人気ブログランキング |

『うみべの森を育てる会』ホームページ

umimorihp.exblog.jp

「新春里海まつり2015」(とんど焼き)     by    (TATE-misaki)

平成27年1月10日(土) 晴れ
「新春里海まつり2015」『とんど』焼き
(7:00~14:00)  (24名)
うみべの森を育てる会 15名
[飯塚 小島 甲斐 吉川 柴田 杉本 立石 傳 傳浩聡 中川 中出 西台 原田 樋口 森] 
みさき里山クラブ 9名
[岩橋 岡田 佐々木 谷口州 長原 西山 羽間 久川兼 渡邊]

朝6時前は風も弱く 晴れのようで 最高の祭日和だと思ったが
7時過ぎには風も強くなり 特に海は強風に近い
6年連続好天気となったが 海岸での作業は少々応える

本日の役割リ-ダー
*とんど…中川・岡田
*とんどでのヤキイモ…中川
*半ドラでのヤキイモ…甲斐・久川
*ヤキイモ販売準備&販売…西台

7:00 半割ドラム缶7台に点火しヤキイモの準備
    甲斐 渡邊 西山の3人は早くから作業を開始しており
    強風にあおられてブルーシートの始末に大苦労

c0108460_20323117.jpg
7:30 集まった会員がそれぞれ準備開始
    とんど&ヤキイモ用の道具等を浜辺へ搬送
    潮騒ビバレー倉庫に集めていたサツマイモや要具を一人づつ運ぶ
    「うみ森・里山・竹の里」看板を設置
c0108460_20323269.jpg
    結界用ワラ縄に四手を吊るす
    一般参加者の持ち込む「しめ縄」を針金など金物類を外して「とんど」へ取付
8:30 半ドラに1回目のサツマイモを投入
c0108460_20323336.jpg
    次々と6台の半ドラへサツマイモを投入
c0108460_20323556.jpg
    途中より2台追加し 効率を上げる
    2台は熾火作り専用にし 7台で焼き芋を焼く
c0108460_20322731.jpg
    風が強くて半ドラの火加減が困難なため
    急遽コンパネ4枚で風防を作成
c0108460_20323883.jpg
c0108460_20322895.jpg
9:00 集合写真&[ミーティング]
    点火役女性会員2人[西台 傳]指名
    強風のため絶対に火に背中を向けないこと
c0108460_20562161.jpg
9:10 半ドラの第1回目のヤキイモが次々に焼きあがる
c0108460_20323762.jpg
     アルミホイルと新聞紙はがし
     剥がした新聞紙が又燃え出したりして難儀している
     ヤキイモは新聞紙袋に包み発砲スチロール箱に入れ保温
c0108460_20323682.jpg
10:00 「2014新春里海まつり」開会式…関係者挨拶
c0108460_20453915.jpg
c0108460_20453841.jpg
c0108460_20453768.jpg
10:14 とんど点火準備
     松明に灯油をしっかりと含ませてある
c0108460_20323025.jpg
    …女性会員2人が松明にたき火で点火 とんどの1箇所の点火口へ移動
c0108460_20454075.jpg
10:15 中川リダーの「点火!」の号令で 西側の点火口に松明を差し込む
     (今年は点火口を1カ所に減らした)
c0108460_20454117.jpg
     同時にすごい量の煙がモクモクと出だした
     (この煙が 何とも言えない気持ちの良い きれいな煙である)
     とんどに合わせて御陣乗太鼓が打ち続けられた
c0108460_20454409.jpg
c0108460_20454326.jpg
c0108460_20454538.jpg
c0108460_20453520.jpg
c0108460_20453618.jpg
10:38 とんどは なかなか崩れなかった
c0108460_20562301.jpg
c0108460_20562230.jpg
c0108460_20562477.jpg
     中心柱は最後まで燃えずに立っていた
     孟宗竹を初めて使うので はじけや飛び散るのを懸念していたが全く問題なし
     おまけに重いだけに傾いても なかなか倒れずに我慢している
     今後も「竹の里」に協力して貰って孟宗竹を使うことにしたい
     いろんな意味で今回の どんどは大成功であった
c0108460_20562732.jpg
11:00 ヤキイモ販売開始
     20分ほど前から潮騒ビバレーレストラン前に20人ほど並んでいる
     その後は行列が途切れる時多が多く 1人1個の制限を外した
     売れていないようでも30分ほどで263個販売できた
     何れも「おいしい!」と好評で 焼き加減も問題なかったようだ
c0108460_20562609.jpg
12:10 昼食(タコ飯&里海鍋)・・・東ピロティー前の石垣に座って食事
c0108460_20562907.jpg
12:30 とんど跡の片付け開始
     完全に焼いてしまったので からけしは殆どなく片付けは楽になった
     そのためには5秒も近くに居れない暑さの中へ行き 熾火をかき回す
     その中から 焼け残りの竹を引っ張り出しては 燃やす
c0108460_20562538.jpg
     1m埋め込んでいる芯柱を抜き取るのに手間が掛かったくらい
c0108460_21073203.jpg
     細かい灰と焼けた砂は 全て穴に放り込んで砂を埋め戻した
c0108460_20563019.jpg
     
     使った道具類を事務所倉庫や花の広場へ運び収納 きれいに後始末
     人数が多いので30分程で終了した
c0108460_20562051.jpg
c0108460_21073392.jpg
 
13:00 みさき里山クラブ会員解散
13:30 うみべの森会員解散

c0108460_21073524.jpg
うみべの森を育てる会会員 中出 治 氏「乙淡」の俳句
   「浜どんど」
*波高き 浜に勢ふ どんどの火
*孟宗竹 豪快に爆ぜ どんど焚
*芯柱 倒れぬままに どんど果つ
*海風に 母と子 カイト凧あげる

 
トラックバックURL : https://umimorihp.exblog.jp/tb/20692072
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by umibenomori | 2015-01-10 21:14 | 新春里海まつり | Trackback | Comments(0)