人気ブログランキング |

『うみべの森を育てる会』ホームページ

umimorihp.exblog.jp

土木工事もできました in うみべの森

平成28年4月10日(日)くもり
うみべの森を育てる会定例活動日・・・せんなん里海公園内うみべの森
c0108460_22302198.jpg
(8:00~15:00) 参加会員 14名 
[飯塚 生熊 小島直 小牟田 柴田 杉本 田川 立石 中川 中出 長原 西台 原田 森]
c0108460_22300835.jpg
今日も花曇りである 外気温は14度であるが 朝の内は 少し冷やりするが たき火が必要なほどではない
久しぶりに会員が14名の集まってきた
★ミーティング
c0108460_22040665.jpg
★ササユリ調査・・・〔柴田 飯塚 生熊 小島直 田川 西台 原田〕(ササユリ担当グループ)
 2度ほど女性軍だけで調査しているが
 今日は柴田リーダーが加わり 詳細な調査を行った
 ダム横山は花が咲くのと1~2年物が増えている
c0108460_22140679.jpg
c0108460_22141208.jpg
 ここはササユリとシュンランの群生地である
c0108460_22140944.jpg
 箱の浦山・滝の上部等 未調査の場所も全て調査した
 50㎝に伸びているのから 1枚葉までいろんな状態で観察
 急斜面んで滑りそうになりながらも 支柱を打ち込んでいた
c0108460_22190668.jpg

★ビオトープ上通路の塩ビパイプ大補修・・・〔小牟田 中出 長原〕〔立石〕
c0108460_22040900.jpg

 南海電車の線路築堤の下から入ってきている地下水脈の流れが通路の下を通っている
 これが土を流して通路が地盤沈下して軽トラも通り難くなってきた
c0108460_22041572.jpg

 地下水脈の場所を掘りだしたら 地下から塩ビパイプが出てきた
c0108460_22041207.jpg

 通路を造成する時に30cmの塩ビパイプを埋め込んだようであるが
 その太い塩ビパイプが出口で2mほど土で埋まり全く水が通らなくなっている
c0108460_22141592.jpg

 そのため水はパイプの下の土に穴をあけて流れていたようだ
 パイプの土をスコップで取り出したり竹や杭でつついたり
 水を流し込んで土を柔らかくしたり苦労して 全ての土を取り除いた
 水が ちゃんと塩ビパイプを流れ出した
c0108460_22140345.jpg

 流れ出た水を 別の塩ビパイプで誘導し そのつなぎ部分はブリキで加工した簡易つなぎである
c0108460_22281369.jpg
c0108460_22281130.jpg
 その先に 竹の半割樋を取り付け ビオトープに流れ込むように工夫した
c0108460_22280888.jpg
 何も材料を購入せずに その辺りにある 部材を利用して うまく作ってある
c0108460_22280516.jpg
 土留めは重い石やブロックを運んできて工夫した
c0108460_22301189.jpg
c0108460_22301684.jpg

★ホースの継手部分の修理・・・〔中川〕〔立石〕
 ビオトープに川から水を引いている 太いホースのつなぎ部分が不良で 水が漏れている
c0108460_22040395.jpg

 つなぎ部分のホースは留まっていなくて簡単に抜けた
 その部分に塩ビパイプを差し込み 何とか水漏れをなくした
c0108460_22041757.jpg

★ササユリの道に手すり取り付け・・・〔杉本 中川〕
 ササユリの群生地に立ち入り禁止の意味を込めて新設
c0108460_22141863.jpg

 上部にも手すり付け継続や⇒完成した
c0108460_22185709.jpg
c0108460_22190943.jpg
c0108460_22301871.jpg
ササユリの道周辺の間伐&階段補修・・・〔森〕
 ツルで覆われた樹木を間伐し明るくした
 傷んでいた階段横木を取り換え
c0108460_22191228.jpg
★休憩タイムは手作りデザート付き
 田川さんが弁当を作る間も惜しんで イチゴ大福を手作りして持ってきてくれた
c0108460_22190040.jpg
 イチゴが透けて見えて 非常にきれいな出来であり 味も大満足であった
c0108460_22190244.jpg

トラックバックURL : https://umimorihp.exblog.jp/tb/22703463
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by umibenomori | 2016-04-10 22:44 | 2016年活動状況 | Trackback | Comments(0)