っても襲来されるのは 困ったことであった
ヒガンバナの季節である ビオトープにも何カ所か咲いている

c0108460_17483402.jpg
その中に白花ヒガンバナが7本咲いた
c0108460_17483378.jpg
元々うみべの森にはヒガンバナはなかった・・・近辺の球根を何株か移植した
白花ヒガンバナは熊本の球根である⇒5年くらいして定着してきたようだ
水辺のヒガンバナもいいものである
c0108460_17483264.jpg
*ミーティング(花の広場)
c0108460_17483679.jpg
 ・ウミホタル観察会の反省
  最後に乾いた砂にぶちまけて 「星空」演出は最高であったが ウミホタルの生存が問題視された
  ぶちまけたところの砂をすくって 海に投げ入れることで解決したが 来年はリハーサルで実験する
  ⋆ブルーシートに撒く
  ⋆ブルーシートに砂を乗せて撒く
  ・・・ブルーシートを海水に入れたら済む
 ・参加者は写真がうまく写せていない
  リハーサルできれいな写真を写し 本番でその写真をお土産にする
 ・参加者を夕陽の時間帯に 海岸で過ごせるスケジュールを検討・・・(公園事務所と折衝する)
*ウミホタル観察会使用用具の洗浄&整理・・・[全員]
 捕獲器・ロープ・バケツ・金槌等 水道水で水洗いして干す
c0108460_17483015.jpg
c0108460_17483570.jpg
c0108460_17483702.jpg

 干した捕獲器は点検しながら収納⇒不良品は手直しして収納
 「ウミホタル捕獲器は数年前に公園事務所に30個購入してもらったが
  年々不良品が出て現在使えるのは22個である
  今回のイベントでは 水産技術センターより10個借りた
  出来得れば全て自前の器具で対応できるようにはしたいと思う」
c0108460_17482974.jpg
*ぼうけん山の整備
  草刈り・・・[柴田 杉本 中川 春山 樋口 森]
  通路・階段周辺・100年桜周辺・炭竃周辺
c0108460_17505864.jpg
c0108460_17505630.jpg
c0108460_18002287.jpg
c0108460_18042723.jpg
  手すりの支持杭1本取り替え・・・[中川 森]
c0108460_18003149.jpg
c0108460_18002984.jpg
  階段2か所やり替え・・・[中川 森]
c0108460_18003020.jpg
 「10月になると遠足サポートが5校ある
  全て ぼうけん山をルートに入れているので 子どもたちに危険がないように整備する」
*ぼうけん山の整備計画の検討・・・[柴田 杉本 立石 中川 春山]
 ・桜の古木の周りのビシャコなどの雑木の伐採
 ・枯れ木倒木の整理
 ・通路周辺や桜古木の周辺の伐採希望樹木にテーピングし公園事務所と伐採計画を立てる
   チエンソーを使う大きな木は公園事務所担当
   ノコギリで対応可能なのは我々でやる
 ・出来得れば密生しているビシャコを間伐し 陽の光を入れてやりたい・・・珍しい山野草が期待できる
c0108460_18002357.jpg
*ビオトープ周辺草刈り・・・[飯塚 原田]
c0108460_18002634.jpg
*ササユリの道斜面草刈り・・・[柴田]
c0108460_18002415.jpg
*通路周辺草刈り・・・[杉本 春山]
c0108460_18002567.jpg
*10本桜周辺のセイタカアワダチソウ駆除・・・[立石]
c0108460_18002774.jpg
c0108460_18053914.jpg
c0108460_18053873.jpg
c0108460_18053777.jpg


by umibenomori | 2014-09-21 18:10 | 2014年活動状況 | Trackback | Comments(0)

またもや スズメバチの巣発見 in  うみべの森     by    (TATE-misaki)

平成26年9月5日(金) 曇り
うみべの森を育てる会定例活動日・・・せんなん里海公園内うみべの森
(9:00~15:20) 参加者(11名)
[生熊 小島俊 柴田 杉本 立石 傳 中川 西台 原田 春山] (渡邊)特別参加 [傳 浩聡君]
c0108460_20450749.jpg
2回も順延になった定例活動日は初めてでは・・・?
2日はスズメバチ騒動で4日に順延⇒4日は雨で5日に順延した
今日も雲が垂れ込めて 怪しげな天気ではあるが 
7日のイベントの準備で草刈りなどが必要であり強行することにした
・・・何とか終日天気はもってくれた
*ミーティング(花の広場)
 刈払機3台助成金で購入・・・今日が試運転になる
 草刈りと藻取りを優先作業
 スズメバチ駆除した話
c0108460_20260515.jpg
*草刈り・・・刈払機5台駆動・・・[小島俊 柴田 杉本 中川 春山]
 おにぎり広場周辺・ ビオトープ周辺・ アーチ周辺・ 花の広場
c0108460_20260797.jpg
c0108460_20260855.jpg
c0108460_20272967.jpg
c0108460_20273027.jpg
 さすがに5台で刈ると 瞬く間に終了出来る
 最後の花の広場などは5台が入ったので一瞬の間に終わった
c0108460_20273221.jpg
c0108460_20351451.jpg
c0108460_20351521.jpg
*ビオトープの第2ホースの洗浄・・・[小島俊]
 昨日まで正常であった第2ホースが今日は止まっている
 ダムの所の流入口のホースが浮き上がっていた⇒ホースの先にブロックを差し込んで沈めた
c0108460_20260965.jpg
*ビオトープの藻取り・・・[生熊 傳 傳浩 西台 原田]
 オオカナダモが厚い層で茂っており バイカモのような花を咲かせている 
 熊手ひとかきでバケツが一杯になる
 4つの池全ての藻を取り バケツで何杯運んだか数えきれない
c0108460_20260641.jpg
*第3池の水漏れ個所補修・・・[立石]
 排水口近くの底に近いところに穴が開いていた
 そのため第2池と第3池の水位が低かった
 水漏れ箇所を掘り起し粘土を埋め込んで 漏水路を塞ぎ補修した
*花の広場の刈り取った草の整理・・・[生熊 立石 傳 傳浩 西台 原田]
 刈払機で刈り取った後から 直ぐにかき集め アーチそばの樹木のマルチングにした
 刈払機の作業終了と同時に片付けも終了した
c0108460_20272719.jpg
c0108460_20272818.jpg
*「カニカニウォッチング」の準備
 ⋆カニ保護のポスターを描いてもらうので  道路側にポスターを張り出すボードの準備
  公園事務所2階倉庫から ボード4枚 スタンド5本を運びだし アーチ前に設置を検討し
  本格的設置は当日朝とする  
  部品不足は 他の悪いボードから外してきて補修・・・[小島俊 杉本 立石 中川 春山]
c0108460_21321676.jpg
 ⋆吊り看板やマーカーなどの用具チェック・・・[西台 原田]
*またもや「スズメバチの巣」を発見
 中川さんが廃材を取るために ブルーシートをめっくた途端にチクリとやられた
 そのブルーシートを長い棒で開けると 大きなスズメバチの巣があった
c0108460_20373489.jpg
 小島俊さんなどが巣の近くまで行き 殺虫剤をかけて大部分殺してしまった
 公園事務所の野々村さんが蜂殺虫剤で完全に殺し 巣を撤去した
c0108460_20351214.jpg
c0108460_20373295.jpg
 割合に大きな巣で どうもキイロスズメバチのように思える
c0108460_20373098.jpg
 今回は被害者が出たが その後が気になる
(腫れもなく チクリと痛い程度で 大したことはないとの返事で ひと安心)
 巣の蜂の子をチェックしていたら 今にも飛び出しそうな蜂が育っていて びっくり
お尻の針をヒクヒクと動かしていた
c0108460_20403035.jpg
c0108460_20373342.jpg
c0108460_20403174.jpg

by umibenomori | 2014-09-05 20:47 | 2014年活動状況 | Trackback | Comments(0)

うみべの森のスズメバチ騒動その後     by    (TATE-misaki)

平成26年9月3日(水)② 曇り
午後から うみべの森が気になり せんなん里海公園へ行く
明日は振替活動日だが スズメバチ駆除のその後が やや気になった
公園事務所で所長にその後の状況を確認
割合に大きな巣を業者に取り除いてもらった後に 屋根のある倉庫部分に戻り蜂が多く集まっていたらしい
良く見ると小さな巣を造りだしているのが分かったので これらも全て駆除したとのこと
戻り蜂の中に第2の女王蜂が居たのかも知れない
花の広場へ入って行くところは危険信号のコーンを一杯立てている
c0108460_20294371.jpg
中へ入ったが蜂らしい姿は見えない ヒノキ置き場の下に巣があったのかと
覗いていた時に1匹飛んできたくらいである・・・これも直ぐにどこかへ飛んで行った
c0108460_20294917.jpg
c0108460_20294834.jpg
c0108460_20294738.jpg
その後30分程 その辺をうろうろしてみたが 蜂の姿はないので 明日は大丈夫だと思う
花の広場の奥に西瓜が自生して 小さな実が2個なっている・・・食べられるのだろうか・・・?
c0108460_20303181.jpg
c0108460_20303349.jpg
c0108460_20303278.jpg
ビオトープのホースの水は順調であるが 第3池に水漏れがあるらしく 水位が低い
c0108460_20294673.jpg
明日の活動日にオオカナダモを駆除した後 水漏れ箇所を探すことにする
多分排出口の近辺だと思うが・・・
明日午前中は 草刈りと藻取りに専念する必要がある⇒午後は小雨マークが出ている
c0108460_20294578.jpg
c0108460_20303014.jpg

by umibenomori | 2014-09-03 20:36 | 2014年活動状況 | Trackback | Comments(0)