人気ブログランキング |

『うみべの森を育てる会』ホームページ

umimorihp.exblog.jp

夏のおわりの神秘体験『ウミホタルウオッチング』・・・せんなん里海公園

平成28年9月10日(土) 晴れ
夏のおわりの神秘体験『ウミホタルウオッチング』
(15:00~20:20) 参加会員(12名)
[甲斐 小島俊 小牟田 柴田 田川 立石 中川 中出 西台 原田 森 三宅]
公園事務所サポーター 13名
一般公募参加者 20家族 63名
天候はやや雲が多いが問題はない
会員は準備があるので集合時間1時間前には集まってきている
*準備(15:00~16:40)
 *捕獲器にカニカマボコの餌を ゴミネットに包んで入れる
  西台代表があらかじめネットにカニカマボコを入れてくれていた
  それに田川さん持参のハムとタコを追加した
 *捕獲器の蓋の固定紐の総点検と蓋の閉まり具合の点検
c0108460_23483641.jpg
16:40 浜辺の会場:あずまやへ移動⇒必要用具を一輪車や四輪車で運んだ
c0108460_23483856.jpg
 *岬第2突堤前のあずまや屋前に長テーブル4脚を設置し直す
 *各班担当者はテーブルに必要用具を並べる
 *階段下に長テーブル1脚を設置 必要用具を並べる⇒(森さんのデモ用)
 *各班のバケツに海水を汲に行き準備
c0108460_23484046.jpg
*ミーティング
*軽食(浜木綿)(17:00~17:15)・・・浜木綿に注文した おにぎりと揚げ物等
c0108460_23483230.jpg
*受付(17:15~17:45) 公園事務所ロビーで受付⇒海岸に移動
*来られた家族から 捕獲器を海へ投入・・・予備の捕獲器8個も投入
c0108460_23483480.jpg
c0108460_23550454.jpg
c0108460_23550760.jpg
c0108460_23550684.jpg
c0108460_23550939.jpg
c0108460_23483529.jpg
*18:45までフリータイム
  軽食を食べ 夕陽を楽しみ 砂浜で遊ぶ
 (雲が多くて余りきれいな夕陽ではなかった
c0108460_00030442.jpg
  子どもたちは海に入って遊んでいる子もいる
c0108460_00025575.jpg
c0108460_00025775.jpg
  夕暮れの海を一番楽しんでいたのは 子どもたちであったように思えた
  大人たちも階段に座って夕暮れの海の景色を楽しんでいた)
c0108460_00030249.jpg
c0108460_00030065.jpg
*18:45 あずまや前階段に全員集合
c0108460_00060116.jpg
*18:52 西台代表挨拶
c0108460_00025214.jpg
 18:55 森リーダーのウミホタルのお話し
     ウミホタルの観察の仕方の実演
     (デモ用ウミホタルは あまり捕獲できていなかった)
c0108460_00060578.jpg
c0108460_00060397.jpg
     海底にアオサが蔓延して ウミホタルが入りにくくなっている
     投げ入れも早すぎたため ウミホタルが出てくる頃には臭いが消えてる
     以上 鍋島先生の指摘により 大部分の捕獲容器を一度引き上げて 
     餌をもみほぐして再度臭いを発生させて 砂の見える海底に投入し直した
*19:15 各班捕獲器の引き上げ
c0108460_00055901.jpg
c0108460_00122606.jpg
c0108460_00122309.jpg
c0108460_00122858.jpg
*19:25 各班でウミホタルの観察開始
c0108460_00123016.jpg
c0108460_00123241.jpg
  サポーターが見本を見せて 後は参加者が自由にウミホタルを扱う
c0108460_00134092.jpg
  ウミホタルの観察の仕方は 各班長の自由裁量に任せているので 少しドタバタしていたが
  大人も子供も手にウミホタルの光を付けて大喜び
c0108460_00134280.jpg
  ワイングラスに入れて自分で感動している人など 参加者もそれぞれ楽しんでいた
c0108460_00122142.jpg
c0108460_00174532.jpg
c0108460_00173878.jpg
c0108460_00134451.jpg
*19:40 各班ウミホタルを1つのバケツに入れて波打ち際へ移動
c0108460_00133788.jpg
 各班リーダーがバケツのウミホタルを順番に波打ち際へばらまいて「天の川」作戦
c0108460_00174330.jpg
 ばらまいた後へ海水をかけることで何時までも輝いている
 砂浜の星空を全員感動してしばらく動かず
c0108460_00174165.jpg
c0108460_00173955.jpg
*19:50自由解散
*片付け⇒機材を全て花の広場へ運ぶ
 捕獲容器など海水に使った機材を水に漬ける
 洗浄その他片づけは明日の定例活動日に実施
20:20サポーター解散
(奈良から来ていた人は「来た甲斐があった」と喜び
 大人も子供も「ありがとう!楽しかった」と 我々に声をかけながら帰っていかれたが
 この言葉を聞くだけで 我々も疲れが吹き飛んでしまった)
トラックバックURL : https://umimorihp.exblog.jp/tb/23205757
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by umibenomori | 2016-09-10 23:29 | ウミホタル観察会 | Trackback | Comments(0)