人気ブログランキング |

『うみべの森を育てる会』ホームページ

umimorihp.exblog.jp

寒波中の「丸太を切ってサンタを作ろう!」は成功した  in  うみべの森     by    (TATE-misaki)

平成26年12月6日(土) 晴れ
「ホッとな手作り教室 in せんなん里海公園」
『丸太を切ってサンタを作ろう!』
参加会員 (14名) 8:00~14:00
[小島直 甲斐 河原 小島俊 柴田 杉本 立石 傳 中川 中出 西台 原田 三宅 森]
特別参加 [久川兼]
応募参加者20家族 参加人員41名(子ども20名 おとな21名)
9:00 会員集合…イベント準備
 集合時間の1時間前には何人か既に集まってきている
たき火の準備 おにぎり広場のテーブルの落ち葉掃除
軽トラを事務所から借りてきて「おにぎり広場」に材料&道具用具搬送
丸太とウマ・電動工具作業台用ベンチ・コンパネは既に運び上げているが
電動工具・万力・ペンキ・ノコギリ等重量物が多いので軽トラで2回搬送した

c0108460_18413485.jpg
テーブルの上には全て新聞紙を敷き詰め ペンキ入れ用卵パックや筆洗い用牛乳パックを並べ
木っ端や小さな枝のスライスしたのや松ぽっくり・メタセコイアの実まで並べてある
うみ森会員製作の見本品やクラフトも展示した
c0108460_18413782.jpg
c0108460_18413610.jpg
今年から電動工具を採用して新規購入したが
(110mm巾電気カンナ・卓上ベルトサンダー・100mmディスクグラインダー)
試運転もしていなかったので
久川さんの指導の下に 使い方のポイントを研修し 一応の使う担当者も決めた
c0108460_18413832.jpg
9:35 [ミーティング:おにぎり広場]・・・[西台代表]
*サポートのポイントを細かく説明
*丸太は来た順番に自分で選択してもらう
*テーブル&ノコギリ台を5班に分け担当者を固定
*各班担当者2名の発表(カニ カブトムシ カエル カマキリ カタツムリ)
*受付のポイント…1家族@200 丸太1本
  丸太の追加は1本@200…好きな丸太を選んでもらう
9:40 受付…(小島直 原田)
 10分程の間に大部分の応募参加者が来られたので 受付は大わらわ
c0108460_18413936.jpg
 6か月や2才の子供さんの参加申込家族は この寒さなのでキャンセルとなった
 4家族14人がキャンセルであった
 トータル 20家族 41人参加となる
 公園機関誌のレポーターや 公園事務所所長以下8人ほども一時参加された
 結局 65人の寒波中の屋外イベントとなった
10:06 イベント開会進行…西台代表
c0108460_18414053.jpg
イベント開始挨拶…柴田リーダー・・・「ヒノキのお話し」
ノコギリの使い方の注意…中川リーダー
丸太の斜め切りの注意点…立石副代表
ペイントの注意点…傳リーダー
ストレッチ体操…指導 甲斐リーダー
c0108460_18414247.jpg
10:28 丸太切り開始
会員は丸太切りのサポート⇒原則として切ることの手伝いはしない
イベントの趣旨は自分で木を切ることである
c0108460_18414472.jpg
c0108460_18414342.jpg
c0108460_18413312.jpg
c0108460_18504133.jpg
電気カンナ掛け(中川 久川担当)しかし ここには行列が出来たので
c0108460_18504582.jpg
c0108460_18504737.jpg
細い丸太の人は立石担当でベルトサンダーとディスクグラインダーで対応
これを見本に小さい材料はサポーターが 個々に対応していた
切り終ったグループからペイント開始
40人くらいだとテーブルには十分ゆとりをもって座れた
ペイントが始まればそれぞれ個性が出て来る
c0108460_18503936.jpg
c0108460_18503627.jpg
c0108460_18503861.jpg
c0108460_18503476.jpg
c0108460_18503243.jpg
中には事前に描いたデッサンを持って来ている子もいた
変形の丸太を上手に使いこなしている人もいる
c0108460_18565007.jpg
小物部品をそれぞれ使いこなし  メタセコイアの実をヒゲにしている人もいる
c0108460_19010559.jpg
枝分かれした小枝を上手にトナカイの角にもしていたし
c0108460_18565504.jpg
c0108460_18565411.jpg
小枝のスライスも あらゆるところに使っているし
c0108460_18565394.jpg
c0108460_18564855.jpg
c0108460_18564945.jpg
スパンコールも十分に有効利用されていた
c0108460_18565139.jpg
30本弱残っていた丸太も全て買ってくれた人もいる・・・薪ストーブの燃料だとか・・・

12:00 参加者は流れ解散
12:20 最後のお客さん帰る
・・・片付け開始
ペイントが始まれば ウマ等は使わない サポーターも手すきになるし
じっとしていたら寒いので ボチボチと片付けを始めた
軽トラで一気に片付けたらと言っても 動いている方がいいらしい
終った時は殆ど片付いていて 軽トラ1回で全ての片付けは終了出来た
12:30 公園機関誌のレポーターへの質疑応答・・・[立石]
最初からイベントの雰囲気を見てもらっていたが
自分も参加しないと イイレポートは書けないよと
斜め切りした丸太を渡してお絵描きもしてもらった
うみ森の概略と沿革の資料も渡し 詳細はうみ森のホームページを見てもらうことにもした
12:50 昼食弁当…花の広場…(昼食用弁当は会から支給)
寒いので半ドラのたき火の周りに集まったが
少し小雨やアラレがポロついたので  屋根の下で食べている会員もいた
昼食しながら本日の問題点等の話し合い
問題は特になく 電動工具採用が成功であったとの評価

c0108460_19010617.jpg
14:00 会員解散

「我々のイベントは全て屋外である・・・天候と寒暖が成否の決め手となるが
今日は寒波が定着し 特に寒くなるとの予報で 非常に気にしていたが
森の中は風もなく じっとしていても 寒くて いたたまれないと言うほどではなく
寒い!との悲鳴も聞こえなかった
花の広場にたき火をして寒い時は暖を取りに来てほしいと
PRしていたが 火遊びする子供が来た程度で
トイレに行ったついでにちょっと手を温めるくらいであった

c0108460_19010752.jpg
その意味では寒波中のイベントでも成功と言える

大概のイベントは子供中心で 大人は見ているかサポートくらいであるが
このイベントだけは大人も子どもも一緒になって 平等に作品制作に熱中している
小さな子供が太い丸太に挑戦し 少々サポートがあったとしても
きれいに切れていたのには驚いた

c0108460_18504133.jpg
c0108460_18503091.jpg
徐々に 理想的な 良いイベントになって来た
子どもたちだけでなく 大人もなかなか いい発想をしている
部品の小枝の木っ端も大人気で たくさん準備したが
殆ど使い切ってしまったようである
c0108460_18565625.jpg
それだけユニークなサンタさんがたくさんできた

帰りは自分の作品を大事に抱きかかえ ニコニコ顔で帰って行かれた

c0108460_18564661.jpg
余った小さな部材なども自由に持ち帰ってもらった
c0108460_19010862.jpg
初めて参加した人も満足して来年も来ると言ってくれた
このように 嬉しそうな顔をして帰っていく姿を見るだけで
ボランティア冥利に尽きると大満足である」
トラックバックURL : https://umimorihp.exblog.jp/tb/20476567
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by umibenomori | 2014-12-06 20:19 | 丸太を切ってサンタを作ろう | Trackback | Comments(0)