人気ブログランキング |

『うみべの森を育てる会』ホームページ

umimorihp.exblog.jp

10月度植物観察 in 孝子の森

平成28年10月3日(月) くもり時々小雨
10月度植物観察 in 孝子の森
(9:30~13:40)  参加会員(5名)[飯塚 吉川 立石 傳 西台] 
雨が降る天気予報であったが 植物観察を強行した
植物観察なら傘を差しながらでもできる
孝子の森への出張観察となったが 参加会員は やや少なかった
9:43孝子駅着の電車に みんな乗っていた(5人だけだが)
c0108460_21084605.jpg
孝子駅から大川沿いに歩き
c0108460_21084897.jpg
c0108460_21084065.jpg
 山裾の車の進入路へ出て
c0108460_21095333.jpg
 伊豆賀川沿いに歩き
伊豆賀口池から孝子の森広場へ向かった
ガガイモは花が終わっており
ヒガンバナも終わりに近い
c0108460_21084236.jpg
中孝子の民家のボタンクサギなども観察
c0108460_21095257.jpg
ノコンギクかシロヨメナか迷ったようだが どうもシロヨメナのように思える
c0108460_21083882.jpg
ヤブマメも花はきれいだ
c0108460_21150951.jpg
ヌマダイコンが増えている
c0108460_21352053.jpg
c0108460_21151310.jpg
c0108460_21150409.jpg
メナモミも増えている
c0108460_21292349.jpg
ゲンノショウコは関西ではピンクの筈だが 孝子の森では全て白色である
c0108460_21160406.jpg
ヤブタバコとシュウブンソウは似ている 教えてもらっても わからない
c0108460_21160004.jpg
ヤブタバコでタバコはできないか? と言っては笑われているが・・・
ミズタマソウなどは名前の方がきれいである
c0108460_21351867.jpg
c0108460_21095071.jpg
c0108460_21151573.jpg
ガンクビソウは名前と花が一致している
c0108460_21160656.jpg
果実が2個のヌスビトハギは国産である
c0108460_21351784.jpg
 果実が5個のアレチヌスビトハギは外来種
種が引っ付いたら取れないで困るのは一緒 
孝子の森には国産が多い 外来種は発見すれば抜き去ることにする
c0108460_21160234.jpg
トキリマメとタンキリマメで一時悩んだが スマホで調べたら トキリマメのようである
c0108460_21292771.jpg
葉が殆どなかったので 見分けがむつかしかった
c0108460_21292830.jpg
オトコエシは ヤマウド畑の手前に 2m近くの大きさで育っていた
c0108460_21342764.jpg
c0108460_21342514.jpg
今まで あまり大きいので ヤマウドと思っていたくらいである
アザミも種類が多い 孝子の森で今咲いているのは ヨシノアザミである
c0108460_21301084.jpg
c0108460_21301609.jpg
c0108460_21301294.jpg
背丈が2m近く伸びているのもある 花のピンクの色がやや薄いように思う
センニンソウ
c0108460_21301481.jpg
・ツリガネニンジンは 終わりに近い
c0108460_21292165.jpg
c0108460_21291990.jpg
ミズヒキソウは群落で咲いており
c0108460_21084421.jpg
 時々 キンミズヒキも見られる
c0108460_21094832.jpg
ミョウガの花も仲間入りした
c0108460_21151116.jpg
普通は20分で孝子の森広場に到着するが 今日は90分かかった
c0108460_21342240.jpg
3歳の子どもたちでも50分であったが・・・
c0108460_21343459.jpg
小雨が降っているので バンブーハウスでのお弁当になった
c0108460_21342986.jpg
ここで1時間以上 ゆっくりと休憩して 雨が本降りにならない内にと下山し
c0108460_21343197.jpg
孝子駅13:32発に乗り帰って来た
c0108460_21292596.jpg

トラックバックURL : https://umimorihp.exblog.jp/tb/23260885
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by umibenomori | 2016-10-03 21:41 | 植物観察会 | Trackback | Comments(0)