『うみべの森を育てる会』ホームページ

umimorihp.exblog.jp

ZooCan企画「親子で『うみべの森里山体験&カブトムシ探し』」

平成30年7月21日(土)晴れ
うみべの森を育てる会臨時活動日・・・せんなん里海公園内うみべの森
ZooCan企画「親子で『うみ森里山体験&カブトムシ探し』」
(14:00~21:05) 参加会員 8名〔岡田 甲斐 小牟田 田川 立石 角井 西台 福永〕

大阪市内等の参加者 6家族17人(大人9人子ども8人)が

海風館に宿泊して 海と山を楽しむ

1.「うみべの森里山体験」14001640

・・・〔岡田 甲斐 小牟田 田川 立石 角井 西台 福永〕

c0108460_00565864.jpg



 *里山体験の準備

c0108460_00565713.jpg



*挨拶&地滑りの現場説明(1520~)

c0108460_00583632.jpg


c0108460_00583889.jpg


*タマムシも2匹捕獲出来た

c0108460_01000394.jpg



 *木の伐採体験開始

  径10㎝くらいのネズミモチを 子どもたちが交代でノコギリで切る

c0108460_01000255.jpg



  枝払いし枝や幹を5cm位に玉切りして カブトムシの籠に入れる

c0108460_01013073.jpg


c0108460_01012905.jpg



 *原木輪切りの名札にお絵かき  名前を書いて虫カゴに付ける

c0108460_01020905.jpg



 *木登り・崖登り・昆虫採集等

c0108460_01030901.jpg


c0108460_01040928.jpg



 *ホウノキの葉でお面つくり

c0108460_01021088.jpg



参加者は「海風館」に帰り休憩

c0108460_01040845.jpg



2.BBQ準備(17301820

 大阪府青少年海洋センター・・・〔岡田 立石 角井 福永〕

c0108460_01052809.jpg



海洋センターの備品を使ってBBQの準備

c0108460_01052789.jpg



アジ・シシ肉の野菜炒め・鶏肉各種:モモ・セセリ・尾の先・サエズリ

c0108460_01062145.jpg



ストーブと羽釜でタコメシ炊き

c0108460_01062018.jpg



3参加者が集りBBQ開始18201950

焼き方は肉に火を通すことに 専念しているが

お客さんが直ぐに食べてしまい 料理人は追われっぱなしであった

c0108460_01111242.jpg




焼きアジが好評で 朝〆の鶏肉も 味が違うと好評であった

c0108460_01080561.jpg



タコ飯も美味しいと お代わり続出であった

c0108460_01080685.jpg


c0108460_01101300.jpg


c0108460_01101283.jpg



.「うみべの森でカブトムシ探し」20002105)・・・〔岡田 立石 角井 福永〕

c0108460_00500644.jpg


c0108460_00500738.jpg



全員懐中電灯持参で 花の広場に集合

c0108460_01140703.jpg



子供たちはジャンケンで 捕る順番を決めている

c0108460_01140853.jpg


しかし最初の子が怖がって モタモタしている間に

カブトムシはどんどん移動してしまう

途中から同時に何人も捕らすようにした

c0108460_01151369.jpg


c0108460_01151225.jpg



地上に落ちたのを拾う子や 私の頭に落ちてきたのを捕る子や

それぞれの捕獲方法で 親子とも楽しんでもらった

c0108460_01155244.jpg


c0108460_01155120.jpg


c0108460_01165466.jpg



樹液の出ているクヌギの木3本で 20匹以上のカブトムシは捕獲出来た

メスが少なかったようだ

c0108460_01165539.jpg



[PR]
# by umibenomori | 2018-07-21 23:55 | その他ボランティア活動 | Trackback | Comments(0)

災害復旧の大変さを少しだけ体験・・・うみべの森

平成30年7月19日(木)晴れ
うみべの森を育てる会定例活動日・・・せんなん里海公園内うみべの森
(8:30~11:50) 参加会員 7名〔飯塚 岡田 小島俊 田川 立石 角井 傳〕

危険な気温の猛暑が続く

ボランティア活動も 早朝に始めて 昼には終わるパターンが 定着してしまった

930分開始であるが 9時ごろには 参加会員の 殆ど集まって作業を始めている

地滑りの災害場所の復旧が 終わるまでは

c0108460_16503552.jpg



大きな活動は出来ないので 当分は花の広場片付け作業になる

花の広場片付けも やりたい個所は多いが 

なかなか出来ずにいたので 今が良い機会ではある

c0108460_16525413.jpg



*薪置き場増設

 前回育苗台で作った薪置き場の 延長線にレンガを敷き

c0108460_16512761.jpg



c0108460_16542549.jpg


アルミフエンスを張って 薪置き場を増設した

c0108460_16525356.jpg



*木っ端の薪の拾い集め

 地滑りの衝撃で散らばっていた 薪の木っ端を拾い集めて

トレーに入れて 増設薪置き場へ積み上げた 

c0108460_16542454.jpg



*自転車置き場の整備

c0108460_16554050.jpg



 地滑りの時の泥で埋まっていた 自転車置き場の土が固まったので

スコップや鍬で運び出して 自転車を置けるようにした

c0108460_16554134.jpg


c0108460_16571111.jpg



*ブルーシートの整理

 大きな収納箱に収めていたが 蓋をしているために

中に何が入っているか 分からなかった 

それを全て引き出して 大きさを揃え 汚れているのは 水洗いして整理し直した

c0108460_16571069.jpg


 

破れたり汚れのひどいのは廃却し

その他は大きさの種類ごとに まとめて収納箱を横にして

蓋を取り去りオープン棚にして 誰でもが見える収納方法に替えた

c0108460_16512837.jpg



*廃材の収納

 鉄製育苗台の下に収納していた廃材を 全て資材置き場の棚に収納した

ペンキ収納庫やブルーシート箱などは 全て移動して収納し直した

c0108460_16581880.jpg



*収納庫の一番下に収めていた 波板を移動して

その後にコンパネや板類を収納した

*あちこちに分散していた物を 一カ所に集めるだけで 全てすんなりと収まった

c0108460_16581783.jpg



*命にかかわる危険な気温になったので 作業は昼前に終了した

c0108460_16594966.jpg


[PR]
# by umibenomori | 2018-07-19 17:04 | 2018年活動状況 | Trackback | Comments(0)

災害復旧作業が多忙・・・うみべの森

平成30年7月15日(日)晴れ
うみべの森を育てる会定例活動日・・・せんなん里海公園内うみべの森
(8:30~12:00) 参加会員 7名〔飯塚 岡田 小牟田 田川 立石 角井 福永〕
c0108460_20061147.jpg



猛暑の日である

活動開始前から 気温30度を越えている

c0108460_20052953.jpg



直射日光下では46度にもなった

c0108460_20163696.jpg

無理をせず 休憩を多く取りながら 地滑り被害の片付けをする

*ゴミ箱の整理・・・〔岡田〕

c0108460_20053078.jpg



*ビオトープ水路の整備・・・〔小牟田〕

ビオトープの水が小川に流れ込む辺りが 地滑りで埋まってしまっている

c0108460_20063742.jpg



手前に溝を堀り 水の流れを誘導した

c0108460_20061304.jpg



鉄製育苗台の移動・・・〔男子部〕

 鉄製育苗台は重くて 4人で休み休みしながら 薪置き場へ2台移動させた

*薪置き場作り・・・〔男子部〕

 鉄製育苗台の1台は 裏返して上段に積み重ねた

c0108460_20092941.jpg



 左右に小型ラティスと スチールフェンスを括り付け 薪の支持壁にした

c0108460_20095502.jpg



 屋根には暫定的に 波板を3枚 仮取り付けした

c0108460_20124381.jpg



*薪をの搬送と収納・・・〔全員〕

c0108460_20130965.jpg



 地滑りで散乱した薪を集め 1輪車で新規薪置き場に運び 積み上げていった

c0108460_20130851.jpg


c0108460_20124448.jpg



 フェンスの下敷きになっている薪は

動かすと土が崩れる 恐れもあるので危険な 状態の物はそのままに放置した

c0108460_20093080.jpg


c0108460_20063634.jpg



 樋に使った不要半割竹も 電動マルノコで 薪の長さに切断して処分した

c0108460_20150807.jpg



*久しぶりに きれいなタマムシも応援に来てくれた

c0108460_20163740.jpg


c0108460_20163853.jpg



*カニたちも復旧作業の成り行きを見守ってくれている

c0108460_20273063.jpg


c0108460_20272929.jpg


c0108460_20274634.jpg


c0108460_20274544.jpg



*気温もどんどん上昇するので

日向の作業は暑くて しんどい状況になってきたので

11時30分には作業中止し 今日の作業を修了とした

c0108460_20095638.jpg


c0108460_20150977.jpg


[PR]
# by umibenomori | 2018-07-15 20:22 | 2018年活動状況 | Trackback | Comments(0)

地滑り災害後の片付け開始・・・うみべの森

平成30年7月12日(木)くもり
うみべの森を育てる会定例活動日・・・せんなん里海公園内うみべの森
(8:30~12:30) 参加会員 12名〔飯塚 岡田 小島直 吉川 小牟田 柴田 田川 立石 角井 傳 長原 西台〕

花の広場横斜面:ササユリの道地滑り発生後 危険なため

c0108460_20542164.jpg


 

定例活動は中止としていたが 

会員に今の惨状を見てもらい 認識してもらうことと 

c0108460_20535275.jpg



花の広場の散乱した薪を 片付ける必要もあるので

c0108460_21023680.jpg



あえて定例活動日を再開した

c0108460_20542164.jpg



会員はどんどん集まって来て 9時過ぎには殆どが揃った

ミーティングまでにも 片付け作業が始まった

c0108460_20535333.jpg



鉄製育苗台の移動・・・〔岡田 柴田 立石 角井〕

 作業台に使っていたので 下に収納している廃材を引き出し

c0108460_20513806.jpg



 本体を花の広場奥に移動

c0108460_20520583.jpg



c0108460_20555170.jpg


*ミーティング

 ・地滑り後の今後のメンテ方針

 ・7~8月のイベントの詳細説明

c0108460_20562447.jpg



*機械小屋横の整理・・・〔全員〕

 物置になっている鉄製育苗台2台の 廃材や看板その他を全て撤去

c0108460_20520683.jpg



 

c0108460_20555239.jpg


 鉄製育苗台2台を一旦引き出し その跡地を草引きし 整理する

c0108460_20562527.jpg



 

c0108460_20574373.jpg


 

c0108460_20574240.jpg


 鉄製育苗台2台を重ねて 薪置き場を新設

c0108460_20580253.jpg



*薪の移動・・・〔女子部〕

 フェンス際に薪置き場を 作っていたが

地滑りでフェンスが押し出され ひん曲がってしまい

薪は散乱し またはフェンスの 下敷きになっている

c0108460_20513701.jpg



その薪を動かせるのだけ 新規の薪置き場に移動し 積み直した

c0108460_20580177.jpg



全て整理できないので もう1カ所薪置き場を新設する

c0108460_20594872.jpg



c0108460_21010978.jpg


c0108460_21023799.jpg


*資材置き場物置の整理・・・〔男子部〕

 長い資材置き場の半分ぐらいは 雑多な荷物を置いている

これを一旦引き出して整理し 空いた空間に

c0108460_20594928.jpg



鉄製育苗台の下に収納していた 廃材を整理して収納した

c0108460_21011143.jpg



*ビオトープの流入ルートの整備・・・〔岡田 小牟田 角井 長原〕

 流入ルートの溝の水が 管の下側にもぐりこんでいたので

 土を盛り管に流れるようにした

c0108460_21021693.jpg

 ダムの流入口の ゴミ除去ストレーナーも交換した

c0108460_21021511.jpg


c0108460_21044486.jpg


c0108460_21044362.jpg


c0108460_21044212.jpg


[PR]
# by umibenomori | 2018-07-12 21:08 | 2018年活動状況 | Trackback | Comments(0)

うみべの森に大雨被害が発生

平成30年7月8日(日)くもり
うみべの森を育てる会定例活動日(中止)・・・せんなん里海公園内うみべの森
(8:30~11:30) 参加会員 8名+1名
〔岡田 甲斐 立石 角井 傳 西台 福永 森〕〔傳浩一氏〕

4日連続の大雨で うみべの森に大きな被害が出た

c0108460_16375294.jpg



花の広場横斜面(ササユリの道)幅15m 高さ10mの地滑り発生

c0108460_16381790.jpg



小川は埋まってしまい 水は あふれ滝に逆流している

c0108460_17123672.jpg


c0108460_17123530.jpg



花の広場のフェンスも壊された

c0108460_17015862.jpg


c0108460_17032966.jpg



10mの上部に生えていた ヤマザクラの大木が3

地上の小川の上に そのままの姿で立っていた

c0108460_17015743.jpg



最初は素直な立ち木なので 気が付かなかったが

この場所に こんなに茂った木が なかったはずだと思い

良く確認したら 上の3本ヤマザクラであった

崖の上に生えていた時と 全く同じ姿なので ちょっと見たくらいでは気が付かない

これを見て地滑りだと確認出来た

フェンス沿いに作っていた薪置き場は 完全に壊されて薪が散乱している

地滑り現場の上部には 雨で再発しないように 公園事務所がブルーシートを張り

c0108460_17143241.jpg


c0108460_17143159.jpg


 

うみべの森への立入り禁止の コーンも立ててくれていた

昨日 雨中の中 夜の8時過ぎまで 作業が掛ったようである

c0108460_17160703.jpg



*岡田代表は昨日の夕方の 公園事務所の作業に立ち会った

*今日の定例活動日は中止していたが

 被害現場が気になり 会員が8名も集まって来た

c0108460_17175153.jpg

 


現場を見て 驚くやら  悲しむやら 

 今後の作業の仕方に 途方に暮れるやら まちまちである

c0108460_17183776.jpg





*今後の方針検討 公園事務所〔野々村氏〕& 会員

*3本のヤマザクラは活かしたい

 このままの状態で放置して 完全に活着したら この位置で活かす

 枯れた場合はその時に対策を考える

c0108460_17183610.jpg



*小川は埋まった場所から 花の広場内に迂回して造り直す

*その前に薪置き場を新設して 薪を整理する

c0108460_17160868.jpg



*ササユリの道斜面以外は うみ森全体には被害はない

c0108460_17084442.jpg


c0108460_17084333.jpg



*7月21日のZooCan企画の 「カブトムシを探そう!」は

 おにぎり広場周辺に限定して実施する

c0108460_17234044.jpg



*今週の木曜日の定例活動は中止

*来週からの定例活動は 今週末のうみべの森の状況を 確認してから検討する

c0108460_17225246.jpg


c0108460_17214637.jpg


[PR]
# by umibenomori | 2018-07-08 17:30 | 2018年活動状況 | Trackback | Comments(0)

豪雨のため ササユリの道の崖崩れ・・・うみべの森

平成30年7月7日(土)雨
せんなん里海公園事務所から 悲しい知らせが入った
この4日間の豪雨で うみべの森の地盤が緩み 崖の部分が崩壊したとのこと




ササユリの道の崖がほとんど崩れて 土砂が小川を塞き止め 水も変な溜まり方をしているらしい
ササユリの道周辺のササユリも全滅かも知れない




地盤が ゆるんでので 雨が止んでも どこが崩れるか分からないので
当分 うみべの森への出入は禁止となった
  〔6月の写真〕
c0108460_19125684.jpg


会員には 当分 定例活動は中止の連絡をし
天気が回復したら 役員だけでも 現場に集って 善後策を講じることにした
c0108460_19125887.jpg

[今日の崖崩れ現場・・・写真:河原氏]
c0108460_20313395.jpg

c0108460_20313211.jpg

c0108460_20313284.jpg

c0108460_20313342.jpg


17年間の うみべの森の活動で こんな被害は 初めてである
小被害であることを 祈るのみである
c0108460_19153074.jpg

c0108460_19152834.jpg


[PR]
# by umibenomori | 2018-07-07 20:39 | ササユリ | Trackback | Comments(0)

崖っぷちの草刈り・・・うみべの森

平成30年6月28日(木)晴れ
うみべの森を育てる会定例活動日・・・せんなん里海公園内うみべの森
(8:00~14:20) 参加会員 9名〔飯塚 岡田 小島直 甲斐 加藤 小牟田 立石 角井 西台〕

7時の気温が27.5度もある

10m前後の風が吹き荒れているので 暑さは少しは和らいでいるが・・・

午後からは気温は30度を越えた

c0108460_20595727.jpg



30度を越えたら作業はしないと申し合わせているので 

早い目に切り上げて 情報交換会となった

c0108460_20591770.jpg



*公園の並木のヤマモモの実が沢山落果している 

 時間が経てば腐ってきて 臭いがするので 全て掃き清めて処分した

c0108460_20591620.jpg


*絵の材料に 葉付きのヤマモモが欲しいとのお客さんの要望で

 三脚に乗り剪定裁断した

c0108460_21131636.jpg



*新入会員:加藤さんが 初めて参加してくれた

ボランティア業界では 大ベテランなので 新入会員のイメージはないが・・・

流石に直に溶け込んで 楽しく作業をしていた

c0108460_21190706.jpg


c0108460_21192720.jpg



*ミーティング

 スケジュール調整

 土曜日にイベントが入った時は 日曜日の定例活動日を振り替える

c0108460_20595804.jpg



*刈払機用刃を買いに行く・・・〔小牟田 立石〕

 刈払機の刃のチップが飛んでいるので 交換するにも予備の刃が

 公園事務所にもうみ森にもない

c0108460_21181387.jpg



 急遽 近くのコメリ迄購入に行った

 @12807枚 2枚で1280円を4枚 比較して使ってみる予定

c0108460_21040595.jpg



*崖&小川の草刈り・・・〔全員〕

 公園道路側の崖の笹が 50㎝以上伸びた

c0108460_21073254.jpg



上部からは刈払機で刈れる範囲を刈り

c0108460_21065799.jpg



下部からはハシゴを使って 刈払機や鎌で刈った

c0108460_21081707.jpg



c0108460_21065674.jpg


小川の両岸の草も同時に刈った

カニ穴のある場所も きれいに刈っていたので これは注意をした

c0108460_21043099.jpg



10㎝以上は残すつもりで 刈るように修正した

c0108460_21031026.jpg



カニが隠れるくらいの草を 残すことを原則とする

c0108460_21031139.jpg



刈った草や笹は小川に落ち込むので これを熊手で掻き上げ 一カ所にまとめた

c0108460_21090652.jpg



男子の草刈り組と女子の整理組の協働作業がスムースに進んだ



c0108460_21090575.jpg

*樹木根元の草刈り・・・〔女子部〕

 刈払機で刈れない場所の草を鎌で刈り取った

c0108460_21040486.jpg


c0108460_21042897.jpg



*原木丸太のスライス・・・〔立石〕

 1年以上乾燥させたリョーブとビシャコを 

 7mmの厚さにスライスして mmの穴を空けてプレート作り

c0108460_21131518.jpg



名札お絵描き用の材料として 今年中には700枚は準備する予定

c0108460_21184451.jpg


c0108460_21181452.jpg


[PR]
# by umibenomori | 2018-06-28 21:23 | 2018年活動状況 | Trackback | Comments(0)

「ダイキン工業労働組合堺支部ファミリーイベント」幹事下見来訪・・・うみべの森

平成30年6月27日(水9晴れ・くもり
昨日の孝子の森定例活動では 大した作業もしていないのに 何だか非常に疲れた
パソコン作業をしながら10時過ぎには 椅子に座ったまま眠ってしまった
c0108460_20423787.jpg



一度4時頃に目覚めて 作っていたカスピ海ヨーグルトを 
小分けして冷蔵庫に入れ 一服後 ベッドに横になった
6時間ほど寝たので もう眠れないだろうと 思っていたが 直に熟睡に入ったようだ
目覚めた時は12時前であり 12時間は たっぷりと熟睡したことになる
しかし すっきりとした感じではなく まだ眠たい感じであった
c0108460_20423639.jpg

昨晩から10m以上の強風が吹き荒れている
我が家の花壇は背の高い花が多いので 心配であったが 
2m近いヒマワリも 倒れずに頑張っていたので 一安心である
c0108460_20324288.jpg



強風の中 自転車で せんなん里海公園内うみべの森へ出掛けた
c0108460_20380647.jpg


7月28日(土)に「ダイキン工業労働組合堺支部ファミリーイベント」があり
120人が うみべの森探検にやってくる
c0108460_20331228.jpg


その下見に 幹事がやってくるので 案内と説明のため 待機した
岡田代表が一足先に来ていたので 何かと事前打ち合わせをした
15時30分に「しおさい楽習館」で待ち合わせであったが なかなかやってこない
c0108460_20333483.jpg


待っている間に 近くの「さとうみ磯浜」で ハクセンシオマネキを観察していた
c0108460_20335314.jpg

c0108460_20335270.jpg


相当大きくなり 数も増えているように思う うれしいことである
c0108460_20333323.jpg



(16:10~16:40)・・・〔岡田〕
ダイキン工業労働組合堺支部:佐藤氏 & ライフサポート関西:吉本氏
c0108460_20341108.jpg


*活動記録の小学校遠足サポートの写真で説明
*うみべの森:おにぎり広場・ぼうけん山入口付近を案内
c0108460_20331142.jpg


*カニ穴から顔を出している カニたちの観察と説明
c0108460_20324174.jpg


「吉本氏」・・・8月25日(土)「近畿労働金庫ファミリーイベント」(120人)
 ダイキンと同じ内容として打ち合わせ
c0108460_20341009.jpg
ミーティング〔岡田〕・・・2つのイベントへの うみ森としての対応の諸問題
c0108460_20380581.jpg



[PR]
# by umibenomori | 2018-06-27 20:47 | その他ボランティア活動 | Trackback | Comments(0)

伐採木片付け & 小枝鉛筆クラフト・・・うみべの森

平成30年6月24日(日)雨・くもり・晴れ
うみべの森を育てる会定例活動日・・・せんなん里海公園内うみべの森
(8:30~14:40) 参加会員 9名〔飯塚 岡田 小島直 小牟田 田川 立石 西台 樋口 森〕
c0108460_17454259.jpg


朝8時には まだ雨が降っていた 

天気予報では 9時からは くもり・晴れとなっている

c0108460_17454341.jpg



活動中止の連絡をせず 自然体で行くことにした

出てきた会員だけで作業をやろうと 岡田代表と打ち合わせた

c0108460_17423440.jpg



8時30分ころ雨が止んだので出掛けたが 予想以上に9人も会員は集まった

*ミーティング

c0108460_17423320.jpg



*入口周辺の掃除・・・〔岡田〕

 ヤマモモの実が沢山落ちて 踏むと色が付く これらを綺麗に掃除した

c0108460_17421585.jpg



*薪の積み方が雑で落ちかかっている個所もあり一度引きだして積み直した・・・〔岡田〕

c0108460_17421407.jpg



*ビオトープの水漏れ補修用土の準備・・・〔岡田 小牟田〕

 水漏れ個所に土を埋めこむので 手近に土の山を作って準備した

c0108460_17465278.jpg



*伐採木の片付け・・・〔岡田 小牟田 樋口〕

公園事務所より軽トラを借りて おにぎり広場周辺に積み上げていた

c0108460_17475388.jpg



伐採木の幹や枝を 2回に分けて 花の広場内へ運び込んだ

c0108460_17475225.jpg


c0108460_17502832.jpg



*伐採木の分別と薪加工 ・・・〔立石 樋口〕

 1m前後の幹や枝は 大たき火用薪として 花の広場内奥に積み上げた

c0108460_17503003.jpg



長いものや中途半端なものは 全て電動マルノコで50㎝前後に 切断して薪にする

軽トラ2車分を全て片付けた

c0108460_17511729.jpg



*原木をスライスしてプレート作り ・・・〔立石〕

 リョーブの良く乾燥させた原木を 電動マルノコで 厚さ7mm前後にスライス

*花の広場内の樹木の剪定・・・〔森〕

サンゴジュ等繁茂して 隣の樹木と競合が激しいので

c0108460_17511810.jpg



下の方を脚立に乗り 長柄ノコギリなどで大幅に剪定した

c0108460_17521381.jpg



*小川の草刈り・・・〔岡田 小牟田〕

滝の水を竹樋で小川に流しているが

c0108460_17533845.jpg



その周辺の草が伸びてしまって小川の水位面も見えなくなっている

c0108460_17541513.jpg



両側をカニの隠れ場所を 残す程度に草刈りをした

c0108460_17553533.jpg



*小枝鉛筆クラフト・・・〔女子部〕

 ヤマザクラの剪定枝を利用して 3cm位にカットし先端を 鉛筆状に尖らす作業を続行

c0108460_17465192.jpg



沢山製作して 4本1組にして 安全ピンに取り付け 小枝鉛筆ブローチを作る予定 

c0108460_17521483.jpg


c0108460_17541444.jpg


c0108460_17562497.jpg


[PR]
# by umibenomori | 2018-06-24 18:00 | 2018年活動状況 | Trackback | Comments(0)

うみ森通路周辺草刈り&小枝鉛筆ペンダント部品作り・・・うみべの森

平成30年6月17日(日)晴れ
うみべの森を育てる会定例活動日・・・せんなん里海公園内うみべの森
(8:00~14:50) 参加会員 11名〔飯塚 岡田 甲斐 吉川 小牟田 田川 立石 中川 中出 西台 森〕

晴れてはいるが 日差しは弱く 天気予報通りの夏日にはならない

c0108460_21431625.jpg

その意味ではボランティア作業日和である

*オニヤンマが羽化した

c0108460_21481740.jpg



 ビオトープではなく 花の広場内のベンチで羽化直後の羽を乾かしていた

c0108460_21481676.jpg



 横の小川にヤゴは生息していたものと思われる

c0108460_21500649.jpg



*せんなん里海公園では 早朝より「コスミックレディース&ビギナートライアスロン大会inせんなん里海」

(女性&初心者 参加費8500円)が開催されており

c0108460_21431736.jpg



花の広場に車で集ってくる会員は 交通規制があるので苦労していた

c0108460_21551193.jpg


c0108460_21551244.jpg

我々もミーティングまでは観戦していた

c0108460_21424169.jpg



*ビオトープの水漏れ補修・・・〔小牟田〕

 第3池の放流出口の堰の下部に大きな穴が開き 第3池・第2池の水位が殆どなくなっていた

4池の放流出口の堰の上部にもm穴が開いていており いずれも土で埋めて塞いで補修

c0108460_21424063.jpg



*ミーティング

c0108460_21565364.jpg



*うみ森通路周辺の草刈り・・・〔甲斐 小牟田 森〕

c0108460_21590977.jpg



 ササユリの開花期間が終了したので 通路両側の笹を分担して刈払機で刈った

c0108460_21590859.jpg



 フェンス際は長いこと刈っていないので クズと笹で繁茂が濃厚な状況で 刈るのに苦労していた

c0108460_21580689.jpg



3台の刈払機で1日で大部分刈ってしまった

c0108460_22005336.jpg



c0108460_22035802.jpg


10本桜周辺フェンスのツル切り・・・〔岡田〕

 フェンスに巻き付いたクズは なかなか駆除し難かったが 丁寧に1本も残さずに伐り取った 

周辺の樹木の剪定も実施

c0108460_22035779.jpg



*うみ森通路周辺の間伐・・・〔中出〕

 通路にはみ出している枝を剪定し 小さな木は間伐した

c0108460_22005444.jpg



*花の広場の物置の改修検討・・・〔立石 中川〕

 透明の波板は太陽熱をそのまま 物置の中に伝達するので 夏場の物置は相当高温になる

中に置いている電動工具や刈払機には 良くないので

ガルバリュームの波板を 透明波板の上に張ることを検討

西日の当たる側面はコンパネを張る

c0108460_22052480.jpg



*物置内の整理・・・〔中川〕

*植林苗の整備・・・〔中川〕 巻き付いたツルなどの除去

c0108460_22052537.jpg



*原木をスライスしてプレート作り・・・〔立石〕

 乾燥させていたリョーブの原木を 58mm厚さにスライスし 4mmの穴あけをして

 お絵描き用名札を100枚作成した

c0108460_22020011.jpg



*ヤマザクラの小枝の剪定・・・〔女性部 中川〕

 鉛筆の太さの小枝を選んで剪定した

c0108460_21580778.jpg



*小枝鉛筆ペンダント作り・・・〔女性部〕

 ヤマザクラの小枝を3cm位にカット その先端を鉛筆状に尖らせる

 小枝鉛筆ペンダントを大量に作る 部品作りに取り掛かった

c0108460_21565526.jpg



c0108460_22020134.jpg
 


[PR]
# by umibenomori | 2018-06-17 22:11 | 2018年活動状況 | Trackback | Comments(0)