人気ブログランキング |

『うみべの森を育てる会』ホームページ

umimorihp.exblog.jp

『EMとはなにか?』・・・うみべの森を育てる会

平成17年5月10日 (火) 晴れ
『EMとはなにか?』
EMとは有用微生物群(Effective Microorganisms)の略で
頭文字をとってEM(イーエム)と呼ばれています。
EMは自然界に存在する人にとって有益な発酵微生物を80種類以上を組み合わせたもので、それらの微生物は発酵食品加工
(みそ、しょうゆ、ビール、ワイン、泡盛、ナンプラー、チーズ、ヨーグルト、等)に用いられているものです。
大きく分けて、※酵母、乳酸菌、光合成細菌の3種類の微生物グループがEMを構成しており、
この複雑な共存共栄関係が作り出す発酵生成物の抗酸化力がEMの効果そのものといえます。
EMは抗酸化物質=発酵生成物とともに、さまざまなビタミンやアミノ酸も合成しますので、
土壌改良材として土壌全体の微生物バランスを整え、植物を健康にし、
また有機物の分解を促進して腐植を増やし、
持続的かつ健康的な有機農業を行うためのツールとして有用なものです。
EMは1982年に琉球大学農学部※比嘉 照夫教授によって開発された液状の資材で、
当初は農業資材としての使用が主でした。
しかし、その効能や実力が解明されるにつれ、環境浄化や公衆衛生、
工業利用と用途の幅が拡大しつつあります。
EMは一切の合成化学物質を使用せず、天然物100%の資材から作られています。

◆使用方法
農業 土壌処理 (EM 500~1000倍希釈)
葉面散布 (EM 1000倍希釈)
畜産 畜舎の悪臭対策にEM散布 (EM 1000倍希釈)
家畜糞に(100倍希釈液を注入)
尿溜槽の悪臭緩和と尿の再利用に(尿10トンに対してEMを10~20リットル)
飲水(2000~5000倍希釈)
サイレージの発酵に(10立方メートルあたり1リットル散布・10倍希釈)
その他、水処理(池の浄化や屎尿処理や排水処理など)の分野にも使用されており、
1000倍程度の希釈液を家庭内の掃除に使用できます。

◆EM活性液の使用例
室内散布(カーテン、布団などの消臭)・・・・・・・・・・・500倍
室内清掃(ガラス、畳などの拭き掃除)・・・バケツの水の活性液50cc
植木散布(肥料、妨害虫)・・・・・・・・・・・・・・・1,000倍
生ゴミ噴霧(消臭、虫除け)・・・・・・・・・・・・・・・・100倍
トイレ(直接投入で下水清浄)・・・・・・・・・・・・・活性液30cc
浴槽(入浴時に浴槽に投入)・・・・・・・・・・・・・50~100cc
その他  紙オムツに10倍液を噴蒸してからゴミ箱に捨てる。
 その他、消臭でスプレーする際は500倍液で噴霧する。
100倍・・・・1リットルの水に・・・・10cc
500倍・・・・1リットルの水に・・・・・2cc
1,000倍・・1リットルの水に・・・・・1cc
トラックバックURL : https://umimorihp.exblog.jp/tb/20920744
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by umibenomori | 2005-05-10 21:34 | その他ボランティア活動 | Trackback | Comments(0)