人気ブログランキング |

『うみべの森を育てる会』ホームページ

umimorihp.exblog.jp

大阪府立大学カニ調査⑤サポート  in  せんなん里海公園

平成25年8月7日(水) 晴れ
c0108460_23373566.jpg

大阪府立大学のカニ調査第5回目
調査は満月と新月の日の夕方から夜にかけて 9月まで8回実施される
c0108460_2338265.jpg

うみべの森を育てる会から3人参加した
今日は大多数の人数なので
17:00せんなん里海公園潮騒ビバレー玄関に集合である
府立大学関係 上甫木教授含め12名
近代からの応援が藤田教授を含め15名
合計30名の大部隊となった
府立大学の岡野リーダーの指示で調査担当地域が割り振られた
c0108460_23383542.jpg

調査時間は18:00~21:00の間で
固定調査は15分サイクルで個体調査をする
動態調査は個体を発見したら記入する
私は岬料金所横の川である
c0108460_23395670.jpg

飯島さんはあふれ滝・・・水が全く流れていないので放仔は1例だけ
春山さんはカニの道・・・卵を持ったカニを数匹確認できたらしい
c0108460_23391296.jpg

岬料金所横の川は外れがないので楽しみである
しかも女子大生2人も助手?に付いてくれた
川の段差のところはベンケイガニのマンションであることや
c0108460_23412928.jpg

海側の段差のところで放仔はあるなどと得意げに教えたりしていた
c0108460_2341549.jpg

明るいうちは3人一緒になって個体の数を数えていたが
19時を過ぎて やや暗くなると放仔が始まり
数の確認は助手に任せて放仔観察に集中した
c0108460_23492786.jpg

小さな石の場所がカニには人気スポットらしく5~6匹行列して次々放仔している
中には後ろの列から横へ降りて放仔しているルール違反の横紙破りもいた
一度水に入ったが冷たいと言うように慌てて放仔もせず水から出て来るのもいる
あまり多いのでカウントが出来なくなってしまった
c0108460_23423311.jpg

別の場所では石から水中に落ちたカニが ついでに放仔して あわてて泳いで陸に帰ったり
水中に入ってから段差の端まで1m以上水中を歩き放仔しているのもいた
・・・子供のためには自分は苦しくても我慢すると言う  人間の母親に見せたいカニである
かと思うと他のカニが放仔に来た時間より1時間以上遅れて放仔に来たカニもいる
いろんなアクシデントを乗り越えて どうにか到着したと解釈したいが・・・
こんなカニ達の放仔を観察しているだけで
大量の蚊の襲撃も苦にならないくらい熱中していた・・・気が付いたらかゆいこと・・・
考えたら風もなく蒸し暑くて蚊の多い悪条件であった
しかし人数が多いので 何時もは1人の場所を
3人でのんびりとやらせてもらったのは楽であった
お蔭でカニ放仔観察に集中できた
助手をもう少し教育出来たら見逃していた放仔をもっと確認できた思う
条件は悪くとも楽しい1日であった
c0108460_2343062.jpg

トラックバックURL : https://umimorihp.exblog.jp/tb/18350760
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by umibenomori | 2013-08-07 21:46 | 府立大学陸カニ調査 | Trackback | Comments(0)