人気ブログランキング |

『うみべの森を育てる会』ホームページ

umimorihp.exblog.jp

クラフトに悪戦苦闘 in うみべの森

平成28年1月21日(木) くもり
うみべの森を育てる会定例活動日・・・せんなん里海公園内うみべの森
(8:20~14:50) 参加会員(7名)[生熊 小牟田 杉本 立石 中川 長原 原田]
朝から薄曇り空で 外気温も4度と低いが 風が全くないので 昨日に比べたら暖かい
それでも たき火の側が良いので なにかと言えば その周りに集まってのミーティングになる
*資材物置の整理・・・[小牟田 立石 長原]
  集合時間の1時間前くらいには来ている・・・メンバーはミーティング前に一仕事である
  廃材の寸法の違うのが あちこちに点在しているので 長短をまとめると台の上は空っぽになった
c0108460_20531338.jpg
  小さくて使い道のないような廃材は 全て たき火に回した・・・小物廃材は全て焼却出来た
  これで少々の資材は置けるようになった
*ミーティング
c0108460_20531009.jpg
*賛助会員向けクラフト・・・[全員]
  毎年総会までに賛助会員には 会員手づくりのクラフトを贈呈している
  今年は何をするか迷っていたが 丸太の斜め切りに お雛さんの絵を描くことになった
  今日中川さんが試作品を持って来たのは 丸太を斜め切りした板に 輪切りにした台を取り付けてある
c0108460_20555874.jpg
  これにお雛様を描く予定だが 一枚に雄雛雌雛の両方が描けそうだ
  写真を貼れば 写真立にもなる
  ①ヒノキ丸太の節を丸鋸できれいに切断
  ②節を処理した丸太をチエンソーで斜め切り 次には5㎝暑さの輪切りにする
   斜め切りと輪切りの台は各50個以上準備出来た
   1人に2セットは渡せる勘定をしたが・・・
c0108460_20545847.jpg
  ③斜め切りした板をたき火に入れて焼きを入れる 焼けた板を水道水でタワシでこすりながら洗う
c0108460_20531556.jpg
  ④洗った板をベルトサンダーで磨く
c0108460_20560080.jpg
  ⑤磨いた板をサンドペーパーで根気よく研磨する
c0108460_20550011.jpg
c0108460_20560283.jpg
  1枚の板を作るのに以上の工程が必要であり 実際にやってみると非常に時間が係り効率が悪い
  1日かけて10枚も完成していない
  次回からは焼きの工程は止めて 電動カンナで削る方式に切り替える事に決めた
c0108460_20545398.jpg
*ビオトープ奥の笹刈り・・・[小牟田 長原]
  斜面の笹なので鎌で刈る 上部の通路横は刈払機で刈った
c0108460_20530815.jpg
*第1カブちゃんベッド前の笹刈り・・・[小牟田]
  以前の笹刈りでわずかに残っていた部分を刈払機で刈った
*椿林の草刈り・・・[杉本]
  草刈りをして少し刈り残した草を鋏で刈った
*ビオトープの枯葉&カナダモ取り・・・[原田]
  枯葉が池の全面を覆っているので これを取ろうとしたら カナダモひっついてくる
  冬であるのに カナダモは元気過ぎて困る
c0108460_20531794.jpg
c0108460_20545558.jpg
*ビオトープ水路の補修・・・[小牟田]
  活動日以外に1人作業で 水路に大きく穴をあけている漏水個所を 土を盛って埋めた
  水は正常に水路に沿って流れ出した
  それを追加作業して もう少し土を入れて整備
*ビオトープ上の間伐の検討・・・[小牟田 立石 長原]
  ヤマザクラ大木の周りは全て間伐・・・コナラは残す
c0108460_20545113.jpg
*薪置き場の屋根の追加工事検討・・・[小牟田 立石 長原]
  先日の強風で屋根が飛んでいた  小牟田さんが置き直して重石を置いて固定してある
  もう一度柱を追加したり 固定方法を考える必要がありそうである
  増設することも考えたい
c0108460_20585857.jpg

トラックバックURL : https://umimorihp.exblog.jp/tb/22250320
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by umibenomori | 2016-01-21 21:07 | 2016年活動状況 | Trackback | Comments(0)