人気ブログランキング |

『うみべの森を育てる会』ホームページ

umimorihp.exblog.jp

大阪府立大学『カニ調査』第12日 in  せんなん里海公園     by    (TATE-misaki)

平成26年9月9日(火)② 晴れ
大阪府立大学『カニ調査』第12日(17:00~21:00) 
参加者(3名) [立石 中川 春山] 
*カニ調査前にうみべの森をチェック
  ビオトープの第2ホースは水が止まっている 至急に洗浄する必要がありそうだ
c0108460_09370113.jpg
c0108460_09370294.jpg
*あふれ滝の水量も順調であるが 早い時間ではまだカニたちは姿を現さない
*府立大関係は 7人
c0108460_09370090.jpg
*立石・・・カニの道(箱の浦ポンプ周辺)の移動個体調査
 中川・・・カニの道(中間ポンプ周辺から海側)の移動個体調査
 春山・・・あふれ滝⇒1例放仔を観察
*調査時間 17時30分~20時30分
*箱の浦道の湿地にはカニ達はたくさんいる
c0108460_09373206.jpg
c0108460_09373189.jpg
 カニカニウォッチングでは50匹は捕獲できた マーキングも2匹はいた
*箱の浦住宅から下りて来る道の 公園道路手前からポンプを経由して
  道路を溝で横断し カニの道に入ったわずかの区間である
c0108460_09365738.jpg
  歩いて往復200歩 6分で歩く
  これを3時間の内で繰り返しの単純作業
  調査区域は草がぼうぼうでカニを見付けるのも困難な状態である
c0108460_09365947.jpg
c0108460_09365819.jpg
  カニ達が姿を見せてくれたらいいが ほとんど見られないので 退屈なウォーキングだけになる
c0108460_09372913.jpg
*カニたちは7時過ぎに2匹だけ チッラと観察できただけで 後は全く見られず
*退屈なので他の調査区を見に行ったりした
  散水しているので海側のカニの道は水が溜まっている
  中間のポンプ付近も水が溜まり 学生がカクベンケイを捕獲していた
  カクベンケイが真水なのに こんなに陸地の奥に入って来た訳がわからない
c0108460_09450704.jpg
  赤くないアカテも捕獲していた 抱卵を調べマークして放していたが・・・
  海への降り口には5匹ほど陸ガニの個体が観察できたようだが
  途中の道で見られないのに 最終の放仔場所に見られるとは 忍者のようなカニたちである
  大学院生の岡野リーダーも首をかしげていた
c0108460_09450856.jpg
c0108460_09450455.jpg
*カニ調査は閑で退屈であるが 夕日を見たり 雲に覆われた満月を見たり それを写真に写すのには大多忙であった
c0108460_09373040.jpg
c0108460_09450579.jpg
c0108460_09450615.jpg
c0108460_09450692.jpg
 うろこ雲?に見え隠れする満月は サイケな模様できれいであった
c0108460_09483272.jpg

c0108460_09460363.jpg
c0108460_09460287.jpg
c0108460_09460003.jpg
c0108460_09483136.jpg

[追記]
カニ調査が終り 家に帰れば9時10分である
風呂に入り 義理買いで多めに買ってしまい 残っていた「たこ飯」をチャーハンにアレンジして晩飯
台所の洗い物を済ませて コーヒータイムも済ませ パソコンの前に座ったのは11時前
写真をパソコンに取り込みスライドショーで確認している間に寝てしまったようだ
目覚めたのは朝の4時 座椅子に座ったままで窓も開けて眠っていた
起きた時にはパソコンのみスライドショーをずーと続けていたようだ
それからブログアップに取り掛かったので遅れてしまった
やはり 山へ行き カニ調査で遅くなるのは疲れるようだ・・・少々体力の減退かも
トラックバックURL : https://umimorihp.exblog.jp/tb/20182323
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by umibenomori | 2014-09-09 23:57 | 府立大学陸カニ調査 | Trackback | Comments(0)