人気ブログランキング |

『うみべの森を育てる会』ホームページ

umimorihp.exblog.jp

第13回里海まつり    by   (ナベサダ)

平成27年1月10日(土)
今日は第13回里海まつりの開催日である。
天気予報は曇りのち晴れであるが、風が強そうだ。
7:00
まつりの主役である“とんど”の準備は出来ているが、 “焼き芋”準備に甲斐氏と7時に里海公園に行く。
7か所の半ドラに火を焚く準備はしたが。
海辺は風が強いので、注意しながら火をつけて行く。
f0053885_20362396.jpg

8;00
うみべの森・みさき里山クラブメンバーも揃ったところで、
アルミ箔で巻いた芋を入れて火の管理をしながら焼き上げ行く。
f0053885_2039248.jpg

9:00
売店の準備も一部を除いて、ほとんど出来上がりつつあり、開店は何時でもOKの店も有った。
雰囲気的には賑わいのなりそうな予感である。
f0053885_20365687.jpg

焼き芋も出来たものは発泡スチロールの入れ物に保管して、販売時間まで待機
10:00
開会式が始まり来賓の挨拶
f0053885_2040062.jpg

~“とんど”に火が入る。
f0053885_20424096.jpg

~陣太鼓と燃え上がる煙は、雰囲気も含めて絵になる
f0053885_2043663.jpg

たちまち風に煽られて煙と孟宗竹のはじける音がする。
火の勢いはあるが芯柱がしっかりしている。
f0053885_2044144.jpg

周りを囲っている竹に火が付き火の勢いは有るは、
上部を巻いている蔓が崩れそうな竹を押さえて頑張っている。
f0053885_20445930.jpg

f0053885_20453259.jpg

f0053885_20462760.jpg

11:00
“とんど”が倒れるまでの想定時間は、各人によって違うが・・10分前後の話が大半だった。
ところが芯柱を残して周りが燃え尽きたのは1時間を回っていた。
f0053885_2047828.jpg

女性群は焼けた芋を確認してから袋に入れて、
1個100円也で販売であるが、300個?売り出し即完売である。
“とんど”の倒れる姿を見ようと待っていた人も、
殆ど居なくなって終了としたが、それでも芯柱は残った。
売店をまわると行列店が沢山見受けられた。
f0053885_20484270.jpg

12:00
風を避けて事務所棟の横で昼食とした。横一列ではあったが・・タコ飯と里海鍋を頂いた。
f0053885_20491986.jpg

棟を一回りして見ると、砂浜では貸し出しの凧が、風を受けて元気に何本も上がっていた。
f0053885_2050252.jpg

片方ではビーチテニスには、親子で球の打ち込み挑戦をする姿を見かけた。
一方の売店は、完売先続出で店終いの場所も有った。
棟の中の砂場では、よさこい踊りや岬高校・軽音楽、
太極拳などの演技演奏が行われていたが、見学する余裕はない。
f0053885_20513329.jpg

f0053885_205204.jpg

昼食後は、焼け落ちた“とんど”の後始末であるが。上手に焼けた分だけ後片付けは楽であった。
f0053885_20523828.jpg

f0053885_20532114.jpg

それにサポートする人も多くて、瞬く間に焼けた砂や灰の残りカスは埋めて、芯柱を除去して終了。
欲を言えば切りがないが・・強風の中で最初から最後まで理想的な“とんど焼”だったかと思う。
今年は良い事が有るのであろうか?
13:30
修了とした。
f0053885_20535279.jpg
・とんど焼 燃えて今年へ 良い予感

トラックバックURL : https://umimorihp.exblog.jp/tb/20693186
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by umibenomori | 2015-01-10 20:52 | 新春里海まつり | Trackback | Comments(0)