人気ブログランキング |

『うみべの森を育てる会』ホームページ

umimorihp.exblog.jp

孝子の森へ孫たちと行ってきました

平成26年12月31日(水) 晴れ
朝から上天気である 小春日和と言える
高校2年生のジュンは 孝子の森へ行きたくて今回の帰省組に参加したようだ
帰省6日間の今日のスケジュールは 孝子の森行になっている
当然案内人は私になる・・・中学2年のメイも 小学2年のイクミも参加してくれる
孫たち3人を引き連れての孝子の森散策となった
バアちゃんに おにぎり弁当を作ってもらって 喜び勇んで出かけた
ママが体調不良でリタイアしたので 完全にジイ孫組となった
行くときは 和歌山へ買い物に行くバアちゃんに車で孝子駅まで送ってもらい
c0108460_19510272.jpg
そこから 4人がリックを背負って歩き出した
c0108460_19510492.jpg
伊豆賀林道の入口まで来て 客山ルートの話しをしたら 遠回りの道がいいと全員が言いだし
急遽 Uターンして 孝子小学校の前を通って 犬飼谷峠道へ向かった
c0108460_19510690.jpg
坂道になると 私は少々しんどくなったが 若者組は平気でしゃべりながら歩いており
その後を ついて歩く始末であり 時々「ジイちゃん大丈夫」といたわられていた
客山ルートへ入ると さすがに元気が出てきて先導していたが
客山ルートの中間の展望場所から見える客山展望台(船が空飛ぶ展望台)が一番好きである
c0108460_19511180.jpg
c0108460_19505965.jpg
孫たちにも十分にその良さを教えて 再度歩き出した
客山展望台(船が空飛ぶ展望台)へは孝子小学校から37分で到着
c0108460_19510034.jpg
天候は少し風があっても寒くなく最高のハイク日和であるが
霞んでいて展望台からの景観は 淡路島等も見えず残念であった
c0108460_19510180.jpg
しかし 木魂効果の反応は素晴らしく 3人とも大声で しばらく何やら叫んでいた
c0108460_19571089.jpg
ウラジロ飛行機やピョンピョンカエルも教えて 感心してもらった
尾根散策して 下りは当然 冒険ルートである
c0108460_19571110.jpg
各自滑ったりしながらも 手助けなしに降りることは出来た
c0108460_19571325.jpg
ノッポの兄は 倒木の柿の木の幹より上に顔が出るのには驚きである
c0108460_19571444.jpg
きのくに子どもNPOの子どもたちの作った秘密基地にも興味を示していた
c0108460_19571693.jpg
c0108460_19571730.jpg
広場に到着と同時に お転婆さんは木登りを始めていた
c0108460_19571896.jpg
暫く ロープ登りや ハイジのブランコで遊んだ後で
c0108460_19572033.jpg

c0108460_19570742.jpg
 
少し遅いお弁当タイムになった
バアちゃん弁当が おいしいと言い 
自然の中での弁当は最高だと言って 何も残さず全て食べてしまった
c0108460_19570906.jpg
食べ終わると直ぐに遊びに走っている
c0108460_20051549.jpg
イクミはロープ登りを途中断念したが ツリーハウスの方へ走っていた
c0108460_20051368.jpg
ハイジブランコは人気で3人で交代しながら 仲良く遊んでいた
c0108460_20051157.jpg
c0108460_20051297.jpg
午後からは天候も少し変化して来て 風も出て来たし 少し寒くなって来た
14時ごろ下山開始し 孝子駅から電車で淡輪駅まで二駅
c0108460_20051687.jpg
c0108460_20050872.jpg
・・・14時40分には帰宅した
孫たちには 何か得るところのあった 孝子の森散策であった
c0108460_20050903.jpg
高校2年生の淳生君が一番自然の理解者で 
犬飼谷峠道入口の家が売家となっているのを見ても
「定年退職後は こんな家を買って住み 森のボランティアをしたい」と
50年後の抱負を語ってくれた
50年後の後継者は見付かっても それまで維持する後継者がいるかどうかが問題である
しかし 自然の理解者の若者が一人でも育ってきたことは うれしいことである

c0108460_19510500.jpg

トラックバックURL : https://umimorihp.exblog.jp/tb/20620435
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by umibenomori | 2014-12-31 20:54 | 立石副代表のつぶやき | Trackback | Comments(0)