人気ブログランキング |

『うみべの森を育てる会』ホームページ

umimorihp.exblog.jp

ウミホタル観察会」リハーサル・・・せんなん里海公園内砂浜     by    (TATE-misaki)

平成26年9月11日(土) 晴れ
「ウミホタル観察会」リハーサル
(16:00~19:50) 参加会員 8名 [柴田 杉本 立石 中川 西台 原田 三宅 森]
…せんなん里海公園潮騒ビバレー休憩室前砂浜
9月20日(土)のウミホタル観察会のリハーサルを実施
家族・知人友人関係は29名・・・公園事務所 4名  総勢41名
*ウミホタル捕獲容器の点検
 うみ森在庫分22個の内1個は蓋不良 21個と水産試験場で借りる10個とで対応予定
c0108460_23412405.jpg
*用具の準備 & 点検・・・必要用具の確認と現物チェック
*傳さん作成の「ウミホタル手順書・配置図」を配布し お互いにチェック
*必要用具を全て海側の休憩室前へ運ぶ
*事務所側と最終準備物の打ち合せ
c0108460_23483735.jpg
*捕獲容器投げ入れは暗くなってからとした
c0108460_23412589.jpg
*しばらく夕陽を楽しむ
c0108460_23412191.jpg
 今日の知人友人参加者は 29人 弁当を食べているグループや
c0108460_23412639.jpg
 参加している子どもたち5人は夕暮れの砂浜で楽しく遊んでいる
 夕陽を見ながら海辺で遊ぶことは 子どもたちにとっても いい思い出となると思う
c0108460_23412711.jpg
c0108460_23412810.jpg
c0108460_23412244.jpg
c0108460_23430468.jpg
c0108460_23483834.jpg
18:10森リーダー捕獲容器を投入れ
   20分後に引き上げた捕獲容器には ウミホタルは殆ど入っていなかった
c0108460_23412342.jpg
c0108460_23430318.jpg
18:55 捕獲容器引上げ
   引き上げた容器は直ぐに長いロープを容器に巻き付ける 
c0108460_23483288.jpg
c0108460_23483324.jpg
c0108460_23483375.jpg
c0108460_23483441.jpg
 
19:00 ウミホタル観察・・・休憩室前
*捕獲器から掬い網にウミホタルを移す…その時 餌は別のバケツへ移す
 …捕獲器の内部にもウミホタルは 沢山残っているから よく海水で洗うこと
c0108460_23483641.jpg
c0108460_23483515.jpg
*網のウミホタルをスプーンで掬い 氷のシャーベットをスプーンに入れ
  海水氷の入ったワイングラスに落とす⇒水中で輝線を描きながらの姿が観察できる
c0108460_23510097.jpg
c0108460_23505991.jpg
c0108460_23554931.jpg
c0108460_23554915.jpg
*子供には手に氷を乗せて その上にウミホタルを乗せて演出する
c0108460_23555020.jpg
c0108460_23555003.jpg
*最後に砂浜の水際に逃がしてやる時は 
 波打ち際の乾いた砂の上に撒く 長い時間星空のように輝いていて 一番楽しめる
c0108460_23555231.jpg
c0108460_23564097.jpg
c0108460_23554879.jpg
19:30捕獲器などは花の広場で暗がりで洗浄 主な用具は物置に収納して帰る
c0108460_23564122.jpg
19:50全員解散
「今回のリハーサルには観客が多く集まった
準会員の井本さんの所属する「歩く会」が 16人も集まったのには少々驚いた
「ささゆりまつり」にグループで観賞に来られた時からの約束であったが・・・
三世代7人で参加してくれたグループもいた
観賞会が始まった時には 散歩に来た人たちも飛び入りしていた
いずれの人たちも 青白く光るウミホタルには感動してくれた
ウミホタルを氷と共に手に乗せて 冷たいのを我慢して喜んでいる子どもたち・・・
参加者に喜んでもらえたら我々もうれしくなる
せんなん里海公園の少し離れた場所では 長居公園の100人以上のグループが 「ウミホタル観賞会」を開催していた」
トラックバックURL : https://umimorihp.exblog.jp/tb/20193293
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by umibenomori | 2014-09-13 23:59 | ウミホタル観察会 | Trackback | Comments(0)