人気ブログランキング |

『うみべの森を育てる会』ホームページ

umimorihp.exblog.jp

ぼうけん山の新山道の確認  in  うみべの森

平成27年3月8日(日) 曇り・晴れ
うみべの森を育てる会臨時活動日・・・せんなん里海公園内うみべの森
(9:20~12:20)参加会員(2名) [立石 森] 

昨日から降り続いた雨は 朝方3時くらいまでは降っていたようだ
物干し竿の雨滴は落ちずに並んでいた
臨時活動と言っても 2人だけである
常連のジョウビタキを入れれば 2人+1羽である

c0108460_15570005.jpg
現役の森さんは 土日しか活動できない
暫く日曜日を臨時活動にして ぼうけん山の新山道作りを急ぎたい
*ビオトープの竹樋を新しいのに入れ替え
森さんの親戚の孟宗竹林より伐り出してきた竹を 二つ割りして腐朽した竹樋と入れ替えた
ビオトープに地下水脈の水も流入しだした
*ぼうけん山の新山道確認&整備
 森さんは新山道ルートを知らない
 案内しながらルートの微調整もした
c0108460_15565815.jpg
    [川岸の滝口の真上の ジャヤナギ(蛇柳)(別名:オオシロヤナギ)]
c0108460_16190728.jpg
*入口予定場所の手すりを取り払い 新規に杭を打ち込んで作る
 既存の杭は腐食しているので 取り替える必要がある
c0108460_15554755.jpg
*「コクランの道」(仮称)の奥には 炭焼き窯の跡がある
 戦前はここまでの道があったようで その跡をたどるように道を作る
 斜面を平地にするだけで 道づくりは出来そうで 楽である
*途中隣接地の梅の満開の花見も出来る
c0108460_16190981.jpg
*この道の左右何カ所にも コクランの群生地がある
 踏まれないように囲いをする必要もある
*道の予定地のコクランは 周辺に移植する必要もある
*炭窯跡あたりから登りになるが
 少し傾斜がきついので この辺りは階段を作る必要がある
*登り切ったところが「山桜道」(仮称)との連絡道になる
c0108460_15570232.jpg
*そこから先が「冒険ルート」(仮称)である
c0108460_15555160.jpg
 ここの急斜面の下りは 階段を沢山作る必要がありそうだ
 並行してロープを張っただけの冒険ルートも作りたい
 そうすることで 子どもたちにも シルバーの人たちにも 対応は可能になると思う
 桜道との合流地点へのルートは少し変更したい
c0108460_15555342.jpg
c0108460_15554947.jpg
*コクランが増えているので 道の各所で移植が必要になる
c0108460_15555652.jpg
*終点の炭窯跡の木製5段の階段は 腐蝕してたら危険なので取り払って 
 傾斜を掘り起こして均して 土の階段作りをする必要がある
*桜道の伐採木手すりも 何カ所か手直しが必要である
c0108460_15570595.jpg
*100年桜上部に太い枯枝がぶら下がっており 危険なので その周囲を柵で囲う必要がある
  コクランを保護するためにもなる
c0108460_15565648.jpg
*この辺りから人工磯浜の工事現場を俯瞰すれば進行状況がよくわかる
 入り江にする部分が姿を見せて来たようだ
c0108460_16260272.jpg
 新たな生き物が住みついてくれることが楽しみである
 我々の長年の要請が実現しつつある
c0108460_16255775.jpg
c0108460_16260075.jpg

トラックバックURL : https://umimorihp.exblog.jp/tb/20975879
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by umibenomori | 2015-03-08 16:29 | 2015年活動状況 | Trackback | Comments(0)