人気ブログランキング |

『うみべの森を育てる会』ホームページ

umimorihp.exblog.jp

H22年5月度植物調査

平成22年5月27日(木) 曇り
c0108460_21354126.jpg

(9:50~13:40) …せんなん里海公園内うみべの森
参加会員 6名+1名
平成22年5月度
植物調査 in うみべの森
3月・4月と雨で正式の調査ができていない
今月こそはと関係者は張り切ったが
天候には応援してもらったが
中心メンバーの上久保顧問・吉川植物調査リーダー・
西台代表が都合が悪く 欠席になってしまった
集まった6人で同定はできなくても
写真だけでも写しておこうと云うことで活動開始
c0108460_21363444.jpg

写真班は手術後リハビリ中の柴田さんが来てくれている
いづれにしてもうみべの森を散策できれば 
うれしいメンバーである
c0108460_2137161.jpg

新しい発見はなかったが ネジキの花を初めて見た
アセビに似た花で下向きに咲いており
鈴なりの状態は なかなか可愛いものである
c0108460_2224464.jpg
c0108460_21381579.jpg

ノアザミの群落を見たり
c0108460_21383642.jpg

通路の真ん中に咲いているアカバナを刈っていない
草刈りで残した会員の優しさを褒める
キランソウ(ジゴクノカマノフタ)が まだ咲いていると喜び
シロツメクサ(クローバー)の花にまで喜んでいる
刈払機で草刈りをする時と植物調査の時は
お互いに人柄が変わるようである
c0108460_21395978.jpg

c0108460_2141322.jpg
c0108460_21412050.jpg

我々がうみべの森散策で楽しんでいる間に
中川さんが1人で「ささゆりまつり」の飾り付けをしてくれた
アーチのデコレーションでそれらしくなったが
肝心のササユリの開花が2~3日ずれそうなのが心配である
2日間は雨 その後の3日間は冬のような寒さで
期待しているササユリもなかなか咲いてくれない
今にも咲きそうな状態で留まっているようである
しかしどれが一番先に咲くかは予想しながら楽しみでもある
c0108460_21392561.jpg

今日は空気の状態がいいのかアオの展望台からは
淡路島がクッキリと見える
真ん中の松が邪魔だから切ってくれとの話があるが
これは聞けない…自然はそのままにしておきたい
c0108460_21435255.jpg
c0108460_2144925.jpg

散策しながら問題点もチェックし
ビオトープのオオアカウキグサの増長振りと
ビオトープと小川のカナダ藻の増長振りが気になり
早期の駆除作業を考えたい
c0108460_21503961.jpg

「うみべの森を育てる会」の水生生物関係の手助けをしてくれる
三宅さんが訪れた
いろいろと話し合っている中で
先日捕獲し他所へ移したカメはイシガメとクサガメだろうと云う
日本古来のカメは大事にする必要があるとのことで
特にイシガメは絶滅危惧種に近い存在らしく
保護する必要があるらしい
ビオトープに生存していて少しくらいメダカやカニに影響があっても
自然ではないかとの意見を尊重したい
それよりもウッシー(ヒキガエル)の方が外来種であり
貪欲に何でも食べるので問題ではないかとの指摘である
橋の上から見ただけでメダカとカダヤシを見分けるのは流石である
この辺の知識が我々にはないので
いろいろと教えて貰うことも多いようである
c0108460_21505847.jpg

    「うみべの森を育てる会」活動記録作成
c0108460_21445941.jpg

トラックバックURL : https://umimorihp.exblog.jp/tb/18433223
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by umibenomori | 2010-05-27 01:33 | 植物観察会 | Trackback | Comments(0)