人気ブログランキング |

『うみべの森を育てる会』ホームページ

umimorihp.exblog.jp

カニ調査サポート④ in せんなん里海公園

平成24年8月16日(木)② 晴れ
c0108460_2340118.jpg

(15:40~16:40) …うみべの森
 ビオトープ第4池と第3池のアオウキクサ取り
 14日に気になっていた作業で
 カニ調査の時に早い目に出てきて作業
 今回はバケツ2杯で済んだ
c0108460_23404170.jpg

c0108460_23411468.jpg

大阪府立大学研究調査サポート
(16:40~20:40) …せんなん里海公園
大阪府立大学が岸和田土木の依頼で
陸ガニの生態調査をしている
せんなん里海公園内…定点観測調査…8箇所
 ①放水路(岬料金所横) ②あふれ滝…森
 ③うみべの森入口 ④雨水排水路
 ⑤田山川河口 ⑥自然海岸手前
 ⑦自然海岸真ん中 ⑧茶屋川河口
c0108460_23424162.jpg

15分毎にカニの個体の点カウント
15分の巾単位で放仔の個体数カウント
アカテガニ・ベンケイガニ・クロベンケイガニ
稚ガニ・不明の5種類に分ける
…学生達は場所もカニもあまり知らない
 うみ森会員が調査地域のカニの居る場所を教え
 カニの種類を判断する
c0108460_234263.jpg
 
本日のうみべの森を育てる会参加者 3名[河原 柴田 立石]
それぞれ調査箇所を指示され本調査員として参加
今日の担当箇所は箱作西浜の自然海岸である
府立大学2回生のUさんと2人で調査する
c0108460_23432094.jpg

3ブロックある自然海岸全てが受け持ちであり
海岸を調べ 道へ出て次のブロックへ移り調査する
往復30分 2000歩の行程である
3時間で12000歩は歩いた
c0108460_23434281.jpg

女子大生とオシャベリしながらでなければ とても歩けない
15分単位での調査でキッチリの行程なので休む間もない
陽のある内はカニどころかフナムシも出てこない
動くものが全く見られずにややうんざりしていた
女子大生相手にオシャベリだけが弾んでいた
しかし ここは夕日の最高の見学場所なので
夕日が沈む前は早く歩いて夕日を楽しむ時間を作った
c0108460_23472335.jpg

夕日の沈む直前の数分間を若い女の子と二人で
ロマンチックな気分になるべきであったが
夕日の沈む瞬間を写真に写すのが精一杯で
気がつけば日が沈み 
次の調査活動が待っているだけであった
それでも夕日はたまらなくきれいであった
c0108460_23485244.jpg
c0108460_23513019.jpg
c0108460_2354951.jpg
c0108460_102961.jpg

c0108460_23555545.jpg

夕日が沈めば 流石にカニたちも動き出し
連絡通路のあちこちで姿を見ることが出来た
短時間の間に10匹以上は観察できた
c0108460_23564567.jpg
c0108460_2357177.jpg

カニを見つけて写真を写していたら
散歩中のおばちゃんが
「動いたらあかんで足元にカニいてるでえ」と云われ
足元を見れば長靴の上をカニが歩いていた
おばちゃんが「暑いやろう! 水やるわ」と云いながら
ペットボトルの水をカニにかけてやっていた
なかなか やさしい自然を愛するおばちゃんであった
「雨降ったら もっとようさん出てくるで」とも教えてくれた
少々疲れたが 楽しいカニ調査であった
c0108460_23575777.jpg

トラックバックURL : https://umimorihp.exblog.jp/tb/18379533
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by umibenomori | 2012-08-16 22:14 | 府立大学陸カニ調査 | Trackback | Comments(0)