人気ブログランキング |

『うみべの森を育てる会』ホームページ

umimorihp.exblog.jp

ぼうけん山の冒険ルート調査  in  うみべの森

平成27年2月15日(日) 晴れ・曇り
うみべの森を育てる会定例活動日・・・せんなん里海公園内うみべの森
(9:00~15:10) 
参加会員 10名)[飯塚 生熊 甲斐 柴田 杉本 立石 中川 中出 原田 樋口]
 
このところ寒暖が目まぐるしく変わる
今日は 暖かい小春日和の日である
それでも しばらくは たき火は欠かせない
*ミーティング・・・本日の作業

c0108460_17554319.jpg
*ぼうけん山の周遊路ルート調査・・・[全員]
c0108460_17554622.jpg
  川を渡り少し登った階段の途中から 左の斜面に降りた
c0108460_17554771.jpg
  フェンス沿いに進んだが どうやら昔の山道のような気がする
c0108460_17554821.jpg
  ぼうけん山の尾根の南側山裾になる
  笹を刈る程度で あまり樹木を伐採する必要もない
c0108460_17555014.jpg
  その突き当りで炭窯の跡を発見した
c0108460_17555189.jpg

  やはり ここまでの道らしきものは 昔の作業路があったものだ
  その辺りから斜面を登るコースになる・・・この辺りは階段が必要になる
  登り切ったところが中間点になる
  ここからのルートが大変である
  背の高いシダをかき分けて フェンス沿いに道を探した
  フェンスが下りになる当たりから 急斜面になり 階段を作るにしても大変である
  苦労して 炭窯跡の従来のルートに出た
  今度は下から登りながら 別の登り易いルートを探す
  途中から山の尾根を歩く会員と出会い 水の流れるルート沿いに降りてもらった
c0108460_17555295.jpg
  このルートなら何とか従来の道に出られた
  こルートはあまり階段を作らずに
  ロープを張って 本当の冒険ルートにするとの提案に決まった
c0108460_17554151.jpg

  前半のルートはコクランの宝庫である あちこちで群生している
  後半ルートでもシダ刈りをすれば ササユリが育ってくる可能性もある
  クチナシの実が成っているのも見られる

c0108460_18072263.jpg
c0108460_18072161.jpg
  楽しみの多いルートになりそうである
*うみ森内の枯れ木集めと薪加工・・・[飯塚 生熊 原田]
 あちこちから枯枝を集めてきて うみ森内の掃除をするとともに 薪にする一石二鳥作戦
c0108460_18072425.jpg
*たき火の後の消し炭を 植樹の苗木の根元に置く
 消し炭の整理と肥料化の一石二鳥作戦・・・[飯塚 生熊 原田]
c0108460_18112294.jpg
c0108460_18112401.jpg
*根笹刈り・・・刈払機4台駆動・・・[甲斐 柴田 杉本 中川]
 10本桜周辺の根笹刈り
c0108460_18072899.jpg
c0108460_18072713.jpg
*ホースのジョイント補修・・・[立石 中川]
 第1ホースの水が完全に止まっている ヘドロ掃除をすべく準備をした
c0108460_18072503.jpg
 坂道に水が流れている 雨も降らないのに 
 どこから流れているか 水の流れに沿って調査した
c0108460_18072053.jpg
 おひさま畑が水浸しになっている その奥の道も濡れている
 良く見ると 第1ホースの 中間のジョイントが外れて 水が途中で漏れていたのだ
c0108460_18072929.jpg
 新しいジョイントに切り替えたが なかなかホースを締め付けられない
c0108460_18071947.jpg
 竹の子を入れてようやく止まった
 しばらく このままで様子を見ることにする
 ホースが太く厚みがあるだけに 補修するのが大変である
c0108460_18112630.jpg
c0108460_18112571.jpg
*可愛い訪問客もあった
 雑種だと言うが きれいなワンちゃんであった
c0108460_17554277.jpg
 常連客の色黒のジョウビタキもやって来た
c0108460_17554424.jpg
c0108460_18072354.jpg

トラックバックURL : https://umimorihp.exblog.jp/tb/20892209
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by umibenomori | 2015-02-15 18:15 | 2015年活動状況 | Trackback | Comments(0)