人気ブログランキング |

『うみべの森を育てる会』ホームページ

umimorihp.exblog.jp

定例植物観察 in せんなん里海公園

平成24年9月13日(木) 晴れ
(9:40~12:50) …せんなん里海公園内うみべの森&園内
参加者 (14名)
[上久保顧問 飯島 飯塚 吉川 柴田 立石 傳 西台 原田 春山 松本] 
[畑中先生ご夫妻 高木] 
『平成24年9月度植物観察』 in うみべの森
c0108460_1755444.jpg

今日は定例活動日でも集まらない14名の参加があった
植物に興味のある人たちが増えてきたようだ
飯島さんと中川さんで勧誘してくれた
春山さんも新入会員として参加してくれた
畑中先生ご夫妻 高木(自然と本の会)さんの参加もある
植物観察も定着し 周りに少しずつ知られてきたようである
c0108460_1763453.jpg

植物調査
何時もの通りアーチ→ビオトープ→おにぎり広場→
通路→ツバキの森→小川沿いに箱の浦出入り口まで
旧海岸線沿いの植物を観察しながら歩いた
c0108460_1776100.jpg
c0108460_1774736.jpg

クレソン池の側にホルトの木が
自生して50cmくらいに育っている
これは大事にするように公園事務所に連絡しておきたい
c0108460_1852048.jpg
①タカサブロウ(高三郎) …語源は不明
c0108460_1782896.jpg

②ホシダ
c0108460_1792029.jpg

③ヌスビトハギ(種は2個)/アレチヌスビトハギ(種は5~6個)
c0108460_17103539.jpg

④カタバミ/アカカタバミ(傍喰)
 …葉が睡眠運動で閉じるのを見て「片一方が食べられた」
   と云うのが語源らしい
⑤ヒメジョオン(姫女苑)
 …ヒメジョオンの茎は髄が詰まっている
  ハルジオンの茎は中空
c0108460_17133382.jpg

⑥アキノノゲシ/ホソバアキノノゲシ
⑦エノコログサ/キンエノコログサ/アキノエノコログサ
 …違いの説明あり…(我々は大きさと色の相違で判断)
c0108460_17113127.jpg

c0108460_17141290.jpg

c0108460_17143655.jpg
c0108460_17153100.jpg

⑧ジュズダマ
c0108460_17175568.jpg

⑨アシ(別名ヨシ)(地下茎)/ツルヨシ(地表茎)
⑩カマツカ(別名 ウシコロシ…古くは牛の鼻輪に使った)
⑪スズメウリ
c0108460_171798.jpg
c0108460_17154776.jpg

⑫エビヅル(海老蔓 別名エビカズラ)
  …多くの参加者が食べて見て おいしい! すっぱい!とまちまち…食べられる
c0108460_17164026.jpg

⑬センダン(栴檀)
⑭メマツヨイグサ(雌待宵草)/アレチマツヨイグサ
c0108460_17205571.jpg

⑮ヤハズソウ(矢筈草)…小葉の先を引っ張ると矢筈の形になる
c0108460_1722247.jpg

⑯ホウキギク(箒菊)…細かく分かれた上部の枝を箒に見立てた
c0108460_17225630.jpg

⑰アラカシ(粗樫)
c0108460_1723314.jpg

⑱マテバシィ…子どもの頃オヤツに食べた経験者もいた
   …沢山 実がついて今年は豊作のようである
c0108460_1724975.jpg

⑲クルミ…実が2個しかなっていない
c0108460_17245047.jpg

⑳ノブドウ(野葡萄)
c0108460_17251435.jpg

21 ツルマメ(蔓豆 別名ノマメ)
c0108460_17254635.jpg

22 ヒメムカシヨモギ(姫昔蓬)…別名 御一新草 明治草 鉄道草
c0108460_17273730.jpg

23 イヌビエ(別名ノビエ…食用にならないヒエの意)
24 オオニシキソウ(大錦草)
c0108460_17283650.jpg

25 ヒメガマ(姫蒲)
26 キイロカラスウリ…鈴生りである
c0108460_17293294.jpg
c0108460_1730026.jpg

「今日は うみべの森にトラブルがないので
全員が 植物観察に集中した
最近では珍しく真面目に勉強した1日であった」
c0108460_17303570.jpg
  
トラックバックURL : https://umimorihp.exblog.jp/tb/18379355
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by umibenomori | 2012-10-13 21:49 | 植物観察会 | Trackback | Comments(0)