人気ブログランキング |

『うみべの森を育てる会』ホームページ

umimorihp.exblog.jp

大阪湾再生シンポジウム

平成19年12月15日(土)① 晴れ

(13:30~17:00)
大阪湾再生シンポジウム
~大阪湾の未来を考える! 「大阪湾再生」に向けて~
場所:大阪府立国際会議場12階特別会議場
主催:大阪湾再生推進会議
参加者:約250名

1.13:30~あいさつ
  布村 明彦(大阪湾再生推進会議座長)
2.13:37~報告
  「大阪湾再生の取組みについて」
  阪井田 茂(大阪湾再生推進会議全体グループ長)
3.13:58~特別講演
  「地球ものがたり・海ものがたり」
  中村 征夫(水中写真家)
  20年前に関空予定地辺りをもぐった…「きたなかったあー!」
  生物は海水を浄化する
  干潟・も場・サンゴ礁は失ってはいけない…生き物を育む大切な場所
  壊したものは修復可能である
  人間はこれ以上自然界に手を出してはダメだ
  自然の摂理に従った保全が必要
4.14:52~休憩
  「ポスターセッション」
  …市民ブース15団体
   行政ブース 10団体
5.15:15~パネルディスカッション
  テーマー
  『大阪湾の未来を考える!「大阪湾再生」に向けて』
  コーディネーター
   矢持 進(大阪市立大学教授)
  パネリスト
   田中 正視(泉南高校教諭)
   …生きたネットワークで なんとかしようよ!
   近藤 茂則(大阪コミュニケイションアート専門学校教諭)
   …大阪湾のスナメリ研究
     残された自然の保護が必要
   村田 武一郎(奈良県立大学教授)
   …海の生物のための環境を創る
    陸域からの負担を減らす
    愛される大阪湾を取り戻す
   芝池 利尚(大阪府河川環境課長)
   …あらゆる人に水辺に興味を持ってもらう
    水循環の再生→地域住民の取組みが必要

参加者は中学2年生から老人まで雑多な人たちの集まりであった
長時間熱心に聞いていた
多くのグループが人たちが 大阪湾再生の努力をしていることが浮かび上がった
しかし このことをどれだけの人が知っているのか
もっと多くの人たちに知ってもらう方策を考える必要がある
たまたま参加した人だけが知っているのではダメだと思う
c0108460_22462459.jpg

c0108460_2247526.jpgc0108460_22473456.jpg








c0108460_2248982.jpgc0108460_2249632.jpg








                            [安室のコンサートもここで開催]
c0108460_22522223.jpgc0108460_2252547.jpg  








c0108460_22562419.jpg

                [国際会議場12Fよりの展望]
c0108460_22571961.jpgc0108460_22565289.jpg








c0108460_22575959.jpgc0108460_22582314.jpg








[堂島川のホテイアオイ駆除船]
c0108460_22594350.jpgc0108460_230555.jpg
トラックバックURL : https://umimorihp.exblog.jp/tb/18471948
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by umibenomori | 2007-12-15 00:25 | その他ボランティア活動 | Trackback | Comments(0)