人気ブログランキング |

『うみべの森を育てる会』ホームページ

umimorihp.exblog.jp

池の埋め戻し作業は重労働である in うみべの森     by    (TATE-misaki)

平成26年6月26日(木) 晴れ・曇り
うみべの森を育てる会定例活動日・・・せんなん里海公園内うみべの森

c0108460_20150946.jpg
(9:00~15:10)(11名)[春山 中川 柴田 甲斐 飯島 生熊 傳 飯塚 原田 杉本 立石]
c0108460_20151173.jpg
気持ちよく晴れ渡っているが 俄雨の予報も出ている
昼前くらいからは曇りであり 重作業には都合がよかった
c0108460_20151035.jpg

*第4池埋め戻し開始
  第4池の地下1m位に大きな水脈がある
  昔からある水脈で これをどうにも出来ない

c0108460_20151079.jpg
  そのため 池の縁にしょっちゅう漏水が発生し その都度補修していたが
  今度は池の底に大きな穴が開いてしまった
c0108460_20150929.jpg
  これを補修することは困難であり 例え補修しても次々に 漏水現象が出て来る可能性がある
  補修は あきらめて埋め立てることに決定した
c0108460_20150818.jpg
c0108460_20150771.jpg
その作業日が今日になった
*軽トラダンプで土の搬送・・・5回・・・[甲斐 柴田 杉本 立石 中川 春山]
  公園内の不要な土を盛ってある山を崩して 軽トラに積み込む
  金網フェンスの中に軽トラが入れないので 土の山からフェンス越えで土を積み込む
  土は石混じりなのでスコップがスムースに入らない 土の積み込みに時間が掛かる
c0108460_20221473.jpg
c0108460_20221530.jpg
c0108460_20221788.jpg
*土を池に埋め込む・・・[飯島 飯塚 生熊 立石 傳 原田]
  軽トラで池の縁までは運べるが そこから意見の各所へは人手運びになる
  人数が足りないので女子部も土運びである・・・テミに一杯土を入れて運ぶ
  池の縁から埋めていくが 下はヘドロ状になっており 踏み込めば 何ぼでも土は入っていく
  固まるのには時間が要るようだ
c0108460_20221635.jpg
c0108460_20221584.jpg
*ビオトープのカナダモ取り・・・[飯島 飯塚 生熊 傳 原田]
  軽トラが土を積み込見に行っている間は 30分以上時間が掛かっている
  その間に第1池~第3池のカナダモを 熊手で掻き取っている
  バケツに何杯にもなるので 埋め立て予定場所の第4池に積み上げた
c0108460_20150709.jpg
c0108460_20150675.jpg
*第1池の排水路の土が流れて 排水位置が低下し第1池の水位が低い
  水位を上げるため 排水位置付近に土盛りして 水位を上げた・・・[立石]
c0108460_20221941.jpg
*第3池の排水路の嵩上げ・・・[飯塚 生熊 傳 原田]
  レンガを使ったりして丈夫なダム状の仕切りを完成した
  逆に水位が上がり過ぎないか 心配になるほどである
c0108460_20221943.jpg
*池埋め戻しの後仕舞・・・[飯塚 生熊 傳 原田]
  池に土盛りしたが 下がヘドロ状なので 踏み込めば足がめり込む
  安全を期して土の上に波板の古いのを敷き詰めた
  風で飛ばないように バケツに水を入れて重しにしていた
c0108460_20221809.jpg
c0108460_20222055.jpg

「土を掘り 車に放り投げて積み込む 何度も休憩しながらであるが 腰が痛くなる重労働である
6回搬送する予定が5回になってしまった
この作業には人数が必要なようだ
久し振りの重労働で全員くたくたであり 汗まみれである
この作業を来週もう一度繰り返す必要がある
人数が集まれば何とか完了するが 少ない場合は次の活動日に継続する必要がありそうだ
3つの池を守るためには 1つの池の犠牲は止むを得ないと思っている」

c0108460_20221729.jpg



トラックバックURL : https://umimorihp.exblog.jp/tb/19939194
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by umibenomori | 2014-06-26 20:30 | 2014年活動状況 | Trackback | Comments(0)